かやうの事どもを見聞くにも、心とまらずしもはなけれども、文にも暗く、武にもかけて、つひに住みはつべきよすがもなき、數ならぬ身なれば、日をふるままには、ただ都のみぞ戀しき。



かへるべきほどと思ひしも空しく過ぎゆきて、秋より冬にもなりぬ。



蘇武が漢を別れし十九年の旅の愁ひ、李陵が胡に入りし三千里の道の思ひ、身に知らるるここちす。



聞きなれし蟲の音も、やや弱りはてて、松ふく峯の嵐のみぞ、いとど烈しくなりまされる、懷土の心にもよほされて、つくづくと都のかたを眺めやる折しも、一行の雁がね、空に消えゆくもあはれなり。



かへるべき
春をたのむの
雁がねも
なきてや旅の
そらにいでにし
かへるべき
はるをたのむの
かりがねも
なきてやたびの
そらにいでにし


かかるほどに、神無月の二十日餘りのころ、はからざるに、とみの事ありて、都へかへるべきになりぬ。



その心のうち、水くきのあとにも書き流しがたし。



錦を着るさかひは、もとより望むところにあらねども、故郷に歸る喜びは、朱買臣に相似たるここちす。



ふるさとへ
歸る山路の
こがらしに
思はぬほかの
にしきをや着む
ふるさとへ
かへるやまぢの
こがらしに
おもはぬほかの
にしきをやきむ


十月二十三日の曉、すでに鎌倉をたちて都へ赴くに、宿の障子に書きつく。



なれぬれば
都をいそぐ
けさなれど
さすが名殘の
惜しき宿かな
なれぬれば
みやこをいそぐ
けさなれど
さすがなごりの
をしきやどかな