昔、をとこ、いづみのくにへいきけり。すみよしのこほり、すみよしのさと、すみ吉のはまをゆくに、いとおもしろければ、おりゐつつゆく。ある人、「すみよしのはまとよめ」といふ。

В давние времена кавалер отправился в провинцию Исэ.
Когда он проходил по побережью Сумиёси, в селеньи Сумиёси, уезда Сумиёси провинции Цу, было так красиво, что он сошел с коня и шел пешком. Один из путников сказал, воспевая побережье у Сумиёси:

雁なきて
菊の花さく
秋はあれど
春のうみべに
すみよしのはま
かりなきて
きくのはなさく
あきはあれど
はるのうみべに
すみよしのはま
Дикие гуси кричат,
Цветут хризантемы...
То — осень, и все же
весной среди всех берегов
Сумиёси прибрежье!
Т.е. лучше всего — лучше даже осенних красот, когда пролетают караваны диких гусей, когда цветут хризантемы, — побережье Сумиёси весною.
むかし、みかど、住吉に行幸したまひけり。
むかし、みかど、すみよしに行幸したまひけり。
В давние времена микадо свой выезд совершить изволил в Сумиёси:

我見ても
ひさしくなりぬ
住吉の
きしのひめ松
いくよへぬらむ
われみても
ひさしくなりぬ
すみよしの
きしのひめまつ
いくよへぬらむ
Даже я — и то долго
вижу тебя на берегах Сумиёси,
принцесса сосна!
А сколько веков уж всего
прошло за то время...
Знаменитая в японской поэзии и легенде сосна.
"за то время" — т.е. с того момента, как она начала расти здесь.

Включено в Кокинсю, 905
住の江の
松ならなくに
久しくも
君と寢ぬ夜の
なりにけるかな
すみのえの
まつならなくに
ひさしくも
きみとねぬよの
なりにけるかな
Не сосны мы с тобой,
Что растут в Сумиёси,
Но как же долго
Те ночи, что с тобою мы врозь,
Уже тянутся[49].
49. Две сосны, растущие рядом в Сумиёси (бухта Суминоэ), считаются символом долголетней супружеской верности. Танка помещена в Сюисю, св. 12 [740].
また、住吉のわたりを漕ぎゆく。
また、住吉すみよしのわたりをく。
Потом проходим окрестностями Сумиёси[59].
59. Сумиёси — название синтоистского храма в черте современного Осака.
住吉の
岸のひめ松
人ならは
いく世かへしと
とはましものを
すみよしの
きしのひめまつ
ひとならは
いくよかへしと
とはましものを
Если б дева-сосна,
что ждет меня там, в Сумиёси,
стала девою вдруг —
я спросил бы, сколько столетий
перед взором ее промчалось…
332. В эпоху Нара эта местность называлась Суминоэ. В эпоху Хэйан ее также иногда называли Сумиёси.
あひしれりける人の住吉にまうてけるによみてつかはしける

みふのたたみね
あひしれりける人の住吉にまうてけるによみてつかはしける

みふのたたみね
Песня, посланная другу, что отправился в паломничество в Сумиёси

Мибу-но Тадаминэ
338. Сумиёси — см. коммент, к № 360, 906.
すみよしと
あまはつくとも
なかゐすな
人忘草
おふといふなり
すみよしと
あまはつくとも
なかゐすな
ひとわすれくさ
おふといふなり
Говорят рыбаки,
что жить хорошо в Сумиёси,
но еще говорят,
что растет там трава забвенья, —
не забудь же нас, возвращайся!..

またの日、山の端に日のかかるほど住吉の浦を過ぐ。

На следующий день, когда солнце уже заходило за кромку гор, мы добрались до бухты Сумиёси[124].
[124] Бухта Сумиёси — бухта в устье реки Ёдогава, неоднократно воспета в стихах.
いかにいひ
何にたとへて
語らまし
秋の夕の
住吉の浦
いかにいひ
なににたとへて
かたらまし
あきのゆふべの
すみよしのうら
Как ни скажи,
С чем ни сравни,
Это едва ли опишешь —
Вечер осенней порой
В бухте Сумиёси.

住吉の浦より御器を舟としてうち乘りて、都へぞ上りける。

В заливе Сумиёси он сел в свою лодку-чашку и отправился в столицу.

