のぼりゆく
山の雲居の
遠ければ
日もちかくなる
ものにぞありける
のぼりゆく
やまのくもゐの
とほければ
ひもちかくなる
ものにぞありける
Колодец горных облаков,
Ввысь вздымающихся,
Далеко-далеко,
А значит, солнце близко,
Вот оно как![120] —
120. Стихотворение содержит омонимы: хи – «день» и «солнце», отсюда – иной смысл четвертой строки: «Этот день близок».
里はいふ
山にはさわぐ
白雲の
空にはかなき
身とやなりなむ
さとはいふ
やまにはさわぐ
したくもの
そらにはかなき
みとやなりなむ
В селеньях говорят,
И в горах шумят.
Лучше уж мне, верно,
Стать белым облаком,
Тающим в небе —

五月雨の
雲の絶え間を
ながめつつ
窓より西に
月を待つかな
さみだれの
くものたえまを
ながめつつ
まどよりにしに
つきをまつかな
Льёт майский дождь.
В раздумье я ищу
Просветы в облаках
И жду луну:
Хоть с запада появится, быть может.
* Луна восходит с востока, однако в пору майских дождей, когда небо всё затянуто тучами, приходится очень долго ждать, когда она «найдёт» какой-то просвет между ними, чтобы выглянуть. Отсюда такой неожиданный поворот мысли: может быть, луна выглянет хоть с запада?..
かすみたつ
末の松山
ほのぼのと
波にはなるる
横雲の空
かすみたつ
すゑのまつやま
ほのぼのと
なみにはなるる
よこぐものそら
Гора Мацуяма...
Еле заметны её очертанья
В весеннем тумане,
И смутно видна над волнами
Гряда облаков.
* Полное название горы Мацуяма — Суэ-но Мацуяма — букв, «дальняя гора (или горы), поросшая соснами». Постоянный образ отдалённости. Находится на территории префектуры Ямадзаки.
大船乃
宇倍尓之居婆
安麻久毛乃
多度伎毛思良受
歌乞和我世
おほぶねの
うへにしをれば
あまくもの
たどきもしらず
うたひこそわがせ
Когда плывёшь на корабле большом,
Как в небе облака,
Опоры не имея,
Не знаешь, где найдёшь себе приют.
Так спой же песню, друг любимый!

天つ風
雲のかよひ路
吹きとぢよ
乙女のすがた
しばしとどめむ
あまつかぜ
くものかよひぢ
ふきとぢよ
をとめのすがた
しばしとどめむ
О ветр в небесах,
Слети, заслони от взора
Облачную стезю!
Да продлится ещё на миг
Неземных плясуний искусство!
Данное стихотворение взято из ант. «Кокинсю», 872 («Разные песни», первая книга), где у него есть заголовок: «Сложил стихи, любуясь танцовщицами госэти».
かくしつつ
夕べの雲と
なりもせば
あはれかけても
たれかしのばむ
かくしつつ
ゆふべのくもと
なりもせば
あはれかけても
たれかしのばむ
Вот так и жизнь моя
Придет к концу,
А вечером к небу потянется
Синее облако...
Ах, вспомнит ли хоть кто-то обо мне?

美蘇良由久
<君>母尓毛我母奈
家布由伎弖
伊母尓許等<杼>比
安須可敝里許武
みそらゆく
くもにもがもな
けふゆきて
いもにことどひ
あすかへりこむ
Облаком хотел бы стать,
Что по небесам плывёт,—
Нынче уходя,
Милой мог бы я сказать:
“Завтра я приду опять!”
* Аналогичная песня есть в кн. IV, сложенная принцем Аки. Образы этой песни встречаются неоднократно в песнях М.
安乎祢呂尓
多奈婢久君母能
伊佐欲比尓
物能乎曽於毛布
等思乃許能己呂
あをねろに
たなびくくもの
いさよひに
ものをぞおもふ
としのこのころ
Неспокойны в небе облака,
Те, что тянутся грядой
Средь пиков гор.
Неспокойно на душе моей — тоска
В это время позднее в году!..
* В песнях М. с облаком часто сравнивают душевное беспокойство, смятение, растерянность, непостоянство чувства.
比登祢呂尓
伊波流毛能可良
安乎祢呂尓
伊佐欲布久母能
余曽里都麻波母
ひとねろに
いはるものから
あをねろに
いさよふくもの
よそりづまはも
Хоть и называют нас
Люди все “одной горой”,
Но как в небе облака
Движутся над голубой вершиной гор,
Так же неспокойна и моя жена!
* Сложена в постоянных думах о жене, обладающей “неверным сердцем” (ТЯ).
由布佐礼婆
美夜麻乎左良奴
尓努具母能
安是可多要牟等
伊比之兒呂<波>母
ゆふされば
みやまをさらぬ
にのぐもの
あぜかたえむと
いひしころはも
“Вечер лишь придет,
Как не покидает гор
Полотно плывущих облаков,—
Так и я”,—мне говорила ты.
Что же изменилось с этих пор?
* Песня юноши, сложенная в думах о находящейся далеко возлюбленной, обещавшей быть вместе (ТЯ).
多可伎祢尓
久毛能都久能須
和礼左倍尓
伎美尓都吉奈那
多可祢等毛比弖
たかきねに
くものつくのす
われさへに
きみにつきなな
たかねともひて
Как к вершинам дальних гор
Приплывают облака,
Так и я хочу
Приплывать всегда к тебе,
Словно облако к горе!
* Песня женщины, обращенная к возлюбленному (ТЯ).
阿我於毛乃
和須礼牟之太波
久尓波布利
祢尓多都久毛乎
見都追之努波西
あがおもの
わすれむしだは
くにはふり
ねにたつくもを
みつつしのはせ
В те минуты, когда облик мой забудешь,
Находясь от родины вдали,
Посмотри на облака
Над пиком горным
И, на них любуясь, вспомни обо мне!
* Считается песней женщины, оставшейся дома (ТЯ), похожа на песню жены пограничного стража.
對馬能祢波
之多具毛安良南敷
可牟能祢尓
多奈婢久君毛乎
見都追思努<波>毛
つしまのねは
したぐもあらなふ
かむのねに
たなびくくもを
みつつしのはも
У далеких гор Цусима никогда
Не плывут внизу по склонам облака,
Над вершиной тянутся они…
Буду я всегда на них смотреть,
Буду вспоминать я о тебе!
* Рассматривается как песня пограничного стража в Цусима (ТЯ). Песни 3515 и 3516 можно считать парными, и. возможно. они распевались женской и мужской сторонами хора, вторая песня — как бы ответ.
思良久毛能
多要尓之伊毛乎
阿是西呂等
許己呂尓能里弖
許己婆可那之家
しらくもの
たえにしいもを
あぜせろと
こころにのりて
ここばかなしけ
Словно белые на небе облака,
Милая исчезла с глаз моих.
Почему же и теперь она
Над душою властвует моей
И так сильно мной любима до сих пор?
* Считается песней юноши, покинутого милой (ТЯ).
伊波能倍尓
伊可賀流久毛能
可努麻豆久
比等曽於多波布
伊射祢之賣刀良
いはのへに
いかかるくもの
かのまづく
ひとぞおたはふ
いざねしめとら
Над скалой
Нависли облака,
Над болотом опустились вниз.
Все равно ведь люди осуждают нас,
Так приди ко мне, когда настанет ночь!
* Песня считается трудной для толкования. Перевод сделан по СН.
奈我波伴尓
己良例安波由久
安乎久毛能
伊弖来和伎母兒
安必見而由可武
ながははに
こられあはゆく
あをくもの
いでこわぎもこ
あひみてゆかむ
Матерью обруганный твоей,
Ухожу я нынче от тебя…
Тучей голубой
Выйди мне навстречу, милая моя,
Повидаюсь— и уйду домой!

於毛可多能
和須礼牟之太波
於抱野呂尓
多奈婢久君母乎
見都追思努波牟
おもかたの
わすれむしだは
おほのろに
たなびくくもを
みつつしのはむ
В те минуты когда стану забывать
Облик твой, желанная моя,
Буду я глядеть на облака,
Что плывут над пиком Онуро,
Буду о тебе я вспоминать!
* Отмечается как песня юноши (ТЯ), вариант песен 3515, 3516.
安乎尓余志
奈良能美夜古尓
多奈妣家流
安麻能之良久毛
見礼杼安可奴加毛
あをによし
ならのみやこに
たなびける
あまのしらくも
みれどあかぬかも
К столице Нара,
Дивной в зелени листвы,
По небу белые поплыли облака,
И сколько ни любуюсь я на них,
Налюбоваться вволю не могу!

安佐散礼婆
伊毛我手尓麻久
可我美奈須
美津能波麻備尓
於保夫祢尓
真可治之自奴伎
可良久尓々
和多理由加武等
多太牟可布
美奴面乎左指天
之保麻知弖
美乎妣伎由氣婆
於伎敝尓波
之良奈美多可美
宇良<未>欲理
許藝弖和多礼婆
和伎毛故尓
安波治乃之麻波
由布左礼婆
久毛為可久里奴
左欲布氣弖
由久敝乎之良尓
安我己許呂
安可志能宇良尓
布祢等米弖
宇伎祢乎詞都追
和多都美能
於<枳>敝乎見礼婆
伊射理須流
安麻能乎等女波
小船乗
都良々尓宇家里
安香等吉能
之保美知久礼婆
安之辨尓波
多豆奈伎和多流
安左奈藝尓
布奈弖乎世牟等
船人毛
鹿子毛許恵欲妣
柔保等里能
奈豆左比由氣婆
伊敝之麻婆
久毛為尓美延奴
安我毛敝流
許己呂奈具也等
波夜久伎弖
美牟等於毛比弖
於保夫祢乎
許藝和我由氣婆
於伎都奈美
多可久多知伎奴
与曽能<未>尓
見都追須疑由伎
多麻能宇良尓
布祢乎等杼米弖
波麻備欲里
宇良伊蘇乎見都追
奈久古奈須
祢能未之奈可由
和多都美能
多麻伎能多麻乎
伊敝都刀尓
伊毛尓也良牟等
比里比登里
素弖尓波伊礼弖
可敝之也流
都可比奈家礼婆
毛弖礼杼毛
之留思乎奈美等
麻多於伎都流可毛
あさされば
いもがてにまく
かがみなす
みつのはまびに
おほぶねに
まかぢしじぬき
からくにに
わたりゆかむと
ただむかふ
みぬめをさして
しほまちて
みをひきゆけば
おきへには
しらなみたかみ
うらみより
こぎてわたれば
わぎもこに
あはぢのしまは
ゆふされば
くもゐかくりぬ
さよふけて
ゆくへをしらに
あがこころ
あかしのうらに
ふねとめて
うきねをしつつ
わたつみの
おきへをみれば
いざりする
あまのをとめは
をぶねのり
つららにうけり
あかときの
しほみちくれば
あしべには
たづなきわたる
あさなぎに
ふなでをせむと
ふなびとも
かこもこゑよび
にほどりの
なづさひゆけば
いへしまは
くもゐにみえぬ
あがもへる
こころなぐやと
はやくきて
みむとおもひて
おほぶねを
こぎわがゆけば
おきつなみ
たかくたちきぬ
よそのみに
みつつすぎゆき
たまのうらに
ふねをとどめて
はまびより
うらいそをみつつ
なくこなす
ねのみしなかゆ
わたつみの
たまきのたまを
いへづとに
いもにやらむと
ひりひとり
そでにはいれて
かへしやる
つかひなければ
もてれども
しるしをなみと
またおきつるかも
Словно зеркала,
Что любимые всегда
В руки бережно берут,
Лишь настанет утра час,
Гладь прозрачная легла
В бухте Мицу.
У её у кристальных берегов
Мы, к большому кораблю
Много весел прикрепив,
Собирались в путь морской,
В дальнюю страну Кара.
Подождав прилива час,
Мы поплыли по волнам,
Направляясь к Минумэ,
К мысу, что вставал в волнах
Перед нами на пути.
И когда мы плыли так
На море открытом, вдруг
Волны белые, шумя и гремя,
Взметнулись ввысь.
И поплыли мы скорей,
Огибая острова…
Думал, с милою моей
Не увидеться уже…
Наземь сумерки сошли.
Остров Авадзисима
Как в колодце потонул
Средь небесных облаков…
И когда спустилась ночь,
Мы не знали, как нам быть?..
Сердце алое моё…
В бухте “Алая скала”,
В бухте славной Акаси,
Мы причалили тогда.
И когда взглянул я вдаль,
На простор морских равнин,
Лёжа в легком полусне,
Я увидел сквозь туман,
Как на маленьких ладьях
Зажигаются огни
У рыбачек молодых
Для приманки мелких рыб.
А когда в рассветный час
В море набежал прилив,
Скрыться в тростники спеша,
Пролетали надо мной
С громким криком журавли…
И в затишье поутру
Тронулись мы снова в путь.
Кормчего, гребцов вокруг
Раздавались голоса…
И когда, отчалив, мы
Закачались на волнах,
Словно птицы на воде —
Ниодори,
Остров тот Иэдзима —
“Остров-дом” —
Показался вдалеке
Средь колодца облаков.
Думая утешить им
Сердце, полное тоски,
Мы направились к нему,
Хоть на этот “дом” взглянуть!..
Но когда подплыли мы
На огромном корабле,
Волны в море, зашумев,
Загремев, взметнулись ввысь,
И пришлось нам мимо плыть,
Издали любуясь им…
К бухте Яшмовой тогда
Наш корабль подошел,
И на отмели морской,
Глядя на скалистый брег,
Где остался “Остров-дом”,
Громко в голос плакал я,
Словно малое дитя,
Слезы горестные лил…
У владыки вод морских
Из браслетов дорогих
Белый жемчуг я достал,
Спрятал в рукава свои
И хотел послать домой
В дар возлюбленной моей!
Но гонца я не нашел,
С кем послать его домой.
И хотя достал его
Из глубин морского дна,
Но, подумав, что теперь
Он не нужен никому,
Этот жемчуг дорогой
Опустил опять на дно…
* “В дальнюю страну Кара” — см. п. 3688. В данном случае речь идет о Корее.
* “Сердце алое мое…”—местный зачин (мк). Ниодори—водяные птицы (см. п. 725 и п. 2492).
木の本に
おらぬ錦の
つもれるは
雲の林の
紅葉なりけり
このもとに
おらぬにしきの
つもれるは
くものはやしの
もみぢなりけり


旅衣
浦風さえて
神無月
しぐるる雲に
雪ぞ降りそふ
たびころも
うらかぜさえて
かみなづき
しぐるるくもに
ゆきぞふりそふ


消えかへり
ながむる空も
かきくれて
ほどは雲井ぞ
雪になり行く
きえかへり
ながむるそらも
かきくれて
ほどはくもゐぞ
ゆきになりゆく


かきくらし
雪降る空の
ながめにも
ほどは雲井の
あはれをぞ知る
かきくらし
ゆきふるそらの
ながめにも
ほどはくもゐの
あはれをぞしる


ここのへに
さけるをみれは
ふちの花
こきむらさきの
雲そたちける
ここのへに
さけるをみれは
ふちのはな
こきむらさきの
くもそたちける


思ひやる
心も空に
白雲の
出でたつかたを
知らせやはせぬ
おもひやる
こころもそらに
しらくもの
いでたつかたを
しらせやはせぬ
Меня покинув, ты уехала.
Куда? Зачем мне не сказала?
И взор тоскующий я обращаю к небесам,
Где грустной чередою
Лишь проплывают облака.

