夢とこそ
いふへかりけれ
世中に
うつつある物と
思ひけるかな
ゆめとこそ
いふへかりけれ
よのなかに
うつつあるものと
おもひけるかな
Все похоже на сон,
на негаданное наважденье —
а недавно еще
верил я, что мир этот бренный
наяву для нас существует…

ぬるかうちに
見るをのみやは
夢といはむ
はかなき世をも
うつつとは見す
ぬるかうちに
みるをのみやは
ゆめといはむ
はかなきよをも
うつつとはみす
Не одни только сны
нисходят на нас наважденьем —
разве можно назвать
непреложной, истинной явью
хрупкий облик бренного мира?!

吾背子者
待跡不来
鴈音<文>
動而寒
烏玉乃
宵文深去来
左夜深跡
阿下乃吹者
立待尓
吾衣袖尓
置霜<文>
氷丹左叡渡
落雪母
凍渡奴
今更
君来目八
左奈葛
後<文>将會常
大舟乃
思憑迹
現庭
君者不相
夢谷
相所見欲
天之足夜尓
わがせこは
まてどきまさず
かりがねも
とよみてさむし
ぬばたまの
よもふけにけり
さよふくと
あらしのふけば
たちまつに
わがころもでに
おくしもも
ひにさえわたり
ふるゆきも
こほりわたりぬ
いまさらに
きみきまさめや
さなかづら
のちもあはむと
おほぶねの
おもひたのめど
うつつには
きみにはあはず
いめにだに
あふとみえこそ
あめのたりよに
Жду тебя, любимый мой.
Не приходишь ты,
Гуси дикие кричат.
Холодно от криков их.
Ягод тутовых черней
Ночь спустилась к нам,
Ночь спустилась, и, когда
Буря началась,
Вышла я и стала ждать,
И на мой рукав
Выпал иней и застыл,
Превратившись в лед.
Снег упал и льдом замерз,
Неужели и теперь
Не придешь ко мне?
Значит, встретимся потом.
В майский день
Зеленый плющ
Ложем будет нам!
Как большому кораблю,
Доверяю я тебе,
Но покуда наяву
Я не встретилась с тобой,
Хоть во сне явись ко мне.—
Ночью у небес молю…
* Вариант п. 3280.
きみやこし
我やゆきけむ
おもほえず
夢かうつつか
ねてかさめてか
きみやこし
われやゆきけむ
おもほえず
ゆめかうつつか
ねてかさめてか
Ты ль пришел?
Была ль я у тебя?
Не знаю, не ведаю я...
Был ли то сон, иль явь то была.
Спала ль я, иль была бодра?

かきくらす
心のやみに
まどひにき
ゆめうつつとは
こよひさだめよ
かきくらす
こころのやみに
まどひにき
ゆめうつつとは
こよひさだめよ
Я сам блуждаю
во мраке сердца,
обуянного тьмой!
И сон то был, иль явь —
узнаем ввечеру...

現者
言絶有
夢谷
嗣而所見与
直相左右二
うつつには
こともたえたり
いめにだに
つぎてみえこそ
ただにあふまでに
Наяву
Прекратились желанные вести,
О, пускай хоть во сне
Постоянно б ты грезилась мне
До тех пор, когда снова с тобой будем вместе!

憂きながら
あればある世に
ふるさとの
夢をうつつに
さましかねても
うきながら
あればあるよに
ふるさとの
ゆめをうつつに
さましかねても
Печален мир... Я это знаю —
И всё же в нем живу.
Жаль только, грёзы о былом
И о местах, родных когда-то,
Уже не станут явью.

