二郎君、陸奥守倫寧のぬしの女の腹におはせし君なり。



入道攝政わかう侍りける頃大納言道綱の母にかよひ侍りけるにみちのくにへまかり下らむとて見よとおぼしくて女の硯にいれて侍りける

藤原倫寧朝臣

Фудзивара Томоясу