御消息ありければ、いと悲しう、つるばみの衣の破れ困じたる着て、しりゐたる沓はきて、ふくめる書の帙取りて来にけり。
御消息せうそこありければ、いと悲しう、つるばみのきぬこうじたる着て、しりゐたるくつはきて、ふくめるふみちつ取りて来にけり。


帳の内に入りて、まづ、この文巻を賜へれば、取り給はねば、篁さして行けば、この君、皮の帯を取りて引きとめ給へば、とまり給ひにけり。
ちやうの内に入りて、まづ、この文巻を賜へれば、取り給はねば、篁さして行けば、この君、皮の帯を取りて引きとめ給へば、とまり給ひにけり。


これを垣間見て、父おとど、見給ひて、
これを垣間見て、父おとど、見給ひて、


「いとかしこうしつ」と喜び給ふ。
「いとかしこうしつ」と喜び給ふ。


「出でて去なまし。
「出でて去なまし。


いかに人聞き、やさしからまし。
いかに人聞き、やさしからまし。


いとかしこきことなり」と喜び給ふ。
いとかしこきことなり」と喜び給ふ。


三日の夜、いといかめしうして待ち給ふ。
三日の夜、いといかめしうして待ち給ふ。


ただ、童一人ぞ具し給ひける。
ただ、わらは一人ぞし給ひける。