うつつには
あふことかたし
玉の緒の
よるはたえせす
ゆめに見えなん
うつつには
あふことかたし
たまのをの
よるはたえせす
ゆめにみえなむ


現にも
はかなき事の
怪しきは
ねなくに夢の
見ゆる也けり
うつつにも
はかなきことの
あやしきは
ねなくにゆめの
みゆるなりけり


現にも
儚なきことの
侘しきは
ねなくに夢と
思ふなりけり
うつつにも
はかなきことの
わびしきは
ねなくにゆめと
おもふなりけり


現にて
たれ契りけむ
定めなき
夢路にまよふ
我はわれかは
うつつにて
たれちぎりけむ
ささめなき
ゆめぢにまよふ
われはわれかは


儚かる
夢のしるしに
はかられて
現にまくる
身とや成りなむ
はかなかる
ゆめのしるしに
はかられて
うつつにまくる
みとやなりなむ


睡ろまぬ
物からうたて
志かすがに
現にもあらぬ
心地のみする
まどろまぬ
ものからうたて
しかすがに
うつつにもあらぬ
ここちのみする


現にも
あらぬ心は
夢なれや
見てもはかなき
ものを思へば
うつつにも
あらぬこころは
ゆめなれや
みてもはかなき
ものをおもへば


現には
ふせどねられず
起き返り
昨日の夢を
いつか忘れむ
うつつには
ふせどねられず
おきかへり
きのふのゆめを
いつかわすれむ


夢にだに
嬉しともみば
現にて
わびしきよりは
猶勝りなむ
ゆめにたに
うれしともみば
うつつにて
わびしきよりは
なほまさりなむ


宿みれば
ねてもさめても
戀しくて
夢現とも
分かれざり鳬
やどみれば
ねてもさめても
こひしくて
ゆめうつつとも
わかれざりけり


うたたねは
夢やうつつに
かよふらむ
さめてもおなし
時雨をそきく
うたたねは
ゆめやうつつに
かよふらむ
さめてもおなし
しくれをそきく


寝る夢に
うつつの憂さも
忘られて
思ひなぐさむ
ほどぞはかなき
ねるゆめに
うつつのうさも
わすられて
おもひなぐさむ
ほどぞはかなき
О, как мне жаль,
Что только в грезах ныне
С тобой встречаюсь,
Когда, забыв твою жестокость,
В свиданье утешенье нахожу!

夢かとよ
見し面影も
契りしも
忘れずながら
うつつならねは
ゆめかとよ
みしおもかげも
ちぎりしも
わすれずながら
うつつならねは
Был это сон?
Но помню я твой облик,
Клятвы любви,
Которые друг другу мы шептали,
И все ж — едва ли это было наяву!

夢や夢
うつつや夢と
分かぬかな
いかなる夜にか
さめむとすらむ
ゆめやゆめ
うつつやゆめと
わかぬかな
いかなるよるにか
さめむとすらむ
Во сне ли я?
Иль наяву?
Но если это — сон,
В каком же мире
Я потом проснусь?

うつつをも
うつつといかか
さたむへき
夢にも夢を
みすはこそあらめ
うつつをも
うつつといかか
さたむへき
ゆめにもゆめを
みすはこそあらめ


みるほとは
ゆめも夢とも
しられねは
うつつもいまは
うつつとおもはし
みるほとは
ゆめもゆめとも
しられねは
うつつもいまは
うつつとおもはし


寤尓等
念氐之可毛
夢耳尓
手本巻<寐>等
見者須便奈之
うつつにと
おもひてしかも
いめのみに
たもとまきぬと
みればすべなし
О, как хотел бы я,
Чтоб это явью было!
Нет сил моих
Лишь в сновиденьях видеть
Взамен подушки — милой рукава!

現にて
ゆめばかりなる
あふことを
現ばかりの
夢になさばや
うつつにて
ゆめばかりなる
あふことを
うつつばかりの
ゆめになさばや


わが心
うつつともなし
宇津の山
夢路も遠き
都恋ふとて
わがこころ
うつつともなし
うつのやま
ゆめぢもとほき
みやここふとて
И сердце моё
будто не наяву,
о, «Яви» горы!
даже во сне с любовью
вспоминаю о далёкой столице.

