日本霊異記 > 卷中 > 卷中 十五 奉寫法華經因供養顯母作女牛之因緣 (Слово о том, как переписывание “Сутры лотоса” и заупокойная служба помогли узнать о том, какова была причина перерождения матери коровой)
奉為母、寫法華經、以盟之曰

Он переписал “Сутру лотоса” для [совершения приношении своей покойной] матери и принес такой обет:

日本霊異記 > 卷中 > 卷中 十五 奉寫法華經因供養顯母作女牛之因緣 (Слово о том, как переписывание “Сутры лотоса” и заупокойная служба помогли узнать о том, какова была причина перерождения матери коровой)
「請令講法華經。」

“Я пригласил тебя, чтобы ты толковал "Сутру лотоса"”.

日本霊異記 > 卷中 > 卷中 十八 呰讀法華經僧而現口喎斜得惡死報緣 (Слово об искривлении рта в этой жизни и о наказании мучительной смертью за издевательства над монахом, читавшим “Сутру лотоса”)
同郡高麗寺僧榮常、常誦持法華經。

В храме Комадэра, что в этом же уезде, жил монах Эйдзё:. Он постоянно читал “Сутру лотоса”.

日本霊異記 > 卷中 > 卷中 十八 呰讀法華經僧而現口喎斜得惡死報緣 (Слово об искривлении рта в этой жизни и о наказании мучительной смертью за издевательства над монахом, читавшим “Сутру лотоса”)
法華經云

В “Сутре лотоса” говорится о том:

日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十一 自幼時用網捕魚而現得惡報緣 (Слово о рыбаке, которого постигло наказание в этой жизни за то, что он с детства ловил рыбу сетями)
播磨國餝磨郡濃於寺、京元興寺沙門慈應大德、因壇越請夏安居、講法花經。

Благодетельный монах Дзио: из столичного храма Ганго:дзи по приглашению настоятеля во время летнего затворничества читал проповедь о “Сутре лотоса” в храме Ноодэра, что в уезде Сикама провинции Харима.
法花經-Сутра Лотоса?
日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第一 憶持法華經者舌著曝髑髏中不朽緣 (Слово о том, как не истлели в брошенных черепах языки тех, кто читал “Сутру лотоса”)
所持之物、法華經一部、

У него была с собой “Сутра лотоса”

昼は日ぐらし、夜は目の覚めたるかぎり、灯を近くともして、これを見るよりほかのことなければ、おのづからなどは、そらに覚え浮かぶを、いみじきことに思ふに、夢にいと清げなる僧の、黄なる地の袈裟着たるが来て、「法華経五の巻をとく習へ。」と言ふと見れど、

С утра, лишь только рассветёт, и до поздней ночи, пока не одолеет дремота, я только и делала, что читала, придвинув поближе светильник. Очень скоро само собою вышло, что я знала прочитанное наизусть, и оно так и всплывало у меня перед глазами, мне это очень нравилось. Но вот однажды во сне предо мной явился благородного вида монах в жёлтом облачении и изрёк: «Поскорее затверди наизусть пятый свиток Лотосовой сутры»[47].
[47] Пятый свиток Лотосовой сутры — пятый из восьми свитков сутры «Saddharmapundarika» посвящен тому, как женщина может достигнуть просветления.
あやしうしほれはてたるここちしながら、三たびになるべき日のあかつきより起きて、仏の御前にて、心をひとつにて、法華経八巻を読みつ。



宇治拾遺物語 > 巻第一 > 巻第一 道命阿闍梨和泉式部の許において読経し五条の道祖神聴聞の事 (О том, как Домё читал сутры у Идзуми-сикибу, и его расспрашивало божество дороги у Пятого проспекта)
道命、「法華経を読み奉る事は常の事なり。

Домё ему:
– Чтение Сутры Лотоса – обычное дело.

法華経を千部読みて我に法楽せんとせしに、百余部は読み奉りたりき。



今は昔、進命婦若かりける時、常に清水へ参りける間、師の僧清かりけりる、八十の者なり、法華経を八万四千余読み奉りたる者なり。



八万余部読み奉りたる法華経の最第一の文をば、御前に奉る。



これも今は昔、仲胤僧都を、山の大衆、日吉の二宮にて法華経を供養しける導師に、請じたりけり。



これも今は昔、敏行という歌よみは、手をよく書きければ、これかれがいふに従ひて、法華経を二百部ばかり書き奉りたりけり。

Эта история также случилась давно. Жил на свете поэт по имени Тосиюки.
Слыл он искусным каллиграфом и люди часто заказывали ему скопировать
Лотосовую сутру. Не меньше двухсот заказов получил Тосиюки за свою жизнь.
Кикнадзе Д. «Удзи сюи моногатари» как источник по духовной культуре Японии эпохи Хэйан (794–1185) / Диссертация на соискание ученой степени кандидата исторических наук. Научный руководитель К.Г.Маранджян. СПб., 2016. 193 с.
「いさ、我は知らず。『たしかに召して来』と仰せを承りて、率て参るなり。そこは法華経や書き奉りたる」と問へば、

Тот ответил: “Вот уж не знаю. Просто мне было велено привести тебя. Кстати, не ты ли переписывал Сутру Лотоса?”.

「知らずや。これこそ汝が書き奉りたる法華経の墨の、かく流るるよ」と言ふ。

“Тебе ли не знать этого? Вся тушь, которой ты переписывал Сутру Лотоса, вылилась в эту реку!” – последовал ответ.

「仕りたる事もなし。人のあつらへに従ひて、法華経を二百部書き奉りて侍りつる」と答ふ。

“Ни о чём подобном я и не думал. Только раз двести переписал Сутру Лотоса по просьбе разных людей” – отвечал Тосиюки.

『七つより、法華経よみ奉りて、日ごろも異事なく、物のあそろしきままにも、よみ奉りたれば、十羅刹のおはしましけるにこそ』といふに、この婆羅門のやうなるものの心に、さは、仏経は、めでたく尊くおはします物なりけりと思ひて、この僧に具して、山寺などへいなんと思ふ心つきぬ。



それに、いとどこの僧に十羅刹の添ひておはしましけると思ふに、法華経の、めでたく、読み奉らまほしくおぼえて、にはかにかくなりてあるなり」と語り侍りけり。



法華経は、浄不浄をきらはぬ経にてましませば、読み奉らん。



比丘いふ、「汝は法華経はよみたりや」ととへば、童いふ、「法華経と申すらん物こそ、いまだ名をだにも聞き候はね」と申す。



比丘またいふ、「さらば我が房に具して行きて、法華経教へん」と宣へば、童「仰せにしたがふべし」と申して、比丘の御供に行ふ。



五臺山の坊に行きつきて、法華経を教へ給ふ。



さるほどに、童は法華経を一部読み終りにけり。



その時、比丘宣はく、「汝法華経を読み果てぬ。



帰りて法華経を誦してのち、参り給へ」とて、かき負ひ給ひて、葛川へ帰り給ひければ、泣き悲しみ給ふ事限りなし。



日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十八 憶持法華經現報示奇異表緣 (Слово о запоминании “Сутры лотоса” и о чудесном воздаянии в этой жизни)
其生知。年八歲以前、誦持法華經、竟唯一字不得存。

С самого рождения он был крепок умом и к восьми годам мог прочесть наизусть всю “Сутру лотоса” за исключением одного иероглифа.

日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十八 憶持法華經現報示奇異表緣 (Слово о запоминании “Сутры лотоса” и о чудесном воздаянии в этой жизни)
有人曰「汝昔先身、生在伊豫國別郡日下部猴之子。時汝奉誦法華經、而燈燒一文、不得誦。今往見之。」

Некий человек сказал ему: “В давние времена, в прошлом рождении ты был сыном Кусакабэ-но Сару из уезда Вакэ земли Иё. Однажды ты читал “Сутру лотоса”, сжег лампой один иероглиф и не смог прочесть его. Теперь иди туда и убедишься”.
伊豫國-провинция Иё
別郡-уезд Вакэ
日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十八 憶持法華經現報示奇異表緣 (Слово о запоминании “Сутры лотоса” и о чудесном воздаянии в этой жизни)
先子聞之、入堂內、取彼法華經、開見之。

Зайдя в комнату, сын взял в руки “Сутру лотоса”, раскрыл ее и увидел:

日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十九 呰讀法華經品之人而現口喎斜得惡報緣 (Слово об издевательстве над человеком, “Сутру лотоса” читавшем, и о немедленном искривлении рта)
時乞者來、讀法華經品而乞物。

К ним подошел нищий. Он читал “Сутру лотоса” и просил подаяние.

日本霊異記 > 卷上 > 卷上 十九 呰讀法華經品之人而現口喎斜得惡報緣 (Слово об издевательстве над человеком, “Сутру лотоса” читавшем, и о немедленном искривлении рта)
法華經云「若有輕咲之者、當世世牙齒疏缺、醜脣、平鼻、手腳繚戾、眼目角睞。」

В “Сутре лотоса” говорится в подтверждение: “У того, кто станет безжалостно смеяться и издеваться [над этой сутрой], рот - искривится, нос - провалится, руки-ноги станут кривыми, глаза - косыми”.

日本霊異記 > 卷上 > 卷上 廿八 修持孔雀王咒法得異驗力以現作仙飛天緣 (Слово о чтении заклинаний “Кудзякуо:”, обретении в этой жизни сил чудотворных горного отшельника и о вознесении на небо)
法師受五百虎請、至於新羅。有其山中法華經。

Пять сотен тигров призвали его, и он дошел до страны Силла, чтобы рассказывать им в горах о “Сутре лотоса”.

日本霊異記 > 卷中 > 卷中 第三 惡逆子愛妻將殺母謀現報被惡死緣 (Слово о наказании мучительной смертью в этой жизни злого сына, который из любви к жене задумал убить свою мать)
「東方山中、七日奉說法華經有大會。

“На восточной горе будет большая служба, и на ней будут семь дней толковать "Сутру лотоса".

日本霊異記 > 卷中 > 卷中 第六 至誠心奉寫法華經有驗示異事緣 (Слово о ревностном переписывании “Сутры лотоса” и о чуде дивном)
為報四恩、奉寫法華經、為納大乘遣使四方、求白檀紫檀。

Дабы отблагодарить за четыре вида благодеяний, он переписал “Сутру лотоса” и разослал гонцов на все четыре стороны, велев найти сандаловое дерево, чтобы сделать ларец для хранения сутры.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第一 憶持法華經者舌著曝髑髏中不朽緣 (Слово о том, как не истлели в брошенных черепах языки тех, кто читал “Сутру лотоса”)
而以法華經並鉢干飯粉等與優婆塞、

а потом он отдал им “Сутру лотоса”, чашку, рис и отослал их обратно,

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第一 憶持法華經者舌著曝髑髏中不朽緣 (Слово о том, как не истлели в брошенных черепах языки тех, кто читал “Сутру лотоса”)
聞之有音、誦法華經。

Тут они услышали голос, читавший “Сутру лотоса”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第一 憶持法華經者舌著曝髑髏中不朽緣 (Слово о том, как не истлели в брошенных черепах языки тех, кто читал “Сутру лотоса”)
讀於法華經金剛般若經。

Он читал “Сутру лотоса” и сутру “Конго:ханнякё:”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第六 禪師將食魚化作法華經覆俗誹緣 (Слово о рыбах, которыми хотел полакомиться монах, обернувшихся “Сутрой лотоса”, дабы защитить его от мирян)
「此法華經也。」

“Это "Сутра лотоса"”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第六 禪師將食魚化作法華經覆俗誹緣 (Слово о рыбах, которыми хотел полакомиться монах, обернувшихся “Сутрой лотоса”, дабы защитить его от мирян)
不得逆拒、開櫃見、化法華經八卷也。

Справиться с ними он не смог. Когда открыли ящик, там оказалось восемь свитков “Сутры лотоса”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第六 禪師將食魚化作法華經覆俗誹緣 (Слово о рыбах, которыми хотел полакомиться монах, обернувшихся “Сутрой лотоса”, дабы защитить его от мирян)
「雖實魚體、而就聖人之食物者、化法華經也。

“Даже рыба превратилась в "Сутру лотоса" - ведь она предназначалась святому.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第九 閻羅王示奇表勸人令修善緣 (Слово о чуде, сотворенном царем Эмма, и о совете творить доброе)
『我為此女、寫法華經、講讀供養、救所受苦。』

"Для облегчения ее страданий я перепишу "Сутру лотоса", буду читать сутры и совершать приношения".

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第九 閻羅王示奇表勸人令修善緣 (Слово о чуде, сотворенном царем Эмма, и о совете творить доброе)
為彼死妻、奉寫法華經、

Для избавления своей покойной жены от страдании он переписал сутру лотоса”,

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 第十 如法奉寫法華經火不燒緣 (Слово о том, как “Сутра лотоса”, переписанная должным образом, не сгорела в огне)
發願如法清淨奉寫法華經一部。

Совершив должным образом обряд очищения, он принес обет переписать “Сутру лотоса”

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 十三 將寫法華經建願人斷日暗穴賴願力得全命緣 (Слово об обещании переписать “Сутру лотоса” и о спасении благодаря тому из завала, куда не проникал солнечный свет)
國司聞之大悲、引率知識、相助造法華經、供養已畢。

Потрясенный, управитель возглавил общину верующих. Ее члены, помогая друг другу, переписали “Сутру лотоса” и освятили ее.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 十三 將寫法華經建願人斷日暗穴賴願力得全命緣 (Слово об обещании переписать “Сутру лотоса” и о спасении благодаря тому из завала, куда не проникал солнечный свет)
是乃法華經神力、觀音贔屭。

[Чудо случилось] благодаря божественной силе “Сутры лотоса” и покровительству Каннон.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 十八 奉寫法華經經師為邪婬以現得惡死報緣 (Слово о похотливом переписчике “Сутры лотоса”, наказанном мучительной смертью в этой жизни)
請其經師於其堂、奉寫法華經。

пригласил переписчика сутр в молельню.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 二十 誹奉寫法華經女人過失以現口喎斜報緣 (Слово об искривлении рта в этой жизни за издевательства над переписчицей “Сутры лотоса”)
白壁天皇代、是女奉寫法華經於麻殖菀山寺。

Во время правления государя Сиракабэ эта женщина переписывала “Сутру лотоса” в горном храме Сана, что в уезде Оэ.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 二十 誹奉寫法華經女人過失以現口喎斜報緣 (Слово об искривлении рта в этой жизни за издевательства над переписчицей “Сутры лотоса”)
法華經云

В “Сутре лотоса” говорится:

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
蝦夷奉寫法華經二遍、每遍設會、講讀既了。

Эбису дважды переписал “Сутру лотоса” и оба раза проводил службы, на которых читалась сутра.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
『奉寫法華經之人、從此路往、故我等掃淨。』

"Мы подметаем дорогу, поскольку по ней пройдет человек, переписавший "Сутру лотоса".

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
『奉寫法華經之人、從此椅度、故我修理。』

"Мы чиним мост, поскольку по нему пройдет человек, переписавший "Сутру лотоса".

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
『此奉寫法華經之人。』

"Этот человек переписал "Сутру лотоса", -

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
『我奉寫法華經三部。

"Трижды переписал "Сутру лотоса",

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿二 重斤取人物又寫法華經以現得善惡報緣 (Слово о хорошем и дурном воздаянии в этой жизни за использование неверных весов и за переписывание “Сутры лотоса”)
『奉寫法華經之人、從閻羅王宮還來之。』

"Этот человек переписал "Сутру лотоса".

