守覚法親王、五十首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
守覚法親王、五十首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
Тэйка

守覚法親王家五十首歌に

藤原定家朝臣
守覚法親王家五十首歌に

藤原定家朝臣
Тэйка

百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
Тэйка

守覚法親王の五十首歌に

藤原定家朝臣
守覚法親王の五十首歌に

藤原定家朝臣
Тэйка

百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
Тэйка

千五百番歌合に

藤原定家朝臣
千五百番歌合に

藤原定家朝臣
Тэйка

五月雨の心を

藤原定家朝臣
五月雨の心を

藤原定家朝臣
Тэйка

五十首歌奉りし時

藤原定家朝臣
五十首歌奉りし時

藤原定家朝臣
Тэйка

守覚法親王、五十首歌よませ侍りける時

藤原定家朝臣
守覚法親王、五十首歌よませ侍りける時

藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

西行法師すすめて百首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
西行法師すすめて百首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

千五百番歌合に

藤原定家朝臣
千五百番歌合に

藤原定家朝臣
Тэйка

百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
百首歌奉りし時

藤原定家朝臣
Тэйка

摂政太政大臣、大納言に侍りける時、山家雪といふことをよませ侍りける

(藤原定家)
摂政太政大臣、大納言に侍りける時、山家雪といふことをよませ侍りける

(藤原定家)
Тэйка

千五百番歌合に

藤原定家朝臣
千五百番歌合に

藤原定家朝臣
Тэйка

母の身まかりにける秋、野分しける日、もと住み侍りけるところにまかりて

藤原定家朝臣
母の身まかりにける秋、野分しける日、もと住み侍りけるところにまかりて

藤原定家朝臣
Сложил осенью, когда, похоронив мать, в холодный ветреный день посетил место, где она жила

Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

摂政太政大臣家歌合に、羇中晩嵐といふことをよめる

藤原定家朝臣
摂政太政大臣家歌合に、羇中晩嵐といふことをよめる

藤原定家朝臣
Тэйка

摂政太政大臣家歌合に、秋旅といふ事を

藤原定家朝臣
摂政太政大臣家歌合に、秋旅といふ事を

藤原定家朝臣
Тэйка

和歌所にてをのこども、旅の歌つかうまつりしに

藤原定家朝臣
和歌所にてをのこども、旅の歌つかうまつりしに

藤原定家朝臣
Тэйка

詩を歌に合はせ侍りしに、山路秋行といへることを

定家朝臣(藤原定家)
詩を歌に合はせ侍りしに、山路秋行といへることを

定家朝臣(藤原定家)
Тэйка

摂政太政大臣(藤原良経)家百首歌合に

藤原定家朝臣
摂政太政大臣(藤原良経)家百首歌合に

藤原定家朝臣
Тэйка

海辺恋といふことをよめる

藤原定家朝臣
海辺恋といふことをよめる

藤原定家朝臣
Тэйка

冬恋

定家朝臣(藤原定家)
冬恋

定家朝臣(藤原定家)
Тэика

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

西行法師人々に百首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
西行法師人々に百首歌よませ侍りけるに

藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

水無瀬恋十五首歌合に

藤原定家朝臣
水無瀬恋十五首歌合に

藤原定家朝臣
Тэйка

題しらず

藤原定家朝臣
題しらず

藤原定家朝臣
Без названия

Тэйка

近衛司にて年久しくなりて後、上のをのこども大内の花見にまかれりけるによめる

藤原定家朝臣
近衛司にて年久しくなりて後、上のをのこども大内の花見にまかれりけるによめる

藤原定家朝臣
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

後白河院、栖霞寺におはしましけるに、駒引の引き分けの使にて参りけるに

藤原定家朝臣
後白河院、栖霞寺におはしましけるに、駒引の引き分けの使にて参りけるに

藤原定家朝臣
Когда государь-инок Госиракава пребывал в храме Сэйкадзи, прибыл посланцем туда, чтобы принять лошадей, поднесенных государю