おもへたゞ
夢か現か
わきかねて
あるかなきかに
歎く心を
おもへただ
ゆめかうつつか
わきかねて
あるかなきかに
なげくこころを


現こそ
ぬるよひ〳〵も
難からめ
そをだにゆるせ
夢の關守
うつつこそ
ぬるよひよひも
かたからめ
そをだにゆるせ
ゆめのせきもり


夢の世の
現なりせば
いかゞせむ
覺め行程をま
てば社あれ
ゆめのよの
うつつなりせば
いかがせむ
さめゆほどをま
てばやしろあれ


墨江之
小集樂尓出而
寤尓毛
己妻尚乎
鏡登見津藻
すみのえの
をづめにいでて
うつつにも
おのづますらを
かがみとみつも
Я пошел на поле в Суминоэ
Песни петь и хоровод водить
И залюбовался там своей женою,
Что сияла зеркалом
Среди жён других.
* Полевые игры (та-асоби), о которых говорится в песне, обычно связаны были с земледельческими обрядовыми действиями, которые должны были способствовать произрастанию риса.
* Круглое зеркало в Японии — одна из трех священных реликвий (зеркало, меч, яшма); оно является символом богини солнца Аматэрасу. В песнях оно служит образом внешней и внутренней красоты, а также образом чтимого и ценного. В данной песне, говоря о зеркале, муж хотел подчеркнуть красоту своей жены.
つらきをも
憂をも夢に
なしはてゝ
逢夜ばかりを
現共がな
つらきをも
うきをもゆめに
なしはてて
あふよばかりを
うつつともがな


束の間の
やみの現も
まだ志らぬ
夢より夢に
迷ひぬるかな
つかのまの
やみのうつつも
まだしらぬ
ゆめよりゆめに
まよひぬるかな


夢の内に
求めし法の
一ことも
誠なきこそ
うつゝなりけれ
ゆめのうちに
もとめしのりの
ひとことも
まことなきこそ
うつつなりけれ


あふとみて
現のかひは
なけれども
儚きゆめぞ
命なりける
あふとみて
うつつのかひは
なけれども
はかなきゆめぞ
いのちなりける
Коль шанса нет
Увидеть и встретить
Её,
То сон недолговечный
Жизнью станет!

夢だに
あふとは見えよ
さもこそは
現につらき
心なり共
ゆめだに
あふとはみえよ
さもこそは
うつつにつらき
こころなりとも


轉寐に
あふと見つるは
現にて
つらきを夢と
思はましかば
うたたねに
あふとみつるは
うつつにて
つらきをゆめと
おもはましかば
В дремоте
Сон о встрече нашей увидал,
Но наяву
Жестокость эта,
Пусть лучше б сном она была!

たまかさに
逢ふ夜は夢の
心地して
戀しもなどか
現なる覽
たまかさに
あふよはゆめの
ここちして
こひしもなどか
うつつなるらん


憂くつらき
雲の隔ては
現にて
思ひなぐさむ
夢だにも見ず
うくつらき
くものへだては
うつつにて
おもひなぐさむ
ゆめだにもみず


逢ふことは
たゞ思ひ寐の
夢路にて
現ゆるさぬ
よはの關守
あふことは
ただおもひねの
ゆめぢにて
うつつゆるさぬ
よはのせきもり
Свидания,
Что были во снах,
Когда спишь, тоскуя,
Наяву недозволены
Полуночным стражем заставы...