おもひやる
心もつきぬ
ほとときす
雲のいくへの
外になくらん
おもひやる
こころもつきぬ
ほとときす
くものいくへの
ほかになくらむ


ほとときす
なほはつこゑを
しのふ山
ゆふゐる雲の
そこに鳴くなり
ほとときす
なほはつこゑを
しのふやま
ゆふゐるくもの
そこになくなり


かさこしを
ゆふこえくれは
ほとときす
ふもとの雲の
そこに鳴くなり
かさこしを
ゆふこえくれは
ほとときす
ふもとのくもの
そこになくなり


ひとこゑは
さやかに鳴きて
ほとときす
雲ちはるかに
とほさかるなり
ひとこゑは
さやかになきて
ほとときす
くもちはるかに
とほさかるなり


うき雲の
いさよふよひの
村雨に
おひ風しるく
にほふたちはな
うきくもの
いさよふよひの
むらさめに
おひかせしるく
にほふたちはな


九重の
うちのみつねは
こひしくて
雲の八重たつ
山は住み憂し
ここのえの
うちのみつねは
こひしくて
くものやへたつ
やまはすみうし
Вечно тоскую
О столичном дворце в девять ярусов,
И тягостна жизнь
Среди гор, где вздымаются
Восьмиярусные облака.

“Вечно тоскую...” — Ответ Такамицу также вошел в антологию Синкокинсю:.
五月雨の
雲のはれまに
月さえて
山ほとときす
空に鳴くなり
さみたれの
くものはれまに
つきさえて
やまほとときす
そらになくなり


五月やみ
さやまの嶺に
ともす火は
雲のたえまの
ほしかとそみる
さつきやみ
さやまのみねに
ともすひは
くものたえまの
ほしかとそみる


ともしする
ほくしの松も
きえなくに
と山の雲の
あけわたるらん
ともしする
ほくしのまつも
きえなくに
とやまのくもの
あけわたるらむ


夕たちの
またはれやらぬ
雲まより
おなし空とも
みえぬ月かな
ゆふたちの
またはれやらぬ
くもまより
おなしそらとも
みえぬつきかな
Небо после
Летнего ливня
Не прояснилось,
Меж туч светит
За ними скрытая луна.

別れゆく
道の雲居に
なりゆけば
とまる心も
空にこそなれ
わかれゆく
みちのくもゐに
なりゆけば
とまるこころも
そらにこそなれ


あきの月
たかねの雲の
あなたにて
はれゆく空の
くるるまちけり
あきのつき
たかねのくもの
あなたにて
はれゆくそらの
くるるまちけり


こからしの
雲ふきはらふ
たかねより
さえても月の
すみのほるかな
こからしの
くもふきはらふ
たかねより
さえてもつきの
すみのほるかな
С высокой вершины,
Зимний ветер с которой
Разогнал облака,
Всходит в небо луна
По уже очень ясному небу.

天海丹
雲之波立
月船
星之林丹
榜隠所見
あめのうみに
くものなみたち
つきのふね
ほしのはやしに
こぎかくるみゆ
Вздымается волна из белых облаков,
Как в дальнем море, средь небесной вышины,
И вижу я:
Скрывается, плывя,
В лесу полночных звёзд ладья луны.
* Песня считается одной из самых искусных песен Какиномото Хитомаро.
* Трехдневную луну обычно сравнивают с ладьёй. Этот образ встречается и в анонимных песнях М., и в “Кайфусо” — в песне императора Момму.
* Эта и последующие циклы песен на определенную тему, возможно, частично были сочинены на поэтических турнирах, частично взяты из народных песен.
あしひきの
山辺にをれは
白雲の
いかにせよとか
はるる時なき
あしひきの
やまへにをれは
しらくもの
いかにせよとか
はるるときなき


さきさかす
よそにても見む
山さくら
峯の白雲
たちなかくしそ
さきさかす
よそにてもみむ
やまさくら
みねのしらくも
たちなかくしそ


天地等
登毛尓母我毛等
於毛比都々
安里家牟毛能乎
波之家也思
伊敝乎波奈礼弖
奈美能宇倍由
奈豆佐比伎尓弖
安良多麻能
月日毛伎倍奴
可里我祢母
都藝弖伎奈氣婆
多良知祢能
波々母都末良母
安<佐>都由尓
毛能須蘇比都知
由布疑里尓
己呂毛弖奴礼弖
左伎久之毛
安流良牟其登久
伊R見都追
麻都良牟母能乎
世間能
比登<乃>奈氣伎<波>
安比於毛波奴
君尓安礼也母
安伎波疑能
知良敝流野邊乃
波都乎花
可里保尓布<伎>弖
久毛婆奈礼
等保伎久尓敝能
都由之毛能
佐武伎山邊尓
夜杼里世流良牟
あめつちと
ともにもがもと
おもひつつ
ありけむものを
はしけやし
いへをはなれて
なみのうへゆ
なづさひきにて
あらたまの
つきひもきへぬ
かりがねも
つぎてきなけば
たらちねの
ははもつまらも
あさつゆに
ものすそひづち
ゆふぎりに
ころもでぬれて
さきくしも
あるらむごとく
いでみつつ
まつらむものを
よのなかの
ひとのなげきは
あひおもはぬ
きみにあれやも
あきはぎの
ちらへるのへの
はつをばな
かりほにふきて
くもばなれ
とほきくにへの
つゆしもの
さむきやまへに
やどりせるらむ
С небом и землей
Вместе вечно жить хочу!—
Говорил ты нам всегда
И, наверно, думал так…
Горячо любимый дом
Ты оставил и поплыл,
По волнам качаясь, вдаль…
Мчались месяцы и дни
Новояшмовых годов,
Гуси дикие не раз
Прилетали с криком вновь…
Мать, вскормившая тебя,
И любимая жена,
Верно, в утренней росе,
Промочив подол одежд,
И в тумане, ввечеру,
Увлажнив рукав насквозь,
Выйдя из дому, глядят,
Ожидая у ворот,
Словно ты еще живой,
Словно не было беды…
Но тебе печаль людей
Мира бренного — теперь
Недоступна навсегда.
И, наверно, оттого
В дни осенние в полях,
Где осыпались уже
Хаги нежные цветы,
Там, покрыв шалаш себе
Цветом первых обана,
В чуждой дальней стороне,
Словно облака небес,
Посреди пустынных гор,
Где холодная роса
Покрывает камни скал,
Вечный ты нашел приют!..
* Хаги — см. п. 3677.
* Обана — см. п. 1538.
安麻久毛能
多由多比久礼婆
九月能
毛未知能山毛
宇都呂比尓家里
あまくもの
たゆたひくれば
ながつきの
もみちのやまも
うつろひにけり
Пока скитался я в пути,
Как облака в далёком небе,
В осенних клёнах
Склоны милых гор
Свой изменили цвет и отцвести успели!
[Неизвестный автор]
和伎毛故乎
由伎弖波也美武
安波治之麻
久毛為尓見延奴
伊敝都久良之母
わぎもこを
ゆきてはやみむ
あはぢしま
くもゐにみえぬ
いへづくらしも
Любимую мою
Спешу скорей увидеть!
Мне виден средь колодца облаков
Авадзи-остров,
И похоже, что прибываю в дом родной!
[Неизвестный автор]
わかれちを
へたつる雲の
ためにこそ
扇の風を
やらまほしけれ
わかれちを
へたつるくもの
ためにこそ
あふきのかせを
やらまほしけれ


おくれゐて
わかこひをれは
白雲の
たなひく山を
けふやこゆらん
おくれゐて
わかこひをれは
しらくもの
たなひくやまを
けふやこゆらむ


吹く風に
雲のはたては
ととむとも
いかかたのまん
人の心は
ふくかせに
くものはたては
ととむとも
いかかたのまむ
ひとのこころは


絶ぬると
見ればあひぬる
白雲の
いと大凡に
思ばずもがな
たえぬると
みればあひぬる
しらくもの
いとおほよそに
おもはずもがな


白雲の
皆一むらに
見えしかど
立ち出て君を
思ひそめてき
しらくもの
みなひとむらに
みえしかど
たちいでてきみを
おもひそめてき


千早振る
神にもあらぬ
わが中の
雲井遙に
なりもゆくかな
ちはやふる
かみにもあらぬ
わがなかの
くもゐはるかに
なりもゆくかな


伊夜彦
於能礼神佐備
青雲乃
田名引日<須>良
霂曽保零
いやひこ
おのれかむさび
あをくもの
たなびくひすら
こさめそほふる
Ияхико есть гора.
И сама она являет божество.
Даже в день, когда по небесам плывут
Только голубые облака,
Там над нею дождик моросит.
* Ияхико — название горы в провинции Этиго. В песне провинции Эттю воспевается гора другой провинции, потому что местность, где находится эта гора, раньше входила в провинцию Эттю. В записях об императоре Момму указывается, что в марте 2-го г. Тайхо (702 г.) четыре уезда провинции Эттю были отнесены к провинции Этиго. По-видимому, песня была сложена еще до этого постановления. Голубые облака означают ясное голубое небо. Есть мнение, что эта песня — буссокусэки-ута (см. п. 3884)
多奈波多之
船乗須良之
麻蘇鏡
吉欲伎月夜尓
雲起和多流
たなばたし
ふなのりすらし
まそかがみ
きよきつくよに
くもたちわたる
Как видно, в вышине к звезде Ткачихе
Отчаливает в путь небесная ладья…
В ночь светлую, когда лучистая луна,
Как зеркало кристальное, сияет,
Встают, плывя по небу, облака…
* “Встают, плывя по небу, облака…” — по легенде, от весел ладьи Волопаса летят брызги и образуется туман, а на реке поднимаются волны — облака. Поэтому появление тумана или облаков в эту ночь — примета того, что ладья Волопаса спешит к любимой Ткачихе.
安麻射加流
比奈乎佐米尓等
大王能
麻氣乃麻尓末尓
出而許之
和礼乎於久流登
青丹余之
奈良夜麻須疑氐
泉河
伎欲吉可波良尓
馬駐
和可礼之時尓
好去而
安礼可敝里許牟
平久
伊波比氐待登
可多良比氐
許之比乃伎波美
多麻保許能
道乎多騰保美
山河能
敝奈里氐安礼婆
孤悲之家口
氣奈我枳物能乎
見麻久保里
念間尓
多麻豆左能
使乃家礼婆
宇礼之美登
安我麻知刀敷尓
於餘豆礼能
多<波>許登等可毛
<波>之伎余思
奈弟乃美許等
奈尓之加母
時之<波>安良牟乎
<波>太須酒吉
穂出秋乃
芽子花
尓保敝流屋戸乎
(言斯人為性好愛花草花樹而多<植>於寝院之庭
故謂之花薫庭也)
安佐尓波尓
伊泥多知奈良之
暮庭尓
敷美多比良氣受
佐保能宇知乃
里乎徃過
安之比紀乃
山能許奴礼尓
白雲尓
多知多奈妣久等
安礼尓都氣都流
(佐保山火葬
故謂之佐保乃宇知乃佐<刀>乎由吉須疑)
あまざかる
ひなをさめにと
おほきみの
まけのまにまに
いでてこし
われをおくると
あをによし
ならやますぎて
いづみがは
きよきかはらに
うまとどめ
わかれしときに
まさきくて
あれかへりこむ
たひらけく
いはひてまてと
かたらひて
こしひのきはみ
たまほこの
みちをたどほみ
やまかはの
へなりてあれば
こひしけく
けながきものを
みまくほり
おもふあひだに
たまづさの
つかひのければ
うれしみと
あがまちとふに
およづれの
たはこととかも
はしきよし
なおとのみこと
なにしかも
ときしはあらむを
はだすすき
ほにいづるあきの
はぎのはな
にほへるやどを
あさにはに
いでたちならし
ゆふにはに
ふみたひらげず
さほのうちの
さとをゆきすぎ
あしひきの
やまのこぬれに
しらくもに
たちたなびくと
あれにつげつる
さほのうちの
さとをゆきすぎ
В дальней, как небесный свод,
В стороне глухой велел
Управлять страною мне
Наш великий государь.
И, приказу покорясь,
Сразу тронулся я в путь.
Ты сопровождал меня.
Горы Нара миновав
В дивной зелени листвы,
Я остановил коня
В поле, возле чистых вод
Быстрой Идзуми-реки,
И простились мы с тобой.
На прощанье я сказал,
Пусть счастливым будет путь —
И вернусь я вновь домой.
Ты спокойно ожидай
Этот день, молясь богам.
С той поры
Далек был путь,
Путь, отмеченный давно
Яшмовым копьем.
Горы, реки пролегли
Между нами,
Милый брат.
Долги очень были дни,
Проведенные в тоске.
И в тот час, когда мечтал
О свидании с тобой,
С веткой яшмовой гонец
Вдруг пришел, и думал я:
Может, радость мне принес?
Но когда спросил его,
Ожиданием томясь,—
То не ложь или обман?
Что сказал он мне в ответ?
Почему случилось так,—
Ведь еще не вышел срок?..
“Осенью, когда камыш
Пышным колосом цветет,
Рано поутру
Из дому, где аромат
Слышен хаги,
Никогда
Он не выйдет больше в сад,
Божество — родной твой брат.
Он не будет там стоять,
Любоваться на цветы.
Вечерами не пойдет
Он бродить по саду вновь,
Он покинул то село
И теперь уже в Сахо
Белым облаком он встал
Между распростертых гор
И исчез среди ветвей
Меж верхушками вдали…”
Вот что передал гонец.
18-й год [Тэмпё (746)]. Осень, 25-й день 9-й луны
Отомо Якамоти
* С веткой яшмовой гонец — см. п. 2548.
* Хаги — см. 1538.
* “Белым облаком он встал…” — говорится о погребальном обряде сожжения.
麻佐吉久登
伊比氐之物能乎
白雲尓
多知多奈妣久登
伎氣婆可奈思物
まさきくと
いひてしものを
しらくもに
たちたなびくと
きけばかなしも
И когда услышал я:
Тот, кому желал я долго жить,
Белым облаком от нас уплыл
И исчез в далёких небесах,—
О, как тяжко стало на душе!
* См. п. 3957.
白雲の
ゆくべきやまも
定まらず
思ふ方にも
風はよせなむ
しらくもの
ゆくべきやまも
さだまらず
おもふかたにも
かぜはよせなむ