Тэйка

守覚法親王五十首歌よませ侍りけるに、閑居の心を

定家朝臣(藤原定家)
守覚法親王五十首歌よませ侍りけるに、閑居の心を

定家朝臣(藤原定家)
Тэйка

最勝四天王院の障子に、大淀かきたる所

定家朝臣(藤原定家)
最勝四天王院の障子に、大淀かきたる所

定家朝臣(藤原定家)
Тэйка

藤原定家朝臣
藤原定家朝臣
Тэйка

おなじ時、外宮にてよみ侍りける

藤原定家朝臣
おなじ時、外宮にてよみ侍りける

藤原定家朝臣
Послан государем вместе с Фудзиварой Ёсицунэ поклониться божеству Внешнего храма Исэ

Тэйка

定家朝臣、母の思ひに侍りける春のくれにつかはしける

摂政太政大臣(藤原良経)
定家朝臣、母の思ひに侍りける春のくれにつかはしける

摂政太政大臣(藤原良経)
Ёсицунэ

権中納言定家
ごんちゅうなごんていか
Гон-тюнагон Садаиэ
(советник Садаиэ — Фудзивара-но Тэйка, 1162—1241). Тэйка — китаизированное чтение иероглифов, составляющих японское имя Садаиэ.
仍詔参議右衛門督源朝臣通具、大蔵卿藤原朝臣有家、左近衛権中将藤原朝臣定家、前上総介藤原朝臣家隆、左近衛権少将藤原雅経等、不択貴賤高下、令摭錦句玉章。
仍りて、参議右衛門督源朝臣通具、大蔵卿藤原朝臣有家、左近衛権中将藤原朝臣定家、前上総介藤原朝臣家隆、左近衛権少将藤原雅経等に詔して、貴賤の高下を択ばず、錦句玉章を摭はしむ。
И вот велено было главе Правой привратной охраны Минамото Мититомо, главе казначейства асону[20] Фудзиваре Арииэ, второму военачальнику Левой ближней охраны государя асону Фудзиваре Садаиэ[21], бывшему вице-губернатору провинции Кадзуса асону Фудзиваре Иэтака, младшему военачальнику Левой ближней охраны государя асону Фудзиваре Масацунэ и другим собрать все прекрасные песни[22] певцов как знатных, так и неродовитых, рангов высоких и низких.

これによりて、右衛門督源朝臣通具、大蔵卿藤原朝臣有家、左近中将藤原朝臣定家、前上総介藤原朝臣家隆、左近少将藤原朝臣雅経らにおほせて、昔今時を分かたず、高きいやしき人をきらはず、目に見えぬ神仏の言の葉も、うばたまの夢に伝へたることまで、ひろく求め、あまねく集めしむ。

И вот велено было главе Правой привратной охраны асону[10] Фудзиваре-но Арииэ, второму военачальнику Левой ближней охраны государя асону Фудзиваре Садаиэ, бывшему помощнику губернатора провинции Кадзуса асону Фудзиваре Иэтака, младшему военачальнику Левой ближней охраны государя асону Фудзиваре Масацунэ и другим собрать песни, старые и новые, песни певцов и знатных, и неродовитых, не отвергая никого из своей нелюбви к нему[11]. Включая и листья-слова невидимых глазу богов и будд, и даже те песни, что явлены были в сновидениях ночи, темной, как ягода тута[12].
10. Асон — почетный титул, присваивался придворным по родовитости или за особые заслуги.
11. Через посредство Китая японцы восприняли буддизм, однако продолжали при этом поклоняться и своим национальным синтоистским богам - коми. Впоследствии такой религиозный синкретизм получил свое название - рё'бусинто (букв, «синто-буддизм»).
12. Ночь, темная, как ягода тута (нубатама-но ё) - постоянный эпитет макура-котоба, один из наиболее древних.
秋のうたとてよめる