住吉の御誓ひに末繁昌に榮えたまふ。
住吉すみよしの御誓ひに末繁昌すゑはんじやうに榮えたまふ。


うば四十に及ぶまで、子のなきことを悲しみ、住吉に參り、なき子自分にもつて居ない子を祈り申すに、大明神あはれと思召して、四十一と申すに、たゞならずなりぬれば、おうぢ喜びかぎりなし。

До сорока лет у старухи не было детей, она страдала от этого, пошла в храм Сумиёси, плакала и молила о ребёнке. Милостивое божество сжалилось, и в сорок один год она забеременела. Старик был безмерно рад.

われらいかなる罪の報いにて、斯樣の者をば住吉より賜はりたるぞや、淺ましさよ。」と、見るめも不便なり。

За какие грехи божество Сумиёси послало нам такого? Это ужасно!" Все их жалели.

いはむや、住吉の神はかたそぎの言の葉を残し、伝教大師はわがたつ杣の思ひをのべ給へり。

Из песен же узнавали люди и о пророчествах древнего бога Сумиёси[27], и о мыслях и наставлениях святителя Дэнгё Дайси[28], что излагал он, читая святые сутры.
27. Автор имеет в виду песню, атрибутируемую одному из наиболее почитаемых синтоистских богов - Сумиёси (см. свиток «Синтоистские песни», № 1855).
28. Дэнгё Дайси — один из ранних и крупнейших проповедников буддизма в Японии, основатель буддийской секты Тэндай («Опора небес»). Его танка включена в свиток «Буддийские песни» (см. № 1921).
亭子院、宮滝御覧じにおはしましける御供に、素性法師めし具せられて参れりけるを、住吉の郡にていとま給はせて、大和につかはしけるに、よみ侍りける

一条右大臣恒佐(藤原恒佐)
亭子院、宮滝御覧じにおはしましける御供に、素性法師めし具せられて参れりけるを、住吉の郡にていとま給はせて、大和につかはしけるに、よみ侍りける

一条右大臣恒佐(藤原恒佐)
Сложил, будучи в свите инока Тэйдзи, поехавшего полюбоваться водопадом Есино и возле Сумиёси отправившего поэта Сосэй-хоси с поручением в провинцию Ямато

Итидзё-но Удайдзин

住吉歌合に、山を

太上天皇(後鳥羽院)
住吉歌合に、山を

太上天皇(後鳥羽院)
Готоба-но ин

住吉御歌となむ

Говорят, что песню эту сложил бог Сумиёси

この歌は、ある人、住吉に詣でて、

Говорят, что эта песня — ответ некоему человеку, прихожанину храма Сумиёси, который сложил такую песню:

伊勢物語に、住吉に行幸の時、御神現形し給ひてと記せり

Передают, что эта песня — ответ божества Сумиёси на вопрос государя, приехавшего поклониться этому божеству, давно ли стоят на берегу сосны

一品聡子内親王、住吉に詣でて、人々歌よみ侍りけるによめる

藤原道経
一品聡子内親王、住吉に詣でて、人々歌よみ侍りけるによめる

藤原道経
Митицунэ

奉幣使にて住吉に参りて、昔住みける所の荒れたりけるを見て、よみ侍りける

津守有基
奉幣使にて住吉に参りて、昔住みける所の荒れたりけるを見て、よみ侍りける

津守有基
Аримото

少将殿思召すは、妻の野もせ姫、まだ浮世にあるやらむ、又露とも消えて亡せ給ふらむ、祈誓をせばやと思召し、住吉に参り七日籠り給ひ、南無住吉大明神、願はくば夫妻の野もせ姫の行方知らせて給べと、五度の頭地に投げて祈り給へば、七日に満ずる暁方の御夢想に、神敕有りけるやう、



住吉の夢を頼みて尋ぬれど、逢坂山に逢ひ見ねば、いとゞ心の炭竈の、焦るゝ夜半の寂しきに、君もや来るを白糸の、夜も打ち解け給はねば、乱れくる夜の近江なる、伊香の海のいかなれば、罪の報いに我許り、みるめもなくて何時となく、恋をのみして塩竃の、澄までも底に見えずして、斯かる思ひを駿河なる、あさましかりし宿りして、心は空に憧れて、袖は涙に濡れながら、胸は燃えつゝ焦るれば、伺時とも知らぬ恋をして、過ぐる我が身もみの尾張、何と鳴海の浦々を、尋ね行けども甲斐ぞなき。