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿四 依妨修行人得猴身緣 (Слово о перерождении обезьяной в наказание за ущемление монахов)
「住此道場、而為我讀法華經。」云。

“Поживи в этой молельне, почитай "Сутру лотоса" ради моего [спасения]”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿四 依妨修行人得猴身緣 (Слово о перерождении обезьяной в наказание за ущемление монахов)
故為脫斯身、居住此堂、為我讀法華經。」

Теперь я стал богом храма [Тага]. Чтобы избавиться мне от этого тела, прошу тебя: поживи в этой молельне, почитай ради меня "Сутру лотоса"”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 廿九 村童戲剋木佛像愚夫斫破以現得惡死報緣 (Слово о наказании мучительная смертью глупца в этой жизни за то, что он изрубил игрушечную статую Будды, вырезанную деревенским мальчиком)
如法華經說

В “Сутре лотоса” говорится так:

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 卅五 假官勢非理為政得惡報緣 (Слово о мучительном наказании чиновника за злоупотребление своим положением и неправедное управление)
願為我、奉寫法華經者、脫我之罪。」

Прошу тебя переписать "Сутру лотоса", чтобы искупить мои грехи”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 卅五 假官勢非理為政得惡報緣 (Слово о мучительном наказании чиновника за злоупотребление своим положением и неправедное управление)
始召經師四人、為古麿奉寫法華經一部。

призвал четырех переписчиков, чтобы они переписали “Сутру лотоса” для спасения Комаро.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 卅七 不顧因果作惡受罪報緣 (Слово о возмездии за пренебрежение кармой и за совершение злых дел)
「唯奉寫法華經一部。」

“Он всего лишь один раз переписал "Сутру лотоса"”.

日本霊異記 > 卷下 > 卷下 卅七 不顧因果作惡受罪報緣 (Слово о возмездии за пренебрежение кармой и за совершение злых дел)
更奉寫法華經一部、恭敬供養、追救彼靈苦也。

Еще раз переписали они “Сутру лотоса” и освятили ее, дабы избавить душу [Итати] от страданий.

法華経二十八品歌、人々によませ侍りけるに、提婆品の心を

法成寺入道前摂政太政大臣(藤原道長)
法華経二十八品歌、人々によませ侍りけるに、提婆品の心を

法成寺入道前摂政太政大臣(藤原道長)
Сложил на тему 28-й части сутры о Лотосе

Митинага

法華経二十八品歌よみ侍りけるに、方便品 唯有一乗法の心を

前大僧正慈円
法華経二十八品歌よみ侍りけるに、方便品 唯有一乗法の心を

前大僧正慈円
Сложил, читая 28-й раздел сутры о Лотосе, где говорится об особых способах — «уловках» (хобэн) Будды в спасении страждущих

Дзиэн

法華経薬草喩品の心をよみ侍りける

僧都源信
法華経薬草喩品の心をよみ侍りける

僧都源信
Гэнсин

みたけにまうて侍りける精進のほと、金泥の法華経かきたてまつりて、かの御やまにをさめたてまつらんとてまゐり侍りける時、おもふ心や侍りけん、物にかきつけておき侍りける

藤原敦家朝臣
みたけにまうて侍りける精進のほと、金泥の法華経かきたてまつりて、かの御やまにをさめたてまつらんとてまゐり侍りける時、おもふ心や侍りけん、物にかきつけておき侍りける

藤原敦家朝臣


法華経信解品の心をよみ侍りける

前大僧正覚忠
法華経信解品の心をよみ侍りける

前大僧正覚忠
Какутю

法華経弟子品、内秘菩薩行のこころをよみ侍りける

左近中将良経
法華経弟子品、内秘菩薩行のこころをよみ侍りける

左近中将良経
Ёсицунэ

謝霊運は、法華の筆受なりしかども、心常に風雲の思ひを観ぜしかば、恵遠、白蓮の交はりを許さざりき。

Несмотря на то что Се Лин-юнь был переводчиком свитков «Сутры Лотоса», Хуэй Юань не допустил его в общину Белого Лотоса, так как тот слишком сильно лелеял в своем сердце мысли о ветре и облаках.

大鏡 > 上巻 序 (ВВЕДЕНИЕ)
つてに承れば、法華経一部を説き奉らむとてこそ、まづ余教をば説き給ひけれ。

Мы слышали, что когда Будда хотел разъяснить всю Лотосовую сутру, то сначала толковал другие сутры.

その涙を硯の水にて、法華経を書きて、比叡の三昧堂にて七日のわざしけり。
その涙をすずりの水にて、法華経を書きて、比叡の三昧堂さんまいだうにて七日のわざしけり。


五百弟子品の心を

僧都源信
五百弟子品の心を

僧都源信
Сложена на тему раздела сутры о Лотосе, в котором говорится о пяти сотнях учеников...

Гэнсин

太皇太后宮五部の大乘經供養せさせ給ひけるに法華經にあたりたる日よみ侍りける

康資王母

Ясусукэ-но хаха

法性寺入道前攝政の家に法花經廿八品の歌よませ侍りけるに、序品

權大納言行成



待賢門院中納言人々すゝめて法華經二十八品の歌よませ侍りけるに譬喩品、其中衆生悉是吾子の心をよめる

皇太后宮大夫俊成



法華經提婆品の心を

法印慶忠



妙法蓮華のたとひにも、花は仏に奉り、実は数珠につらぬき、念仏して往生極楽の縁とすればよ。

Он упоминается в притчах Сутры лотоса, цветы его подносят Будде, плоды нанизывают как четки — и, поминая лотос в молитвах, обретают райское блаженство в загробном мире.

法華經序品、未甞睡眠の心を

選子内親王



法華經方便品、其知惠門難解難入の心を

皇太后宮大夫俊成



法華經序品、照于東方を

入道親王尊圓



母の周忌に法華經をみづから書きて卷々の心を詠みて表紙の繪に書かせ侍りけるに、二卷の心を

前中納言定家



待賢門院の中納言人々勸め侍りて法華經二十八品の歌詠ませ侍りけるに、授記品、於未來世感得成佛の心を詠み侍りける

皇太后宮大夫俊成



性助法親王かくれての頃法眼行濟法華經を書きて供養せさせけるに

前僧正禅助



法花經序品の心を

西行法師

Сайгё-хоси

法華經序品

清少納言女



なき人をとぶらひて法華經書きて品々の心を歌に詠み侍りけるに、普門品、火澄變成池

中納言爲藤



法華經序品、以是知今佛欲説法花經

後嵯峨院御製



世の中、いとどかき暗す心地して、経をだに読みて、念じ奉らむとすれど、それもいと苦しうて、読みもやられ給はず、日数のみ経るに、心の内に思ゆること、「これは罪にや」と恐しけれど、少しも慰めに、



即ち大臣、此れを取て、忽に法花経を書写して、大きに法花*を行て、法の如く供養しつ。


* 底本頭注「法花ハ法会ノ誤カ」
其の日より始めて、七日毎に、法花経一部を供養し奉て、彼れが後世を訪ふ。



男、「哀れに貴し」と思て、弥よ信を発して法花経を供養し奉りけり。



而る間、二の猿出来て、堂の前に有る木に居て、此の僧の法花経を読誦するを聞く。



前大僧正覚忠、みたけよりおほみねにまかりいりて、神仙といふところにて金泥法花経かきたてまつりてうつみ侍るとて、五十日はかりととまりて侍りけるに、房覚かくまののかたよりまかりいりけるにつけていひおくりて侍りける

前大納言成通
前大僧正覚忠、みたけよりおほみねにまかりいりて、神仙といふところにて金泥法花経かきたてまつりてうつみ侍るとて、五十日はかりととまりて侍りけるに、房覚かくまののかたよりまかりいりけるにつけていひおくりて侍りける

前大納言成通
Наримити

法花経の、我等長夜修習空法の心をよめる

前中納言師仲
法花経の、我等長夜修習空法の心をよめる

前中納言師仲


法花経序品のこころをよめる

藤原伊綱
法花経序品のこころをよめる

藤原伊綱


あざり勝命、千人あつめて法花経結縁せさせけるに、又の日つかはしける



常に法花経を誦し奉る。



其の房の天井の上に五百の老鼠有て、日々夜々に此の法花経を聞き奉り、数の年を経たり。



何況や、人、誠の心を至して、法花経を聞き奉て、一心に信仰せむに、更に道を成じ、亦三悪道を離れむ事、疑ふべからず。



答て云く、「法花経を聞ける人の耳の穴に、緒を貫かざる也」と云て、買取て持去ぬ。



然る間、母の思はく、「我れ、年既に半に過ぬ。残の命を思ふに、程ど無し。法花経を書写供養し奉て、後世の貯へと為む」と思ふに、更に経を書き奉るべき一塵の便より無し。



此れを歎く間、此の女子、母の傍に有て、此れを聞て云く、「我が身に貯へたる財無し。但し、此の身は命長しと云へども、遂に〓*死なぬ様無し。死なば、土と成るべし。然れば、我が身に有る物は、此の髪なむ有る。此れを売て、法花経書写供養の便と為せむ」と云ふ。


* 〓は、口へん+无+ム 底本頭注「〓諸本魂ニ作ル」
女の申さく、「我れ、太子の御為に命を失はむを惜むには非ず。只、家に貧母有り。母の願に依て、法花経を書写せむが為に、財無くして、『此の髪を売む』と思て、家を出でたるに、『命を失ひつ』と聞かば、母の歎き、堪へ難かりなむ。然れば、家に返て、母に此の由を告て、則ち返り参らむ。更に大王の命を背くべからず」と。



国王、「我れ、愚にして、孝子を殺むと思ひけり。願くは、十方の仏け、此の咎を免し給へ」と申し給て、女に宣はく、「我が太子の物を云ふ事は、汝が徳也」と宣て、無量の財を与へて、返し遣はしつれば、女、家に返て、母に此の由を語りて、共に歓喜して、即ち法花経を法の如く供養し奉てけり。



此の人、長大して後、仏法を貴ぶ心有て、大業の代に自ら法花経を読奉れり。



此の日より始て、此の多宝仏塔の前にして、法花経一部を誦す。



若より三業に犯所無くして、常に法花経、及び金剛般若経を読誦して、怠る事無し。



其の後、三月許を経て、僧の夢に、二人の児出来て、僧に向て云く、「我等、前世に少罪を犯せるに依て、鴿の子と生れて、聖人の房の檐に有りし間、聖人の養育を得て、既に勢長し、巣より立つ間、不慮の外に、土に落て死にき。而るに、聖人の常に法花経、及び金剛般若経を転読し給ひしを聞し功徳に依て、今、人間に生ずる事を得べし。即ち、此の寺の辺を十余里を去て、□□方に、其の郷、其の県、其の家に生れむとす」と云ふと見て、夢覚ぬ。



而る間、一人の人有て、此れを信ぜずして云く、「此の経、何ぞ必ず法花経を序すべき」。



其の時に、一人の沙門有て、奏して云く、「此れは、法花経を読誦せる人の、六根の壊れざる事を得たる脣舌也。法花経を読誦する事、千返に満たる、其の霊験を顕せる也」と。



其の時に、法花経を受持せる人、皆此の事を聞て、脣舌の所に集まり来て、脣舌を囲繞して、経を誦す。



常に法花経を読誦す。



僧、鬼に負はれて行く程に、寺の内に法花経を読誦する音を髣に聞く。



其の時に、僧の心、少し悟めて、本の心出来ければ、心の内に法花経を諳誦す。



其の時に、一人の上座の僧有て云く、「此の人は、既に鬼神の為に嬈まされたる也。更に、本の心に非じ。何況や、法花経の威力を顕せる人也。然れば、速に寺に留めて、住せしむべき也」と云て、僧に、女鬼を犯せる失を懺悔せさせけり。



此れを以て思ふに、法花経の霊験、不可思議也。



「女鬼有て、僧を本所に将行て噉むが為に、負て二千余里の間を一時に飛て渡ると云へども、僧、法花経を諳誦せるに依て、忽に重く成て、棄てて去る事、此れ希有也」となむ、語り伝へたるとや。



専らに法花経を読誦して、他の念無し。



法花経の普賢品を読誦する時には、普賢菩薩、六牙の白象に乗じて、光を放て、其の所に現じ給ふ。



山陰の雲門寺と云ふ寺に住して、昼夜に法花経を転読して、六時に礼懺を行ずる事怠らず。



亦、弘明、見れば、一の小児来て、弘明が法花経を誦するを聞く。



小児、答て云く、「我れは、昔し、此の寺に有し沙弥也。我れ、誤て帳の下の食を盗めりし罪に依て、今、圊の中に堕たり。而るに、我れ、聖人の行業を聞くに依て、来て法花経を読誦し給ふを聞く。願くは、聖人、慈悲を垂れ給て、我が此の苦を救ひ給へ」と。



其の身清浄にして、常に法花経を読誦して、年来を経たり。



而る間、亦、「法花経を書写せむ」と思ふ心有て、人に誂て、書写せしむ。



其の寺にして、大衆を集めて、法花経を講ぜむと為るに、「彼の尼の受持し奉る所の経を借て、講じ奉らむ」と思て、法端、尼に此の経を借るに、尼、強に惜て、法端に与へず。



神の宣はく、「速に救ふべし。善く彼れが為に、法花経を書写し奉るべし。然らば、即ち罪を免るる事を得てむ」と。



其の後、僧、本の栖に返て、忽に法花経一部を書写して、彼の同学の僧の為に供養し畢ぬ。



僧の申さく、「我れ、同学の僧の苦を救はむが為に、法花経を書写・供養し奉れり」と。



其の人、法花経を読誦する事明か也。



其の師有て、苦に此れを責て云く、「汝ぢ、法花経を一部読誦する事、吉く利し。而るに、靉靆の二字を憶えざらむや」と。



其の時に、師、夜る、夢に一人の僧来て、告て云く、「汝ぢ、此の沙弥に、靉靆の二字を憶えざる事を責むべからず。此の沙弥、前生に、此の寺の辺り、東の村に有て、女の身と有りき。法花経一部を読誦せりき。但し、其の家に御しし法花経の薬草喩品の靉靆の二字を、白魚有て、食て去りにき。然れば、其の経の本に、此の二字、在まさず。此の故に、今、生を改たりと云へども、法花経を受け習ふに、靉靆の二字を忘れて、憶えざる也。其の人の姓名*、亦、其の経、于今其の所に有り。若し、此の事を信ぜずば、彼の所に行て見るべし」と、教ふと見て、夢覚ぬ。


* 底本頭注「姓名ノ下脱字アラン」
主人、答て云く、「法花経一部也」と。



忽に法花経一部を書写して、彼の鬼の為に、中会を設て、供養しつ。



其の後、和尚、弥よ法花経の威力の新たなる事を貴て、寺の衆に此の事を語り弘め給ひけりとなむ、語り伝へたるとや。



「我れ、死し時、冥官に駈られて、闇く遠き道に向へりき。其の時に、一人の僧出来て、我れに語て云く、『汝ぢ、王の所に至らむに、王、若し汝を推問する事有らば、此の如き答ふべし。『我れ、昔し法花経八部を書写せむと思ふ願有りき』』と教へ畢て、忽に失ぬ。



我れ*、僧の教の如く、『法花経八部を書写せむと思ふ願有りき』と*。


* 底本頭注「我レ一本恵道ニ作ル」
* 底本頭注「有リキトノ下一本云フトアリ」
若し、法花経を書写する事、八部に及なば、必ず八の地獄を免れなむ』と宣ふと思ふ程に、活へれり。



此の事を語り畢て、泣々く所有の財を捨てて、法花経八部を書写して、心を至して供養し奉れりとなむ、語り伝へたるとや。



僧行が云く、「我が為に法花経を書写すべし」と。



僧法、即ち、衣鉢を投棄て、書生四十人を雇て、一日の中に法花経一部を書写し畢て、心を至して、僧行が為に供養しつ。



頻に仏乗を悟て、常に法花経を講ず。



或る時に、深き山に入て、石の室に居て、法花経を講ずるに、多の獼猴、其の所に来て、法を聞く。



光の中に音有て、恵明に語て云く、「我れは、此れ師の法花経を講ぜし獼猴の中に、老て盲たりし獼猴也。師の法花経を講ぜしを聞し功徳に依て、命終して、忉利天に生ぜり。本の身は、此の室の東南に七十余歩を去て、外に有り。『師の恩を報ぜむ』と思ふが故に、此の所に来れる也。願くは、『亦、法花経を講じ給はむを聞かむ』と思ふ」と。