藤原定家
秋のうたとてよめる

藤原定家
Сложил об осени

Фудзивара Тэйка

冬のはしめのうたとてよめる

藤原定家
冬のはしめのうたとてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка

円位法師人人にすすめて、百首の歌よませ侍りけるとき、時雨のうたとてよめる

藤原定家
円位法師人人にすすめて、百首の歌よませ侍りけるとき、時雨のうたとてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка
Энъи=Сайгё
百首歌よみ侍りけるとき、別のこころをよめる

藤原定家
百首歌よみ侍りけるとき、別のこころをよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка

恋歌とてよめる

藤原定家
恋歌とてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка

殷富門院にて人人百首歌よみ侍りける時、月のうたとてよめる

藤原定家
殷富門院にて人人百首歌よみ侍りける時、月のうたとてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка

円位法師かすすめ侍りける百首歌の中に、花のうたとてよめる

藤原定家
円位法師かすすめ侍りける百首歌の中に、花のうたとてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка
Энъи=Сайгё
百首歌なかに、述懐のうたとてよめる

藤原定家
百首歌なかに、述懐のうたとてよめる

藤原定家
Фудзивара Тэйка

後鳥羽院の、御歌に、「袖と袂と、一首の中に悪しかりなんや。」と定家卿に尋ね仰せられたるに、

— Может быть, это нехорошо, — спросил однажды экс-император Готоба сиятельного Тэйка об одном из своих стихотворений, — что в одном и том же месте встречается и слово содэ, «рукав», и слово тамото, «нижняя часть рукава»?

病限りにおぼえ侍りける時、定家朝臣、中将転任のこと申すとて、民部卿範光もとにつかはしける

皇太后宮大夫俊成(藤原俊成)
病限りにおぼえ侍りける時、定家朝臣、中将転任のこと申すとて、民部卿範光もとにつかはしける

皇太后宮大夫俊成(藤原俊成)
Будучи тяжело болен сам, обращается с просьбой к главе Налогового ведомства Фудзиваре Норимицу поспособствовать повышению в должности сына своего Фудзивары Тэйка

Сюндзэй

月明かき夜、定家朝臣に逢ひて侍りけるに、歌の道に心ざし深きことはいつばかりの事にかと尋ね侍りければ、若く侍りし時、西行に久しくあひ伴ひて聞きならひ侍りし由申して、そのかみ申しし事などかたり侍りて、帰りて朝につかはしける

法橋行遍
月明かき夜、定家朝臣に逢ひて侍りけるに、歌の道に心ざし深きことはいつばかりの事にかと尋ね侍りければ、若く侍りし時、西行に久しくあひ伴ひて聞きならひ侍りし由申して、そのかみ申しし事などかたり侍りて、帰りて朝につかはしける

法橋行遍
Хоккё Гехэн

摂政太政大臣家百首歌合に

定家朝臣
摂政太政大臣家百首歌合に

定家朝臣
Тэйка

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

寛喜元年女御入内の屏風に

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

養和の比ほひ百首の歌よみ侍りし、秋の歌

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

後京極攝政、左大將に侍りける時月の五十首の歌よみ侍りけるによめる

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

關白左大臣の家の百首○よみ侍りけるに

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ
[5]
泥繪屏風石清水臨時祭

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

建保五年四月庚申久戀といへる心をよみ侍りける

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

建保六年内裏の歌合の戀の歌

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

戀十首の歌よみ侍りけるとき

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

元暦の頃ほひ賀茂重保人々の歌すゝめ侍りて社頭歌合し侍りけるに月をよめる

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

定家少將になり侍りて月あかき夜悦申し侍りけるを見侍りてあしたに遣しける

權中納言定家母

Мать гон-тюнагона Садаиэ

花の歌の中に

權中納言定家

Среди песен о цветах

Гон-тюнагон Садаиэ

老の後年久しくしづみ侍りてはからざるほかに官給はりて外記のまつり事に參りて出で侍りけるに

權中納言定家

Гон-тюнагон Садаиэ

千五百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

春の歌の中に

前中納言定家

Среди песен весны

Бывший тюнагон Садаиэ

朝若菜を

前中納言定家

О молодых травах утром

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政、左大將に侍りける時伊勢の勅使にて下り侍りけるに伴ひて鈴鹿の關を越ゆとて花の許におり居てよみ侍りける