斯様に打詠じ急がせ給ふに、信濃の伏屋に著き給ひて、翁宣ふやう、「此の程君が恋ひ悲しみ、遥々尋ね給ふ人は此の伏屋に坐し候ぞ、此の翁をば如何なる者と思ふぞ、我はこれ日本の弓矢の守護神、住吉の明神なり、我昔凡夫なりし時恋をして身を焦したる故に、神と現はれ、津の国難波の浦に跡を垂れ、恋する人をば斯く憐みを運ぶ故に、是れまで具して来りたり、汝独りに限るべからず、汝が尋ぬる人はあの棟高き内にましますぞ。」と宣へば、其方見遣る間に掻消す様に失せ給ふ。



さて少将殿は御悦びの為に、姫君を相具し、住吉へ参り給ひて、百日御籠りあり、御宝殿作り参らせて、御下向ありけり。



住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

俊恵法師
住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

俊恵法師
Сюнъэ-хоси

住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

源仲綱
住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

源仲綱


住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

太皇太后宮小侍従
住吉社の歌合とて、人人よみ侍りける時、旅宿時雨といへる心をよみ侍りける

太皇太后宮小侍従
Кодзидзю

住吉の
きじともいはじ
沖つ浪
猶打ちかけよ
浦はなくとも
すみよしの
きじともいはじ
おきつなみ
なほうちかけよ
うらはなくとも


住吉にくにのつかさの臨時祭し侍りける、舞人にて、かはらけとりてよみ侍りける

つらゆき
住吉にくにのつかさの臨時祭し侍りける、舞人にて、かはらけとりてよみ侍りける

つらゆき
Цураюки

ある人のいはく、住吉明神のたくせんとそ



住吉の
岸のふちなみ
わかやとの
松のこすゑに
色はまさらし
すみよしの
きしのふちなみ
わかやとの
まつのこすゑに
いろはまさらし


おとにのみ
きき渡りつる
住吉の
松のちとせを
けふ見つるかな
おとにのみ
ききわたりつる
すみよしの
まつのちとせを
けふみつるかな


住吉の
きしもせさらん
ものゆゑに
ねたくや人に
松といはれむ
すみよしの
きしもせさらむ
ものゆゑに
ねたくやひとに
まつといはれむ


住吉の
松ならねとも
ひさしくも
君とねぬよの
なりにけるかな
すみよしの
まつならねとも
ひさしくも
きみとねぬよの
なりにけるかな
Не сосны мы с тобой,
Что растут в Сумиёси,
Но как же долго
Те ночи, что с тобою мы врозь,
Уже тянутся.
Включено в Ямато-Моногатари, 11

Перевод: Ермакова Л. М. 1982 г. (Ямато-моногатари)
ひさしくも
おもほえねとも
住吉の
松やふたたひ
おひかはるらん
ひさしくも
おもほえねとも
すみよしの
まつやふたたひ
おひかはるらむ
Что слишком долго —
Не показалось мне,
Но в бухте Суминоэ
Сосны заново,
Верно, успели вырасти —
Включено в Ямато-Моногатари, 11

Перевод: Ермакова Л. М. 1982 г. (Ямато-моногатари)
住吉の
岸の白浪
よる〳〵は
海士のよそめに
見るぞ悲しき
すみよしの
きしのしらなみ
よるよるは
あまのよそめに
みるぞかなしき


なみ數に
あらぬ身なれば
住吉の
岸にもよらず
成や果なむ
なみかすに
あらぬみなれは
すみよしの
きしにもよらす
なりやはてなむ


月はなほ
もらぬ木の間も
住吉の
松をつくして
秋風ぞ吹く
つきはなほ
もらぬこのまも
すみよしの
まつをつくして
あきかぜぞふく
И лунный свет не проникает
Меж сосен
В Сумиёси,
Только дует в них, шумит
Осенний ветер...
* Сумиёси — побережье залива Суминоэ, одно из живописнейших мест старой Японии, славилось своими древними соснами и синтоистским храмом, посвящённым богу Сумиёси. Ныне — территория префектуры Осака, район Сумиёси.
すみよしにまうてて

恵慶法師
すみよしにまうてて

恵慶法師
Эгё-хоси

憂きながら
久しくぞ世を
過ぎにける
あはれやかけし
住吉の松
うきながら
ひさしくぞよを
すぎにける
あはれやかけし
すみよしのまつ
Хоть горестей
Я знал немало,
Но прожил долгий век.
Быть может, вашим милостям обязан я,
О сосны Сумиёси?

住吉の
浜松が枝に
風吹けば
波のしらゆふ
かけぬまぞなき
すみよしの
はままつがえに
かぜふけば
なみのしらゆふ
かけぬまぞなき
На берегу Сумиёси
Ветер в соснах шумит
И, словно волокна конопляные,
Белые волны
Набегают одна за другой.