天の云く、「法花経は本此れ八箇年の所説也。若し、八年講ぜば、実に久し。願くは、只八座を開て、八年の説とせむ」と。



亦、法花経を教へて、読誦せしむ。



然れば、病人、既に法花経を習ひ得る事、半部に成ぬ。



「此れ、偏に法花経の威力也」と信じて、実に奇異に貴く思ふ。



彦武、来れを見て、家主に語て云く、「我れ、昔し、読誦し奉れりし所の法花経、及び、我が身の具たりし金の釵五隻を、此の壁の中の高き所に隠し置たり。其の経の第七巻の終り一枚、火に焼て、文字失せ給へり。我れ、常に此の経を読誦し奉りにしも、『其の第七巻の終りの、焼け給へる所を書写し奉らむ』と思ひ乍ら、常に家業を営る間、忘れて書く事無かりき」と云て、忽に人を以て、壁を穿て、経箱を取り出たり。



此れ、偏に法花経を読誦する故に、二度び人間に生れて、宿因の厚き事を顕せる也となむ、語り伝へたるとや。



其の後、仲珪、妻子を離れて、彼の父が墓の辺に行て、菴を造て、其れに居て、専に仏教を信じて、法花経を読誦し奉る。



昼は土を負て墓を築き、夜は専に法花経を読誦し奉りて、父の後世を訪ふ。



「此れ、偏に法花経の威力也」となむ云て、見聞く人、皆讃め貴びけるとなむ、語り伝へたるとや。



幼少の時より、仏法を信じて、常に法花経の普門品を読誦す。



然れば、「偏に法花経の威力、観音の助け也」と知ぬ。



此れ、偏に法花経の威力、観音の助け給ふ也。



其の妻、常に法花経を読誦し奉けり。



船の中にして、水に入る時に、此の妻、法花経を入れ奉る所の経箱を相具し奉れるを、急ぎ取て、首に戴き奉て、誓を発して、共に没しぬ。



遠く近く此の事を見聞くに、人、法花経の威力の空しからざる事を敬ひ貴び奉けり。



弥よ法花経を篤く信じ奉て、読誦し、恭敬礼拝し奉りけりとなむ語り伝へたるとや。



山龍、答て云く、『我れ、法花経二巻を誦せり』と。



汝等、速に心を至して、法花経を書写し、仏像を造立して、我が苦を助け救へ。



道明、答へて云く、「我れは、汝が見けむ様に、指る罪み無かりき。只、人の袈裟を染めむとて、人の湯木を一荷借て、其れを返さずして死にき。其の罪に依て、此の苦を受る也。汝ぢ、速に返て、我が此の苦を救はむが為に、法花経を書写して、供養し奉るべし。其の故に、汝を呼つる也」と。



然れば、玄渚、清斉寺に返て、哀れびの心を発して、忽ちに法花経を書写して、彼の道明が為に供養してけり。



其の後、玄渚が夢に道明来て、告て云く、「汝が法花経を書写し、供養し奉れるに依て、我が此の苦、既に免れぬ。此の恩、世々にも忘れ難し」と云て、咲を含て返ぬと見て、夢覚ぬ。



然許の程の罪に依て受くる所の報、法花経の力に依て免れにけりとなむ、語り伝へたるとや。



妹子に教へ宣ふ、「赤県の南に衡山有り。其の□□□□□□□、我が昔の同法共有、皆死にけむ。今、三人ぞ有らむ。其れに会て、我が使と名乗て、其の所に我が住せし時に持ちし法花経の合せて一巻なる御すらむ。請て持来るべし」と。



「前の世に衡山にして法花経説き給ひける時、我等廬岳の道士として、時々参つつ聞しは我等也」と申す。



太子の作り給へる自筆の法花経の䟽は、今鵤寺に有り。



亦、道照、震旦に在ます間、新羅国の五百の道士の請を得て、彼の国に至て、山の上にして法花経を講ずる庭に、隔の内に、我が国の人の語にして、物を乞ふ音有り。



而るに、唐に渡らむと為し時に、先づ宇佐の宮に詣て、「道の間、海の怖れ無くして、平かに渡し給へ」と祈り申し給けるに、思の如く彼の国に渡り着て、天台の法文を習ひ伝へて、延暦廿四年と云ふ年、帰朝するに、其の喜び申さむが為に、先づ宇佐の宮に詣て、御前に礼拝恭敬して、法花経を講じて申さく、「我れ、思の如く唐に渡り、天台の法文を習ひ伝へて帰り来れり。今は比叡山を建立して、多の僧徒を住まはしめて、唯一無二の一乗宗を立て、有情非情皆成仏の旨を悟らしめて、国に弘めしむ。仏は薬師仏を造奉て、一切衆生の病を愈しめむと思ふ。但し、其の願、大菩薩の御護に依て遂ぐべき事也。」。



亦、春日の社に詣て、神の御前にして法花経を講ずるに、紫の雲、山の峰より立て、経を説く庭に覆へり。



父母に語て云く、「我れ、出家の心有り。広智の所に行て、経を習はむ」と云て、経を求むるに、法花経の普門品を得たり。



幼稚の時より法花経を受け持て、昼夜に読み奉るを以て役として、年来を経。



「此の度びは、雷の為に塔を壊たるることを止めむ」と、心を致て泣々く願ひ祈る間に、彼の神融聖人来て、願主に向て云く、「汝ぢ歎く事無かれ。我れ、法花経の力を以て、此の度、雷の為に此の塔を壊たしめずして、汝が願を遂げしむ」と。



聖人、塔の下に来り居て、一心に法花経を誦す。



聖人は誓ひを発して、音を挙て、法花経を読奉る。



而るに、今、法花経の力不思議なるに依て、我れ吉く縛られぬ。



此れ、法花経の力也。



寿広、此れを聞て、明神を哀むで云く、「昨日、法の為に来り給ひけるを、己れ更に知り奉らざりけり。然れば、熱田の明神の御為に、殊に志して、亦此の会を行はむ」と云て、歌舞の隙、法花経百部を読誦して、昨日の如く、俄に法会を行ふ。



非*□*年、法花経□□書写して此れを講じて、永く二日の法会を行ふ。


* 底本頭注「思ユ非一本思ヒ比(此?)トアリ」
* 底本頭注「年ノ上三宝絵詞アケムノ三字アリ」
死たる母の恩を報ぜむが為に、心を発して、法花経を写奉て供養せむと為るに、東人が云く、「我が願には、縁有らむ師を請じて講師とせむ」と思て、法会を儲て、明日に供養せむと為るに、使を以て講師を請ぜむが為に遣に、使に教て云く、「始めて汝に値へらむ僧を以て、我に縁有けりと知て請ずべし。此れ、我が本の心也」と。



願主、答て云く、「我れ、汝を請ずる事は、法花経を講ぜしむが為也」と。



其の夜、乞者、夢に赤き牸来て、告げて云く、「我は此の家の男主の母也。此の家に有る牛の中に、赤き牸は此れ我也。我、前世に此の男主の母として、子の物を恣に盗み用ひたりしに依て、今牛の身を受て、其の債に償ふ也。而るに明日、男主、我が為に法花経を供養す。汝ぢ、其の師と有るが故に、貴びて懃ろに告知らしむる也。虚実を知むと思はば、法を説かむ堂の内に、我が為に座を敷て、其の上に我を居ゑしめよ。我れ、必ず其の座に登らむ」と云ふと見て、夢覚めぬ。



此れ誠に願主の深き心を至して、母の恩を報ぜむと思ふ功徳の至れる、亦法花経の霊験の示す也と知ぬ。



童子、此れを聞て、「此れ魚也」と云はむ事を頗る憚り思て、只口に任せて、「此れは法花経也」と答ふ。



而るに、筥の内を見れば、法花経八巻在ます。



而る間、外の鬼、度々懃ろに訴ふと云へども、内の音許さずして、外の鬼、歎き乍ら返ぬと聞て、「今や、我れを引き寄せて噉ふ」と思ふ程に、此の穴の内の音の云く、「汝が今日此の鬼の為に食と成るべかりつるに、汝ぢ懃に観音を念じ奉れるに依て、此の難を既に免るる事を得たり。汝ぢ、此より心を至して仏を念じ奉り、法花経を受持読誦し奉るべし。抑、此如く云ふ我をば、汝ぢ知れりや否や」と。



音の云く、「我れは此れ鬼にも非ず。此の穴は、昔し、此の所に聖人有て、此の西の峰の上に率都婆を建てて、法花経を籠め奉れりき。其の後、多の年積て、率都婆も経の皆朽失せ給ひにき。只最初の妙の一字許残り留て在ます。其の妙の一字と云ふは、此如く云ふ我れ也。我れ、此の所に有て、此の鬼の為に噉はれむと為る人、九百九十九人を助けたり。今、汝を加へて千人に満ぬ。汝ぢ、速に此を出でて、家へ至るべし。汝、努々仏を念じ奉り、法花経を受持読誦し奉るべし」と宣て、端正の童子一人を副へて家に送る。



童子、家の門に送り付て、書生に教て云く、「汝ぢ、専に心を発して、法花経を受持読誦し奉るべし」と云て、掻消つ様に失ぬ。



其の後、書生、懃に心を発して法花経を受持読誦し奉り、弥よ観音を恭敬し奉りけり。



亦、法花経を読誦して、其の義理を悟る事深し。



凡そ生たる間、法花経を読奉れる事、数万部也。



其の持ち奉る所の法花経は、霊験新たにして、病に煩ふ人、此れを迎へ奉て護と為るに、必ず其の験無しと云ふ事無し。



而るに、「安養の尼君の年来読奉り給ふ所の法花経こそ、霊験新たに在ますなれ」と聞て、其の経を迎へ奉て、手箱に入れて其の病者の枕上に置き奉れり。



持てる所の物、法花経一部、小字にして一新写せり。



此の僧、菩薩に随て、常に法花経を読誦しけり。



僧、一日を送られて、此の法花経并に持てる所の鉢・干飯の粉等を、此の送りに来れる俗に与へて、其より返し遣つ。



其の後、二年を経て、熊野の村の人、熊野河の上の山に入て木を伐て船を造る間、山の中に髣に法花経を誦する音を聞く。



菩薩、此れを聞て、忽に彼の山に行て聞くに、実に法花経を読む音、髣に有り。



其の後、三年を経て、菩薩、彼の山に行て聞くに、法花経を読む音、前の如し。



「実に、此れ法花経を誦する功を積るに依て、其の霊験を顕せる也」と知て、泣々く悲び貴むで、礼拝して返にけり。



亦た、懃に法花経を誦する事、怠らざりけり。



此れを聞く人、皆法花経の霊験を貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。



亦、道心深くして、常に法花経を読誦す。



其の後、静に法花経を誦し、念仏を唱へて、偏に後世菩提を祈る。



而る間、遂に老に臨て、身に重き病を受て、日来を経と云へども、法花経を読誦し、念仏を唱ふる事怠らず。



其の後は、此の児只者に非ざりけりと知て、弥よ傅き養ふ間に、児、四歳に成るに、父母に向て云く、「我れ、比叡の山に登て、法花経を習ひ法を学せむ」と云て、亦云ふ事無し。



法花経を受け習ひ、顕密の法文を学するに、心広く智り深くして、既に止事無き学生に成ぬれば、師の座主も此れを去難き者に思て過る間に、学問の隙には必ず日毎に法花経一部、三時の懺悔をぞ断たざりける。



座主も、「然如く成りなむ者をば、今は何がは為む」と云ひけるを聞て、増賀、「思ひの如く叶ぬ」と思て、山を出でて多武の峰に行きて、籠居て、静に法花経を誦し念仏を唱て有り。



今は思ふ事露無し」と云ひて、人を皆去けて室の内に入て、縄床に居て、口に法花経を誦し、手に金剛合掌の印を結て、西向に居乍ら入滅しにけり。



十歳に成るに、始めて師に付て、法花経八巻を受け習へり。



遂に、本意有るに依て、二十六と云ふ年、出家して、霧島と云ふ所に籠て、心を発して日夜に法花経を読誦す。



卅九と云ふ年、法花経を空に思えぬ。



日夜に法花経を読誦するに、初めは音に読む。



其の文を読めば、法花経の陀羅尼品の偈に、「悩乱説法者。頭破作七分。」と云ふ所許破れ残り給へり。



死ぬる時には、室に入て、静に法花経を誦してぞ入滅しける。



幼にして父母を離て、永がく仏の道に入て、日夜に法花経を読誦す。



持経者、寄来て云く、「風の病の重く候へば、医師の申すに随て蒜を食て候へども、態と渡らせ給へれば、何でかはとて参候也。亦、法花経は浄不浄を撰給ふべきにも非ねば、誦し奉らむに、何事候はむ」と云て、念珠を押攤て寄る程に、糸憑もしく貴し。



或る上達部の奏し給はく、「神明と云ふ山寺に、睿実と云ふ僧住して、年来法花経を誦して他念無し。彼れを召て御祈有らむに、何に」と。



「経を誦し給へ」と仰せ有れば、一の巻より始て法花経を誦す。



然れば、守、此れを歎く間に、目代、守に云く、「彼の睿実君を請じて、法花経を読ましめて試み給へ」と。



然れば、目代、睿実を請に、睿実君、請に趣て、守の館に行て法花経を誦するに、未だ一品に及ばざる程に、護法、病人に付て、屏風を投越して、持経者の前にして、一二百反許打逼て投入れつ。



持経者、遂に命終る時に臨て、兼て其の時を知て、浄き所に籠居て、食を断て、法花経を誦して、掌を合せて入滅せり。



世に法花経を経文に向かはずして空に読む事は、此の持経者よりなむ始めたるとなむ語り伝へたるとや。



幼にして山に登て、仏の道を修行し、法花経を受持す。



初め、心を一つにして、他の心を交ずして法花経を誦するに、一年に一巻を誦して、八年に一部を誦し畢る。



而る間、阿闍梨、法輪寺に籠て、礼堂に居て、法花経を誦するに、老僧有て、亦其の寺に籠合ふ。



老僧、此れを怪むで、恐々寄て、一人の眷属に、「此れは誰が御坐すぞ」と問へば、答て云く、「此れは、峰山の蔵王・熊野の権現・住吉の大明神・松尾の大明神等の、法花経聞□□*、近来夜毎に此如く御坐する也」と告ぐると見て、夢覚□□□*。


* 底本頭注「聞ノ下一本ニ字アリ亦一本為ニニ作ル」
* 底本頭注「覚ノ下一本「ニケリ」ノ三字アリ」
道命阿闍梨の礼堂に居て、音挙つつ、法花経の六の巻を誦する也けり。



而るに、病女、此の阿闍梨の経誦するを聞て、悪霊忽に現はれて云く、「我れは汝が夫也。強に汝を悩まさむと思ふ事無しと云へども、身の苦び堪難きに依て、自然ら託き悩ます也。我れ生たりし時、諸の悪き事をのみ好て、生類を殺し、仏の物を犯せりき。一塵の善根を造らず。此れに依て、地獄に堕て苦を受る事隙無し。而る間、此の道命阿闍梨の法花経を誦するを聞て、地獄の苦を免れて、忽に軽き苦を受く。所謂る蛇身の形を受たる也。若し亦彼の経を聞かば、必ず蛇の身を棄てて、善所に生るる事を得む。汝ぢ速に我れを彼の阿闍梨の所に将行て、経を聞かしめよ」と。