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

百首の歌の中に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

承久元年内裏の歌合に、曉時鳥

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

正治二年十首の歌合に、おなじ心を

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

名所の歌奉りける時

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

守覺法親王の家の五十首の歌に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政の家の六百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

名所の百首の歌奉りし時

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建仁元年八月十五夜和歌所の撰歌合に、田家見月

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政の家の月の五十首の歌の中に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建仁元年八月十五夜和歌所の撰歌合に、月前擣衣

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建仁元年五十首の歌奉りける時

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保三年五月歌合に、曉時雨

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

道助法親王の家の五十首の歌に、池水鳥

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

東に罷りける人に

前中納言定家

Человеку, который направился в Восточный край.

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家祖父中納言俊忠春日の社行幸の賞にて従三位に叙して侍りける朝申し遣しける

前參議雅經



返し

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

千五百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

寄烟戀を

前中納言定家

Сравнивая дым с любовью

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政の家の六百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政の家の六百番の歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

千五百番の歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保二年内大臣の家の百首の歌に、名所戀

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

千五百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家はやう住み侍りける所に前大納言爲家わづらふこと侍りける時雪のあしたに申し遣しける

權中納言公雄



よみおきて侍りける歌を前中納言定家の許に遣すとてつゝみ紙に書き付けゝる

藤原基政



後京極攝政かくれ侍りけるあくる日從二位家隆とぶらひて侍りければ

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保六年八月中殿にて池月久明といふ事を講ぜられ侍りけるに

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家歳の暮にはじめて京極の家に移りけるに遣しける

西園寺入道前太政大臣



返し

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保二年内裏の詩歌を合せられ侍りける時、おなじ心を

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家のもとへ八重櫻につけてつかはしける

光明峯寺入道前攝政左大臣

Отправил в дом Фудзивара Тэйка, прикрепив к ветви махровой сакуры

土御門内大臣の家の歌合に、雨中藤花

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

おなじ心を

前中納言定家

О том же

Бывший тюнагон Садаиэ

建保三年五首の歌合に、夕早苗

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保四年内裏の百番の歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

百首の歌の中に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

千五百番歌合に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

承久元年内裏の歌合に、庭紅葉

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

惟明親王の家の十五首の歌に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

正治百首の歌に

前中納言定家

Среди ста песен эпохи сёдзи

Бывший тюнагон Садаиэ
??
建保百首の歌奉りけるとき

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

花盛に西園寺入道前太政大臣の許より音づれて侍りける返事に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

其後年をへて此かたはらに書きつけ侍りける

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、月

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建仁三年十一月和歌所にて釋阿の九十賀たまはせける時よみ侍りける

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建暦二年とよのみそぎ二たび行はれける次の日前中納言定家のもとに遣しける

參議雅經于時左中將



建仁元年五十首の歌奉りけるに、寄雲戀

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、後朝戀

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

春の頃物申しそめける人の梅の花を折りてさしおかせ侍りける又の年おなじ所にてよみ侍りける

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

建保百首の歌奉りける時

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

西行法師みづからの歌を合せて判の詞しるし付くべきよし申し侍りけるを書きて遣すとて

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

皇太后宮大夫俊成前中納言定家書きて侍りける草子をはからざるに傳へたりけるを夢の告ありて爲氏が許に送り遣すとて

道洪法師



承元の頃述懷の歌あまたよみ侍りける中に

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、述懷

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

題しらず

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

愁ひにしづみて後最勝金剛院の八講にまかりてあしたに前中納言定家のもとにつかはしける

前内大臣



八條院の御忌日に蓮花心院に參りて侍りけるに思ひ出づる事おほくておなじく參りあひたりける女房の中にさしおかせ侍りける

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

父前中納言定家すみ侍りける家に年へて後歸りまうできて昔の事を思ひいでゝよみ侍りける

法印覺源



前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

提婆品

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ

後京極攝政、左大將に侍ける時家の六百番哥合し侍けるに、元日宴といふことを

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ
Raw
建保二年二月內裏に詩歌を合せられ侍りけるに、野外霞をよみ侍りける