よと共に
峯へ麓へ
おり登り
行く雲の身は
我にぞ有りける
よとともに
みねへふもとへ
おりのぼり
ゆくくものみは
われにぞありける


雲居路の
遙けき程の
空言は
いかなる風の
吹きてつげゝむ
くもゐぢの
はるけきほどの
そらことは
いかなるかぜの
ふきてつげけむ


天雲の
うきたる事と
きゝしかど
猶ぞ心は
そらになりにし
あまぐもの
うきたることと
ききしかど
なほぞこころは
そらになりにし


思出でゝ
とふ言の葉を
誰みまし
身の白雲に
成なましかば
おもいでて
とふことのはを
たれみまし
みのしらくもに
なりなましかば


睦まじき
妹脊の山の
中にさへ
隔つる雲の
はれずもある哉
むつまじき
いもせのやまの
なかにさへ
へたつるくもの
はれずもあるかな


白雲の
きやどるみねの
小松原
えだ志げゝれや
日の光みぬ
しらくもの
きやどるみねの
こまつはら
えだしげゝれや
ひのひかりみぬ


人めだに
見えぬ山路に
たつ雲を
誰炭竈の
煙りといふらむ
ひとめだに
みえぬやまぢに
たつくもを
たれすみかまの
けぶりといふらむ


足引の
山の山どり
かひもなし
峯の志ら雲
立ちしよらねば
あしひきの
やまのやまどり
かひもなし
みねのしらくも
たちしよらねば


君がいにし
方や何れぞ
白雲の
主なき宿と
見るぞかなしき
きみがいにし
かたやいづれぞ
しらくもの
ぬしなきやどと
みるぞかなしき


鳴く聲に
そひて涙は
のぼらねど
雲の上より
雨とふるらむ
なくこゑに
そひてなみだは
のぼらねど
くものうへより
あめとふるらむ


とをちには
夕立すらし
ひさかたの
天の香具山
雲がくれゆく
とをちには
ゆふだちすらし
ひさかたの
あまのかぐやま
くもがくれゆく
В селении Тооти,
Наверное, льёт дождь:
Гора Небес великих —
Кагуяма
Скрывается за тучами..
* Селение Тооти находилось в провинции Ямато, на территории нынешнего г. Касивара, возле горы Миминаси. Гора Небес великих — Кагуяма — см. коммент. 2.
み山路や
いつより秋の
色ならむ
見ざりし雲の
夕暮れの空
みやまぢや
いつよりあきの
いろならむ
みざりしくもの
ゆふぐれのそら
Дальние горы...
Когда успели вы
Принять осенний вид?
И облака в вечернем небе
Свой изменили цвет...
* ...облака в вечернем небе свой изменит цвет... — имеется в виду отблеск от багряных листьев.

山の端に
雲のよこぎる
宵のまは
出でても月ぞ
なほ待たれける
やまのはに
くものよこぎる
よひのまは
いでてもつきぞ
なほまたれける
Над гребнем гор
Грядою протянулись облака.
Луна взошла,
Однако сколько ждать,
Покуда выглянет она из облаков?

尋ね来て
いかにあはれと
ながむらむ
跡なき山の
峰の白雲
たづねきて
いかにあはれと
ながむらむ
あとなきやまの
みねのしらくも
Придя на гору Коя,
Как ты, наверное, скорбел —
О том,
Кто без следа исчез,
Как облако над горной кручей.
* Облако — намек на облако дыма от погребального костра.
北へゆく
雁のつばさに
言伝てよ
雲の上書き
かき絶えずして
きたへゆく
かりのつばさに
ことつてよ
くものうへかき
かきたえずして
Каждый раз, как увидишь
Летящих на север гусей,
С ними весточку мне посылай,
Её донесут они
По облакам.
* Здесь неоднократно встречающийся в японской поэзии того времени намёк на уже упоминавшуюся (см. коммент. 500, т. 1) древнекитайскую легенду о после Су-У, который 20 лет провёл в плену у гуннов, пока однажды не поймал дикого гуся и привязал к лапке его письмо. Гусь был подстрелен над императорским дворцом, и Су-У с почестями возвращён на родину.
これやさは
雲のはたてに
織ると聞く
たつこと知らぬ
天の羽衣
これやさは
くものはたてに
おるときく
たつことしらぬ
あまのはごろも
Слыхал я, что одежды эти ткут
За краем облаков:
Так вот оно, значит
Не шито, не кроено
Небесное платье из перьев!
* Автор использует омонимическую метафору: тацу — «шить», «кроить» ассоциируется с тацу — «отправляться» (в путь).

* Песня — намёк на танка Ки-но Арицунэ из лирической повести «Исэ моногатари». Герой сложил песню, когда принимал от своего друга одежду, предназначавшуюся жене, уходящей в монастырь:
Что это?
О, не иначе —
Как платье из перьев,
Что носят
Живущие на небесах!

(В основе — реминисценции китайской легенды о небесных девах в платьях из перьев, см. коммент. 131, т. 1).
ここにありて
筑紫やいづこ
白雲の
たなびく山の
西にあるらし
ここにありて
つくしやいづこ
しらくもの
たなびくやまの
にしにあるらし
Теперь, когда я здесь,
Цукуси кажется таким далеким краем,
Как будто за горами где-то,
Куда на запад
Уплывают облака...
* Из частного собрания поэта явствует, что песня сложена в ответ на послание его друга Сами Мандзэя, который ещё оставался на службе в Дадзайфу (в Цукуси).

都にて
越路の空を
ながめつつ
雲居といひし
ほどに来にけり
みやこにて
こしぢのそらを
ながめつつ
くもゐといひし
ほどにきにけり
Когда-то из столицы
В задумчивости я смотрел на северное небо
В ту сторону,
Где лежит дорога в Коси, в заоблачный далекий край,
А ныне - сам я здесь...
* Дорога в Коси — ныне этот северный тракт называют Хокуродо. В обширный край Коси входили семь провинций: Вакаса (ныне префектура Фукуи), Этидзэн (префектура Фукуи), Kaгa (префектура Исикава), Нота (префектура Исикава), Эттю (Тояма), Этиго (Ниигата), Сато (Ниигата).

さ夜ふけて
あまの河をそ
いてて見る
思ふさまなる
雲や渡ると
さよふけて
あまのかはをそ
いててみる
おもふさまなる
くもやわたると


めぐりあはむ
限りはいつと
知らねども
月なへだてそ
よその浮雲
めぐりあはむ
かぎりはいつと
しらねども
つきなへだてそ
よそのうきくも
Когда с тобой увижусь вновь,
Не знаю,
Но надеюсь, что облака,
Закрывшие от нас луну,
Нас не разделят!

思ひ出でよ
たがかねことの
末ならむ
きのふの雲の
あとの山風
おもひいでよ
たがかねことの
すゑならむ
きのふのくもの
あとのやまかぜ
О, вспомни обещанья,
Что ты давал,
Они, наверное, уплыли с облаком,
Сорвавшимся с вершины.
Какой же ветер увлек его?

さてもなほ
問はれぬ秋の
夕は山
雲吹く風も
峰に見ゆらむ
さてもなほ
とはれぬあきの
ゆふはやま
くもふくかぜも
みねにみゆらむ
Вечерами осенними облака —
Даже они, ветром гонимые,
Приплывают к вершине Юва,
Тебя же
Совсем я не вижу!

もかみ川
せせのいはかと
わきかへり
おもふこころは
おほかれと
行かたもなく
せかれつつ
そこのみくつと
なることは
もにすむ虫の
われからと
おもひしらすは
なけれとも
いはてはえこそ
なきさなる
かたわれ舟の
うつもれて
ひく人もなき
なけきすと
浪のたちゐに
あふけとも
むなしき空は
みとりにて
いふこともなき
かなしさに
ねをのみなけは
からころも
おさふる袖も
くちはてぬ
なにことにかは
あはれとも
おもはん人に
あふみなる
うちいてのはまの
うちいてつつ
いふともたれか
ささかにの
いかさまにても
かきつかん
ことをはのきに
ふくかせの
はけしきころと
しりなから
うはの空にも
をしふへき
あつさのそまに
みや木ひき
みかきかはらに
せりつみし
むかしをよそに
ききしかと
わか身のうへに
なりはてぬ
さすかに御代の
はしめより
雲のうへには
かよへとも
なにはのことも
久かたの
月のかつらし
をられねは
うけらか花の
さきなから
ひらけぬことの
いふせさに
よもの山へに
あくかれて
このもかのもに
たちましり
うつふしそめの
あさころも
花のたもとに
ぬきかへて
後のよをたにと
おもへとも
おもふ人人
ほたしにて
ゆくへきかたも
まとはれぬ
かかるうき身の
つれもなく
へにける年を
かそふれは
いつつのとをに
なりにけり
いま行すゑは
いなつまの
ひかりのまにも
さためなし
たとへはひとり
なからへて
すきにしはかり
すくすとも
夢にゆめみる
心ちして
ひまゆく駒に
ことならし
さらにもいはし
ふゆかれの
をはなかすゑの
露なれは
あらしをたにも
またすして
もとのしつくと
なりはてん
ほとをはいつと
しりてかは
くれにとたにも
しつむへき
かくのみつねに
あらそひて
なほふるさとに
すみのえの
しほにたたよふ
うつせかひ
うつし心も
うせはてて
あるにもあらぬ
よのなかに
又なにことを
みくまのの
うらのはまゆふ
かさねつつ
うきにたヘたる
ためしには
なるをの松の
つれつれと
いたつらことを
かきつめて
あはれしれらん
行すゑの
人のためには
おのつから
しのはれぬへき
身なれとも
はかなきことも
雲とりの
あやにかなはぬ
くせなれは
これもさこそは
みなしくり
くち葉かしたに
うつもれめ
それにつけても
つのくにの
いく田のもりの
いくたひか
あまのたくなは
くり返し
心にそはぬ
身をうらむらん
もかみかは
せせのいはかと
わきかへり
おもふこころは
おほかれと
ゆくかたもなく
せかれつつ
そこのみくつと
なることは
もにすむむしの
われからと
おもひしらすは
なけれとも
いはてはえこそ
なきさなる
かたわれふねの
うつもれて
ひくひともなき
なけきすと
なみのたちゐに
あふけとも
むなしきそらは
みとりにて
いふこともなき
かなしさに
ねをのみなけは
からころも
おさふるそても
くちはてぬ
なにことにかは
あはれとも
おもはむひとに
あふみなる
うちいてのはまの
うちいてつつ
いふともたれか
ささかにの
いかさまにても
かきつかむ
ことをはのきに
ふくかせの
はけしきころと
しりなから
うはのそらにも
をしふへき
あつさのそまに
みやきひき
みかきかはらに
せりつみし
むかしをよそに
ききしかと
わかみのうへに
なりはてぬ
さかすにみよの
はしめより
くものうへには
かよへとも
なにはのことも
ひさかたの
つきのかつらし
をられねは
うけらかはなの
さきなから
ひらけぬことの
いふせさに
よものやまへに
あくかれて
このもかのもに
たちましり
うつふしそめの
あさころも
はなのたもとに
ぬきかへて
のちのよをたにと
おもへとも
おもふひとひと
ほたしにて
ゆくへきかたも
まとはれぬ
かかるうきみの
つれもなく
へにけるとしを
かそふれは
いつつのとをに
なりにけり
いまゆくすゑは
いなつまの
ひかりのまにも
さためなし
たとへはひとり
なからへて
すきにしはかり
すくすとも
ゆめにゆめみる
ここちして
ひまゆくこまに
ことならし
さらにもいはし
ふゆかれの
をはなかすゑの
つゆなれは
あらしをたにも
またすして
もとのしつくと
なりはてむ
ほとをはいつと
しりてかは
くれにとたにも
しつむへき
かくのみつねに
あらそひて
なほふるさとに
すみのえの
しほにたたよふ
うつせかひ
うつしこころも
うせはてて
あるにもあらぬ
よのなかに
またなにことを
みくまのの
うらのはまゆふ
かさねつつ
うきにたへたる
ためしには
なるをのまつの
つれつれと
いたつらことを
かきつめて
あはれしれらむ
ゆくすゑの
ひとのためには
おのつから
しのはれぬへき
みなれとも
はかなきことも
くもとりの
あやにかなはぬ
くせなれは
これもさこそは
みなしくり
くちはかしたに
うつもれめ
それにつけても
つのくにの
いくたのもりの
いくたひか
あまのたくなは
くりかへし
こころにそはぬ
みをうらむらむ


中空に
立ちゐる雲の
あともなく
身のはかなくも
なりぬべきかな
なかそらに
たちゐるくもの
あともなく
みのはかなくも
なりぬべきかな
Я ныне
Словно облако
В безгранном небе:
Вот-вот растаю,
Не оставив и следа!