夢の世に
迷ふと聞かば
うつゝにも
なほ慰まぬ
別ならまし
ゆめのよに
まよふときかば
うつつにも
なほなぐさまぬ
わかれならまし


なにと又
驚かすらむ
うつゝとは
思ひもわかぬ
夢の別れ路
なにとまた
おどろかすらむ
うつつとは
おもひもわかぬ
ゆめのわかれぢ


我身いかに
するがの山の
現にも
夢にも今は
とふ人のなき
わがみいかに
するがのやまの
うつつにも
ゆめにもいまは
とふひとのなき


まよひこし
暗のうつゝを
歎きても
心の月を
頼むばかりぞ
まよひこし
やみのうつつを
なげきても
こころのつきを
たのむばかりぞ


落ちそむる
涙は袖に
現れて
つゝみならはぬ
程やみゆらむ
おちそむる
なみだはそでに
うつつれて
つつみならはぬ
ほどやみゆらむ


あふ事は
同じ現の
つらさにて
ぬる夜を頼む
夢だにもなし
あふことは
おなじうつつの
つらさにて
ぬるよをたのむ
ゆめだにもなし


はかなくも
なほや頼まむ
あふとみる
夢を現の
慰めにして
はかなくも
なほやたのまむ
あふとみる
ゆめをうつつの
なぐさめにして


夜な/\の
夢は通へど
相坂の
關ぞうつゝの
隔てなりける
よな/\の
ゆめはかよへど
あふさかの
せきぞうつつの
へだてなりける


あふ事の
夢計りにも
慰まば
うつゝにものは
思はざらまし
あふことの
ゆめばかりにも
なぐさまば
うつつにものは
おもはざらまし


いかにせむ
現も夢と
たどられて
逢ふにも迷ふ
我が心かな
いかにせむ
うつつもゆめと
たどられて
あふにもまよふ
わがこころかな


逢ふ夢に
つらさを猶や
そへつらむ
さむる現に
物思へとて
あふゆめに
つらさをなほや
そへつらむ
さむるうつつに
ものおもへとて


いかなれば
見し夜の夢を
現とも
思ひあはせぬ
契なるらむ
いかなれば
みしよのゆめを
うつつとも
おもひあはせぬ
ちぎりなるらむ


今はたゞ
夢とぞなれる
いつまでか
思ひ出でしも
現なりけむ
いまはただ
ゆめとぞなれる
いつまでか
おもひいでしも
うつつなりけむ


おなじ世に
見しは現も
かひなくて
夢ばかりなる
人の面影
おなじよに
みしはうつつも
かひなくて
ゆめばかりなる
ひとのおもかげ


あかずして
別れし人を
ゆめに見て
現にさへも
落つる涙か
あかずして
わかれしひとを
ゆめにみて
うつつにさへも
おつるなみだか


うつゝには
契絶えぬる
思ひ寐の
夢になしても
猶や恨みむ
うつつには
ちぎりたえぬる
おもひねの
ゆめになしても
なほやうらみむ


こし方の
身の思出も
夢なれば
うきをうつゝと
今は歎かじ
こしかたの
みのおもいでも
ゆめなれば
うきをうつつと
いまはなげかじ


あだに見し
夢に幾らも
變らぬは
六十ぢ過ぎにし
現なりけり
あだにみし
ゆめにいくらも
かはらぬは
むそぢすぎにし
うつつなりけり


現だに
思ふにたがふ
行く末を
みし夢とても
いかゞ頼まむ
うつつだに
おもふにたがふ
ゆくすゑを
みしゆめとても
いかがたのまむ


心をば
夢のうちにぞ
なぐさむる
現はつらき
浮世なれども
こころをば
ゆめのうちにぞ
なぐさむる
うつつはつらき
うきよなれども


いかにして
現のうさを
慰めむ
夢てふ物を
みぬ世なりせば
いかにして
うつつのうさを
なぐさめむ
ゆめてふものを
みぬよなりせば


おどろかで
心のまゝに
みる程は
夢も現に
かはらざりけり
おどろかで
こころのままに
みるほどは
ゆめもうつつに
かはらざりけり


世をわたる
現もさぞと
あだにみて
思ひしらるゝ
夢の浮橋
よをわたる
うつつもさぞと
あだにみて
おもひしらるる
ゆめのうきはし


夢の世を
みてぞ驚く
現にて
おくれ先だつ
ならひありとは
ゆめのよを
みてぞおどろく
うつつにて
おくれさきだつ
ならひありとは


驚けば
夢をのみきく
世なりけり
まどろむ程や
現なるらむ
おどろけば
ゆめをのみきく
よなりけり
まどろむほどや
うつつなるらむ


現とも
夢ともわかぬ
面影の
身にそひながら
別れぬるかな
うつつとも
ゆめともわかぬ
おもかげの
みにそひながら
わかれぬるかな


暫しこそ
うきを夢とも
辿りしか
覺めぬ現の
はてぞ悲しき
しばしこそ
うきをゆめとも
たどりしか
さめぬうつつの
はてぞかなしき


みどり子と
思ひし人も
老いぬとて
背く世を
みる悲しさは
ゆめかうつゝか
みどりねと
おもひしひとも
をいぬとて
そむくよを
みるかなしさは
ゆめかうつつか

俊成
ありてなき
夢も現も
誰れにかく
とはれまし
君が見る世に
そむかざりせば
ありてなき
ゆめもうつつも
たれにかく
とはれまし
きみがみるよに
そむかざりせば