前中納言定家

На поэтическом состязании во дворце во втором месяце второго года кэмпо, сложил о весенней дымке в полях

Бывший средний государственный советник Садаиэ

春立つこゝろをよみ侍りける

前中納言定家



千五百番歌合に

前中納言定家



前中納言定家



名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家



正治二年九月、十首歌合に、落花

前中納言定家



正治の百首の歌奉りける時

前中納言定家



名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家

Когда слагали сто песен об известных местах

Бывший средний советник Садаиэ

建保四年百首の歌奉りける時

前中納言定家



正治の百首の歌奉りける時

前中納言定家



名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家



殷富門院にて人々百首の歌よみ侍りける時、月の歌とてよみ侍りける

前中納言定家



道助法親王の家の五十首の歌に、船中月

前中納言定家



後京極攝政、内大臣に侍りける時、家に十首の歌よみ侍りける秋に、

前中納言定家



西園寺入道前太政大臣五節奉りける時申しつかはしける

前中納言定家



正治元年新宮の歌合に、寒夜埋火

前中納言定家



さし櫛、ひかげ

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



後京極攝政の家の冬の十首歌合に、關路雪朝

前中納言定家



西行法師、人々すゝめて百首の歌詠ませ侍りけるに

前中納言定家



文治六年女御入内の屏風に、内侍所の御神樂の儀式のある所

前中納言定家



母の周忌に法華經をみづから書きて卷々の心を詠みて表紙の繪に書かせ侍りけるに、二卷の心を

前中納言定家



後法性寺入道前關白舍利講の次でに人々に十如是の歌詠ませ侍りけるに、如是力

前中納言定家



建仁元年五十首の歌奉りける時

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



前中納言定家身まかりて後前大納言爲家嵯峨の家に住み侍りける頃申しつかはしける

後鳥羽院下野



建久元年五十首の歌奉りける時

前中納言定家



文治六年、女御入内の屏風に、山中に菊盛に開けたる邊に仙人ある所

前中納言定家



文治六年、女御入内の屏風に、江澤の邊に寒蘆茂る所鶴立つ

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



後京極攝政、左大臣に侍りける時、家に歌合し侍りけるに、曉霞と云ふ事を

前中納言定家



後京極攝政左大將に侍りける時家に六百番歌合し侍りけるに餘寒の心をよめる

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



古集の一句を題にて歌詠み侍りけるに、黄梢新柳出城墻といふ事を

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



春の歌とて

前中納言定家



後京極攝政左大將に侍りける時家に六百番歌合し侍りけるに、志賀山越をよめる

前中納言定家



百首の歌に

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



千五百番歌合に

前中納言定家



夏の歌の中に

前中納言定家



前中納言定家



千五百番歌合に

前中納言定家



後京極攝政、左大將に侍りける時、家に六百番歌合し侍りけるに、殘暑を

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



前中納言定家



題志らず

前中納言定家



秋の歌とて

前中納言定家



秋の歌に

前中納言定家



建仁元年三月、歌合に嵐吹寒草と云ふ事を

前中納言定家



策々窓戸前、又聞新雪下と云ふ事を

前中納言定家



初戀の心をよめる

前中納言定家



句のかみに文字を置きてよみ侍りける歌の中に

前中納言定家



後京極攝政、左大將に侍りける時、家に六百番歌合し侍りけるに、寄風戀を

前中納言定家



前中納言定家



遇不逢戀の心を

前中納言定家



三十首の歌の中に

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



百首の歌の中に

前中納言定家



眺望の心を

前中納言定家



三十首の歌の中に、山家松

前中納言定家



百首の歌の中に

前中納言定家



西行、御裳濯の歌合とて、前中納言定家に判ずべきよし申しけるを、若かりける頃にて辭び申すをあながちに申し侍りければ、判じてつかはすとて、山水の深かれとてもかきやらず君に契を結ぶはかりぞと申して侍りける返事に