君があたり
見つつを折らむ
生駒山
雲な隠しそ
雨は降るとも
きみがあたり
みつつををらむ
いこまやま
くもなかくしそ
あめはふるとも
Смотрю неотрывно
В сторону селенья,
Где ты живешь.
О вы, облака над кручей Икома!
Не закрывайте его даже в дождь!

袖の浦の
波吹きかへす
秋風に
雲の上まで
すずしからなむ
そでのうらの
なみふきかへす
あきかぜに
くものうへまで
すずしからなむ
О, этот веер
Как осенний ветер:
Он всколыхнет и волны рукавов,
И принесет, наверное, прохладу
Даже небесным облакам!

いかにして
袖にひかりの
やとるらん
雲井の月は
へたてゝし身を
いかにして
そでにひかりの
やどるらむ
くもゐのつきは
へたてこしみを
Почему до сих пор
Мой рукав не покинул
Ясный лик твой, луна?
Я ведь теперь уж
Далек от тебя!

心には
忘るる時も
なかりけり
三代の昔の
雲の上の月
こころには
わするるときも
なかりけり
みよのむかしの
くものうへのつき
О, никогда я не забуду ту луну,
Хоть кажется, века прошли,
Когда и сам я
Словно парил
Средь облаков!

月すめは
よものうき雲
そらにきえて
み山かくれに
ゆくあらしかな
つきすめは
よものうきくも
そらにきえて
みやまかくれに
ゆくあらしかな
Сияет в небесах луна,
И разгоняет облака
Свирепый горный вихрь.
Лишь слышатся
Его рыдания и вздохи.

都より
雲の八重立つ
奥山の
横川の水は
すみよかるらむ
みやこより
くものやへたつ
おくやまの
よかはのみづは
すみよかるらむ
Наверное, в Ёкогава,
В глубинах гор,
Окутанных густыми облаками,
Вода чиста
Столице не в пример.

雲居飛ぶ
雁のね近き
すまひにも
なほ玉づさは
懸けずやありけむ
くもゐとぶ
かりのねちかき
すまひにも
なほたまづさは
かけずやありけむ
Живу от столицы вдали,
А в небе над головой
Стаи гусей с криком летят, —
Разве нельзя было с ними
Весточку мне переслать?

我頼む
人いたづらに
なしはてば
また雲分けて
のぼるばかりぞ
われたのむ
ひといたづらに
なしはてば
またくもわけて
のぼるばかりぞ
Если не внемлю молитве
Того, кто с надеждой ко мне прибегает,
Ничего не останется мне,
Как снова на небо
Сквозь облака возвращаться.

さやかなる
鷲の高根の
雲居より
影やはらぐる
月読の杜
さやかなる
わしのたかねの
くもゐより
かげやはらぐる
つきよみのもり
С Пика Священного орла
Сквозь толщу облаков небесных
Простирает Будда свой ореол,
И светит ясная луна
Над рощей Цукиёми.

君すめは
ここも雲ゐの
月なれと
なほ恋しきは
宮こなりけり
きみすめは
ここもくもゐの
つきなれと
なほこひしきは
みやこなりけり


須賣呂伎能
之伎麻須久尓能
安米能之多
四方能美知尓波
宇麻乃都米
伊都久須伎波美
布奈乃倍能
伊波都流麻泥尓
伊尓之敝欲
伊麻乃乎都頭尓
万調
麻都流都可佐等
都久里多流
曽能奈里波比乎
安米布良受
日能可左奈礼婆
宇恵之田毛
麻吉之波多氣毛
安佐其登尓
之保美可礼由苦
曽乎見礼婆
許己呂乎伊多美
弥騰里兒能
知許布我其登久
安麻都美豆
安布藝弖曽麻都
安之比奇能
夜麻能多乎理尓
許能見油流
安麻能之良久母
和多都美能
於枳都美夜敝尓
多知和多里
等能具毛利安比弖
安米母多麻波祢
すめろきの
しきますくにの
あめのした
よものみちには
うまのつめ
いつくすきはみ
ふなのへの
いはつるまでに
いにしへよ
いまのをつづに
よろづつき
まつるつかさと
つくりたる
そのなりはひを
あめふらず
ひのかさなれば
うゑしたも
まきしはたけも
あさごとに
しぼみかれゆく
そをみれば
こころをいたみ
みどりこの
ちこふがごとく
あまつみづ
あふぎてぞまつ
あしひきの
やまのたをりに
このみゆる
あまのしらくも
わたつみの
おきつみやへに
たちわたり
とのぐもりあひて
あめもたまはね
В этой, внуками небес
Управляемой стране,
В Поднебесной, на путях
Четырех сторон земли,
До предела, что достичь
Мог копытом конь,
До границ, куда дойти
Корабли могли,
С незапамятных времен
И до сей поры
Из бесчисленных даров
Лучший дар был в честь богов
То, что добыто трудом —
Урожая славный плод.
Но не льет на землю дождь
Вот уж много, много дней.
Рисовые все поля,
Что засажены давно,
И пшеничные поля,
Что засеяны давно,
С каждым утром,
С каждым днем
Вянут, сохнут без дождя.
И когда глядишь на них,
Сердце бедное болит.
И как малое дитя,
Плача, просит молока,
Так небесной влаги ждем,
Не спуская глаз с небес.
О, средь распростертых гор
Из лощины вдалеке
Показавшаяся нам
Туча белая, спеши.
Поднимись, покинь дворец
Властелина вод морских,
Затяни небесный свод,
Ниспошли на землю дождь!
Вечер 1-го дня 6-й луны
Отомо Якамоти
* Песни вызывания дождя, в основе которых лежит вера в магическую силу слов, были широко распространены в Японии. До сих пор в современном японском фольклоре много таких песен, они обычно сопровождаются плясками и подношениями в храм.
許能美由流
久毛保妣許里弖
等能具毛理
安米毛布良奴可
<己許>呂太良比尓
このみゆる
くもほびこりて
とのくもり
あめもふらぬか
こころだらひに
Показавшаяся там
Туча белая, плыви,
Затяни небесный свод
И пролейся здесь дождем,
Чтоб утешить нам сердца!

むら鳥の
騒ぎ立ちぬる
こなたより
雲の空をぞ
見つつながむる
むらとりの
さはぎたちぬる
こなたより
くものそらをぞ
みつつながむる


ただよひて
風にたぐへる
白雲の
名をこそ空の
者と言ふなれ
ただよひて
かぜにたぐへる
しらくもの
なをこそそらの
ものといふなれ


天の川
今宵も渡る
瀬もやあると
雲の空にぞ
身はまどふべき
あまのかは
こよひもわる
せもやあると
くものそらにぞ
みはまどふべき


身を燃やす
ことぞわりなき
すくも火の
煙も雲と
なるを頼みて
みをもやす
ことぞわりなき
すくもひの
けぶりもくもと
なるをたのみて


いささめに
つけし思ひの
煙こそ
身をうき雲と
なりて果てけれ
いささめに
つけしおもひの
けぶりこそ
みをうきくもと
なりてはてけれ


天雲乎
富呂尓布美安太之
鳴神毛
今日尓益而
可之古家米也母
あまくもを
ほろにふみあだし
なるかみも
けふにまさりて
かしこけめやも
Даже грома бог,
Что разгоняет
В разные края на небе облака,
Разве может даже он сравниться
С тем, кто мне внушает нынче страх?

天雲乃
去還奈牟
毛能由恵尓
念曽吾為流
別悲美
あまくもの
ゆきかへりなむ
ものゆゑに
おもひぞわがする
わかれかなしみ
Как облако небес, уйдя отсюда,
Ты скоро с ним сюда вернешься вновь.
И все же, друг,
Как сильно я тоскую,
Как тягостна разлука для меня!
Песню передал, исполнив ее, Такаясу Танэмаро
蜻嶋
山跡國乎
天雲尓
磐船浮
等母尓倍尓
真可伊繁貫
伊許藝都遣
國看之勢志氐
安母里麻之
掃平
千代累
弥嗣継尓
所知来流
天之日継等
神奈我良
吾皇乃
天下
治賜者
物乃布能
八十友之雄乎
撫賜
等登能倍賜
食國毛
四方之人乎母
安<夫>左波受
怋賜者
従古昔
無利之瑞
多婢<末>祢久
申多麻比奴
手拱而
事無御代等
天地
日月等登聞仁
万世尓
記續牟曽
八隅知之
吾大皇
秋花
之我色々尓
見賜
明米多麻比
酒見附
榮流今日之
安夜尓貴左
あきづしま
やまとのくにを
あまくもに
いはふねうかべ
ともにへに
まかいしじぬき
いこぎつつ
くにみしせして
あもりまし
はらひたひらげ
ちよかさね
いやつぎつぎに
しらしくる
あまのひつぎと
かむながら
わがおほきみの
あめのした
をさめたまへば
もののふの
やそとものをを
なでたまひ
ととのへたまひ
をすくにも
よものひとをも
あぶさはず
めぐみたまへば
いにしへゆ
なかりししるし
たびまねく
まをしたまひぬ
たむだきて
ことなきみよと
あめつち
ひつきとともに
よろづよに
しるしつがむぞ
やすみしし
わがおほきみ
あきのはな
しがいろいろに
めしたまひ
あきらめたまひ
さかみづき
さかゆるけふの
あやにたふとさ
На чудесном корабле,
Что был высечен из скал,
На борту и на носу
Много весел закрепив
И плывя средь облаков,
Вниз смотрел Ниниги-бог
С дальней высоты небес
На Ямато, на страну —
Остров Акицусима.
И сошел на землю он,
Покорив, изгнал врагов.
Тысячи веков прошли
С той поры.
Из века в век
Боги правили страной,
И, от солнца в небесах
Получив святую власть,
Божеством являясь, ты,
Государыня моя,
Правишь на земле страной!
Много воинов лихих
Славных воинских родов
Греешь милостью своей,
И порядок ты ведешь,
И людей во всех концах
Четырех сторон земли
В той стране, где правишь ты,
Даришь милостью своей.
И поэтому тебе много раз
Был знак небес,
Что не видели еще
Никогда
С древнейших пор,
И правление твое
Не знавало тяжких бед.
Мирно правишь ты страной!
Вместе с небом и землей,
Вместе с солнцем и луной
Много, много тысяч лет
Славить будут все тебя,
О тебе писать в веках,
Мирно правящая здесь
Государыня моя!
Сердце радуешь свое
Ты, любуясь на цветы,
На красу и свежий блеск,
Прелесть каждого цветка,
Что осеннею порой
Расцвели в твоих садах.
И сегодня, в день, когда
Ты даешь блестящий пир,
Удивительно полно
Все величия вокруг!
* В начале песни говорится о Ниниги-но Микото, спустившемся, согласно древнему мифу, с неба на землю. Под знаком небесной милости подразумевается открытие золотых россыпей в провинции Митиноку, чему посвящена особая песня в М. (см. п. 4094).
山めくる
雲のしたにや
成りぬらん
すそ野の原に
しくれすくなり
やまめくる
くものしたにや
なりぬらむ
すそののはらに
しくれすくなり


安麻久母尓
可里曽奈久奈流
多加麻刀能
波疑乃之多婆波
毛美知安倍牟可聞
あまくもに
かりぞなくなる
たかまとの
はぎのしたばは
もみちあへむかも
Вот и гусей далеких слышны крики
Средь облаков небесных в вышине,
И в Такамато вмиг
На нижних ветках хаги,
Наверно, алой станет вся листва.
* Крики гусей, алая листва хаги — приметы осени. Эти образы часто выступают “парными” в осенних песнях.
大鏡 > 上巻 左大臣時平 (ЛЕВЫЙ МИНИСТР ТОКИХИРА)
山わかれ
飛びゆく雲の
かへり来る
かげ見る時は
なほ頼まれぬ
やまわかれ
とびゆくくもの
かへりくる
かげみるときは
なほたのまれぬ
Едва увижу: летят из-за гор.
Вспять возвращаясь.
Тени тех облаков,
Что когда-то уплыли от дома, —
Как оживает надежда.

くもゐにて
あひかたらはぬ
月たにも
わかやとすきて
ゆく時はなし
くもゐにて
あひかたらはぬ
つきたにも
わかやとすきて
ゆくときはなし


奈尓波刀乎
己岐埿弖美例婆
可美佐夫流
伊古麻多可祢尓
久毛曽多奈妣久
なにはとを
こぎでてみれば
かみさぶる
いこまたかねに
くもぞたなびく
И когда оставил позади
Я залив знакомый Нанива
И взглянул с тоскою вдаль перед собой,
Над высоким древним пиком Икома
Только облака тянулись вдалеке.