阿闍梨、此れを聞て、心を発して、彼の霊蛇の為に法花経を誦するに、霊、亦現はれて云く、「我れ亦此の経を聞くに依て、既に蛇身を免れて天上に生れぬ」となむ云ける。



亥時許に成るに、阿闍梨、法花経を誦す。



語て云く、「我れ、生たりし時、三業を調へず、五戒を持たずして、心に任せて罪を造りき。就中に、天王寺の別当と有し間に、自然ら寺の物を犯用ひき。其の罪に依て、浄土に生るる事をば得ずと云へども、法華経を読奉りし其の力に依て、三悪道に堕ちずして、此の池に住て、法花経を読奉る。更に苦無し。今、両三年畢て後、覩率天に生まるべし。昔の契、于今忘れずして、今来て告る也」となむ云ひける。



幼稚の時より法花経を受持して、日夜に読誦す。



然れば、本山を去て、忽に丹波の国船井の郡□棚波の滝と云ふ所に行て、其に籠り居て、法花経を誦し真言を満て、専に菩提を祈る。



此れを何より此れる人と知らずして、怪び思ふ程に、童子、阿闍梨に向て、微妙の音を挙て誦して云く、「我来聴法花。遂果四弘願。当従其口出。栴檀微妙香。」と誦して、暫く阿闍梨の法花経誦するを聞て、即ち見えず。



爰に阿闍梨、心の内に思はく、「我れ、年来多の法花経を読誦し、法を修行して、必ず其の功徳無量ならむ。其れに、世に久く有らば、罪業を造て生死に輪廻せむ事、疑ひ有らじ。然れば、如かじ、疾く死て悪業を造らじ」と思て、必ず死ぬべき毒を尋て食はむと為るに、初は附子を食ふに死なず。



其れにも尚死なねば、「此れ希有の事也。我れ、毒薬を食ふと云へども、法花経の力に依て死なぬ也」と思ふに、「刀杖不加。毒不能害」の文、思ひ合せられて、哀れに悲き事限無し。



其の後、夢に人来て、告て云く、「聖人の信力清浄也。吉く法花経を誦すべし」と。



夢覚て後、弥よ信を凝て法花経を読誦す。



阿闍梨、此れを見て、涙を流して泣々く法花経を誦して、父母を蘇生せしむと祈る間、阿闍梨、夢に、法花経の第六巻空より飛び下り給ふ。



其の文を開て見れば、文に云く、「汝が法花経を誦して、父母を蘇生せしめむと祈るが故に、忽に父母の命を延べて、此の度は返し送る也。此れ、閻魔の御書也」と。



阿闍梨、一生の間に読む所の法花経一万部。



年九歳にして家を出て、山に登て出家の後、師に随て顕密の法文を習ひ、法花経を受け持て、日夜に読誦す。



其の後、道心を発して、偏に世の栄花を棄てて、愛宕護の山に入て、南星の谷と云ふ所に籠居て、無縁三昧を行て、十二時に宝の螺を吹て、六時の懺法を行て、法花経を読誦す。



峰を通て修行する間、心を至して法花経を誦す。



本尊を懸奉て、其の前にして法花経を誦す。



其の後、持経者思ふに、「此れは、我が法花経を誦するを聞て、仙人の『貴し』と思て、木の末に留て、終夜聞て、『立て飛去る』とて、此如く誦して去る也けり」と心得て、礼拝し貴びけり。



円久、遂に命終る時、彼の南星の峰にして、法花経を誦して、貴くて失にけりとなむ、語り伝へたるとや。



年来、彼の山に住して、師に随て、法花経を受け持て、日毎に卅部を読誦して、此の山にして四十余年を過す。



盗人、寄来て、忽に持経者の衣の頸を取て引き伏れば、持経者、遥に音を挙て「法花経我れを助け給へ」と三度叫ぶ。



其の後、偏に持経者、「此れ法花経の霊験の至せる所。金峰の蔵王の守り給ふ故也」と知て、愛宕護の山に返て、弥よ法花経を読誦して、房の外に出る事無し。



手に香炉を取て、法花経を読誦す。



僧、口に法花経を読て、手に香炉を取て、土を踏むが如く池の水の上を踏て、蓮花に乗て、西を指て去ぬ。



出家してより後、永く穀を断ち塩を断て、山の菜、木の葉を以て食として、法花経を受け持て、後日、夜に読誦して他の勤め無し。



而る間、心の内に思はく、「此の身は此れ水の沫也。命は亦朝の露也。然れば、我れ此の世の事を思はずして、後世の勤めを営てむ」と思て、旧里を棄てて、金峰山に詣でて、薢の岳と云ふ所に草の庵を結て、其れに籠居て、日夜に法花経を読て、十余年を経たり。



其の間、初は鬼神来て、持経者を擾乱せむと為と云へども、持経者、此れには怖れずして、一心に法花経を誦す。



法花経を読誦す。



而る間、聖人、発願して法花経を読誦する事終夜也。



穀を断て菜を食て、懃に行て月来を経る間に、夢に気高き僧出来て、告て云く、「比良山の峰に仙人有て、法花経を読誦す。汝、速に其の所に行て、彼の仙人に結縁すべし」と。



日来を経て、強に尋ね求る時に、遥に法花経を読む音許、髣に聞ゆ。



其の間、仙人、昼夜に法花経を読誦す。



其の時に、仙人、僧に語て云く、「我は此れ本興福寺の僧也。名をば蓮寂と云ひき。法相大乗の学者として、其の宗の法文を学び翫びし間に、我れ法花経を見奉りしに、「汝若不取。後必憂悔。」と云ふ文を見てしより、始めて菩提心を発しき。



年十一歳にして始て比叡の山に登て、西塔の勝蓮花院の空日律師と云ふ事を師として、天台の法文を習ひ、法花経を受け持つ。



亦、自ら法花経を書写して、日夜に読誦す。



不食にして法花経を読誦す。



法花経の力に依て、仏を見奉り、法を聞奉る事、心に任せたり。



陽勝、通力を以て此の事を知て、祖の家の上に飛び来て、法花経を誦す。



亦、法花経を持て、日毎に三部、夜毎に三部を読誦して、懈怠する事無し。



法空、此の所を見て、「此れ我が仏道を修行すべき所也」と喜て、此の洞に籠居て、偏に法花経を読誦して、年月を経る間、忽に端正美麗の女出来て、微妙の食物を捧て持経者を供養す。



聖人、答て云く、「我れ此れを何れの所より来れる人と知らず。法花経を読誦するを随喜するが故に、此如く常に来れる也」と。



身損じ心迷て、僅に命を存せる許也と云へども、遂に旧里に返て、此の事を人に語り伝へて、始めて法花経を受け習て、心を至して読誦しけり。



而る間、道心盛に発て、忽に本山を去て、生国に行て、菟原と云ふ所に籠居て、方丈の庵室を造て、其の中にして日夜に法花経を読誦し、三時に其の法を修行して、其の暇の迫には天台の止観をぞ学びける。



遂に聖人、最後に臨て、身に病無くして、只独り庵の内にして、西に向て音を高くして法花経を読誦す。



亦、法花経を日夜に読誦して年を積めり。



聖人、此れを聞て、恥ぢ悔て、弟子を離れ童子を棄てて、独り居て一心に法花経を読誦す。



聖人、年来を経るに、命終る時に臨て、身に病無くして、法花経を誦して死にけり。



幼にして比叡の山に登て出家して、法花経を受け持て、日夜に読誦して、十二年を限て、山を出る事無し。



既に十二年を過て、始て旧里に行て、心に思はく、「我れ、本山に住すと云へども、顕密の正教に於て習ひ得たる所無し。今生は徒に過なむとす。後世の貯無くば、此れ二世不得の身也。然れば、法花経を書写し奉らむ」と思て、一部を書畢て後、智者の僧五人を請じて供養の後、経の深き義を説かしめ、問答を決せしむ。



若より法花経を読誦して、老に至まで、怠たる事無かりけり。



其の後、悔ひ悲て、仏に向ひ奉て永く瞋恚を断て、心を励して法花経を読誦して、更に余の心無し。



日夜に法花経を読誦して、棲を定めずして、所々に流浪して、仏道を修行する程に、「渡りに船を渡す事こそ、限無き功徳なれ」と思ひ得て、大江に行居て、船を儲て、渡子として諸の往還の人を渡す態をしけり。



此如くして、所々に行くと云へども、法花経を読誦する事、更に怠らず。



而る間に、京にして小屋に籠居て、二年許を経て、法花経を読誦す。



而るに、其の家の主、「聖人の所行を見む」と思て、密に物の迫より臨くに、聖人、経机を前に置て、法花経を読誦す。



其の時に、空に音有て、告て云く、「理満、当に知るべし。此れは実の狗には非ず。此れ、権に化せる所也。昔、天竺の祇薗精舎にして仏の説法を聞きし輩也。今、汝に結縁せむが為に、狗を化せる也」と告ぐと見て夢覚て、其の後、弥よ心を至して、法花経を読誦しいて、誓を発して云く、「我れ、若し極楽に生るべくば、二月十五日は此れ釈尊の入滅の日也。我れ、其の日、此の界を別れむ」と。



聖人、一生の間、法花経を読誦する事、二万余部也。



日夜に法花経を読誦して、棲を定めずして、所々に流浪して、只法花経を読誦す。



而る間、春朝、東西の獄を見て、心に悲び歎て思はく、「此の獄人等、犯しを成して罪を蒙ると云へども、我れ、何にしてか、此等が為に仏の種を殖ゑしめて、苦を抜かむ。獄にして死なば、後生亦三悪道に堕せむ事疑ひ有らじ。然れば、我れ、故に犯を成して、捕らはれて獄に居なむ。然て、懃に我法花経を誦して、獄人に聞かしめむ」と思て、或る貴所に入て、金銀の器一具を盗て、忽に博堂に行て、双六を打て、此の金銀を見せしむ。



春朝聖人、獄に入て喜て、本意を遂むが為に心を至して法花経を誦して、罪人に聞かしむ。



其の時に、検非違使等庁に集て定むる様、「春朝は此れ極たる罪重き者也と云へども、度毎に勘問せずして免されぬ。此れに依て、心に任て人の物を盗み取る。此の度は尤も重く誡むべき也。然れば、其の二の足を切て、徒人と成すべし」と議して、官人等、春朝を右近の馬場の辺に将行て、二の足を切らむと為るに、春朝、音を挙て法花経を誦す。



其の後の其の渡の人、夜る聞くに、夜毎に法花経を誦する音有り。



其の夜の夢に、僧有て示して云く、「我れは是れ天台山の東塔の住僧也。名をば円善と云き。仏道を修行せし間に、此の所に来て、不慮ざる外に死にき。生たりし程に、六万部の法花経を読誦せむと云ふ願有りき。其れに、半分をば読誦し畢て、今半分をば読誦せずして死たり。然れば、其れを誦し満てむが為に、此の所に住せり。既に誦し満てむとす。残り幾に非ず。今年許此に住むべき也。其の後には、兜率天の内院に生れて、慈氏尊を見奉らむとす」と云ふと見て夢覚めぬ。



亥の時許より、宿せる傍に、細く幽に貴き音を以て、法花経を誦する音を聞く。



亦、常に法花経を読誦して年を積り。



弟子に告て云く、「我れ、死て閻魔王の宮に行き至る。王座より下り給て、我れを礼拝して告て宣はく、『命尽きざる者は此に来らず。汝ぢ未だ命尽きずと云へども、我れ汝を請ぜり。其の故は、汝ぢ偏に法花経を持て、濁世に法を護る人と有り。此の故に、我れ汝に向て、日本国の中の衆生の善悪の所行を説聞かしめむ。汝ぢ、忘れずして、本国に返て、吉く善を勧め悪を止めて衆生を利益せよ』と宣て、返し遣せるなり」と語る。



和尚、生ける間、法花経を読誦する事、更に怠らず。



日夜寤寐に法花経を読誦して、更に余の思ひ無し。



若し食物有る時は、即ち山寺に持行て、其れを便として籠居て、法花経を読誦す。



只、に随て持たる物は法花経一部也。



而る間、和尚、法花経を読誦する事隙無くして、心に請ひ願ひける様、「我れ、年来法花経を持ち奉る。此れ現世の福寿を願ふに非ず。偏に後世菩提の為也。若し此の願ふ所叶ふべくば、其の霊験を示し給へ」と。



而る間、遂に最後の時に臨て、和尚、往生寺と云ふ寺に行て、樹の下に独り有て、身に痛む事無く、心に乱るる事無くして、法花経を誦す。



此れを見聞く人、「此れ偏に法花経を年来読誦する力に依て、浄土に生れぬる人也」となむ云ひける。



初め法花経の観音品を習ふに随て悟て、一部を習畢ぬ。



日夜に法花経を読誦して、六時に懺法を行ふ。



此如くして修行する間に、遂に年百廿七にして、心違はずして、法花経を誦して失にけり。



夢に、失にし仁鏡聖人、手に法花経を捧て、虚空に昇て云く、「我れ、今兜率天の内院に生れて、弥勒を見奉らむとす」と告て昇りぬとぞ、見ける。



幼にして山に登て出家して、師に随て法花経を受け習はむと為るに、愚痴にして習ひ得る事を得ず。



其の後、梅谷と云ふ所に籠居て、年来法花経を読誦して、専らに仏道を修行す。



其の所にして、日夜に法花経を読誦して、修行怠らず。



宝前にして夜る法花経を読誦するに、傍に人有り。



見れば、此の僧、法花経を誦して傍に居たり。



其の後、齢漸く傾て、命終る時に臨て、慥に法花経一部を誦し畢て失にけり。



若より日夜に法花経を読誦して、年を積めり。



雲浄、洞の内に居て、心を至して法花経を誦す。



雲浄、此れを見て、「我れ、此にして毒蛇の為に命を棄むとす。但し、我れ法花の力に依て、悪趣に堕ちずして、浄土に生ぜむ」と思て、心を至して法花経を誦す。



雲浄、毒蛇の難を免れて、弥よ心を至して法花経を誦して、彼の毒蛇の為に廻向す。



盲目也と云へども、日夜に法花経を読誦す。



盲僧、為べき方無くて、只法花経を読誦して、仏前に有て、手を以て菓子の葉を捜り取て、其れを食て過すに、既に十一月に成ぬ。



此れ偏に法花経の験力也と知て、其の柿・梨子を多く捜り取り置て、日の食として、其の倒れたる木の枝を折取て、焼て冬の寒さを過す。



其の後、偏に法花経を読誦す。



「此れ、偏に法花経の霊験の致す所也」と喜て、彼の山寺にも常に詣でて、仏を礼拝恭敬し奉りけりとなむ語り伝へたるとや。



聖人死て、書写の山に籠居て、年来法花経を読誦す。



其の時に、平願、心を至して法花経を誦して、「助け給へ」と祈り申す時に、誰とも知らぬ強力の人出来て、倒たる房の中より平願を引出して、告て云く、「汝ぢ、宿世の報に依て、此如く打圧されたりと云へども、法花の力に依て、命を存する事を得たり。恨の心を発さずして、尚法花経を読誦せよ。此の世に宿業を尽して、来世に極楽に往生せむと願ふべし」と教へて、掻消つ様に失ぬ。



此れ、偏に法花経を読誦するに依て、護法の加護し給ふと知て、貴み喜ぶ事限無し。



法花経を書写し、仏菩薩の像を図絵して、広き川原にして仮屋を起てて、無遮の法会を行ふ。



此如く善根を修して、自ら誓て云く、「我れ、法花経を持て年を積めり。若し、其の力に依て極楽に生まるべくば、今日の善根に其の瑞を示し給へ」と、涙を流して誓て、礼拝して其の所を去ぬ。