西行法師

Сайгё-хоси

建保三年内裏に召されける名所の百首のうたの中に、辰市

前中納言定家



後京極攝政身まかりて後四五日ありて從二位家隆の許より、臥して戀ひ起きても惑ふ春の夢いつか思ひの覺めむとすらむと申して侍りける返事に

前中納言定家



前中納言定家母の思ひに侍りける頃比叡の山の中堂に籠り侍るに雪のいみじう降りけるつとめて覺束なさなど書きて、奥に

皇太后宮大夫俊成



返し

前中納言定家



前中納言定家



承久元年、内裏の十首の歌合に、野徑霞

前中納言定家



二品法親王守覺の家の五十首の歌に

前中納言定家



後京極攝政の家の花の五十首の歌に

前中納言定家



建仁元年、鳥羽殿の歌合に、山曉時鳥

前中納言定家



光明峯寺入道前攝政の家の百首の歌に、故郷橘

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



建仁二年、石清水の歌合に、月照海邊

前中納言定家



西行法師人々すゝめて百首の歌よませ侍りけるに

前中納言定家



元久三年正月高陽院殿にて、庭花春久と云ふ事を

前中納言定家



建保二年九月、月契千秋と云ふ事を

前中納言定家



洞院攝政の家の百首の歌に

前中納言定家



題志らず

前中納言定家

Тема неизвестна

Бывший средний советник Садаиэ

光明峯寺入道前攝政の家の百首の歌に、名所戀

前中納言定家



承久二年土御門院に奉りける三首の歌に、夜長増戀

前中納言定家



光明峯寺入道前攝政の家の戀の十首の歌合に、寄帶戀

前中納言定家



入道二品親王道助の家の五十首の歌に、寄枕戀

前中納言定家



光明峯寺入道前攝政の家の戀の十首の歌合に、寄鏡戀

前中納言定家



光明峰寺入道前攝政の家の百首の歌に、名所戀

前中納言定家



洞院攝政左大臣の家の百首の歌に、怨戀と云ふ事を

前中納言定家



西行法師すゝめ侍りける百首の歌に

前中納言定家



母の爲に經書きける時、嚴王品の心を

前中納言定家



朝五月雨

前中納言定家



名所の百首の歌奉りけるに

前中納言定家



さしぐし、日かげ

前中納言定家



建仁元年五十首の歌奉りける時

前中納言定家



建保二年内裏に百首の歌奉りける時

前中納言定家



前中納言定家



九條前内大臣の家の三十首のうたの中に、江上暮春を

前中納言定家



正治二年百首の歌奉りける時

前中納言定家



名所の百首の歌奉りける頃

前中納言定家



入道二品親王の家の五十首の歌に、尋虫聲

前中納言定家



健保の百首の歌奉りけるに

前中納言定家



名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家



題志らず

前中納言定家



名所の百首の歌奉りける時

前中納言定家



名所の百首の歌奉りけるに

前中納言定家



内裏の十五首の歌合に、秋風を

前中納言定家



建保二年内裏に百首の歌奉りけるに

前中納言定家



建保二年、内裏の百首の歌に

前中納言定家



入道二品親王詠ませ侍りける五十首の歌に

前中納言定家



母の思ひに侍りける春の暮に後京極攝政の許より、春霞かすみし空のなごりさへけふをかぎりの別れなりけりと申し侍りし返事に

前中納言定家



建暦二年十二月、和歌所の廿首の歌に

前中納言定家



前中納言定家



後京極攝政、左大將に侍ける時家の六百番哥合し侍けるに、元日宴といふことを

前中納言定家

Бывший тюнагон Садаиэ
Raw
建保二年二月內裏に詩歌を合せられ侍りけるに、野外霞をよみ侍りける

前中納言定家

На поэтическом состязании во дворце во втором месяце второго года кэмпо, сложил о весенней дымке в полях