意保枳美能
美己等可之古美
阿乎久<牟>乃
<等能>妣久夜麻乎
古与弖伎怒加牟
おほきみの
みことかしこみ
あをくむの
とのびくやまを
こよてきぬかむ
Чтя приказ, что отдал мне
Наш великий государь,
Я, придя сюда, немало гор прошел,
Где по небу тянутся грядой
Светло-голубые облака…

比奈久母理
宇須比乃佐可乎
古延志太尓
伊毛賀古比之久
和須良延奴加母
ひなくもり
うすひのさかを
こえしだに
いもがこひしく
わすらえぬかも
Всего лишь миновал заставу Усуи,
Где слабо светит солнце в облаках,
А полон уж тоски
О дорогой жене
И позабыть о доме не могу!

美蘇良由久
々母々都可比等
比等波伊倍等
伊弊頭刀夜良武
多豆伎之良受母
みそらゆく
くももつかひと
ひとはいへど
いへづとやらむ
たづきしらずも
Хоть люди говорят, что даже облака,
Что в небесах лазоревых плывут,
Служить гонцами могут для людей,
Но все равно не знаю, как послать
Подарок мой в далекий край родной.

和我由伎乃
伊伎都久之可婆
安之我良乃
美祢波保久毛乎
美等登志努波祢
わがゆきの
いきづくしかば
あしがらの
みねはほくもを
みととしのはね
Когда тебе вдруг станет тяжко,
Что я ушел в далекий путь,
Взглянув на облако средь пиков в Асигара,
Ты, вспомнив обо мне,
Утешься как-нибудь.

追想昔時過舊館
悽涼淚下忽霑襟
廢村已見人煙斷
荒院唯聞鳥雀吟
荊棘不知歌舞處
薛蘿獨向戀情深
看花故事誰能語
空望浮雲轉傷心



涼秋八月驚塞鴻
早報寒聲雜遠空
絕域傳書全漢信
關門表弓守胡戎
凌雲陣影低天末
叫夜遙音振水中
葵女彈琴清曲響
潘郎作賦興情融
朝搏渤懈事南度
夕宿煙霞耐朔風
感殺周廬寓直者
終宵不寢意無窮



雲晴朔方早雪降
從天落地本亡聲
班姬秋扇已無色
孫子夜書獨有明
梅柳此時花與絮
樓臺併是銀將瓊
雖言委積未盈尺
須賀初冬瑞氣呈



間僧久住雲中嶺
遙想深山春尚塞
松栢斜知甚靜默
烟霞不解幾年飡
禪關近日消息斷
京邑如今花柳寬
菩薩莫嫌此輕贈
為救施者世間難



禊賞千斯歲
恩榮一伴春
露晞心已肅
雲上慶還申
松竹同宜古
鶯花併狀新
歡餘良景暮
日御借烏輪



數君為國器
萬里涉長流
奮翼鵬天眇
軒鰭鯤海悠
登山眉目結
臨水淚何收
但此僊天處
空見白雲浮



雲霞未辭舊
梅柳忽逢春
不分瓊瑤屑
來霑旅客巾



江頭亭子人事睽
欹枕唯聞古戍雞
雲氣濕衣知近岫
泉聲驚寢覺鄰溪
天邊孤月乘流疾
山裏飢猿到曉啼
物候雖言陽和未
汀洲春草欲萋萋



氣序如今春欲老
嵯峨山院暖光遲
峰雲不覺侵梁棟
溪水尋常對簾帷
莓苔踏破經年髮
楊柳未懸伸月眉
此地幽閑人事少
唯餘風動暮猿悲



今宵儵忽言離別
不慮分飛似落花
莫怨白雲千里遠
男兒何處是非家



林葉翩翩秋日曛
行人獨向邊山雲
唯餘天際孤懸月
萬里流光遠送君



地勢風牛雖異域
天文月兔尚同光
思君一似雲間影
夜夜相隨到遠鄉



儒家偏隨樽爼趣
帝宅朝例不生知
當年忝奉端闈禮
詰且淹除伏奏時
厚壤焦情無踏處
高弩負譴更何祈
終離節會簪纓列
獨漏寰瀛雲雨施
閤外空聞歌管響
階前隔見舞臺姬
昏歸恥對閨中妾
夜臥強談床上兒
過重功輕心自解
恩深責淺幾銘肌
君門出入雖無制
外候仍言天聽卑



枕上宮鐘傳曉漏
雲間賓雁送春聲
辭家里許不勝感
況復他鄉客子情



今茲聖主無疆算
始反安仁秋興年
感發良霄不寐久
況乎聞鴈白雲天
清風吹起上林樹
曉月光硫禁掖前
當慶貞松不凋葉
誰論蒲柳望秋遷



節候蕭條歲將闌
閨門靜閑秋日寒
雲天遠雁聲宜聽
擔樹晚蟬引欲殫
菊潭帶露餘花冷
荷浦含霜舊盞殘
寂寂獨傷四運促
粉紛落葉不勝看



遠嫁匈奴域
羅衣淚不干
寄眉逢雪壞
裁鬢為風殘
寒樹春無葉
胡雲秋早寒
閼氏非所願
異類誰能安



雲嶺禪扃人蹤絕
昔將今日再攀登
幽奇巖嶂吐泉水
老大杉松離舊藤
梵宇本無塵滓事
法筵唯有薛蘿僧
忽銷煩想夏還冷
欲去淹留暫不能



古寺北林下
高僧毛骨清
天台蘿月思
佛隴白雲情
院靜芭蕉色
廊虛鐘梵聲
臥痾如入定
山鳥獨來鳴



香剎青嵒頂
登攀指世情
高檐松上出
危路竹間行
梵語聞無猒
塵心伏不驚
寥寥雲樹裡
定水晚來聲



幽遁長無返
捐身萬事睽
玄書明月照
白骨老猿啼
風度松門寂
泉飛石室淒
白雲不可見
懷古獨淒淒



道性本來塵事遐
獨將衣缽向二煙霞
定知行盡秋山路
白雲深處是僧家



絕頂華嚴寺
雲深溪路遙
道心登靜境
真性隔塵囂
閱藹禪庭禪
觀空法界蕉
天花硫邃澗
香氣度烟霄
風竹時明合
聲鐘曉動搖
轉經山月下
羸病轉寥寥



病中秋欲暮
策杖到雲居
古徑人來遠
霜林鳥道疏
飛雲心不定
身世是浮虛
月色孤猿絕
岑聲一夜初
吹螺山寺曉
鳴磬谷風餘
蘭若遲迴久
寥寥臥草廬



禪扄閉雲春山寒
林下苔封萬古壇
菩薩化身滅後事
空餘歲月白雲殘



高僧幾歲養清閑
病裡天花映暮山
野客時來通幽問
疏鐘獨返白雲間



支公臥病遣居諸
古寺莓苔人訪疏
山客尋來若相問
自言身世浮雲虛



古寺從來絕人蹤
吾師坐夏老雲峰
幽情獨臥秋山裏
覺後恭聞五夜鐘



厭見風塵上下情
欲雲栖去學無生
妻孥棄在人間□
遙鍚鉢尋象外行
盥漱應隨溪水暮
觀身靜坐進鐘聲
不知別後相思伴
何處烟霞訪姓名



君王機暇倦夏日
午後尋真幸龍宮
四五老僧迎鳳輦
形如槁木心恒空
飛棧樹抄踏雲過
石燈岩頭拂烟通
不待緣終象法盡
而今此處仰世雄



知君策馬到雲居
古岸懸流數里餘
鏡色每將空性徹
冰華長罄道心虛
鯉浮擊磬含風遠
于閧鳴鐘帶雨疏
終日洗塵看不足
銅瓶汲取夜禪初



三昇三月啟三辰
三日三陽應三春
鳳蓋凌雲臨覺苑
鸞輿耀日對禪津
青絲柳陌鶯歌足
紅蘂桃溪蝶舞新
幸屬無為梵城賞
還知有截不離真



神無月
もみぢも知らぬ
常磐木に
よろづ代かかれ
峰の白雲
かみなづき
もみぢもしらぬ
ときはきに
よろづよかかれ
みねのしらくも
Октябрь... Преддверие зимы,
Но сосны на горах не знают увяданья,
И пусть, подобно их зелёным кронам,
Неизменно
Висят над кручей облака!
* Сложена по картине на ширме в резиденции знатного сановника Фудзивары Тадахира. На картине было изображено белое облако, висящее над горами, покрытыми соснами.
ももしきの
内のみつねに
恋ひしくて
雲の八重たつ
山は住みうし
ももしきの
うちのみつねに
こひしくて
くものやへたつ
やまはすみうし
Вспоминаю
Просторы дворца...
Одиноко тоскую в горах,
Густо окутанных
Облаками...

天つ風
吹飯の浦に
ゐる鶴の
などか雲居に
帰らざるべき
あまつかぜ
ふけひのうらに
ゐるつるの
などかくもゐに
かへらざるべき
Ветры небесные
Дуют в бухте Фукэи.
Отчего ж журавли
Не взлетают обратно
В страну облаков?

夕暮れは
雲のけしきを
見るからに
ながめじと思ふ
心こそつけ
ゆふぐれは
くものけしきを
みるからに
ながめじとおもふ
こころこそつけ
Вечернею порой и облака,
Что уплывают вдаль,
Наводят грусть,
И потому не хочется
Смотреть им вслед.

世の中を
思ひつらねて
ながむれば
むなしき空に
消ゆる白雲
よのなかを
おもひつらねて
ながむれば
むなしきそらに
きゆるしらくも
Задумаешься,
Прошлое припомнив:
Что есть на самом деле этот мир
Белое облако,
Что тает в небесном просторе.

邊亭夜已闌
一雁曉聲寒
隻影霜中沒
孤音月下聞
單飛倦繳網
獨唳怨離群
欲傳羈客淚
若箇故鄉雲



照る月も
雲のよそにぞ
ゆきめぐる
花ぞこの世の
光なりける
てるつきも
くものよそにぞ
ゆきめぐる
はなぞこのよの
ひかりなりける
Луна сияющая,
Круг свой завершив,
Скрывается за облаками.
Не вишен ли цветы — наш свет
В печальном этом мире?

あはれ君
いかなる野辺の
けぶりにて
むなしき空の
雲となりけむ
あはれきみ
いかなるのべの
けぶりにて
むなしきそらの
くもとなりけむ
Унесся с поля
Дым его костра.
И где теперь
В бескрайних небесах блуждает
Это облако?
* Существовало поверье, что дым от погребального костра превращается в облачко или в тучку.
直相者
相不勝
石川尓
雲立渡礼
見乍将偲
ただのあひは
あひかつましじ
いしかはに
くもたちわたれ
みつつしのはむ
И встреч наедине, и просто встреч
Уже не будет больше никогда!
Вставайте и плывите, облака,
Ко мне сюда из дальней Исикава,—
Глядя на вас, о нём я буду вспоминать!

懐風藻 > 贈正一位太政大臣藤原朝臣史 (Фудзивара-но Фухито)
正朝觀萬國
元日臨兆民
有政敷玄造
撫機御紫宸
年華已非故
淑氣亦維新
鮮雲秀五彩
麗景耀三春
濟濟周行士
穆穆我朝人
感德遊天澤
飲和惟聖塵

Истинная династия осматривает 10000 стран.
В первый день обращается к бесчисленным народам.
Правление упорядоченно, распространяется таинственное творение.
Держа в руках Цзи, пребывает в фиолетовых покоях.
Годы и месяцы сменяют друг друга.
В тёплом воздухе парит обновление.
Яркие облака пестрят пятью красками.
Изящный пейзаж сверкает третьей весной.
Собралось множество талантливых мужей.
Как же прекрасны нашей страны подданные!
Ощущаю добродетель-току, гуляя у небесного пруда!
Упиваюсь гармонией, думая о священной пыли!
29
隠口能
泊瀬山之
山際尓
伊佐夜歴雲者
妹鴨有牟
こもりくの
はつせのやまの
やまのまに
いさよふくもは
いもにかもあらむ
В стране Хацусэ,
Скрытой среди гор,
Клубится облако, плывя между горами,
Быть может, это облик дорогой
От нас ушедшей юной девы?..

留不得
壽尓之在者
敷細乃
家従者出而
雲隠去寸
とどめえぬ
いのちにしあれば
しきたへの
いへゆはいでて
くもがくりにき
Ах, оттого что жизнь земную
Не удержать, любимая моя
Ушла из дома, где стелились
На ложе мягкие шелка,
И в облаках навеки скрылась…
* “И в облаках навеки скрылась” — см. п. 444.
白雲と
見えつる物を
櫻花
けふはちるとや
色ことになる
しらくもと
みえつるものを
さくらばな
けふはちるとや
いろことになる


あまくもの
やへ雲かくれ
なる神の
おとにのみやは
きき渡るへき
あまくもの
やへくもかくれ
なるかみの
おとにのみやは
ききわたるへき


むらさきの
雲路にさそふ
琴の音に
憂き世をはらふ
峰の松風
むらさきの
くもぢにさそふ
ことのねに
うきよをはらふ
みねのまつかぜ
Зовут меня сладкие звуки лютни
На путь
Пурпурных облаков,
А ветер, дуюший в соснах на горной вершине,
Прочь уносит страданья мои в этом мире.

おしなべて
むなしき空と
思ひしに
藤咲きぬれば
紫の雲
おしなべて
むなしきそらと
おもひしに
ふぢさきぬれば
むらさきのくも
Я думал, что воздух
Бесцветен и пуст,
Но вот — расцвели глициний цветы,
И поднялись над моей головою
Пурпурные облака.