住吉と
思ひし宿は
あれにけり
神のしるしを
まつとせしまに
すみよしと
おもひしやどは
あれにけり
かみのしるしを
まつとせしまに
Старый приют,
Где так уютно было,
Разрушился,
Покуда от богов всесильных милостей
Я ждал...

すみよしの
まつのゆきあひの
ひまよりも
月さえぬれは
霜はおきけり
すみよしの
まつのゆきあひの
ひまよりも
つきさえぬれは
しもはおきけり


住吉にまうづとて、「いととく帰りなむ、その程に忘れたまふな」といふに
住吉にまうづとて、「いととく帰りなむ、その程に忘れたまふな」といふに


いづかたに
茂りまさると
忘れ草
よし住吉と
ながらへて見よ
いづかたに
しげりまさると
わすれぐさ
よしすみよしと
ながらへてみよ

続古今集雑中
のがるれど
おなじ難波の
潟なれば
いづれも何か
住吉の里
のがるれど
おなじなにはの
かたなれば
いづれもいづか
すみよしのさと


すみよしにまうてて

安法法師
すみよしにまうてて

安法法師
В паломничестве в храм Сумиёси

Амбо-хоси

延久五年三月住吉にまゐらせ給ひてかへさによませたまひける

後三條院御製

Го-Сандзё-но ин

花山院の御ともに熊野へまゐり侍りけるみちに住吉にてよみ侍りける

惠慶法師

Эгё-хоси

右大將濟時住吉にまうで侍りけるともにてよみ侍りける

藤原爲長



住吉にまゐりてよみ侍りける

平棟仲



熊野へまうで侍りけるに住吉にて經供養すとてよみ侍りける

増基法師

Дзоки-хоси

擧周和泉の任はてゝまかり昇るまゝにいと重く煩ひ侍りけるを住吉のたゝりなどいふ人侍りければみてぐら奉り侍りけるにかきつけゝる

赤染衛門

Акадзомэ-эмон

上東門院住吉にまゐらせ給ひて秋の末より冬になりて歸らせ給ひけるによみ侍りける

上東門院新宰相



上東門院住吉にまゐらせ給ひて歸るさに人々歌よみ侍りけるに

伊勢大輔

Исэ-но Тайфу

住吉に參りて歸りにけるに隆經の朝臣難波といふ所に侍ると聞きてまかりよりて日頃遊びてまかり上りけるに名殘戀しきよしいひおこせて侍りければ道よりつかはしける

藤原孝善



住吉にまゐりてよみ侍りける

蓮仲法師



石清水に參りて侍りける女の杉の木の本に住吉の社をいはひて侍りければやしろのはしらにかきつけて侍りける

讀人志らず

Автор неизвестен

後白川院の御時八十島の祭に住吉に罷りてよみ侍りける

權中納言長方

Гон-тюнагон Нагаката

亭子院の御供に仕うまつりて住吉の濱にてよめる

一條右大臣恒



後三條院の住吉まうでによめる

讀人志らず

Автор неизвестен

としつなにぐして住吉にまうでゝよめる

大納言經信

Сложил, когда отправился в паломничество в Сумиёси вместе с Тосицуна

Дайнагон Цунэнобу
??
住吉の
松にかゝれる
藤の花
風のたよりに
なみやをるらむ
すみよしの
まつにかかれる
ふぢのはな
かぜのたよりに
なみやをるらむ
Цветы глицинии,
Что свисают с сосен
На побережье Сумиёси,
Не ветер ли
Вас клонит к земле?