つれもなき
現を夢に
引きかへて
うれしき夢を
現ともがな
つれもなき
うつつをゆめに
ひきかへて
うれしきゆめを
うつつともがな


現には
更にも云はず
夢にだに
いもが袂を
まきぬとし見ば
うつつには
ふけにもいはず
ゆめにだに
いもがたもとを
まきぬとしみば


あかざりし
暗の現を
限にて
又も見ざらむ
ゆめぞはかなき
あかざりし
やみのうつつを
かぎりにて
またもみざらむ
ゆめぞはかなき


覺め難み
しばし現に
なしかねぬ
哀れなりつる
夢の名殘を
さめかたみ
しばしうつつに
なしかねぬ
あはれなりつる
ゆめのなごりを


面影は
殘る形見の
現にて
まだ見ぬゆめの
覺むる間もなし
おもかげは
のこるかたみの
うつつにて
まだみぬゆめの
さむるまもなし


哀にも
うつゝに思ふ
あらましの
唯その儘に
見つる夢かな
あはれにも
うつつにおもふ
あらましの
ただそのままに
みつるゆめかな


大方の
現は夢に
なし果てつ
ぬるがうちには
何をかも見む
おほかたの
うつつはゆめに
なしはてつ
ぬるがうちには
なにをかもみむ


長き夜の
夢の内にて
見る夢は
孰れうつゝと
いかゞ定めむ
ながきよの
ゆめのうちにて
みるゆめは
いづれうつつと
いかがさだめむ


現にて
今見る事は
まぎるれど
昔のゆめぞ
わすれざりける
うつつにて
いまみることは
まぎるれど
むかしのゆめぞ
わすれざりける


すゝめこし
ゑひの枕の
春の夢
見し世はやがて
現なりけり
すすめこし
ゑひのまくらの
はるのゆめ
みしよはやがて
うつつなりけり


長き夜の
闇の現に
迷ふかな
夢をゆめとも
知らぬこゝろに
ながきよの
やみのうつつに
まよふかな
ゆめをゆめとも
しらぬこころに


浮枕
結びも果てぬ
夢路より
やがてうつゝに
かへる波かな
うきまくら
むすびもはてぬ
ゆめぢより
やがてうつつに
かへるなみかな


世の中の
うつゝの闇に
見る夢の
驚く程は
寐てか覺めてか
よのなかの
うつつのやみに
みるゆめの
おどろくほどは
ねてかさめてか


現には
忘れやはする
憂き事の
夢こそさむる
程なかりけれ
うつつには
わすれやはする
うきことの
ゆめこそさむる
ほどなかりけれ


夢とだに
思ひも分かぬ
契哉
闇のうつゝの
さだかならねば
ゆめとだに
おもひもわかぬ
ちぎりかな
やみのうつつの
さだかならねば


うつゝとも
夢とも分かず
鳥の音に
鳴きて別るゝ
東雲の空
うつつとも
ゆめともわかず
とりのねに
なきてわかるる
しののめのそら


現には
思ひ絶え行く
逢ふ事を
いかに見えつる
夢路なる覽
うつつには
おもひたえゆく
あふことを
いかにみえつる
ゆめぢなるらん


現には
訪はで年ふる
三輪の山
いかに待ち見む
ゆめの通路
うつつには
とはでとしふる
みはのやま
いかにまちみむ
ゆめのかよひぢ


逢ふと見る
夢も空しく
覺めぬれば
つらき現に
又なりに鳬
あふとみる
ゆめもむなしく
さめぬれば
つらきうつつに
またなりにけり


いかにせむ
浦のはつ島
