萱津の東宿の前をすぐれば、そこらの人あつまりて、里もひびくばかりにののしりあへり。



今日は市の日になむあたりたるとぞいふなる。



往還のたぐひ、手ごとに空しからぬ家づとも、かの「見てのみや人に語らん」と詠める花のかたみには、やうかはりておぼゆ。



花ならぬ
色香もしらぬ
市人の
いたづらならで
かへる家づと
はなならぬ
いろかもしらぬ
いちひとの
いたづらならで
かへるいへづと


尾張の國熱田の宮にいたりぬ。



神垣の、あたり近ければ、やがて參りて拜み奉るに、木立年ふりにたる森の木の間より、夕陽の影たえだえさし入りて、朱の玉垣色をかへたるに、ゆふしで風に亂れたることがら、物にふれて神さびたる中にも、ねぐら爭ふ鷺むらの、數も知らず梢に來ゐるさま、雪の積れるやうに見えて、遠く白きものから、暮れゆくままにしづまりゆく聲々も心すごく聞ゆ。



ある人のいはく、この宮は素盞烏尊なり。



初めは出雲の國に宮造りありけり。



八雲たつといへる大和ことばも、これより始まりけり。



その後、景行天皇の御代に、このみぎりに跡をたれ給へりといへり。



又いはく、この宮の本體は、草薙と號し奉る神劔なり。



景行の御子、日本武尊と申す、夷を平げて歸り給ふ時、尊は白鳥となりて去り給ふ。



劔は熱田にとまり給ふともいへり



一條院の御時、大江匡衡といふ博士ありけり。



長保の末にあたりて、當國の守にて下りけるに、大般若を書きてこの宮にて供養をとげける願文に、



「吾が願すでに満ちぬ。任限また滿ちたり。故郷にかへらんとする期、いまだ幾ばくならず」と書きたるこそ、あはれに心細く聞ゆれ。



思ひでの
なくてや人の
歸らまし
のりのかたみを
たむけおかずば
おもひでの
なくてやひとの
かへらまし
のりのかたみを
たむけおかずば