月前遠情といふ事を

小侍從



厭ふらむ
久米路の神の
氣色まで
面影にたつ
夜半の月かな
いとふらむ
くめぢのかみの
けしきまで
おもかげにたつ
よはのつきかな