住吉の
ほそえにさせる
澪標
ふかきにまけぬ
人はあらじな
すみよしの
ほそえにさせる
みをつくし
ふかきにまけぬ
ひとはあらじな


さもこそは
宿はかはらめ
すみ吉の
松さへ杉に
成にける哉
さもこそは
やどはかはらめ
すみよしの
まつさへすぎに
なりにけるかな


俊恵、天王寺にこもりて、人人ぐして住吉にまゐりて歌よみけるにぐして



浪にやどる
月をみぎはに
ゆりよせて
かがみにかくる
すみよしのきし
なみにやどる
つきをみぎはに
ゆりよせて
かがみにかくる
すみよしのきし


すみよしの
松がねあらふ
なみのおと
をこずゑにかく
おきつしほかぜ
すみよしの
まつがねあらふ
なみのおと
をこずゑにかく
おきつしほかぜ


住吉の
松の嵐も
かすむなり
とほざとをのゝ
春のあけぼの
すみよしの
まつのあらしも
かすむなり
とほざとをのゝ
はるのあけぼの


戀しきに
難波のことも
思ほえず
たれ住吉の
松といひけむ
こひしきに
なにはのことも
おもほえず
たれすみよしの
まつといひけむ


住吉の
神は哀れと
思ふらむ
むなしき舟を
さしてきたれば
すみよしの
かみはあはれと
おもふらむ
むなしきふねを
さしてきたれば


頼みては
久しくなりぬ
住吉の
まつ此旅の
志るしみせなむ
たのみては
ひさしくなりぬ
すみよしの
まつこのたびの
しるしみせなむ


住吉の
松さへかはる
物ならば
なにか昔の
志るしならまし
すみよしの
まつさへかはる
ものならば
なにかむかしの
しるしならまし


住吉の
松の下枝に
神さびて
みどりに見ゆる
あけの玉がき
すみよしの
まつのしたえに
かみさびて
みどりにみゆる
あけのたまがき


前大納言爲家住吉の社にて歌合し侍りけるに、野花

藤原仲敏



住吉にまうでゝよめる

西行法師

Сайгё-хоси

上東門院住吉の社にまゐらせ給ひける御ともにてよみ侍りける

權大納言長家



住吉の
浦わの松の
わかみどり
久しかれとや
神もうゑけむ
すみよしの
うらわのまつの
わかみどり
ひさしかれとや
かみもうゑけむ


住吉の
千木のかたそぎ
我なれや
逢はぬ物故
年をへぬらむ
すみよしの
ちこのかたそぎ
われなれや
あはぬものゆゑ
としをへぬらむ


過ぎ來にし
程をば捨てつ
今年より
千代は數へむ
住吉の松
すぎきにし
ほどをばすててつ
ことしより
ちよはかずへむ
すみよしのまつ


住吉の
あら人神の
ひさしさに
松もいくたび
生ひ替るらむ
すみよしの
あらひとがみの
ひさしさに
まつもいくたび
おひかはるらむ


六年にて
君は來まさむ
住吉の
まつべき身社
痛く老いぬれ
むとせにて
きみはきまさむ
すみよしの
まつべきみこそ
いたくをいぬれ
Шесть лет пройдёт
И ты вернёшься
К соснам Сумиёси,
А я, что буду ждать,
Так сильно постарею...

住吉の
有明の月を
ながむれば
とほざかりにし
影ぞ戀しき
すみよしの
ありあけのつきを
ながむれば
とほざかりにし
かげぞこひしき


住吉の
浦に吹きあぐる
白浪ぞ
汐滿つときの
花と咲きける
すみよしの
うらにふきあぐる
しらなみぞ
しほみつときの
はなとさきける


住吉の
濱松がえの
絶間より
ほのかにみゆる
花のゆふしで
すみよしの
はままつがえの
たえまより
ほのかにみゆる
はなのゆふしで


住吉の
松がねあらふ
波のおとを
梢にかくる
おきつしほ風
すみよしの
まつがねあらふ
なみのおとを
こずゑにかくる
おきつしほかぜ


住吉の
松に結びし
ことのはに
祈る千とせを
神やうけゝむ
すみよしの
まつにむすびし
ことのはに
いのるちとせを
かみやうけけむ


住吉の
きしかたとほき
松が根に
神代をかけて
寄する白波
すみよしの
きしかたとほき
まつがねに
かみよをかけて
よするしらなみ


住吉の
岸に心を
とめつれば
千とせをそふる
御幸なるべし
すみよしの
きしにこころを
とめつれば
ちとせをそふる
みゆきなるべし


住吉の
まつの岩根を
枕にて
しきつの浦の
つきを見るかな
すみよしの
まつのいはねを
まくらにて
しきつのうらの
つきをみるかな
В Сумиёси
Корни сосны меж камней
Изголовьем сделав,
Бухте Сикицу
Я вижу луну.

長元八年宇治前太政大臣の家に歌合志けるに勝ちがたの男子どもすみよしにまうでゝ歌よみ侍りけるによめる

式部大輔資業

Сукэнари
治前太政大臣=藤原よりみち
住吉の
なみにひたれる
松よりも
神の志るしぞ
顯れにける
すみよしの
なみにひたれる
まつよりも
かみのしるしぞ
あらはれにける