其の後、漸く老に臨て、遂に終の時、身に痛む所無くして、法花経を読誦する事余念散乱せずして、西に向て掌を合せて絶入ぬ。



此れ、偏に法花経の力也となむ語り伝へたるとや。



若より法花経を受け習て日夜に読誦す。



好尊は、其の後は弥よ信を深くして、法花経を誦する事、懈怠無し。



幼にして本国を出でて、比叡の山に登て出家して、法花経を受け習て日夜に読誦す。



葛木の峰に入て、食を断て二七日の間法花経を誦す。



身に、三鈷・五鈷・鈴杵等を着て、各掌を合せて、長円を讃て云く、「奉仕修行者。猶如薄伽鑁。得上三摩地。与諸菩薩倶。」と誦して、法花経を誦するを聞くと見て、夢覚ぬ。



而るに、心を至して法花経を誦して、此の事を祈請するに、夢に一人の童子来て、告て云く、「天諸童子。以為給仕。」と云て、其の道を教ふと見て、夢め覚ぬ。



亦、蔵王の宝前にして、終夜法花経を誦するに、暁に至て、長円、夢に一の人来る。



若より法花経を受け習て、昼夜に読誦して、他の思ひ無し。



聖人の云く、「更に治すべからず。此れを治せば、多の虻の子死ぬべし。然れば、只此の病を以て死なむに苦ぶ所に非ず。死ぬる事、遂に遁れぬ道也。何ぞ虻の子を殺さむ」と云て、治せずして、痛き事を忍て、偏に法花経を誦するに、聖人の夢に、貴く気高き僧来て、聖人を讃て云く、「貴哉。聖人、慈悲の心弘くして、有情を哀むで殺さず」と云て、手を以て此の疵を撫で給ふと見て、夢覚ぬ。



聖人、弥よ道心を発して、法花経を誦する事永く退かずして失にけりとなむ語り伝へたるとや。



幼の時より法花経を受け習て、昼夜に読誦して仏道を修行す。



童の云く、「我等、師の懃に法花経を誦するを貴びて奉仕せむと思ふ也。名は、一人をば黒歯と云ひ、一人をば花歯と云ふ」と。



然れば、聖人、世を知らずして、少も嗔る心無くして、只法花経を読誦す。



若より法花経を受け習て、昼る六部、夜る六部、日夜に十二部を誦する事を闕かず。



只身に随へる物は法花経一部也。



遂に年九十に及て、法花経を誦する事卅余万部也。



若くして法花経を受け習て、日夜に読誦して、身命を惜しまず、日毎に卅余部を誦する事懈怠無し。



老に臨むと云へども、見に病無くして、只偏に生死の無常を厭ひ悲むで、法花経を読誦して、浄土に生れむ事を願ふ。



此れ、偏に法花経を読誦せる威力の致す所也。



誠の心を発して思はく、「我れ、宿世の報に依て、二の目盲たり。今生は此れ人に非ぬ身也。如かじ、只後世の事を営むで、偏に法花経を読誦せむ」と思て、法花経を年来持てる一人の□を語ひて、法花経を受け習ふ。



而る間、此の盲女の夢に、一人の貴き僧来て、告て云く、「汝ぢ、宿報に依て、二の目既に盲たりと云へども、今心を発して法花経を読誦するが故に、両眼忽に開く事を得べし」と云て、手を以て両目を撫づと見て、夢覚めぬ。



女人、涙を流して泣き悲むで、法花経の霊験新なる事を知て、礼拝恭敬す。



女人、弥よ信を発して、昼夜寤寐に法花経を読誦する事理也。



亦、法花経を受け習て、心に思はく、「法花経の中に、方便・安楽・寿量・普門、此の四品は此れ肝心に思ます」と悟て、此れを四要品と名付て、殊に持ち思えて、昼夜に誦する事怠らず。



最後の時に臨て、里に出て、相知れる僧俗の許に行て、別れを惜むで云く、「今生の対面、只今許に有り。明後日を以て、我れ浄土の辺に参むとす。後々の対面は、真如の界を期す」と云て、雪彦山に返て、巌崛の中に居て、心乱れずして法花経を読誦して失にけりとなむ語り伝へたるとや。



若くして法花経を受け習て、昼夜に読誦して懈怠する事無し。



亦、金峰・熊野・長谷寺の諸の霊験所に詣でつつ、各其の宝前にして必ず法花経千部を誦しけり。



幼にして山に登て出家して、師に随て法花経を受け習て、日夜に読誦す。



或は身に病有る時も、或は身に障り有る時も、日毎に法花経一部をば闕かざりけり。



其の所に籠居て、静に法花経を読誦し、三時の行法断たずして、勤め行ふ間、身に病付ぬ。



最後に、明秀の*手に法花経を取て、誓を発して云く、「無始の罪障我が身に薫入して、今生に全く定恵の行業闕ぬ。何の因縁を以てか、我れ極楽に生れむ。僅に法花経を誦すれば、心乱て法の如とくに非ず。然と云へども、此の善根を以て善知識として、死て後、屍骸魂魄也と云ふとも、尚法花を誦し、中有生有也と云ふとも、専に法花を誦し、若は悪趣に堕たりとも、若は善所に生たりとも、常に此の経を誦し、乃至仏果に至までも、只此の経を誦せむ」と誓て、即ち死ぬ。


* 底本頭注「明秀ノ下ノ字ハ衍カ」
葬して後、「夜るに成れば墓所に常に法花経を誦する音有り」と、人告ぐ。



得意と有りし輩、此の事を聞て、夜る密に墓所に行て聞くに、慥には非ずと云へども、薮の中に□□*に法花経を誦する音有り。


* 底本頭注「中ニノ下一本風(ホノ)カトアリ」
幼にして山に登て、師に随て出家して、法花経を受け習て、其の義理を悟て、常に読誦す。



日夜に法花経を誦して、「願くは、此の善根を以て菩提に廻向す」と。



而る間、中堂に参て、終夜法花経を誦して、後世の事を祈請する間に寝入ぬ。



広清、此れを見て、恐れ貴むで礼拝せむと為るに、一の菩薩在まして、微妙の音を以て、広清に告て宣はく、「汝、法花経を持て、此の善根を以て、生死を離れて菩薩に至らむと願ふ。疑ひを成す事無くして、弥よ退かずして、法花経を持つべし。然らば、我等八人来て、汝を極楽世界に送るべし」と宣て後、忽ちに見え給はず見て、夢覚ぬ。



弥よ心を至して法花経を読誦する事、更に懈怠無し。



日来を経る間に、其の所にして身に病を受て悩み煩ふ間、弥よ心を至して法花経を読誦して、彼の夢の告を信ず。



「其の人の墓所に、夜毎に法花経を誦する音有り。必ず一部を誦し通す」と、弟子、人の告に依て、其の髑髏を取て、山の中に清き所を撰て置つ。



其の山の中にても、尚法花経を誦する音有り。



其れより三井寺に行て、其の寺の僧を成て、日夜に法花経を読誦する間に、空に思えて誦するに、十余年の間に二万余部を誦しつ。



然れば、持ち奉れる所の法花経、皆忘れて久く成ぬ。



而るに、相知れる輩来て、僧に告て云く、「汝ぢ、今は此の生の事、憑無き身になむぬ。専に後世助からむ事を願ふべし。其れに、汝が年来持ち奉りし所の法花経を誦し、亦阿弥陀仏の御名を唱へて、極楽に生れむと思ふべし」と。



其の時に、僧、何なる事か有けむ、俄に起上がりて、沐浴潔斎して、浄き衣を着て、掌を合せて、三宝に申て云く、「我れ、本法花経を持て、多く読誦すと云へども、魔の為に擾乱されて、年来法花経を棄て奉りて、邪見に着せり。而るに、今忽に普賢の加護を蒙て、本の心に成る事を得たり。昔し、十余年の間に読誦せる所の二万余部の法花経、若し失給はずして、尚我が心の内に在まさば、我れ、今命終らむ時に、本の如くに空に読奉らむに、思え給へ」と誓て、傍なる人を勧めて、「妙法蓮花経序品第一」と唱へしめて、其の音に継て、「我れ如是我聞」と誦して、其の後、心を至して音を高くして、一部を慥に誦し畢て、礼拝して死にけり。



若くして山に登て、出家して師に随て、法花経を受け習て後、日毎に一部を必ず読誦す。



而る間、或る時に、夜る心を至して法花経を誦するに、暁に成る程に、少し寝入たる夢に、我が年来持ち奉る所の法花経、空に飛び昇て、西を指て去り給ひぬ。



其の後、俄に衣鉢を投げ棄てて、忽に阿弥陀仏の像を図絵し、法花経を書写して、智者の僧を請じて供養しつ。



京の棲を去て、永く山に籠居て、偏に法花経を読誦し、念仏を唱ふ。



然れども、正念違はずして、法花経を誦し、念仏を唱へて失ぬ。



年来法花経を読誦す。



天皇、僧に仰せて宣はく、「汝ぢ、年来法花経を講ずるに依て、竜、常に其の所に来て法を聞くと。而るに、其の竜、汝と語ひ深き由、世に聞え有り。而るに、近来、天下旱魃して五穀皆枯失なむとす。国の歎き何事か此れに過む。汝ぢ、速に法花経を講ぜむに、其の竜、必ず来て法を聞かむに、竜を語ひて雨を降らすべし。若し、此れを叶へずば、汝を追却して、日本国の内に住ましむべからず」と。



竜、此の事を聞て云く、「我れ、年来法花経を聞て、悪業の苦びを抜て、既に善根の楽びを受たり。願くは、此の身を棄てて、聖人の恩を報ぜむと思ふ。但し、此の雨の事、我が知る所に非ず。大梵天王を始めとして、国の災を止めむが為に、雨を降らさざる也。其れに、我れ行て雨戸を開てば、忽に我が頸を切られなむとす。然りと云へども、我れ、命を法花経に供養し奉て後の世に、三悪道の報を受けじと思ふ。然れば、三日の雨を降らすべし。其の後、我れ、必ず殺されなむとす。願くは、聖人、我が屍骸を尋て埋て、其の上に寺を起てよ。其の所は、平群の郡の西の山の上に一の池有り。其を見るべし。亦、我が行く所、四所有り。皆其の所々に寺を起てて、仏寺と成すべし」と。



其の寺にして、竜の為に法花経を講ず。



年来法花経を読誦して、仏道を修行す。



道祖、亦云く、「聖人、此の樹の下に今三日留て、法花経を誦し給はむを聞かば、我れ法花の力に依て、忽に苦の身を棄てて楽の所に生れむ」と云て、掻消つ様に失ぬ。



道公、道祖の言に随て、三日三夜其の所に居て、心を至して法花経を誦す。



道公、此の事を深く信じて、本寺に返て、弥よ法花経を誦する事愚かならず。



幼の時より父母の手を離れて、法花経を受け習て、昼夜に読誦す。



而る間、一日一夜を経て活て、語て云く、「我れ、死し時、我を搦て閻魔王の庁に将行く。冥官、冥道皆其の所に有て、或は冠を戴き、或は甲を着、或は鉾を捧げ、或は文案に向ひ札を勘へて罪人の善悪を注す。其の作法を見るに、実に怖るる所也。而るに、傍に、貴く気高き僧在ます。手に錫杖を取れり。亦、経筥を持て、閻魔王に申して云く、『沙弥源尊は、法花を読誦する事、多の年積れり。速に座に居るべし』と云て、此の筥より経を取出て、法花経を第一巻より第八巻に至るまで、源尊に読ましむ。其の時に、閻魔王より始め、冥官皆掌を合せて此れを聞く。其の後、此の僧、源尊を将出て本国に向はしむ。源尊、怪て此の僧を見れば、観音の形に在す。即ち源尊に教へて宣はく、『汝ぢ本国に返て、吉く此の経を読誦すべし。我れ力を加へて、暗に思えしむる事を得しめむ』と宣ふと思ふ程に、活へる也」と。



其の後、漸く年積て最後の時に至るに、身に聊に煩ふ事有りと云へども、重き病に非ずして、心違はずして、法花経を誦して失にけり。



「法花経の力に依て、冥途に観音の加護を蒙る、定めて悪趣を離れて善所に生れけむ」とぞ、人貴びけるとなむ語り伝へたるとや。



心聡敏にして、若くより仏の道を心に懸て、法花経を受け習て、日夜に読誦して年久く成にけり。



而る間、一夜を経て活て、傍に有る人に語て云く、「我れ、死し時、俄に強力なる人四五人来て、我れを追て、遥に野山を過て将行し間に、一の大なる寺有り。其の寺に我れを将入ぬ。寺の門を入て見れば、金堂・講堂・経蔵・鐘楼・僧房・門楼、極て多く造り重ねて荘厳せる事、実に微妙也。其の中に、天冠を戴ける天人・瓔珞を懸たる菩薩、員知らず、亦、年老ひ貴き聖の僧、多かり。我れ、此れを見て思ふ様、『若し、此れは極楽にや有らむ。亦は兜率天上にや有らむ』と。其の時に、僧有て、告て云く、『彼の女人は何して此の寺には来るぞ。汝、法花経を誦せる員多くして此の寺に来たるべし。然れども、来べき期、未だ遠し。速に此の度は返るべし』と。我れ、此れを聞て、一の堂を見るに、多の法花経を積み置奉れり。僧、亦告て云く、『汝ぢ、此の法花経をば知れりや否や』と。知らざる由を答ふ。僧の云く、『此の経は汝が年来誦せる所の経也。善根に依て、汝ぢ、此の所に生れて楽を受くべき也』と。我れ此れを聞くに、心に喜ぶ事限無し。亦、一の高き堂を見れば、仏在まして、金色の光を放て照し給ふ。但し、袈裟を面に覆ひ給へり。然れば、御顔を礼み奉る事無し。微妙の音を出して、我に告て宣はく、『汝ぢ、法花経を読誦するに依て、我が身を汝に見せ音を聞かしむ。汝ぢ、速に本国に返て、尚吉く法花経を読誦すべし。亦、無量義経・普賢経を相ひ副へて読誦すべし。此れ専らに受持すべき経也。其の時に、我れ面を隠さずして、汝に見しめむ。我れは此れ、釈迦如来也』と宣て、天童二人を副へて送り給ふ。然れば、天童と共に来て、我れ家の内に入ると思ふ間に、活へる也」と語る。



其の後、病愈て、弥よ心を至して法花経を読誦し、并に無量義経・普賢経を相ひ副へて読誦し奉る。



亦、無量義経は必ず法花経に具して読誦すべき経也。



而るに、此の僧、法花経の寿量一品を持て、身の穢れを撰ばず、日毎に必ず一遍を読誦しけり。



「年来無慚也と云へども、最後に縁に値て戒を受て、法花経を読誦して失ぬれば、必ず悪道を離れぬ」とぞ、見聞く人、貴びけりとなむ語り伝へたるとや。



雑色男、咎無くして此の難に値ふ事を歎き悲むと云へども、為べき方無くて有るに、此の男、本より法花経の四要品を持ち奉りければ、夜る其の四要品を誦しけるを、聞く人も、「哀れ也ける男かな」と云ふ程に、此の守る者共、慥に寝入るとも無きに、幻の如く此の縛られたる男、守る者共を、「耶々」と驚かす。



守る者共、此の事を、「奇異也」と思ふ程に、正家が子に大学の允資盛と云ふが、其の時に若くして其の家に有けるが、夜る聞くに、法花経を誦する音の聞ゆれば、「此れは誰が読むぞ」と尋ぬるに、此の張り懸けられたる男の誦する也けり。