はつかなる
現の後は
夢をだに見ず
いかにせむ
うらのはつしま
はつかなる
うつつののちは
ゆめをだにみず


夢ならば
覺むる現も
あるべきを
現ながらの
夢ぞはかなき
ゆめならば
さむるうつつも
あるべきを
うつつながらの
ゆめぞはかなき


現には
又も歸らぬ
いにしへを
二たび見るは
夢路なりけり
うつつには
またもかへらぬ
いにしへを
ふたたびみるは
ゆめぢなりけり


浮世には
覺むる現の
あらばこそ
見しを夢とも
人に語らめ
うきよには
さむるうつつの
あらばこそ
みしをゆめとも
ひとにかたらめ


現には
更にもいはず
櫻花
ゆめにも散ると
見えば憂からむ
うつつには
ふけにもいはず
さくらばな
ゆめにもちると
みえばうからむ


うたゝ寐に
はかなく人を
夢に見て
現にさへも
落つる涙か
うたたねに
はかなくひとを
ゆめにみて
うつつにさへも
おつるなみだか


戀しさに
おもひ亂れて
寐ぬる夜の
深き夢路を
現ともがな
こひしさに
おもひみだれて
いぬるよの
ふかきゆめぢを
うつつともがな


現とも
ゆめとも見えぬ
程ばかり
通はゞゆるせ
下ひもの關
うつつとも
ゆめともみえぬ
ほどばかり
かよはばゆるせ
したひものせき


現にて
こぬ憂さよりも
逢ふと見る
夢は幾夜も
待つべかり鳬
うつつにて
こぬうさよりも
あふとみる
ゆめはいくよも
まつべかりけり


志ばし猶
待たれぬ夢ぞ
覺めやらぬ
現とも無き
今朝の別に
しばしなほ
またれぬゆめぞ
さめやらぬ
うつつともなき
けさのわかれに


別れつる
身には心の
有らばこそ
夢現とも
ひとにかたらめ
わかれつる
みにはこころの
あらばこそ
ゆめうつつとも
ひとにかたらめ


現とも
夢とも分かで
こしかたの
昔語りに
なるぞはかなき
うつつとも
ゆめともわかで
こしかたの
むかしかたりに
なるぞはかなき


驚かぬ
現こそ猶
はかなけれ
何かぬる夜の
ゆめにまさらむ
おどろかぬ
うつつこそなほ
はかなけれ
なにかぬるよの
ゆめにまさらむ


夜な〳〵に
通ふ夢路や
現にも
面影ちかき
むかしなるらむ
よなよなに
かよふゆめぢや
うつつにも
おもかげちかき
むかしなるらむ


現とて
見るに現の
有らばこそ
夢をもゆめと
思ひあはせめ
うつつとて
みるにうつつの
あらばこそ
ゆめをもゆめと
おもひあはせめ


何時を夢
何時を現の
程ぞとも
見定めがたき
あだし世の中
いつをゆめ
いつをうつつの
ほどぞとも
みさだめがたき
あだしよのなか


夢よ待つ
よはの衣の
うらなれば
現に知らぬ
玉も見てまし
ゆめよまつ
よはのころもの
うらなれば
うつつにしらぬ
たまもみてまし


ぬるが内が
夢をも夢と
思はねば
しらず孰れか
現なるらむ
ぬるがうちが
ゆめをもゆめと
おもはねば
しらずいづれか
うつつなるらむ


世の中は
いつかは夢と
思はねど
現すくなき
頃にもある哉
よのなかは
いつかはゆめと
おもはねど
うつつすくなき
ころにもあるかな


夢の内に
夢ぞと人の
教ふとも