いく返り
花咲きぬらむ
住吉の
松も神代の
ものとこそきけ
いくかへり
はなさきぬらむ
すみよしの
まつもかみよの
ものとこそきけ


いくかへり
波の白ゆふ
かけつらむ
神さびにけり
住吉の松
いくかへり
なみのしらゆふ
かけつらむ
かみさびにけり
すみよしのまつ


住吉の
浦の松が枝
としを經て
神さびまさる
かぜの音かな
すみよしの
うらのまつがえ
としをへて
かみさびまさる
かぜのおとかな


代々絶えぬ
道につけても
住吉の
松をぞ仰ぐ
頼むかげとは
よよたえぬ
みちにつけても
すみよしの
まつをぞあおぐ
たのむかげとは


和歌の浦の
みちをばすてぬ
神なれば
哀をかけよ
住吉の浪
わかのうらの
みちをばすてぬ
かみなれば
あはれをかけよ
すみよしのなみ


住吉の
神の祈りし
あふ事の
まつも久しく
なりにけるかな
すみよしの
かみのいのりし
あふことの
まつもひさしく
なりにけるかな


住吉の
岸のあだ浪
かけてだに
忘るゝ草は
ありと志らすな
すみよしの
きしのあだなみ
かけてだに
わするるくさは
ありとしらすな


あはぢ島
夕立すらし
すみよしの
浦のむかひに
かゝる村雲
あはぢしま
ゆふだちすらし
すみよしの
うらのむかひに
かかるむらくも
Над островом Авадзи,
Наверное, льёт ливень летний,
Со стороны
Бухты Сумиёси
Клубятся облака!