雲は晴れて
むなしき空に
すみながら
憂き世の中を
めぐる月かな
くもはれて
むなしきそらに
すみながら
うきよのなかを
めぐるつきかな
Бодхисаттва — ясно светит,
Подобно луне,
Проплывающей
По безоблачному небу
Этого скорбного мира.

逢ひ見ても
峰に別るる
白雲の
かかるこの世の
いとはしきかな
あひみても
みねにわかるる
しらくもの
かかるこのよの
いとはしきかな
Облака, что висят над вершиною гор,
Разойдутся потом.
Не так ли и мы
После встреч расстаемся,
Этот мир так печален!

雲のゐる
梢はるかに
霧こめて
高師のやまに
鹿ぞ鳴くなる
くものゐる
こずえはるかに
きりこめて
たかしのやまに
しかぞなくなる
В горах Такаси, где
Туман осенний вдалеке покрыл
Деревьев ветви,
Где были облака,
Кричит олень.

紅の
うす花ざくら
匂はずば
みな志ら雲と
みてやすぎまし
くれなゐの
うすはなざくら
にほはずば
みなしらくもと
みてやすぎまし
Если б не цвели
Бледно-розовым цветом
Цветы сакуры,
То все б видели лишь
В них белые облака?

志ら雲は
立ちへだつれど
紅の
うすはな櫻
こゝろにぞそむ
しらくもは
たちへだつれど
くれなゐの
うすはなさくら
こころにぞそむ


志ら雲は
さもたゝばたて
紅の
今ひとしほを
君しそむれば
しらくもは
さもたたばたて
くれなゐの
いまひとしほを
きみしそむれば


白雲と
みゆるに志るし
みよしのゝ
吉野の山の
花盛りかも
しらくもと
みゆるにしるし
みよしのの
よしののやまの
はなさかりかも
То не белое облако ль
Над горою Ёсино
Виднеется?
В прекрасном Ёсино
Вишни все в цвету!
На ясном небе ни облачка, только над горами Ёсино виднеется, пригляделся получше: это не облачко, это горы все окрасились в белый из-за цветения слив.
九重に
たつしら雲と
見えつるは
大内山の
さくらなりけり
ここのへに
たつしらくもと
みえつるは
おほうちやまの
さくらなりけり
Увиделись
Во множестве слоёв
Облака поднялись, —
Это в горах Оутияма
Сакура!

春ごとに
心をそらに
なすものは
雲ゐに見ゆる
櫻なりけり
はるごとに
こころをそらに
なすものは
くもゐにみゆる
さくらなりけり
То, что
Заставляет душу парить
В небесах, —
Виднеющаяся в колодце облаков
Сакура!

あまの川
よこぎる雲や
棚機の
そらだきものゝ
烟なるらむ
あまのかは
よこぎるくもや
たなばたの
そらだきものの
けぶりなるらむ


天つ風
雲ふきはらふ
高嶺にて
いるまで見つる
秋の夜の月
あまつかぜ
くもふきはらふ
たかみねにて
いるまでみつる
あきのよのつき
Смотрел,
Пока была на пиках горных,
Где ветер с небес
Облака расчистил,
Налуну осенней ночи!

秋の夜の
月に心の
あくがれて
雲居にものを
思ふころかな
あきのよの
つきにこころの
あくがれて
くもゐにものを
おもふころかな


楸生る
澤邊の茅ばら
冬くれば
雲雀の床ぞ
あらはれにける
ひさぎおふる
さはべのちばら
ふゆくれば
ひばりのとこぞ
あらはれにける
Туда, где растут хисаги,
Возле болота на равнине мисканта,
Если зима придёт,
Гнёзда жаворонков
Появятся там!

君が代は
白雲かゝる
筑波嶺の
峰のつゞきの
海となるまで
きみがよは
しらくもかかる
つくばねの
みねのつづきの
うみとなるまで


雲居より
つらぬきかくる
白玉を
たれ布引の
瀧といひけむ
くもゐより
つらぬきかくる
しらたまを
たれぬのびきの
たきといひけむ


すみのぼる
月の光に
さそはれて
雲のうへまで
行く心かな
すみのぼる
つきのひかりに
さそはれて
くものうへまで
ゆくこころかな
Позванное
Светом луны,
Что поднимается, светлее,
До тех мест, что над облаками
Улетает сердце!

行く人も
天のと渡る
心地して
雲のなみぢに
月をみるかな
ゆくひとも
あめのとわたる
ここちして
くものなみぢに
つきをみるかな


かぐ山の
白雲かゝる
峯にても
同じたかさぞ
月は見えける
かぐやまの
しらくもかかる
みねにても
おなじたかさぞ
つきはみえける
Там, где вершина,
Покрытая белыми облаками,
Горы Кагуяма,
На той же самой высоте
Видна луна!

昔見し
雲居をこひて
芦たづの
澤邊になくや
我身なるらむ
むかしみし
くもゐをこひて
あしたづの
さはべになくや
わがみなるらむ


思ひかね
そなたの空を
眺むれば
たゞ山の端に
かゝる白雲
おもひかね
そなたのそらを
ながむれば
たゞやまのはに
かかるしらくも


わたの原
こぎ出でゝみれば
久方の
雲居にまがふ
沖つ白波
わたのはら
こぎいでてみれば
ひさかたの
くもゐにまがふ
おきつしらなみ
На равнину моря
Мы выплыли и увидали:
Там, далёко-далёко,
Сродни облакам вечносущим,
Недвижны белые волны.
Включено в Огура Хякунин иссю, 76

(Перевод по книге «Сто стихотворений ста поэтов»: Старинный изборник японской поэзии VII—XIII вв./ Предисл., перевод со старояп., коммент. В. С. Сановича; Под ред. В. Н. Марковой. — 3-е изд., доп. и перераб. — М.-СПб.: Летний сад; Журнал «Нева», 1998. — 288 с.)
かくてのみ
よに有明の
月ならば
雲隱してよ
あまくだる神
かくてのみ
よにありあけの
つきならば
くもかくしてよ
あまくだるかみ


世の中の
人のこゝろの
浮雲に
空がくれする
ありあけの月
よのなかの
ひとのこころの
うきくもに
そらがくれする
ありあけのつき


雲ならで
木高き峰に
ゐるものは
憂き世をそむく
わが身なりけり
くもならで
きたかきみねに
ゐるものは
うきよをそむく
わがみなりけり
Кроме облаков,
Высоких пиков гор
Обитатель, —
Это я,
Отринувший бренный мир[139].
139. Стихотворение помещено в Синсюисю, 19.
君が當り
雲ゐに見つゝ
宮路山
打越え行かむ
道も志らなく
きみかあたり
くもゐにみつつ
みやぢやま
うちこえゆかむ
みちもしらなく


見るからに
花の名だての
身なれども
心は雲の
上迄ぞゆく
みるからに
はなのなだての
みなれども
こころはくもの
うへまでぞゆく


山櫻
白雲にのみ
まがへばや
はるのこゝろの
空になるらむ
やまさくら
しらくもにのみ
まがへばや
はるのこころの
そらになるらむ


棚機は
雲の衣を
引き重ね
かへさでぬるや
こよひなるらむ
たなばたは
くものころもを
ひきかさね
かへさでぬるや
こよひなるらむ


よそ也し
雲の上にて
見る時も
秋の月には
あかずぞ有ける
よそなりし
くものうへにて
みるときも
あきのつきには
あかずぞあける


君が代は
千代に一たび
ゐる塵の
白雲かゝる
山となるまで
きみがよは
ちよにひとたび
ゐるちりの
しらくもかかる
やまとなるまで


紫の
雲のよそなる
身なれ共
たつときくこそ
嬉しかりけれ
むらさきの
くものよそなる
みなれとも
たつときくこそ
うれしかりけれ


別路は
たつ今日よりも
歸るさを
哀雲居に
きかむとすらむ
わかれぢは
たつけふよりも
かへるさを
あはれくもゐに
きかむとすらむ


あふ事は
雲居遙かに
へだつとも
心かよはぬ
程はあらじを
あふことは
くもゐはるかに
へだつとも
こころかよはぬ
ほどはあらじを


白雲の
上よりみゆる
足引の
やまの高嶺や
みさかなるらむ
しらくもの
うへよりみゆる
あしびきの
やまのたかねや
みさかなるらむ


紫の
雲のかけても
思ひきや
春のかすみに
なしてみむとは
むらさきの
くものかけても
おもひきや
はるのかすみに
なしてみむとは


雲居にて
ちぎりし中は
棚機を
羨むばかり
なりにけるかな
くもゐにて
ちぎりしなかは
たなばたを
うらやむばかり
なりにけるかな


天雲の
かへるばかりの
むら雨に
所せきまで
ぬれし袖かな
あまぐもの
かへるばかりの
むらさめに
ところせきまで
ぬれしそでかな


恨むとも
こふ共いかゞ
雲居より
遙けき人を
空にしるべき
うらむとも
こふともいかが
くもゐより
はるけきひとを
そらにしるべき


何方へ
行くとも月の
見えぬかな
た靡く雲の
空になければ
なにかたへ
ゆくともつきの
みえぬかな
たなびくくもの
そらになければ


常よりも
さやけき秋の
月を見て
あはれ戀しき
雲の上かな
つねよりも
さやけきあきの
つきをみて
あはれこひしき
くものうへかな


今は唯
雲居の月を
眺めつゝ
めぐりあふべき
程も志られず
いまはただ
くもゐのつきを
ながめつつ
めぐりあふべき
ほどもしられず


うき事も
まだ白雲の
山のはに
かゝるやつらき
心なるらむ
うきことも
まだしらくもの
やまのはに
かかるやつらき
こころなるらむ


雲の上
に光かくれ
し夕より
いく夜といふに
月をみつらむ
くものうへ
にひかりかくれ
しゆふより
いくよといふに
つきをみつらむ


わしの山
隔つる雲や
深からむ
つねにすむなる
月を見ぬ哉
わしのやま
へだつるくもや
ふかからむ
つねにすむなる
つきをみぬかな


天の戸を
雲居ながらも
よそに見て
昔の跡を
こふる月かな
あまのとを
くもゐながらも
よそにみて
むかしのあとを
こふるつきかな


中ぞらに
たちゐるくもの
あともなく
身のはかなくも
なりにけるかな
なかぞらに
たちゐるくもの
あともなく
みのはかなくも
なりにけるかな
Как в небе чистом
облака плывущие бесследно
исчезают,
так и мой удел —
быстротечным станет

浜千鳥
とびゆくかぎり
ありければ
雲立つ山を
あはとこそ見れ
はまちどり
とびゆくかぎり
ありければ
くもたつやまを
あはとこそみれ
Есть предел высоты
Полёта
У прибрежной птицы тидори,
Потому и горами, над которыми встают облака,
Любуются издали: вон они![383] —
383. В этой танка поэтесса под птицами разумеет себя, под горами – императора. Ава – название местности и «вот оно», а также «туманно», «неясно», «слегка». Танка помещена в Окагами фурумоногатари.
天の川
流れて戀ひばう
くもぞある
哀と思ふ
せに早くみむ
あまのかは
ながれてこひばう
くもぞある
あはれとおもふ
せにはやくみむ


雲の上に
さ計さしゝ
日影にも
君が氷柱は
解けずなりにき
くものうへに
さばかりさしし
ひかげにも
きみがつららは
とけずなりにき


しら雲と
をちの高嶺の
みえつるは
心まどはす
櫻なりけり
しらくもと
をちのたかねの
みえつるは
こころまどはす
さくらなりけり
Белые облака
Над высокой вершиной гор в Оти
Вижу!
Сердце в смятенье
От сакуры...

白雲に
まがふさくらの
梢にて
千とせの春を
空にしるかな
しらくもに
まがふさくらの
こずゑにて
ちとせのはるを
そらにしるかな
В ветвях
С белым облаком
Смешавшейся сакуры
Тысячелетняя весна,
Что ведома богам.
* Сакура такая древняя, что видела уже тысячу вёсен

??
白雲に
まがふ櫻を
尋ぬとて
かゝらぬ山の
なかりつるかな
しらくもに
まがふさくらを
たづぬとて
かからぬやまの
なかりつるかな
С белым облаком
Смешавшуюся сакуру
Посетили!
И нет таких гор,
Что остались без вниманья.

葛城や
高間の山の
峯つゞき
朝居るくもや
さくらなるらむ
かづらきや
たかまのやまの
みねつづき
あさゐるくもや
さくらなるらむ


櫻花
さきぬる時は
よしの山
たちものぼらぬ
峰のしらくも
さくらばな
さきぬるときは
よしのやま
たちものぼらぬ
みねのしらくも
В пору, когда
Цветёт сакура
В горах Ёсино
Не поднимающееся
Облако у вершин.

山ざくら
咲きそめしより
久方の
雲居にみゆる
瀧のしら糸
やまざくら
さきそめしより
ひさかたの
くもゐにみゆる
たきのしらいと
Окрасились больше, чем
Горная сакура,
В колодце облаков
На извечной тверди небес
Белые нити водопада.

初瀬山
雲ゐに花の
さきぬれば
天の河なみ
たつかとぞ見る
はつせやま
くもゐにはなの
さきぬれば
あまのかはなみ
たつかとぞみる
Не потому ль, что
Расцвели цветы в колодце облаков
На горах Хацусэ,
Я вижу, как встают
Волны в небесной реке.

吉野山
みねに波よる
白雲と
みゆるは花の
こずゑなりけり
よしのやま
みねになみよる
しらくもと
みゆるははなの
こずゑなりけり
На горах Ёсино,
К пикам стремящиеся волны
Белых облаков, —
Показалось мне.
Ветви сакуры в цвету.