覺めずばいかゞ
現なるべき
ゆめのうちに
ゆめぞとひとの
おしふとも
さめずばいかが
うつつなるべき


打乍二波
更毛不得言
夢谷
妹之<手>本乎
纒宿常思見者
うつつには
さらにもえいはず
いめにだに
いもがたもとを
まきぬとしみば
Наяву —
Опять сказать нельзя…
О, пусть бы хоть во сне я мог увидеть,
Что изголовьем, на котором сплю,
Мне служат рукава моей любимой!

宇豆都仁波
安布余志勿奈子
奴<婆>多麻能
用流能伊昧仁越
都伎提美延許曽
うつつには
あふよしもなし
ぬばたまの
よるのいめにを
つぎてみえこそ
Наяву нам, увы, не встречаться с тобою,
Но хотя бы во сне
По ночам этим черным,
Что черны, словно черные ягоды тута,
Ты всегда бы являлся ко мне в сновиденьях!
* Из песни явствует, что у Табито было мало надежд вернуться в столицу. Это подтверждает и его друг в своем ответе (см. п. 809).
もろともに
なでゝおふしゝ
なでしこの
つゆにもあてじと
思ひしを
あなおぼつかな
めにみえぬ
花の風にや
あたるらむと
おもへばいとぞ
あはれなる
今も見てしかと
おもひつゝ
ぬるよのゆめに
みゆやとて
うちまどろめど
みえぬかな
めのうつゝまに
かぎりなく
こひしきをりは
おもかげに
みえても心
なぐさみぬ
かたみにさこそ
みやこをば
おもひわするゝ
ときやはある
はるけきやまに
すまへども
つかまわすれず
思やる
くもゐながらも
あしがきの
まぢかゝりしに
おとらずぞ
あはれあはれと
まこもかる
よとゝもにこそ
しのび草
わがみやまにも
ふもとまで
おふとしらなむ
しらかはの
ふちもしらずは
ひたぶるに
きみがたにのみ
うきよかは
うれしきせをぞ
ながれてはみむ
もろともに
なでておふしし
なでしこの
つゆにもあてじと
おもひしを
あなおぼつかな
めにみえぬ
はなのかぜにや
あたるらむと
おもへばいとぞ
あはれなる
いまもみてしかと
おもひつつ
ぬるよのゆめに
みゆやとて
うちまどろめど
みえぬかな
めのうつつまに
かぎりなく
こひしきをりは
おもかげに
みえてもこころ
なぐさみぬ
かたみにさこそ
みやこをば
おもひわするる
ときやはある
はるけきやまに
すまへども
つかまわすれず
おもひやる
くもゐながらも
あしがきの
まぢかかりしに
おとらずぞ
あはれあはれと
まこもかる
よとともにこそ
しのびくさ
わがみやまにも
ふもとまで
おふとしらなむ
しらかはの
ふちもしらずは
ひたぶるに
きみがたにのみ
うきよかは
うれしきせをぞ
ながれてはみむ