熊野に參らせ給ひける時住吉にて三首の歌講ぜられける次でに

後鳥羽院御製

Готоба-но ин

住吉の
松ふく風も
かはらねば
岸うつ浪や
むかしなるらむ
すみよしの
まつふくかぜも
かはらねば
きしうつなみや
むかしなるらむ


住吉の社によみて奉りける百首の歌の中に、若菜を

前大納言爲家



從二位行家人々にすゝめ侍りける時住吉の社の十首歌合に、江上月

前大納言爲氏



住吉の
松も我が身も
ふりにけり
哀れとおもへ
秋の夜の月
すみよしの
まつもわがみも
ふりにけり
あはれとおもへ
あきのよのつき


住吉の社に奉りける十首の歌の中に、海邊月

前大納言爲氏



西園寺入道前太政大臣住吉の社に奉るべき歌とて人々によませ侍りける卅首の歌の中に

津守國平



平宗宣朝臣すゝめ侍りける住吉の社の卅首の歌に海路



人々にすゝめてよませ侍りける住吉の社の十首の歌に、旅宿風

前大納言爲氏



跡垂れし
神世に植ゑば
住吉の
松も千年を
過ぎにけらしも
あとたれし
かみよにうゑば
すみよしの
まつもちとせを
すぎにけらしも


幾千世と
又行くすゑを
契るらむ
今日待ちえたる
住吉の松
いくちよと
またゆくすゑを
ちぎるらむ
けふまちえたる
すみよしのまつ


住吉の
松の千年も
みゆきする
今日の爲とや
神も植ゑけむ
すみよしの
まつのちとせも
みゆきする
けふのためとや
かみもうゑけむ


住吉の神主國平、大宮院に御卷數、奉るとて松の枝に付けり侍りけるを見て女房に代りて

常磐井入道前太政大臣



住吉の社を繪にあらはして神祇祝と云へる心を人々詠み侍りける時

權中納言爲藤



住吉の
浪うつきしの
草なれや
人め忘れて
ぬるゝたもとは
すみよしの
なみうつきしの
くさなれや
ひとめわすれて
ぬるるたもとは


平宗宣朝臣よませ侍りし住吉の社の卅六首の歌におなじ心を

法印定爲



住吉の社によみて奉りける百首の歌の中に

前大納言忠良



忘草
つみにこしかど
住吉の
きしにしもこそ
袖はぬれけれ
わすれくさ
つみにこしかど
すみよしの
きしにしもこそ
そではぬれけれ


平宗宣朝臣よませ侍りし住吉の社の三十六首の歌に、逢不遇戀

法印定爲



住吉の
きしの岩根に
むす苔の
みどりに松の
色やそふらむ
すみよしの
きしのいはねに
むすこけの
みどりにまつの
いろやそふらむ


平宗宣朝臣よませ侍りし住吉の社の三十六首の歌の中に、述懷

法印定爲



千年とも
祈るしるしの
言の葉を
むすびや付くる
住吉の松
ちとせとも
いのるしるしの
ことのはを
むすびや付くる
すみよしのまつ


住吉の
松も花咲く
御代に逢ひて
とかへりまもれ
敷島の道
すみよしの
まつもはなさく
みよにあひて
とかへりまもれ
しきしまのみち


住吉の社に奉りける百首の歌の中に、若菜を

皇太后宮大夫俊成



住吉の社に奉りける百首の歌の中に、同じ心を

皇太后宮大夫俊成



九月十三夜、住吉の社にて詠み侍りける

前參議俊言



住吉の
神のおまへの
濱きよみ
こと浦よりも
月やさやけき
すみよしの
かみのおまへの
はまきよみ
ことうらよりも
つきやさやけき


住吉の社に奉りける百首の歌の中に、炭竈

前大納言爲家



松陰の
水堰き入れて
住吉の
岸のうへ田に
さなへ取るなり
まつかげの
みづせきいれて
すみよしの
きしのうへたに
さなへとるなり


我が君を
守らぬ神し
なけれども
千世のためしは
住吉の松
わがきみを
まもらぬかみし
なけれども
ちよのためしは
すみよしのまつ


暦應元年津の國のうての使にまかりて鎭め侍りける後住吉の社にまうでゝよみける

高階師直



春來れば
岸うつ波は
のどかにて
かすみかゝれる
住吉の松
はるくれば
きしうつなみは
のどかにて
かすみかかれる
すみよしのまつ


長元四年九月上東門院住吉の社に詣でさせ給ひける時人々歌詠み侍りけるに

法成寺入道前攝政太政大臣



君が代は
長柄の橋の
はじめより
神さびにける
住吉のまつ
きみがよは
ながらのはしの
はじめより
かみさびにける
すみよしのまつ


建久二年八十島の祭に住吉に罷りて詠み侍りける

西園寺入道前太政大臣



行き逢はむ
程をば知らず
住吉の
松の絶間の
ちぎの片そぎ
ゆきあはむ
ほどをばしらず
すみよしの
まつのたえまの
ちぎのかたそぎ


住吉にまうでゝ詠める

伊勢大輔



ながらへむ
世にもわすれじ
住吉の
岸に浪たつ
松の秋かぜ
ながらへむ
よにもわすれじ
すみよしの
きしになみたつ
まつのあきかぜ


後白河院の御時、八十島の祭に、住吉にまかりて詠み侍りける

權大納言隆季



憂きことも
慰む道の
しるべにや
世を住吉と
天くだりけむ
うきことも
なぐさむみちの
しるべにや
よをすみよしと
あめくだりけむ


住吉の
松にまじれる
玉垣の
あけもみどりも
年は經にけり
すみよしの
まつにまじれる
たまかきの
あけもみどりも
としはへにけり


いく世にか
神の宮居の
なりぬらむ
ふりて久しき
住吉の松
いくよにか
かみのみやゐの
なりぬらむ
ふりてひさしき
すみよしのまつ


あらましの
心のうちの
手向ぐさ
まつと知らずや
住吉の神
あらましの
こころのうちの
たむけぐさ
まつとしらずや
すみよしのかみ


敷島の
みちをば道と
まもらなむ
世に住吉の
神ならばかみ
しきしまの
みちをばみちと
まもらなむ
よにすみよしの
かみならばかみ


住吉の社の歌合、社頭祝

津守國平