正家、此れを聞て、「希有也」と思て、「速に其の男を召し出でて問ふべし」と云て、召して問ふに、男の云く、「己れ、更に構る事無し。只幼より持ち奉る所の法花経の四要品をなむ、『若し死に候なば、後世を助け給へ』と思て、日来誦し奉る験にや、幻の如くに白き楚を持給へる児の御して、楚を振り給ふと見る程に、械も抜け縛り緒も解けて、皆免さるる也。其の後、児、『速に出でよ』と宣へども、我れ錯らぬ事に依て逃ぐべからず。此許り助け給にては、『今自然ら免されなむ』と思て、守る人を驚しつつ告げ候也」と。



此れを聞く人、皆涙を流して、法花経の霊験の新なる事を信じけり。



一人は法花経を持ち奉る。



其の後、法厳、法花の功徳殊勝なる事を知て、更に法花経を副へて持し誦して、蓮蔵聖人を帰依しけりとなむ語り伝へたるとや。



法蓮聖、此れを聞て云く、「仏の説き給ふ所、何れも貴からぬは無し。我れ、宿因の引く所有て、年来法花経を持ち奉る。何でか急に法花を棄てて、最勝を持ち奉らむ」と。



此れを見聞く人、法花経の威力の殊勝なる事を知て、法蓮聖を帰依しけりとなむ語り伝へたるとや。



一人は法花経を持つ。



然れば、後世の事を恐れ□*と云へども、世間棄難きに依て、此の寺を離れずして有る間、漸く年の老て、遂に命終る尅に、悪縁に値はずして失ぬれば、見聞く人皆、「講仙は終り正念にして、定めて極楽に参り、天上にも生ぬらむ」と思ふ間に、月日を経て、霊、人に付て云く、「我は此れ此の寺に住し定読師の講仙也。我れ、年来法花経を説して、常に聞しに依て、時々道心を発て、極楽を願ひて念仏怠る事無かりしかば、後世は憑しく思ひしに、墓無き小事に依て、我れ小蛇の身を受たり。其の故は、我れ生たりし時、房の前に橘の木を殖たりしを、年来を経るに随て、漸く生長して、枝滋り葉栄えて、花咲き菓を結ぶを、我れ朝夕に此の木を殖立てて、二葉の当初より菓結ぶ時に至るまで、常に護り此れを愛しき。其の事、重き罪に非ずと云へども、愛執の過に依て、小蛇の身を受て、彼の木の下に住す。願くは、我が為に法花経を書写供養して、此の苦を抜て、善所に生るる事を得しめよ」と。


* 底本頭注「恐レノ下一本ズ字アリ又一本思フニ作ル」
其の後、忽に寺の僧共、皆心を同じくして、知識を引て力を合せて法花経を書写し奉て供養してけり。



僧共、此れを見て、泣き悲むで、法花経の霊験を貴む事限無し。



木を纏て去らずして、花栄て散る時に、蛇、口を以て花を食ひ集て一所に置けるを、父母見て、「此の蛇は、早う昔の人の成りたるにこそ有けれ。哀れに悲しき事かな」と思へども、「姿替て有るが疎き事」と歎き悲て、清範・厳久など云ふ、止事無き智者共を請じて、此の木の下にして法花経を講じて、八講を行ひけり。



「蛇の身也と云へども、法花経を説く座に有て死ぬれば、疑ひ無く法花聴聞の功徳に依て、蛇身を棄てて浄土に生ぜる也」と、皆人云ひ貴びけり。



然れば、別当、僧の云ふに随て、寺に入て、法花経を講ずるを聴聞す。



其の後、程を経て、別当が妻に悪霊詫て、涙を流して泣き悲て云く、「我れは此れ、汝が夫也。前生に悪業をのみ好て、善根を修する事無かりき。此れに依て、我れ大毒蛇の身を受て、苦を受る事、量無し。身の熱き事、火に当るが如し。亦、多の毒の小虫、我が身の鱗の中を棲として、皮肉を唼ひ噉ふに堪へ難し。亦、水食を求むと云へども、極て得難くして、常に乏し。此如くの苦、云尽すべからず。但し、一の善根に依て、只、一時の楽を受く。生たりし時、人に伴なひて清水に参て、還向の次に六波羅の寺に入て、法花経を講ぜしを聞て、一念『貴し』と思ひき。其の功徳、我が身の中に有て、日毎の未時に、六波羅の方より凉しき風吹き来て、我が身を扇ぐに、熱き苦み忽に止て、毒の小虫を身噉はずして、一時を経て、我れ頭を上げ、尾を叩て、血の涙を流して、生たりし時の事を悔ひ恨む。功徳修せずと云へども、一度法花を講ぜしを聞て、『貴し』と思ひしに依て、年来の間だ、此の利益に預る。何に況や、我れ、一生の間、功徳を修したらましかば、此如くの苦に預からましやは。亦、極楽にも参らざらむや。但し、我れ願ふ所は、法花経の功徳、量無し。汝等、我が此の苦を救はむが為に、法花経を書写供養し奉て、我を助けよ。我れ、此の事を示さむが為に、汝に詫て告ぐる也」と云ふ。



妻子、此れを聞て、泣き悲むで、随分の貯を投棄てて、心を至して、法花経一部を書写供養し奉りつ。



其の後亦、悪霊、妻に詫て云く、「我れ、汝等が法花経を書写供養し奉れる力に依て、苦を受る事、多く助かりにけり。我れ喜ぶ所也。更に此の恩忘れ難し」とぞ云ひける。



此の人、彼の律師と年来師檀の契り深くして、万事を憑て過ぎ給ひける間、律師の失たる事を、殊に歎き思給けるに、大臣の夢に、律師、衣服穢気に、形貌衰へ弊くして、来て云く、「我れ、生たりし時、偏に念仏を唱ふるを以て業として、『必ず極楽に生れむ』と思ひしに、我が身に貯へ無かりしに依て、『没後に弟子共に煩ひ有りなむ』と思て、銭万を没後の料に宛てむが為に、房の天井の上に隠し置たりき。『死なむ時に臨て、弟子共に告知せむ』と思給ひしに、病に煩ひし間、其の事忘れて告げずして死にき。于今、其の事を知る人無し。己れ、其の罪に依て、蛇の身を受け、銭の所に有て苦を受くる事量無し。己れ、生たりし時、君と契を成す事深かりき。願くは、君、彼の銭を尋ね取て、法花経を書写供養して、我が苦を救ひ給へ」と云ふと見て、夢覚ぬ。



大臣、京に返て、忽に此の銭を以て、法花経一部を書写し供養し給ひき。



守、この蛇・鼠、宿世の怨敵也けりと知りて、忽に慈びの心深くして、「若し此の鼠を棄てば、蛇の為に必ず呑まれなむとす。然れば、只善根を修して、蛇・鼠を共に救はむ」と思て、其の所に留て、彼等が為に、一日の内に法花経一部を書写供養し奉らむとす。



皆形貌直くして、咲を含て、微妙の服を着て、守の前に出来て、敬ひ畏りて、守に申して云く、「我等、宿世に怨敵の心を結て、互に殺害し来れり。然れば、『今度殺害せむ』と思て、追て来る間、君、慈心を以て、我等を救が為めに、一日の内に法花経を書写供養し給へり。此の善根の力に依て、我等、畜生の報を棄てて、今忉利天上に生まるべし。此の広大の恩徳、生々世々にも報じ尽すべからず」と云て、二人共に空に昇ぬ。



亦、法花経の威力、不可思議也。



其の後、其の寺の上臈たる老僧の夢に、前の蛇よりも大きに増れる大蛇、直に来て、此の老僧に向て申して云く、「我れは、此れ鐘の中に籠め置れし僧也。悪女、毒蛇と成て、遂に其の毒蛇の為に領ぜられて、我れ、其の夫と成れり。弊く穢き身を受て、苦を受る事量無し。今、此の苦を抜かむと思ふに、我が力更に及ばず。生たりし時に、法花経を持きと云へども、願くは聖人の広大の恩徳を蒙て、此の苦を離れむと思ふ。殊に、無縁の大慈悲の心を発して、清浄にして、法花経の如来寿量品を書写して、我等二の蛇の為に供養して、此の苦を抜き給へ。法花の力に非ずば、何か免るる事を得む」と云て、返去ぬと見て、夢覚ぬ。



実に法花経の霊験掲焉なる事、不可思議也。



此れを見聞く人、皆法花経を仰ぎ信じて、書写し読誦しけり。



女霊の云く、「我は其々こに有し人也。生たりし時、帝王の召に依て、只一度懐抱したりき。帝王、我れに千両の金を与へ給へりき。我れ、生たりし時、其の金を仕ふ事無して、死にし時、『我れ其の金を墓に埋て置け』と遺言せしに依て、金を墓に埋めり。其の罪に依て、毒蛇の心を受て、其の金を守て、墓の所に其の辺を離れずして有り。苦を受くる事量無くして、堪難き事限無し。其の墓、其々こに有り。年来を経と云へども、蛇身を免るべき方無し。然れば、君、彼の墓を掘て其の金を取出して、五百両を以て、法花経を書写供養して、我が此の苦を救ひ給へ。五百両を以ては、其の功に、君の財として仕ひ給へ。此の事を告げむと思ふに、人、皆我が体を見て、臆気して死ぬれば、于今申さずして、歎き思つるに、幸に君に会ひ奉て申つる、喜き事限無し」と。



其の後、大臣の夢に、彼の石淵寺にて来れりし女霊、身を微妙に荘厳して光を放て、大臣の前に来て、咲を含て、大臣に告て云く、「我れ、君の広大の恩に、法花経を書写供養し給へるに依て、今、蛇身を棄てて兜率天上に生れぬ。此の恩、世々にも忘難し」と云て、大臣を礼拝して、虚空に飛び昇ぬと見て、夢覚ぬ。



亦、彼の女霊の法花経の利益を蒙るべき宿報の厚かりければ、此の大臣にも会たるにこそは有らめ。



亦、尚々法花経を書写し奉たる功徳、実に経に説給へるに違はず、此く兜率天に生れぬれば、哀れに貴き事也。



既に交臥して、終夜ら行く末までの契を成して、夜曙ぬれば、女、返り行くとて、男に云く、「我れ、君に代て命を失はむ事疑ひ無し。然れば、我が為に法花経を書写供養して、後世を訪へ」と。



男の云く、「男女の交通する事、世の常の習ひ也。必ず死ぬる事有らむや。然れども、若し死なば、必ず法花経を書写供養し奉らむ」と。



此の女、男に告て云く、「我れ、君が法花経を供養して、我を救ひ給ふに依て、劫々の罪を滅して、今、忉利天に生れぬ。此の恩量り無し。世々を経と云ども忘れ難し」と云て、空に昇ぬ。



其の寺に一人の僧住して、昼夜に法花経を読誦するを以て役として、他の事無し。



僧、此の事を怪み思て、猿の許に近く行て、猿に向て云く、「汝ぢ猿は月来此如く来て、此の木に居て経を読誦するを聞く。若し、法花経を読誦せむと思ふか」と。



其の後、木の皮を以て紙に揘て、吉き日撰び定めて、法花経を書き始め奉る。



僧、此れを見て、涙を流して泣き悲むで、猿の屍に向て法花経を読誦し、念仏を唱へて、猿の後世を訪けり。



其の後、僧、彼の猿の誂へし法花経を書畢てずして、仏の御前の柱を刻て籠め置き奉つ。



住僧を召出でて問て云く、「若し、此の寺に書畢てざる法花経や御ます」と。



出来て守に申して云く、「昔し、若かりし時、二の猿来て、然々して教へて書かしめたりし法花経御ます」と申て、昔の事を落さず語る時に、守、大に喜て、老僧を礼て云く、「速に其の経を取出し奉るべし。我れは、彼の経を書き畢奉らむが為に人界に生れて、此の国の守と任ぜり。彼の二の猿と云ふは、今の我等が身、此れ也。前生に猿の身として、持経者の読誦せりし法花経を聞しに依て、心を発して『法花を書写せむ』と思ひしに、聖人の力に依て法花を書写す。然れば、我等聖人の弟子也。専に貴び敬ふべし。此の守に任ずる、輙き縁に非ず。極て有難き事也と云へども、偏へに此の経を書き畢奉らむが故也。願くは、聖人、速かに此の経を書き畢奉て、我が願を満よ」と。



守、亦三千部*の法花経を書き奉て、彼の経に副へて、一日法会を儲て、法の如く供養し奉てけり。


* 底本頭注「三千部験記三部ニ作ル」
二の猿、法花経を聞しに依て、願を発して、猿の身を棄てて人界に生れて、国の司と任ず。



夫妻共に宿願を遂て、法花経を書写し奉れり。



其の時に、僧、立ち留て聞くに、女の云く、「我れは、此れ近江の国蒲生の郡に有し人也。我が父母、于今其の郡に有り。我が父は木仏師也。只仏の直を以て世を渡りき。我れ、生たりし時、仏の直を以て衣食とせし故に、死て此の小地獄に堕て、堪難き苦を受く。汝ぢ、慈の心を以て、此の事を我が父母に伝へ告げよ。『我が為に、法花経を書写供養し奉て、我が苦を救へ』と。此の事を申さむが為に、我れ出来れる也」と。



父母、忽に女子の為に法花経を書写供養し奉りつ。



何に況や、煮ゆらむ人の苦び、思ひ遣るに哀れに悲くて、僧を以て錫杖供養せさせ、法花経講ぜさせなど為る程、地獄の㷔宜く見ゆ。



巌の迫の音の云く、「一日に法花経千部を書写供養したらむのみぞ、此の苦を遁るべき」と云ふに、子共の思はく、「一日に法花経一部を書写供養するそら、堪へ有る人の事也。何に況や、十部にも非ず、百部にも非ず、千部までは思懸くべき事にも非ず。然れども、現に母の苦を受けむを見て、家に返て、安らかに有らむ事かは。只、我れも地獄に入て、母の苦に代らむ」と云ふに、亦人有て云く、「祖の苦に子の代て罪を蒙る事は、此の世の事にこそ有れ。冥途には各業に依て罪を受くれば、代らむと思ふと云とも、其の事能はじ。只家に返て、力の堪むに随て、一部も法花経を書写供養し奉らば、少しにても苦は怠りなむ」と云ふ。



書生、此れを聞て云く、「実にも、哀れに悲き事にこそ有なれども、法花経千部までは力及ばず。只、志しの至る程、力の堪むに随て書くべき也」と云て、先づ三百部許を思ひ企つ。



国司、心を合て営む間、遂に千部の法花経を書写して、一日の法会を儲て供養しつ。



然ども、食物無きに依て死む事を待つに、念ずる様、「我れ、先年に法花経を書写し奉らむと思ふ願を発して、未だ遂げずして、忽に今此の難に会へり。速に、法花経、我れを助け給へ。若し、我れを助て、命を存したらば、必ず仏を写し経を書かむ」と。



人、皆力を合せて、法花経を書写供養し奉りつ。



必ず死ぬべき難に値ふと云へども、願の力に依て命を存する事は、偏に此れ法花経の霊験の至す所也と知て、弥よ信を発しけり。



此れに依て、忽に金泥の法花経を書写し、黄金の仏像を造立して、心を至して供養す。



亦、道心弥よ盛にして、願を発して云く、「我れ、今生に金泥の法花経千部を書奉らむ」と誓て、年来の貯を棄てて金を買ひ求て、十余年の間に金泥の法花経千部を書写し畢て、供養しつ。