Бывший средний государственный советник Садаиэ

前右近中将資盛家の歌合に

前中納言定家



後京極摂政家に六百番歌合し侍けるに、雲雀をよみ侍ける

前中納言定家



西行法師すゝめ侍ける百首歌の中に

前中納言定家



建保四年内裏歌合に

前中納言定家



暮山花を

前中納言定家



光明峰寺入道前摂政、内大臣に侍ける時、よませ侍ける百首歌に、尋花といふ事を

前中納言定家



後京極摂政左大将に侍ける時、家に六百番歌合し侍けるに、春曙

前中納言定家



建保五年四月庚申に、春夜

前中納言定家



閑中花

前中納言定家



前中納言定家



百首歌の中に、夏

前中納言定家



夏歌の中に

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



建仁三年歌合に、草野秋近といふ事を

前中納言定家



名所百首歌に、竜田山秋

前中納言定家



守覚法親王家五十首歌中に

前中納言定家



秋歌の中に

前中納言定家



鹿を

前中納言定家



前中納言定家



前中納言定家



千五百番歌合に

前中納言定家



前中納言定家



百首歌の中に、月

前中納言定家



後鳥羽院に五十首歌奉ける中に、月前竹風

前中納言定家



題不知

前中納言定家



百首歌の中に

前中納言定家



水無瀬殿にて秋歌よみ侍けるに

前中納言定家



建保内裏名所百首歌に

前中納言定家



百首歌の中に

前中納言定家



前中納言定家



正治二年後鳥羽院に百首歌奉ける時

前中納言定家



百首歌の中に

前中納言定家



建保四年内裏にて遠村雪といふ事をよみ侍ける

前中納言定家



惟明親王家△十五首歌に

前中納言定家



前中納言定家



羇中見花といふ事を

前中納言定家



後京極摂政家詩歌合、羇中眺望

前中納言定家



建仁元年八幡宮歌合、旅宿嵐

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



つれなかりける女につかはしける

前中納言定家



後京極摂政家歌合に

前中納言定家



百首歌中に、旅恋

前中納言定家



遠き所に行別れにける人につかはしける

前中納言定家



恋歌の中に

前中納言定家



権中納言長方よませ侍ける五首歌の中に、久恋と云事を

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



惟明親王家十五首歌の中に、恋心を

前中納言定家



建仁二年九月十三夜、水無瀬殿恋十五首歌合に、暮恋と云ことを

前中納言定家



百首歌の中に

前中納言定家



承久三年八月、駒引上卿に参りて侍ける時、前中納言定家参議にてまいりて侍けるに、殿上の硯にてひあふきのつまに書つけて出ける車につかはしける

常盤井入道前太政大臣



返し

前中納言定家



参議に侍ける時司召の比、下臈ともおほく納言になるへきよし聞え侍けるに、正三位を申とて藤原清範につけて奏し侍ける

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



同心を読侍ける

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



道助法親王家五十首歌に、閑中灯を

前中納言定家



建保元年内裏歌合に、山夕風

前中納言定家



閑居の心を

前中納言定家



雑歌の中に

前中納言定家



雑歌の中に

前中納言定家



此歌をきゝて

前中納言定家



後京極摂政春身まかりにけれは、前中納言定家もとへ読てつかはしける

従二位家隆



承久元年六月、八条院御忌日に蓮華心院にまいりて、思ひ出る事おほくて女房のなかに申つかはしける

前中納言定家



題しらす

前中納言定家



百首歌の中に

前中納言定家



前中納言定家はやうすみ侍けるさかの家の跡を、右大臣作りあらためてかよひ住侍けるに、八月廿日定家卿遠忌に仏事なとして人々歌よませ侍けるに、秋懐旧といふことを

前参議為相



俊成卿十三年仏事に、前中納言定家一品経供養し侍ける時、人記品の心をよみてつかはしける

常盤井入道前太政大臣



百首歌の中に

前中納言定家



前中納言定家