此の歌は、住吉の社にまうでゝ通夜し侍りける人の夢に示し給ひける普賢菩薩の御歌となむ。



住吉の
松と仄かに
聞きしかば
滿ちにし潮の
よる歸りけむ
すみよしの
まつとほのかに
ききしかば
みちにししほの
よるかへりけむ


我が行きて
色見るばかり
住吉の
岸の藤波
折りなつくしそ
わがゆきて
いろみるばかり
すみよしの
きしのふぢなみ
をりなつくしそ


前大納言爲氏人々に詠ませ侍りし住吉の社の十首の歌に

式乾門院御匣



七月七日住吉より都の方へまかり侍りけるに、天の河と云ふ所にて日の暮れにしかば舟をとゞめて河原におりゐ侍りて

津守國基



秋にのみ
音はひゞきて
住吉の
岸田の穗なみ
あき風ぞ吹く
あきにのみ
おとはひびきて
すみよしの
きしたのほなみ
あきかぜぞふく


とゞまるも
過ぎ行く身をも
住吉の
松の齡と
祈らざらめや
とどまるも
すぎゆくみをも
すみよしの
まつのよはひと
いのらざらめや


忘草
生ふと聞くより
住吉の
きしはよそなる
中のかよひ路
わすれくさ
おふときくより
すみよしの
きしはよそなる
なかのかよひぢ


永仁六年十月、龜山院住吉の社御幸の時、遠島眺望と云ふことを仕うまつりける

津守國冬



あらはれし
元の潮路は
知らねども
いま住吉も
浦風ぞ吹く
あらはれし
もとのしほぢは
しらねども
いますみよしも
うらかぜぞふく


住吉の
松の村だち
幾かへり
なみにむかしの
花咲きぬらむ
すみよしの
まつのむらだち
いくかへり
なみにむかしの
はなさきぬらむ


住吉に詣でゝ
住吉すみえまうでゝ


天降る
現人神の
相生を
思へば久し
住吉松
あまくだる
あらひとがみの
あひおひを
おもへばひさし
すみよしのまつ


あまくたる
あら人神の
あひおひを
おもへはひさし
住吉の松
あまくたる
あらひとかみの
あひおひを
おもへはひさし
すみよしのまつ


長元八年関白左大臣歌合し侍りけるのち、左方のかた人よろこひにすみよしにまうててうたよみ侍りけるに、左の頭にてよみ侍りける

大納言経輔
長元八年関白左大臣歌合し侍りけるのち、左方のかた人よろこひにすみよしにまうててうたよみ侍りけるに、左の頭にてよみ侍りける

大納言経輔

関白左大臣=よりみち

Перевод: Бухта песен, с.38

すみよしの
なみも心を
よせけれは
むへそみきはに
たちまさりける
すみよしの
なみもこころを
よせけれは
うへそみきはに
たちまさりける


漕ぎ出でゝ
武庫の浦より
見渡せば
波間にうかぶ
住吉の松
こぎいでて
むこのうらより
みわたせば
なみまにうかぶ
すみよしのまつ


住吉の
千木の片そぎ
行きも逢はで
霜置き迷ふ
冬は來に鳬
すみよしの
ちぎのかたそぎ
ゆきもあはで
しもおきまよふ
ふゆはきにけり


中務卿宗良親王人々にすゝめてよませ侍し住吉社三百六十番哥合に春動物

權大納言顯經

Исполняющий обязанности Старшего советника Двора господин [Тигуса] Акицунэ

住吉社三百六十番哥合に春植物

よみ人しらず

Автор неизвестен

住吉の
松に凉しく
聞そめつ
秋くるかたの
おきつしほかぜ
すみよしの
まつにすずしく
ききそめつ
あきくるかたの
おきつしほかぜ


住吉の
おきをふかめて
立霧に
しづみ出ぬる
あはぢ嶋山
すみよしの
おきをふかめて
たつきりに
しづみいでぬる
あはぢしまやま


住吉の行宮におまし〳〵ける比うへのをのこども題をさぐりて哥つかうまつりける次に松雪といふ事を讀せ給ける

後村上院御製

Покойный государь Го-Мураками

思ふ事
神は志るらむ
住吉の
きしの志ら波
たか世なりとも
おもふこと
かみはしるらむ
すみよしの
きしのしらなみ
たかよなりとも


正平十五年十月住吉社に行幸ありて神主國量正下の四位に叙せられける時、?召つゞけさせ給ふける

後村上院御製

Покойный государь Го-Мураками
? -> p189
恋しきに
難波の事も
おぼほえず
誰住吉の
まつといひけん
こひしきに
なにはのことも
おぼほえず
たれすみよしの
まつといひけん


名を聞くに
長居しぬべき
住吉の
まつとはまさる
人やいひけむ
なをきくに
ながいしぬべき
すみよしの
まつとはまさる
ひとやいひけむ

赤染衛門集-83
頼みては
久しく成りぬ
住吉の
まつこのたびの
しるし見せなむ
たのみては
ひさしくなりぬ
すみよしの
まつこのたびの
しるしみせなむ


今は昔、赤染衛門といふ歌詠みは、時望といひけるが女、入道殿に候ひけるが、心ならず匡衡を男にして、いと若き博士にてありけるを、事にふれて、のがひ、厭ひ、あらじとしけれど、男はあやにくに心ざし深くなりゆく。殿の御供に住吉へ参りて詠みて起こせたる。


時望=赤染時用
入道殿=藤原道長
匡衡=大江匡衡
と書きて、住吉に参らせたりけるままに、挙周、心地さはさはと止みにけり。その後、めでたき事に、世に言ひののしりけり。



後醍醐天皇大納言典侍さまかへて後、住吉の西林院といふ所に住侍ける時、かの寺の梅花をめされけるに奉りければ

後村上院御製

Покойный государь Го-Мураками

住吉社三百六十番哥合に戀地儀

右近大將長親

Командир Правой управы Личной охраны государя господин [Кадзанъин] Нагатика