此れ偏に法花経の威力也とぞ、聞く人貴びけるとなむ語り伝へたるとや。



今昔、天王寺の別当定基、僧都に成て、御堂の御為に其の寺にして八講を始め行て、法花経を講ぜむとす。



頭を剃てより後、法花経を受習て日夜に誦し、更に他の経を読まず。



只一心に法花経を読奉ける間に、薫修積て暗に思えぬ。



然れば、誦する度に此の所に成て、我が身の罪性の深き事を歎て思はく、「忘れ給はば、他の所々も忘れ給ふべきに、此の二字に限て忘れ給ふは、必ず様有らむ」と思て、長谷寺に参て、七日籠て観音に申す様、「願くは大悲観世音、我れに此の二字の文思えさせ給へ」と祈請するに、七日と云ふ夜の暁に、恵増、夢に御帳の内より老僧出来て、恵増に告て宣はく、「我れ汝が願ふ所の経の二字を、暗に思えしめむ。亦、此の二字を汝が忘るる故を説て聞かしめむ。汝は此れ二生の人也。前生には、播磨の国賀古の郡の□□の郷の人也。汝が父母、未だ彼の所に有り。汝ぢ、前生に其の所にして僧と有しに、火に向て法花経第一巻を読誦せしに、其の火走て経の二字に当て、其の二字焼にき。汝ぢ、其の焼たる二字を書綴らずして死にき。其の故に、今生に経を誦すと云へども、其の二字忘れて思えざる也。其の経、于今彼の所に御す。汝ぢ、速やかに彼の国行て、其の経を礼て、二字を書綴て、宿業を懺悔すべし」と宣ふと見て、夢め覚ぬ。



法花経の威力、観音の利益に依て、前世の事を知て、弥よ信を発しけりとなむ語り伝へたるとや。



道心を発して出家して後、戒を持て法花経を受け習て、訓にぞ読誦しける。



覚念、此れを歎き悲むで、三宝に祈り申て、此の三行の文誦せむ事を願ふに、覚念、夢に気高く貴き老僧来て、覚念に告て云く、「汝ぢ、宿因に依て、此の三行の文を読誦せざる也。汝ぢ、前生に衣魚の身を受て、法花経の中に巻籠められて、此の三行の文を噉み失ひたりき。経の中に有りしに依て、今人の身を生れて、出家入道して、法花経を読誦す。経の三行の文を噉失なひたりしに依て、其の三行の文を読誦せざる也。然りと云へども、汝ぢ、今懃に懺悔するが故に、我れ力を加へて読ましむべし」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



法花経の威力に依て、前生の報を知て、弥よ心を至して読誦しけりとなむ語り伝へたるとや。



出家の後、懃に法花経を読誦す。



此れに依て、此の事を三宝に祈請して思えむ事を願ふに、行範、夢に貴き僧来て、告て云く、「汝ぢ、宿因に依て、此の品を思えざる也。汝ぢ、前生に黒き馬の身を受たりき。法花の持者の許に有て、時々法華経を聞き奉りき。但し、薬王品を聞奉らざりしに依て、其の品を暗に誦する事無し。経を聞きし力に依て、今人の身を受て、僧と成て法花経を持つ也。結縁せざるに依て、薬王品を思えずと云へども、今生に吉く此の品を持奉て、来世に暗に思えて、速に菩提を証せよ」と告ぐと見て、夢覚ぬ。



其の後、行範、宿因を知て、弥よ法花経を信じて、日夜に読誦して退かざりけりとなむ語り伝へたるとや。



若より法花経を受け習て、日夜に読誦する間、序品より観音品に至るまで、廿五品は暗に思えて誦しけり。



而る間、海蓮、夢に菩薩の形なる人来て、海蓮に告て云く、「汝ぢ、此の三品を暗に思えざる事は、前世の宿因に依て也。汝ぢ、前生に蟋蟀の身を受て、僧房の壁に付たりき。其の房に僧有て、法花経を誦す。蟋蟀、壁に付て経を聞く間、一の巻より七の巻に至まで誦し畢つ。八の巻を初め、一品を誦して後、僧、湯を浴て、息まむが為に壁に寄り付くに、蟋蟀の頭に当て、圧殺されぬ。法花の廿五品を聞たる功徳に依て、蟋蟀の身を転じて、人と生れて、僧と成て法花経を読誦す。三品をば聞かざりしに依て、其の三品を暗に思ゆる事無し。汝ぢ、前生の報を観じて、吉く法花経を読誦して、菩提を期すべし」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



其の後、海蓮、本縁を知て、弥よ心を至して法花経を読誦し、仏道を願て、懃に修行しけり。



幼くして師に随て法花経を受け習て、日夜に読誦するに、「暗に思えて誦せむ」と思ふ志有て、年来誦するに、既に廿七品を思えぬ。



一夏既に過ぬる間に、蓮尊、夢に天童来て、蓮尊に告て云く、「我は此れ普賢菩薩の御使也。汝が宿業の因縁を知らしめむが為に来れる也。汝ぢ、前世に狗の身を有りき。母、汝と共に人の家の板敷の下に有りき。法花の持者、其の板敷の上に有て、法花経を読誦す。初め序品より、終り妙荘厳王品に至るまで、廿七品を誦するを、狗聞きき。普賢品に至て、汝ぢ、母の起て去しに随て、汝も共に去にき。然れば、普賢品を聞かざりき。汝ぢ、前世に法花経を聞奉りしに依て、狗の身を転じて、今人の身と生れて、僧と成て法花経を読誦す。但し、普賢品を聞かざりしに依て、其の品を暗に思えずと云へども、懃に今普賢を念じ奉るに依て、暗に思む事を必ず得しむ。専に法花を持て、来世に諸仏に値遇し奉て、此の経を悟る事を得べし」と云て、天童失ぬと見て、夢覚ぬ。



幼の時より法花経を受け習て、日夜に読誦して、「暗に思え奉らむ」と思ふ志有て、年来誦するに、既に六巻をば思えぬ。



安居の畢の比に成て、転乗、夢に竜の冠したる夜叉形の人の天衣瓔珞を以て身を荘て、手に金剛を取り、足に花蘂を踏て、眷属に囲繞されて来て、転乗に告て云く、「汝ぢ、縁無に依て、此の七八の二巻を暗に思えず。汝ぢ、前世に毒蛇の身を受たりき。其の形ち、長く大にして三尋半也。播磨の国赤穂の郡の山駅に住しき。其の時に、一人の聖人有て、其の駅の中に住す。毒蛇、棟の上に有て思はく、『我れ、飢渇に会て久く食はず。而るに、希に此の人、此の駅に来て宿せり。今、此の人を我れ食ふべし』と。爰に、聖人、蛇に食はれなむと為る事を知て、手を洗ひ口を濯ぎ法花経を誦す。毒蛇、経を聞て、忽に毒害の心を止めて、目を閉て一心に経を聞く。第六の巻に至る時、夜曙ぬれば、七八の二巻を誦せずして、聖人、其の所を出でて去ぬ。其の毒蛇と云ふは、汝が身也。害の心を止めて法花を聞しに依て、多劫を転じて人身を得て、僧と成て法花の持者と有り。但し、七八の二巻を聞かざりき。故に、今生に暗に誦する事を得ず。亦、汝ぢ、心猛くして、常に瞋恚を発す事は、毒蛇の習気也。汝ぢ、一心に精進して法花経を読誦すべし。今生には求めむ所を皆得て、後生には生死を離れむ」と云ふと見て、夢め覚ぬ。



幼くして祖の家を別て、法隆寺に住して、師に随て法花経を受け習て、日夜に読誦す。



明蓮、亦夢の告に依りて、忽ちに伯耆の大山に参て、一夏の間心を至して此の事を祈請するに、夢に大菩薩、告げて宣はく、「我れ、汝が本縁を説かむ。疑ふ事無くして、吉く信ずべし*。美作の国の人、粮米を牛に負て此の山に参て、牛を僧房に繋ぎ置て、主は神殿に参る。其の僧房に法花の持者有て、初夜より法花経を読誦す。第七巻に至る時、夜曙ぬ。牛、終夜経を聞くに、主、返ぬれば、第八巻を聞かずして、主に随て本国に返ぬ。其の牛は即ち汝が前の身也。法花経を聞奉りしに依て、畜生の報を棄てて、人身を受て、僧と成て法花経を誦す。第八巻を聞かざりしに依て、今生に其の巻を思えざる也。汝ぢ、当に三業を調へて法花経を誦せば、来世に兜率天に生るる事を得てむ」と宣ふと見て、夢覚ぬ。


* 「信ずべし」は底本「可信じ」。誤植とみて訂正
其の後、明蓮、明かに宿因を知て、心を一にして、権現に申して云く、「愚痴なる牛、法花経を聞て、傍生の苦果を離れて、人と生れて法花経を持つ僧と有り。何に況や、人として説の如く修行せむ所得の功徳をや。但し、仏のみぞ吉く知り給はむ。願はくは、我れに世々に諸仏を見奉り、生々に法花経を聞き奉て、常に不退の行を修して、速に無上菩提を証せむ」と。



二七日を過て、盲人の夢に気高き気色の人来て、告て云く、「汝ぢ、宿因に依て、此の盲目の身を得たり。此の生には眼を得べからず。汝ぢ、前生に毒蛇の身を受て、信濃の国の桑田寺の戌亥の角の榎の木の中に有りき。而るに、其の寺に法華の持者住して、昼夜に法花経を読誦しき。蛇、常に此の持者の誦する法花経を聞奉りき。蛇、罪深くして、食無りしに依て、夜毎に其の堂に入て、仏前の灯明の油を舐り失ひき。法花経を聞しに依て、蛇道を棄てて、今人身を受て仏に値奉れりと云へども、灯油を食し失へりしに依て、両目盲たり。此の故に、今生に眼を開くべからず。汝ぢ、只速に法花経を受持て罪業を免れよ」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



其の後、心に前生の悪業を悔ひ恥て、本国に返て、夢の告を信じて、初て法花経を受け習奉るに、月来を経て自然ら習得つ。



其の後は、盲目也と云へども、年来心を至して法花経を昼夜に読誦す。



幼にして法花経を受け習て、昼夜に読誦す。



此の人、安勝に告て宣はく、「汝ぢ、前生を知るべし。汝ぢ、前生に黒き牛と有りき。法花の持者の辺に有て、常に法花経を聞き奉りき。其の故に、畜生の身を棄てて、今人と生れて、僧と成りて法花経を読誦する也。色の黒き事は、牛の気分に依て有る也。汝ぢ、更に歎くべからず。只懇に法花経を持奉らば、今亦此の身を棄てて、兜率天上に昇て、慈氏を見奉るべし」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



弥よ法花経を読誦して怠る事無し。



幼にして山に登て、師に随て法花経を受習て、日夜に読誦す。



後には、本山を去て、摂津の国の箕面の滝と云ふ所に籠て、法花経を誦して懃に行ふ。



永慶、此れを聞て、此の事を知らむが為に、七日食を断て、堂に籠て、「此の夢の告を知らしめ給へ」と祈請ふに、第七日の夜、夢に宿老の僧来て、告て云く、「汝が前生の身は、耳垂たる犬の身として有りき。其の狗、法花経の持者の房に有て、昼夜に法花を誦するを聞きき。其の力に依て、狗の報を転じて、人の身と生れて、僧と成て法花経を読誦す。但し、前生の気分にて、今有て、人の夢に狗の形にて見ゆる也。我れは此れ龍樹菩薩也」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



其の後、深く前世の宿業を恥て、其の所を出でて、機縁有る所を尋て、跡を留めて、日夜に法花経を誦して、六根の罪障を懺悔す。



幼にして山に登て、師に随て法花経を受習て、昼夜に読誦して、卒に他の勤め無し。



只、法花経を誦して年月を過る程に、夢に天女有て、身を半は現じて、今半は隠て、告て云く、「汝ぢ、前生に野干の身を受て、此の山の法花堂の天井の上に住して、常に法花経を聞奉り、法螺の音を聞きき。其の故に、今人の身と生れて、此く僧と成て法花経を読誦す。人の身受難し。仏法には値難し。弥よ励て、心を発して怠る事無かれ」と告ぐと見て、夢覚めぬ。



弥よ法花経を読誦する事、六万部也。



既に法花経一部を聞取てければ、暗に此れを誦す。



日毎に法花経三部を読誦して、更に怠たる事無し。



第六日の夜、夢に貴き僧来て、告て云く、「僧□□、鼻闕たる牛なりしに、近江の国依智の郡の官首の家に有りし。而るに、官首、法花経八部を其の牛に負せて、供養せむが為に山寺に運びき。経を負奉りし故に、今牛の身を棄てて、人と生れて、僧と成て法花経を読誦し、法文を悟る。亦、今生に法花経を誦せる功徳に依て、遂に生死を離れ菩提に至るべし。但し、宿業尚し残て、口は牛に似る也」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



年七十に及て、法花経六万部を誦し満つ。



遂に最後の時に臨て、苦む所無く、心違はずして、法花経を誦して失にけり。



幼*にして、「山に登て、出家して仏法の道を習はむ」と思ふに、天性愚痴にして習ひ得る事無かりければ、師の云く、「汝ぢ心鈍くして学問には能はじ。只、法花経を読誦して、偏に行ひを為よ」と教へければ、学問をば止めて、師の教へに随て、法花経を受習て、日夜に読誦して、懃に仏道を行ふ。


* 底本「幻」。誤植とみて訂正。
昼は房にして法花経を読誦し、夜は中堂に籠て行ひけり。



遂に法花経一部を暗に浮べ思えぬ。



夢に、老僧来て、朝禅に告て宣はく、「相人の云ふ所、実也。更に虚言に非ず。善悪の報、皆影の身に副へるが如し。汝ぢ、前生に白き馬の身を受たりき。法花持者有て、其の馬に乗て一時道を行たりし力に依て、馬の身を転じて、今人に生て、僧と成て法花経を読誦し仏法に値遇せり。何に況や、自ら持ち、人を勧めて持たしむ功徳を思遣るべし。汝ぢ、弥よ心を至して懈怠する事無かれ」と教給ふと見て、夢覚ぬ。



幼より法花経を受習ひ、日夜に読誦す。



然れども、忽に行く事も無くて、思乍ら過る間、尚吉々く思ひ定めてければ、既に出でて去なむと為るに、其の夜の夢に、貴き老僧来て宣はく、「我れ、汝が宿世の報を説て聞かしめむと思ふ也。汝ぢ、前の世々に蚯蚓の身を受て、常に此の寺の前の庭の土の中に有りき。其の時に、此の寺に法花の持者有て、法花経を読誦せしを、蚯蚓、常に聞き。其の善根に依て、蚯蚓の身を棄てて、今人と生れて、僧と成て、法花経を読誦し仏道を修行す。此れを以て知るべし。汝は此の寺に縁有る身也。然れば、専に他の所へ行くべからず。我れは此れ、此の寺の薬師如来也」と宣ふと見て、夢覚ぬ。



其の後、永く此の寺に住して、懇に法花経を読誦して思はく、「我れ前生に蚯蚓とて、此の寺の庭の土の中に有て、法花を聞くに依て、虫の身を棄てて、人と生れて、僧と成て法花経を読誦す。願くは、今生に法花を誦する力に依て、人界を棄てて、浄土に生れて菩提を証せむ」と誓ひて行ひけりとなむ、語り伝へたるとや。



其の里に願を発せる人有て、宝亀二年と云ふ年の六月に、其の丹治比の経師を請じて、彼の野中寺にして法花経を写し奉る。



此の女、願を発して、「法花経を写奉らむ」と思ふ心有て、麻殖の郡の菀山寺にして、心を至て、人を以て法花経を写さしめむ。



此れを見聞く人、「此れ偏に心を至して法花経を書奉れる人を謗り悪*む故也」と云ひけり。


* 「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
此れを思ふに、法花経の文に違ふ事無し。



心有らむ人は、専に法花経を読誦し書写せむ人をば仏の如く敬ふべし。



其の時に、乞食の僧、其の所に来て、法花経の□□品を誦して食を乞ふ。



此れを見聞く人、「此れ偏に法花経を誦する乞食を、軽め咲て音を学べる故也」と、皆謗り悪*みけり。


* 「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
此れを思ふに、世の人、此れを聞て、「乞食也と云ふとも、法花経を誦せむ者を、戯ても、努々軽しめ咲はずして、礼敬すべし」となむ語り伝へたるとや。



