天暦御時、殿上のをのことも紅葉見に大井にまかりけるに

源延光朝臣
天暦御時、殿上のをのことも紅葉見に大井にまかりけるに

源延光朝臣
Минамото Нобумицу

この事をきき侍りてのちに

大納言延光
この事をきき侍りてのちに

大納言延光
Дайнагон Нобумицу

朱雀院の櫻の面白き事と延光朝臣のかたり侍りければ見るやうもあらまし物をなど昔を思ひ出でゝ

大將御息所



朱雀院の子日におはしましけるにさはる事侍りてえつかうまつらずして延光朝臣につかはしける

左大臣



この閑院の大将殿は、後にはこの君達の母をばさりて、枇杷の大納言延光の卿の失せ給ひにし後、その上の、年老いて、かたちなどわろくおはしけるにや、ことなること聞え給はざりしをぞ住み給ひし。



大鏡 > 上巻 一 左大臣師尹 (ЛЕВЫЙ МИНИСТР МОРОМАСА)
この殿の御北の方にては、枇杷の大納言延光の御女ぞおはする。

Госпожа Северных покоев сего господина [Наритоки] была дочерью старшего советника Нобумицу дайнагона Бива.