まだ通ふ
同じ夢路も
有る物を
有りし現ぞ
うたて果敢なき



現にも
逢はゞかくこそ
思寢の
夢は覺めても
嬉しかりけり
うつつにも
あはばかくこそ
おもひねの
ゆめはさめても
うれしかりけり


魂は
現のゆめに
あくがれて
見しも見えしも
思ひわかれず
たましひは
うつつのゆめに
あくがれて
みしもみえしも
おもひわかれず


あらましの
心の儘に
見る夢を
思ひ合する
うつゝともがな
あらましの
こころのままに
みるゆめを
おもひあひする
うつつともがな


ぬるが内に
見るより他の
現さへ
いや果敢なゝる
夢になりぬる
ぬるがうちに
みるよりほかの
うつつさへ
いやはかななる
ゆめになりぬる


今や夢
むかしや夢と
辿られて
いかにと思へど
現とぞ無き
いまやゆめ
むかしやゆめと
たどられて
いかにとおもへど
うつつとぞなき


鳥羽玉の
夢かあらぬか
逢ふ事も
たゞ一夜にて
やみの現は
うばたまの
ゆめかあらぬか
あふことも
ただひとよにて
やみのうつつは


般若臺に
納め置てし
法花經も
ゆめとのよりぞ
現にはこし
はむにやたいに
をさめおきてし
ほけきやうも
ゆめとのよりぞ
うつつにはこし


岩戸あけし
八咫の鏡の
山かづら
かけて現しき
明けき世は
いはとあけし
やたのかがみの
やまかづら
かけてうつつしき
あきらけきよは


うつつとも
夢ともえこそ
わきはてね
いつれの時を
いつれとかせん
うつつとも
ゆめともえこそ
わきはてね
いつれのときを
いつれとかせむ


又も見ぬ
夢路ながらは
絶えもせで
つらき現に
殘る魂の緒
またもみぬ
ゆめぢながらは
たえもせで
つらきうつつに
のこるたまのを


逢ふことは
夢になりにし
床の上に
泪ばかりぞ
現なりける
あふことは
ゆめになりにし
とこのうへに
なみだばかりぞ
うつつなりける


今は早や
絶えにしまゝの
現にて
みる慰めの
夢だにもなし
いまははや
たえにしままの
うつつにて
みるなぐさめの
ゆめだにもなし


ならはねば
身にこそ夢と
辿るとも
是は現と
言ふ人もがな
ならはねば
みにこそゆめと
たどるとも
これはうつつと
いふひともがな


わけ入れば
やがてさとりぞ
現はるる
月のかげしく
雪のしら山
わけいれば
やがてさとりぞ
うつつはるる
つきのかげしく
ゆきのしらやま


ひとかたに
うつつ思はぬ
夢ならば
又もや聞くと
まどろみなまし
ひとかたに
うつつおもはぬ
ゆめならば
またもやきくと
まどろみなまし


ほのかなる
闇のうつゝの
一こゑは
夢にまさらぬ
時鳥かな
ほのかなる
やみのうつつの
ひとこゑは
ゆめにまさらぬ
ほととぎすかな


するがなる
うつの山べの
うつつにも
ゆめにも人に
あはぬなりけり
するがなる
うつのやまべの
うつつにも
ゆめにもひとに
あはぬなりけり


はかなしな
我身にいとの
よるの夢
逢とはすれど
うつゝならねば
はかなしな
わがみにいとの
よるのゆめ
あふとはすれど
うつつならねば


あふとみる
夢路を今は
賴かな
せめてうつゝの
つらき餘に
あふとみる
ゆめぢをいまは
たのむかな
せめてうつつの
つらきあまりに


うつゝには
逢夜もしらず
思ねの
夢こそ人の
契なりけれ
うつつには
あふよもしらず
おもひねの
ゆめこそひとの
ちぎりなりけれ


戀しねと
するわざならば
夢よりも
現にひとめ
みゆべき物を
こひしねと
するわざならば
ゆめよりも
うつつにひとめ
みゆべきものを


はかなくぞ
現になして
忍ける
人はゆるさぬ
夢のちぎりを
はかなくぞ
うつつになして
しのびける
ひとはゆるさぬ
ゆめのちぎりを