然れば、相知れる人共の云ふに随て、法花経をぞ六十部許書奉たりける。



「我は死ぬるぞ」とも思はぬに、忽に怖し気なる者共走り入来て、「我れを搦めて引張て将行けば、天皇過に行はるとも、我等許の者を此く搦めて将行くは、頗る心得ぬ事也」と思て、搦めて将行く人に、「此れは何なる錯に依て、此許の目をば見るぞ」と問へば、使答て云く、「我れは知らず。只、『慥に召て来』と有る仰を承はりて、召て将参る也。但し、汝は法花経や書奉たる」と。



敏行、「怪しき水の色かな」と見て、「此れは何なる水の墨の色にては流るるぞ」と使に問へば、使の云く、「此れは汝が書奉たる法花経の墨の、河にて流るる也」と。



敏行、答て云く、「我れ、更に造れる功徳無し。只、人の語ひに依て、法花経を二百部書奉たりし」と。



幼にして山に登て出家して、仁鏡阿闍梨と云ふ人を師として、顕密の法文を受け学て、師に仕へて、年来山に有ける間に、暇の隙、法花経を読誦し、真言の行法を修して、漸く長大に成る程に、本山を離れて、京に出て住む間に、人有て、請て経を読ましめて貴めば、其に付て京に有るに、或る時には、仏道を修行せむが為に、京を出て、所々の霊験の所に流浪す。



此如くして世を渡ると云へども、必ず日毎に法花経一部を読誦して闕かざりけり。



漸く年積て老に臨めれば、世の中を哀れに無端く思て、殊に道心□*けむ、聊かに房の具などの有けるを投げ棄て、両界の曼荼羅を書奉り、阿弥陀仏の像を造り奉り、法花経を写し奉て、四恩法界の為に供養しつ。


* 底本頭注「道心ノ下発字アルベシ」
其の後、幾の程を経ずして、仁慶、身に病を受て、日来悩み煩ふ間、自ら法花経を誦して断つ事無し。



亦、他の僧を請じて、法花経を読誦せしめて、心を至して此れを聞く。



幼くして山に登て出家して、師に随て法花経一部を受け学て後、日夜に読誦する程に、暗に思えにけり。



然れば、年来、他念無く法花経を持奉て、既に二万部を読誦したり。



而る間、行願寺と云ふ寺に行居て、静にして、法花経を書き奉て、卅座の講を儲て、此れを講ぜしむ。



亦、数の僧を請て*、法花経を読誦せしめ、懺法を行はしめ、念仏三昧を修せしむ。


* 底本頭注「請テハ請ジテノ誤カ」
後には妻子を離れ、世間を棄て、此の寺に住して、心を仏の道に懸て、昼は法花経一部を読奉り、夜は大仏頂真言七返を誦しけり。



其の所にして、我が身を見れば、大仏頂真言を以て左羽とし、法花経の第八巻を以て右羽としたり。



其の後、玄海、弥よ心を発して、法花経を読み、大仏頂真言を誦して、遂に三年に至て失にけり。



其の後、此の二人の子の僧、歎き悲むで、昼は法花経を読誦し、夜は弥陀の念仏を唱へて、心を発して母の往生極楽の事を祈けり。



多の僧、皆香炉を捧て、車を囲遶して、此の死たる老母の家に至て、嫗を呼び出して、天衣宝冠を着せて、此の車に乗せて返り行なむと為る時に、二人の子の僧に告て宣はく、「汝等、母の為に法花経を誦し、弥陀の念仏を唱へて、懃に母の往生極楽を祈るが故に、我等来て迎ふる也」と。



次に、法花経一部を誦して礼拝して、後には弥陀の念仏を唱ふ。



念珠押し攤て、仏を礼拝して、法花経を誦す。



而る間、夜曙ぬれば、摂円が居たる所に来て、語て云く、「弟子尋寂、年来法花経を読誦し、弥陀の念仏を唱へて、仏道を願ふと云へども、世の棄難きに依て、此く妻子を具たり。然れども、残の命、幾に非ざるが故に、偏に菩提を期す。而るに、我れ、今明命終なれど、幸に、君、此に来り給へり。此に暫く坐して、我が入滅に値給へ」と。



手に香炉を取て、法花経を誦し、念仏を唱へて、西に向て端坐して入滅しぬ。



次に法花経を誦す。



聖人の所に至て云く、「弟子薬延、罪業に依て、殺生を宗として慙の心無しと云へども、偏に心を至して法花経を誦し、弥陀の念仏を唱て、極楽に往生せむ事を願ふ。此れに依て、某年某月某日、必ず極楽に往生せむとす。聖人、機縁深く在まして、今、此の家に来り宿り給ふ。必ず、其の期に結縁し給へ」と。



「法花経を誦し、念仏を唱ふる、此れ限無き功徳也と云へども、魚を捕り鳥を殺す、此れ極て重き罪障也。何ぞ此如くの罪を造乍ら、忽に極楽に往生する事有らむや。此れ、只云ふ事ぞ」と思て、無動寺に返ぬ。



齢漸く傾て後は、深く仏法を信じて、現世の名聞利養を棄て、後世の往生極楽の事を心懸て、昼夜寤寐に法花経を誦し、弥陀の念仏を唱へけり。



亦、若くより道心深くして、日夜に法花経を読誦し、阿弥陀の大呪を受け持ちて、専に仏法を帰依しけり。



其の住ける屋をば堂と改めて、仏を居へ奉り、法文を安置して、天台・法相の智者の僧を請じて、其の堂にして長日に法花経を講ぜしめて、座毎に欠かず聴聞して、其の功徳を貴ぶ。



其の講に、日毎に阿弥陀の絵像一躯・法花経一部・小阿弥陀経一巻を供養す。



講筵の後には、法花経の中の貴き文を書き出して、音声吉き僧を呼び集めて、音を同じくして、此の文を貴く誦せしめて、仏を讃歎し奉けり。



此れを思ふに、乗蓮入道、年来法花経を誦し、念仏を唱へ、多く菩提を修して、貴くし失ぬるに、亦夢の告有れば、疑ひ無き往生也となむ、語り伝へたるとや。



昼夜に法花経を読誦し、寤寐に弥陀の念仏を唱へて、百万遍を満たる事、数度也。



只、公事の隙には、常に法花経を誦し、弥陀の念仏を唱へけり。



此の如く罪を造り、栄花を好むと云へども、内には道心有て、常に世をば厭ふ心有ければ、常に法花経を誦しけり。



其の中に、一人の尼、涙を流して泣々く語て云く、「我れ、身貧くして年老にたり。一塵の善根を造る事無し。徒に此の世を過して、三悪道に返なむずる事を夜る昼る歎き悲て、此の事を仏に申すに、昨日の夜、夢に見る様、貴き姿したる老たる僧出来て、我れに告て宣はく、『汝ぢ、更に歎く事無くして、心を専にして念仏を唱へば、必ず極楽に往生せむ事疑ひ有らじ。彼の左近の中将、雅通の朝臣は、善根を造らずと云へども、只心を直くして、法花経を読誦せし故に、極楽に往生する事を得てき*』と宣ひき。然れば、尼、此の夢を見たれば、限り無く喜く思ゆる也。彼の丹波中将の往生し給たる事も疑ひ無き事也けり。哀れに貴し」と語る。


* 底本「得てとき」。誤植とみて訂正。
昼は法花経一部を必ず誦し、夜は弥陀の念仏を唱ふ。



一寸の暇を惜て、法花経を読誦し、仏の名号を唱へけり。



世路を趁ると云へども、日毎の所作として、法花経一部・理趣分・普賢の十願・尊勝陀羅尼・随求陀羅尼・阿弥陀の大呪、此等を必ず誦して、断つ事無かりけり。



一生の間読みたる所の法花経、万余部也。



而る間、遂に命終らむと為る時に臨て、心乱れずして、法花経を誦して、傍なる人に告て云く、「我、今兜率天上に生まるべし」と云て、掌を合せて失にけり。



此れを聞く人、皆、「年来法花経を持てるに依て、必ず兜率天上に生れぬ」とぞ云て、貴び讃けるとなむ語り伝へたるとや。



而る間、年老に臨て身に重き病を受て、日来悩み煩て、既に死なむと為る程に、数の僧を請じて、法花経を転読せしめて、病の𡀍*む事を祈らしむと云へども、日来を経て遂に死ぬ。


* 口へんに愈
事の縁有るに依て、死人の後世を訪はむが為に留り居て、死人に向て法花経を誦する間、第八巻の「是人命終。為千仏授手」と云ふ所を誦するに、此の死人、忽に活ぬ。



其の後、法花経を受け習て、心を至して日夜に読誦しけり。



「此の世は益無き所也けり。偏に後世の菩提を願はむ」と思取て、永く悪を断ち善を修する間、年老に臨て、遂に命終らむと為る時に、数の僧を請じて、法花経を転読せしめ、自らも亦法花経を誦して失にけり。



其の後、一の僧の夢に、彼の修覚入道、形ち衰ず衣服直くして、僧に語りて云く、「我れ法花経を読誦せし力に依て、今、兜率天上に生れぬ」と云ふと見けり。



幼の時より心に三宝を信じて、常に法花経の第八巻の普門品を読誦して、観音に仕けり。



十二歳に成るに、遂に法花経一部を習ひ畢ぬ。



然て、此の大隅の掾、本より因果を信じて慈悲有ければ、法花経を受け習て、日毎に一部、若は半部、若は一品をも必ず読て、絶つ日無かりけり。



然れば、此の島に放れて、悪獣の為にも噉はれ、食に餓ても、死なむ事を待ける時にも、法花経の第八巻の普門品を読奉て、観音を念じ奉ける。



盗人の童、答て云く、「我れ、更に指る勤無し。只、幼少の時より、法花経の第八巻の普門品を読奉れり。月毎の十八日に精進にして観音を念じ奉るに、昨日の夜の夢に僧来て、告て宣はく、『汝ぢ、吉く慎て、観音を念じ奉れ。汝ぢ俄に災*に値はむとす。然るに、我れ、汝に代て弓箭を受くべし』と。夢覚て後、逃げ遁る方無して、此の難に値ふ。定て知ぬ、夢の告げの如くに、観音の我を助け給ふなめり」と云て、大きに音を叫て泣く事限無し。


* 底本異体字「灾」
法花経をぞ暗に思えて誦ける。



汝ぢ、速に本国に返て、吉く法花経を読誦し、弥よ観音を念じ奉て、生死を離れて浄土に生れむ事を願へ』と教へて、蓮秀を具して将返る間、途中に亦二人の天童来り。



其の後は弥よ法花経を読誦し、観音に仕けり。



日夜に法花経を読誦し、寤寐に地蔵尊を念じ奉る。



但し、纔に心有て、自ら思はく、「我れは死ぬる也けり。而るに、生たりつる時、法花経を読誦し、観音・地蔵に懃ろに仕りつ。必ず、此の度の我れを助け給へ」と念じて、穴に落入る間、風極て猛くして、二の目に風当て、甚だ堪へ難し。



色紙の法花経一部を書写して、六波羅蜜寺にして、大きに法会を行て、供養し奉りつ。



法花経一部を書写して、川上の日蔵君の別所にして、供養し奉りつ。



其の夜、尼の夢に、故祥蓮、貴たる姿麗しく、服鮮かにして来て、尼に告て云く、「汝が善根の力に依て、我れ罪を遁れて、只今法花経・地蔵菩薩の助を蒙て、浄土に参ぬ」と告ぐと見て、夢覚ぬ。



幼して生国を去て、比叡山に登て、出家して、受戒して後、師に随て法花経を受習ひて、昼夜に読誦する間に、皆空に浮め思にけり。



真遠、我が果報の拙き事を観じて、心を至して法花経を誦す。



真遠、答て云く、「我れ、別の勤め無し。只年少の時より法花経を持て、昼夜に読誦す」と。



既に入り来て、若き僧に懸るに、僧、大きに恐ぢ怖れて、心を至して法花経を誦して、「助け給へ」と念ず。



僧、此れを聞くに、東西に*思ゆる事無くして、尚心の内に法花経を念じ奉る。


* 底本頭注「東西ニハ東西ヲノ誤カ」
僧の思はく、「此れは、鬼の、『我が有り所を伺ひ知らむ』と思て、音を為ずして聞くなめり」と思へば、弥よ息音を立てずして、只、仏の御腰を抱き奉て、法花経を念じ奉て、夜の曙るを待つ程に、多の年を過すと思ゆ。



僧は、弥よ法花経を誦して、怠る事無かりけりとなむ、語り伝へたるとや。



亦、法花経を始めつ。



其の中にも、法花経を空に思て、極めて貴く読みければ、聞く人、涙を落さぬは無りけり。



蓮円、此の頭を袖に受て、泣々く見るに、母、亦泣々く、「我れ、罪報重くして此の地獄に堕て、苦を受る事量り無かりつ。而るに、汝ぢ、我が為に、年来不軽の行を修し、法花経を講ぜるに依て、今、我れ地獄の苦を免れて、忉利天上に生れぬ」と云ふと見て、夢覚ぬ。



糸貴き者には非ざりけれども、常に法花経・仁王経などを読奉けるに、東三条の戌亥の角に御する神の森の、筋向に見え渡りければ、経を読*奉ては、常に此の神に法楽し奉て過ける程に、夕暮方に、此の僧、半蔀*に立て、見出して、経を読て有けるに、何方より来るとも見えで、糸清気なる男の、年廿余許有る、来たり。


* 底本「続」。諸本により訂正。
* 底本頭注「半蔀一本半字ナシ」
其の乳母、年老て後は、道心有て、法花経を読奉けり。



年来、法花経を持奉て、他の念無して、坊の外に出る事無かりけり。



聖人、喜びて、日来の不審き事共など云に、聖人、居寄て、猟師に云く、「近来、極て貴き事なむ侍る。我れ、年来他の念無く法花経を持ち奉て有る験にや有らむ、近来夜々、普賢なむ現じ給ふ。然れば、今夜ひ留て、礼み奉り給へ」と。



猟師、「極て貴く礼み奉る」と答て、心の内に思はく、「聖人の、年来法花経を持ち奉り給はむ目に見え給はむは、尤も然るべし。此の童・我が身などは、経をも知り奉らぬ目に、此く見え給ふは、極て怪き事也。此れを試み奉らむに、信を発さむが為なれば、更に罪得べき事にも非じ」と思て、鋭雁矢を弓に番て、聖人の礼み入て、低れ臥たる上より差し越して、弓を強く引て射たれば、菩薩の御胸に当る様にして、火を打消つ様に、光も失ぬ。



而るに、僧、法花経の普門品の初の段を誦しければ、忽に縛解かれにければ、父、心を至し、信を発して、僧を礼拝しけり。



而る間、火丸、母に語て云く、「此の東の方の山の中に、七日の間、法花経を講ずる所有り。行て聴聞し給へ」と率ふ。



其の女、最後に法花経を読奉て失にければ、「定めて、後世も貴とからむ」と人も見けるに、「弁を見て、深く恨の心を発して失けるにこそは、何に共に罪深かからむ」とぞ思ゆる。



三尺の阿弥陀仏に向かひ参らせさせ給ひて、法華経を明け暮れ読ませ給けりと、人申し伝へたり。

Люди передают, что она, обратившись лицом к изваянию будды Амида читала сутру Лотоса с утра до ночи.

法花經品々ノ哥を人のすゝめ侍し中に序品入於深山思惟佛道のこゝろを

中務卿宗良親王

Министр центральных дел принц Мунэёси

法花經廿八品哥よみ侍りける中に提婆品の心を

中院入道一品

Вступивший на Путь господин Наканоин, потомок принцев I ранга [Китабатакэ Тикафуса]