春雨に
ぬれて尋ねむ
やま櫻
雲のかへしの
あらしもぞふく
はるさめに
ぬれてたづねむ
やまさくら
くものかへしの
あらしもぞふく
Пусть вымокнем под
Весенним дождём, но пойдём
К сакуре горной!
Пусть даже и дует горный ветер,
Который вернёт облака.
* Ветер наполнит небо лепестками сакур, которые будут словно облака?
月影に
花見る夜半の
うき雲は
風のつらさに
劣らざりけり
つきかげに
はなみるよはの
うきくもは
かぜのつらさに
おとらざりけり
Плывущее облако
В ночи, когда мы любуемся
Цветами сакуры в лунном свете,
Не так жестоко,
Как ветер...
Оно закрывает свет, но потом свет возвращается?..
櫻花
雲かゝるまで
かきつめて
吉野の山と
今日はみるかな
さくらばな
くもかかるまで
かきつめて
よしののやまと
けふはみるかな
Из лепестков сакуры
До облаков
Кучи собрали,
На горы Ёсино
Сегодня похожи.

しら雲と
峯にはみえて
さくら花
ちれば麓の
雪とこそみれ
しらくもと
みねにはみえて
さくらはな
ちればふもとの
ゆきとこそみれ
Цветы сакуры,
Что кажутся белым облаком
На вершине гор,
Когда опадут,
Будут снегом у пожножья!

長き夜の
月の光の
なかりせば
雲居の花を
いかでをらまし
ながきよの
つきのひかりの
なかりせば
くもゐのはなを
いかでをらまし
Если б не было
Лунного света
Этими долгими ночами,
Как бы срывали цветы
В колодце облаков?

移居今夜蘿薜眠
夢裡山雞報曉天
不覺雲來衣暗濕
即知家近深溪邊



孤雲秋色暮蕭條
魚鳥清機復寥寥
欹枕山風空肅殺
橫琴溪月自逍遙
僻居人老文章拙
幽谷年深鬂髮凋
蘿戶閑來無一事
莫言吾侶隱須招



遁世雲山裏
秋深掩弊廬
溪廚作酌濁
野院旦焚枯
詠興逍遙事
琴聲語笑餘
欣將軒冕客
俱醉晚林虛



白雲輕重起山谷
蒼嶺高低本入室
或灑或飛南北雨
乍飄乍扇東西風
唯有一虛湛不變
千年萬歲顏色同
欲言□□傍烟色
天水含暉秋月通



みよしのゝ
花の盛と
しりながら
なほしら雲と
誤たれつゝ
みよしのの
はなのさかりと
しりながら
なほしらくもと
あやまたれつつ
Я знаю о том,
Что в прекрасном Ёсино
Цветёт сакура,
Но раз за разом
Путаю её с белыми облаками.

思ふ事
ありてや見まし
秋の月
雲吹き拂ふ
かぜなかりせば
おもふこと
ありてやみまし
あきのつき
くもふきはらふ
かぜなかりせば
То о чём печалюсь есть ли?
Как увидел бы я
Осеннюю луну,
Если б не подул ветер,
Разогнавший тучи.

歌経標式 > 和歌三種體 (Три формы вака)
志良具母能
他奈比其夜麻波
表礼止阿可奴加母
他豆奈良婆
阿佐止比己衣天
由不倍己麻之乎
しらぐもの
たなびくやまは
みれどあかぬかも
たつならば
あさとびこえて
ゆふべこましを
歌経標式 > 和歌三種體 (Три формы вака)
阿麻俱母能
可氣佐倍表由留
あまぐもの
かげさへみゆる
天雲之
影<塞>所見
隠来<矣>
長谷之河者
浦無蚊
船之依不来
礒無蚊
海部之釣不為
吉咲八師
浦者無友
吉畫矢寺
礒者無友
奥津浪
諍榜入来
白水郎之釣船
あまくもの
かげさへみゆる
こもりくの
はつせのかはは
うらなみか
ふねのよりこぬ
いそなみか
あまのつりせぬ
よしゑやし
うらはなくとも
よしゑやし
いそはなくとも
おきつなみ
きほひこぎりこ
あまのつりぶね
У реки Хацусэ здесь,
Запертой средь гор глухих,
Где на глади вод видна
Даже тень небесных туч,
Потому ль что бухты нет,
Не причалят корабли,
Потому ль что брега нет,
Не рыбачат рыбаки.
Что же, хорошо и так,
Пусть не будет бухты здесь!
Что же, хорошо и так,
Пусть не будет берегов!
Все равно плыви сюда,
Оставляя позади
Волны дальние морей,
Челн плывущий рыбака!
* Некоторые комментаторы, указывая на сходство с песней Хитомаро (см. п. 131), полагают, что жители Ямато распевали эту песню, изменив ее текст, и считали ее народной (CH). Возможно и обратное толкование, что Хитомаро использовал народную песню. Во всяком случае важно, что так или иначе творчество Хитомаро было тесно связано с народной песней.

Разбирается в Какё Хёсики
郭公
雲のたえまに
いる月の
影ほのかにも
なきわたるかな
ほととぎす
くものたえまに
いるつきの
かげほのかにも
なきわたるかな
Кукушка!
Звучишь ты и там,
Вдали, где падают лучи
Луны, что светит
Из разрывов облаков.

青山之
嶺乃白雲
朝尓食尓
恒見杼毛
目頬四吾君
あをやまの
みねのしらくも
あさにけに
つねにみれども
めづらしあがきみ
О, сколько ни любуюсь я всегда
И ранним утром, и при свете дня
На облака среди лазурных гор,
Они полны все новой красоты,
И так же, как они, — чудесен ты!
* Есть два толкования этой песни: одни считают, что она обращена к возлюбленной, о которой говорится в предыдущей песне; другие, — что песня обращена к важному гостю. Исходя из контекста, мы придерживаемся второго толкования.
歌経標式 > 和歌三種體 (Три формы вака)
何勢不氣馬
俱母能岐奴可佐
他都他夜麻
以䓁尒保波㔟留
阿佐可保能婆那
かぜふけば
くものきぬがさ
たつたやま
いとにほはせる
あさがほがはな
わが袖に
露ぞおくなる
あまの川
雲の柵
なみやこすらむ
わがそでに
つゆぞおくなる
あまのかは
くものしがらみ
なみやこすらむ


雲かかる
小夜の中山
越えぬとは
都につげよ
有明の月
くもかかる
さよのなかやま
こえぬとは
みやこにつげよ
ありあけのつき
Облаками затянутую
гору Сая-но нака
мы вчера перешли, —
эту новость в столицу
ты передай, утренняя луна.

萬代に
君ぞみるべき
棚機の
ゆきあひの空を
雲のうへにて
よろづよに
きみぞみるべき
たなばたの
ゆきあひのそらを
くものうへにて
Смотрел бы ты
И тысячи годов на
Небо, что на облаками,
Где происходит встреча
Влюблённых звёзд!

年毎に
雲路まどはぬ
かりがねは
心づからや
秋を志るらむ
としごとに
くもぢまどはぬ
かりがねは
こころづからや
あきをしるらむ


月影の
すみわたるかな
天の原
雲ふき拂ふ
夜半のあらしに
つきかげの
すみわたるかな
あまのはら
くもふきはらふ
よはのあらしに
Равнины небес,
Где обитает
Свет луны,
Расчистил облака
Полночный вихрь!

もち月の
雲かくれけん
いにしへの
あはれをけふの
そらにしるかな
もちつきの
くもかくれけむ
いにしへの
あはれをけふの
そらにしるかな


雲のなみ
かゝらぬさ夜の
月影を
きよ瀧川に
映してぞみる
くものなみ
かからぬさよの
つきかげを
きよたきかはに
うつしてぞみる
Ночью, когда волны облаков
Не закрывают
Свет ночной луны,
В водах реки Киётаки
Вижу её отраженье.

すみのぼる
心や空を
拂ふらむ
雲のちりゐぬ
あきの夜の月
すみのぼる
こころやそらを
はらふらむ
くものちりゐぬ
あきのよのつき
Не от сердца
Взлетевшего в ясную высь
Расчистилось небо?
В небесах, откуда ушли все облака
Луна осенней ночи.


山のはに
雲の衣を
ぬぎ捨てゝ
ひとりも月の
立ち昇るかな
やまのはに
くものころもを
ぬぎすてて
ひとりもつきの
たちのぼるかな
Снялось одеянье
Облаков, покрывших
Пики гор,
И лишь одна луна
Восходит над ними!

鏡山
みねより出づる
月なれば
曇る夜もなき
影をこそみれ
かがみやま
みねよりいづる
つきなれば
くもるよもなき
かげをこそみれ
С вершины
Горы Кагами, зеркальной,
Вышла луна!
В эту безоблачную ночь
Виден её свет.

なごりなく
夜半の嵐に
雲晴れて
心のまゝに
すめる月かな
なごりなく
よはのあらしに
くもはれて
こころのままに
すめるつきかな
Бесследно
Разметало облака
Ночною бурей,
И засияла
На ясном небе луна!
思うとおり。思いのまま。
村雲や
月のくまをば
のごふらむ
晴れゆくたびに
照増る哉
むらくもや
つきのくまをば
のごふらむ
はれゆくたびに
てりまさるかな
Не о густые облака
Углами своими
Трётся луна?
Каждый раз, как проясняется,
Светит всё ярче и ярче!

なき人の
形見の雲や
しぐるらむ
夕べの雨に
色は見えねど
なきひとの
かたみのくもや
しぐるらむ
ゆふべのあめに
いろはみえねど
Может, туча та,
Что дождем пролилась,
Была облаком дыма,
Оставшегося от того, кто навсегда ушел,
И в небе затерялся его след?
* Намёк на уже упоминавшуюся (см. коммент. 247, т. 1) песню Гэндзи из главы «Вечерний лик» романа «Гэндзи моногатари»:
Почудится вдруг:
То не туча, а дым
От костра погребального...
И таким неожиданно близким
Ночное покажется небо.
眺むれば
戀しき人の
こひしきに
曇らばくもれ
秋の夜の月
ながむれば
こひしきひとの
こひしきに
くもらばくもれ
あきのよのつき


春の夜の
夢の浮橋
とだえして
峰にわかるる
横雲の空
はるのよの
ゆめのうきはし
とだえして
みねにわかるる
よこぐものそら
Как быстро
Весенняя ночь миновала!
В рассветном тумане,
От горных вершин оторвавшись,
Плывут облака...
* Намёк на танка Тадаминэ из «Кокинсю»:
Ветер подул —
И вмиг отделилось от горной вершины
Белое облако.
Не так ли и сердце твое
Ненадёжно?
立ちまがふ
みねの雲をば
はらふとも
花をちらさぬ
あらしなりせば
たちまがふ
みねのくもをば
はらふとも
はなをちらさぬ
あらしなりせば


よしの山
人に心を
つけがほに
はなよりさきに
かかるしら雲
よしのやま
ひとにこころを
つけがほに
はなよりさきに
かかるしらくも


おぼつかな
たにはさくらの
いかならん
みねにはいまだ
かけぬしら雲
おぼつかな
たにはさくらの
いかならん
みねにはいまだ
かけぬしらくも


さみだれの
はれまも見えぬ
雲ぢより
山ほととぎす
なきてすぐなり
さみだれの
はれまもみえぬ
くもぢより
やまほととぎす
なきてすぐなり


まちいでて
くまなきよひの
月みれば
雲ぞ心に
まづかかりける
まちいでて
くまなきよひの
つきみれば
くもぞこころに
まづかかりける


秋風や
あまつ雲井を
はらふらん
ふけゆくままに
月のさやけき
あきかぜや
あまつくもゐを
はらふらん
ふけゆくままに
つきのさやけき


雲も見ゆ
風もふくれば
あらくなる
のどかなりつる
月のひかりを
くももみゆ
かぜもふくれば
あらくなる
のどかなりつる
つきのひかりを


うき雲の
月のおもてに
かかれども
はやくすぐるは
うれしかりけり
うきくもの
つきのおもてに
かかれども
はやくすぐるは
うれしかりけり


すぎやらで
月ちかくゆく
うき雲の
ただよふみるは
わびしかりけり
すぎやらで
つきちかくゆく
うきくもの
ただよふみるは
わびしかりけり


雲はらふ
あらしに月の
みがかれて
ひかりえてすむ
あきの空かな
くもはらふ
あらしにつきの
みがかれて
ひかりえてすむ
あきのそらかな


雲きえし
秋のなかばの
空よりも
月はこよひぞ
なにおへりける
くもきえし
あきのなかばの
そらよりも
つきはこよひぞ
なにおへりける


雲きゆる
なちのたかねに
月たけて
ひかりをぬける
たきのしらいと
くもきゆる
なちのたかねに
つきたけて
ひかりをぬける
たきのしらいと


秋のよの
いざよふ山の
はのみかは
雲のたえまも
またれやはせぬ
あきのよの
いざよふやまの
はのみかは
くものたえまも
またれやはせぬ


よこ雲の
風にわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ
よこくもの
かぜにわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ


しら雲を
つばさにかけて
ゆく雁の
かどたのおもの
ともしたふなり
しらくもを
つばさにかけて
ゆくかりの
かどたのおもの
ともしたふなり


しらざりき
雲井のよそに
みし月の
かげをたもとに
やどすべしとは
しらざりき
くもゐのよそに
みしつきの
かげをたもとに
やどすべしとは


秋のよの
月やなみだを
かこつらん
雲なきかげを
もてやつすとて
あきのよの
つきやなみだを
かこつらん
くもなきかげを
もてやつすとて


あまのはら
さゆるみそらは
はれながら
なみだぞ月の
雲になりける
あまのはら
さゆるみそらは
はれながら
なみだぞつきの
くもになりける


あま雲の
わりなきひまを
もる月の
かげばかりだに
あひみてしがな
あまくもの
わりなきひまを
もるつきの
かげばかりだに
あひみてしがな


あまくだる
なをふきあげの
神ならば
雲はれのきて
ひかりあらはせ
あまくだる
なをふきあげの
かみならば
くもはれのきて
ひかりあらはせ


にしをまつ
心にふぢを
かけてこそ
そのむらさきの
雲をおもはめ
にしをまつ
こころにふぢを
かけてこそ
そのむらさきの
くもをおもはめ


雲はるる
わしのみやまの
月影を
心すみてや
君ながむらん
くもはるる
わしのみやまの
つきかげを
こころすみてや
きみながむらん


わしの山
誰かは月を
みざるべき
心にかかる
雲しはれなば
わしのやま
たれかはつきを
みざるべき
こころにかかる
くもしはれなば


雲にただ
こよひの月を
まかせてん
いとふとてしも
はれぬものゆゑ
くもにただ
こよひのつきを
まかせてん
いとふとてしも
はれぬものゆゑ


はれまなく
雲こそ空に
みちにけれ
月みることは
おもひたえなん
はれまなく
くもこそそらに
みちにけれ
つきみることは
おもひたえなん


はれがたき
山路の雲に
うづもれて
こけのたもとは
きりくちにけり
はれがたき
やまぢのくもに
うづもれて
こけのたもとは
きりくちにけり


空わたる
雲なりけりな
よしの山
はなもてわたる
風とみたれば
そらわたる
くもなりけりな
よしのやま
はなもてわたる
かぜとみたれば


山もなき
うみのおもてに
たなびきて
なみの花にも
まがふしら雲
やまもなき
うみのおもてに
たなびきて
なみのはなにも
まがふしらくも


あくがれし
こころを道の
しるべにて
雲にともなふ
身とぞ成りぬる
あくがれし
こころをみちの
しるべにて
くもにともなふ
みとぞなりぬる


かみな月
たににぞ雲は
しぐるめる
月すむ峰は
あきにかはらで
かみなつき
たににぞくもは
しぐるめる
つきすむみねは
あきにかはらで


立ちのぼる
月のあたりに
雲きえて
光かさぬる
ななこしのみね
たちのぼる
つきのあたりに
くもきえて
ひかりかさぬる
ななこしのみね


雲はれて
身にうれへなき
人の身ぞ
さやかに月の
かげはみるべき
くもはれて
みにうれへなき
ひとのみぞ
さやかにつきの
かげはみるべき


さみだれの
はれまたづねて
ほととぎす
雲井につたふ
声きこゆなり
さみだれの
はれまたづねて
ほととぎす
くもゐにつたふ
こゑきこゆなり


はれやらで
ふたむら山に
たつ雲は
ひらのふぶきの
なごりなりけり
はれやらで
ふたむらやまに
たつくもは
ひらのふぶきの
なごりなりけり


おもひやる
たかねのくもの
はなならば
ちらぬなぬかは
はれじとぞ思ふ
おもひやる
たかねのくもの
はなならば
ちらぬなぬかは
はれじとぞおもふ


よし野山
たにへたなびく
しらくもは
みねのさくらの
ちるにやあるらん
よしのやま
たにへたなびく
しらくもは
みねのさくらの
ちるにやあるらん
В горах Ёсино
Вместе с цветами вишен
Через вершину летит
Буря, как белое облако...
Издали не различить.

吉野山
さくらにまがふ
しら雲の
ちりなんのちは
はれずもあらなん
よしのやま
さくらにまがふ
しらくもの
ちりなんのちは
はれずもあらなん


花とみば
さすがなさけを
かけましを
くもとて風の
はらふなるべし
はなとみば
さすがなさけを
かけましを
くもとてかぜの
はらふなるべし


おしなべて
はなのさかりに
成にけり
やまのはごとに
かかるしらくも
おしなべて
はなのさかりに
なりにけり
やまのはごとに
かかるしらくも


そらにいでて
いづくともなく
たづぬれば
くもとははなの
見ゆるなりけり
そらにいでて
いづくともなく
たづぬれば
くもとははなの
みゆるなりけり
Шёл я в небесную даль,
Куда, я и сам не знаю,
И увидал наконец:
Меня обмануло облако...
Прикинулось вишней в цвету.

まがふいろに
花さきぬれば
よしの山
はるははれせぬ
みねのしら雲
まがふいろに
はなさきぬれば
よしのやま
はるははれせぬ
みねのしらくも


よしの山
ひとむら見ゆる
しらくもは
さきおくれたる
さくらなるべし
よしのやま
ひとむらみゆる
しらくもは
さきおくれたる
さくらなるべし


雲はるる
あらしのおとは
松にあれや
月もみどりの
色にはえつつ
くもはるる
あらしのおとは
まつにあれや
つきもみどりの
いろにはえつつ


くもとりや
しこの山路は
さておきて
をぐちがはらの
さびしからぬか
くもとりや
しこのやまぢは
さておきて
をぐちがはらの
さびしからぬか


思ひきや
雲居の月を
よそにみて
心の闇に
まどふべしとは
おもひきや
くもゐのつきを
よそにみて
こころのやみに
まどふべしとは


月ならで
ながむる物は
山のはに
よこ雲わたる
春の明ぼの
つきならで
ながむるものは
やまのはに
よこくもわたる
はるのあけぼの


雲もみな
波とぞみゆる
海人もがな
いづれか海と
問ひて知るべく
くももみな
なみとぞみゆる
あまもがな
いづれかうみと
とひてしるべく
Облака
Так похожи на волны!
Рыбака бы увидеть
И узнать: где же море,
Об этом спросив у него.

炭がまに
たつ烟さへ
小野山は
雪げの雲と
みゆるなりけり
すみがまに
たつけぶりさへ
をのやまは
ゆきげのくもと
みゆるなりけり


歸る雁
雲ゐ遙かに
成りぬなり
またこむ秋も
遠しと思ふに
かへるかり
くもゐはるかに
なりぬなり
またこむあきも
とほしとおもふに


久かたの
みどりの空の
雲間より
聲もほのかに
歸る鴈がね
ひさかたの
みどりのそらの
くもまより
こゑもほのかに
かへるかりがね


立ち返り
天の戸わたる
鴈がねは
羽風に雲の
波やかへらむ
たちかへり
あめのとわたる
かりがねは
はかぜにくもの
なみやかへらむ


絶々に
たなびく雲の
あらはれて
まがひもはてぬ
山櫻かな
たえだえに
たなびくくもの
あらはれて
まがひもはてぬ
やまさくらかな


雲やたつ
霞やまがふ
山ざくら
花よりほかも
花とみゆらむ
くもやたつ
かすみやまがふ
やまざくら
はなよりほかも
はなとみゆらむ


けふみれば
雲も櫻も
うづもれて
霞かねたる
みよし野の山
けふみれば
くももさくらも
うづもれて
かすみかねたる
みよしののやま


まだちらぬ
櫻なりけり
古郷の
よしのゝ山の
みねのしら雲
まだちらぬ
さくらなりけり
ふるさとの
よしのゝやまの
みねのしらくも


葛城や
高嶺の雲を
にほひにて
まがひし花の
色ぞうつろふ
かづらきや
たかねのくもを
にほひにて
まがひしはなの
いろぞうつろふ


天つ空
こよひの名をや
惜むらむ
月にたなびく
浮雲もなし
あまつそら
こよひのなをや
をしむらむ
つきにたなびく
うきくももなし


むら雲の
峯にわかるゝ
跡とめて
山のはつかに
出づる月影
むらくもの
みねにわかるる
あととめて
やまのはつかに
いづるつきかげ


明石潟
あまのたく繩
くるゝより
雲こそなけれ
秋の月かげ
あかしかた
あまのたくなは
くるるより
くもこそなけれ
あきのつきかげ


秋の行く
野山の淺茅
うら枯れて
峰に分るゝ
雲ぞしぐるゝ
あきのゆく
のやまのあさぢ
うらかれて
みねにわかるる
くもぞしぐるる


葛城や
高間の櫻
ながむれば
ゆふ居る雲に
はるかぜぞふく
かづらきや
たかまのさくら
ながむれば
ゆふゐるくもに
はるかぜぞふく


雲の上に
昇らむまでも
見てしがな
鶴の毛衣
年ふとならば
くものうへに
のぼらむまでも
みてしがな
つるのげころも
としふとならば


忘れずよ
あかぬ名殘に
立別れ
みしをかぎりの
よこ雲の空
わすれずよ
あかぬなのこに
たちわかれ
みしをかぎりの
よこくものそら


いかばかり
空を仰ぎて
歎くらむ
いく雲居とも
志らぬ別を
いかばかり
そらをあおぎて
なげくらむ
いくくもゐとも
しらぬわかれを


古里の
花の都に
住み侘びて
八雲たつといふ
出雲へぞゆく
ふるさとの
はなのみやこに
すみわびて
やくもたつといふ
いづもへぞゆく
В родном селении,
Столице цветов
Печально жилось,
И направляюсь в Идзумо,
Где, говорят, что встают многослойные облака.
Ссылка на стих Сусаноо из Кодзики
わたのべや
大江の岸に
宿りして
雲居にみゆる
伊駒山かな
わたのべや
おほえのきしに
やどりして
くもゐにみゆる
いこまやまかな
Равнина моря,
У берега Оэ
Заночевали,
А в колодце облаков
Видно гора Икома!

月はかく
雲居なれ共
見るものを
哀れ都の
かゝらましかば
つきはかく
くもゐなれとも
みるものを
あはれみやこの
かからましかば


都いでゝ
雲居遙かに
きたれども
猶西にこそ
月は入りけれ
みやこいでて
くもゐはるかに
きたれども
なほにしにこそ
つきはいりけれ


などてか
く雲隱るらむ
かく計り
長閑に澄める
月もあるよに
などてかく
くもかくるらむ
かくばかり
のどかにすめる
つきもあるよに


懐風藻 > 大伴王 (Принц Отомо)
欲尋張騫跡
幸逐河源風
夕雲指南北
夕霧正西東
嶺峻絲響急
谿曠竹鳴融
將歌造化趣
握素愧不工

Желая пройти по стопам Чжан Сяня,
Счастлив проследовать с ветром к речному истоку.
Утренние облака протянулись с юга на север.
Вечерний туман расстелился с запада на восток.
Пики шумны резвой музыкой струнной.
Долины слились с пеньем бамбуковых флейт.
Будет то песней о сути творенья!
Схватился за кисть, но стыжусь, неумелый.
47

* Другой вариант перевода есть в книге Мещеряков А.Н. "Политическая культура древней Японии".
いかにして
寫しとめけむ
雲居にて
あかず隱れし
月の光を
いかにして
うつしとめけむ
くもゐにて
あかずかくれし
つきのひかりを


思ひやれ
志らぬ雲ぢも
入方の
月より外の
ながめやはある
おもひやれ
しらぬくもぢも
いりかたの
つきよりほかの
ながめやはある


夜久毛多都
伊豆毛夜幣賀岐
都麻碁微爾
夜幣賀岐都久流
曾能夜幣賀岐袁
やくもたつ
いづもやへがき
つまごみに
やへがきつくる
そのやへがきを
В Идзумо, где в восемь гряд облака встают,
Покои в восемь оград,
Чтобы укрыть жену,
Покои в восемь оград воздвиг [я],
Да, те покои в восемь оград!

昨日けふ
都の空も
かぜ冴えて
外山の雲に
ゆきはふりつゝ
きのふけふ
みやこのそらも
かぜさえて
とやまのくもに
ゆきはふりつつ


石倉之
小野従秋津尓
發渡
雲西裳在哉
時乎思将待
いはくらの
をのゆあきづに
たちわたる
くもにしもあれや
ときをしまたむ
Пусть стану облаком,
Что из Ивакура-долины
Поднявшись, в Акицу плывет,
Я буду ждать тогда,
Что встречи час придет!
* Песня сложена юношей из Ивакура, обращена к возлюбленной из Акицу.
雲間なく
詠むる空も
かきくらし
いかに忍ぶる
時雨なる覽
くもまなく
ながむるそらも
かきくらし
いかにしのぶる
しぐれなるらん


理りの
時雨の空は
雲間あれど
詠むる袖ぞ
かわくよもなき
ことはりの
しぐれのそらは
くもまあれど
ながむるそでぞ
かわくよもなき


雲居より
散りくる雪は
久方の
月のかつらの
花にやある覽
くもゐより
ちりくるゆきは
ひさかたの
つきのかつらの
はなにやあるらん
Из колодца облаков
Снег рассыпающийся и идущий,
Не тот ли это снег,
Что на цветах лавра
С луны с извечной тверди небес.


女郎花
ひる見てましを
あきの夜の
月の光は
雲がくれつゝ
をみなへし
ひるみてましを
あきのよの
つきのひかりは
くもがくれつつ


寂しきは
いつも詠めの
物なれど
雲間の峯の
雪のあけぼの
さひしきは
いつもながめの
ものなれど
くもまのみねの
ゆきのあけぼの
Снежный рассвет
На пике горы, что виден меж облаков,
На который я
Обычно всегда смотрю,
Когда одиноко...

松の戸を
おし明方の
山かぜに
雲もかゝらぬ
月をみるかな
まつのとを
おしあけかたの
やまかぜに
くももかからぬ
つきをみるかな


明方に
出でにし月も
入りぬらむ
猶なか空の
雲ぞみだるゝ
あけかたに
いでにしつきも
いりぬらむ
なほなかそらの
くもぞみだるる


明方の
雲居の雁の
聲はして
とやまの霧に
のこるつきかけ
あけかたの
くもゐのかりの
こゑはして
とやまのきりに
のこるつきかけ


年あれば
秋の雲なす
いな莚
かり志く民の
たゝぬ日ぞなき
としあれば
あきのくもなす
いなむしろ
かりしくたみの
たたぬひぞなき


こし方を
やへの白雲
隔てつゝ
いとゞ山路の
遙かなるかな
こしかたを
やへのしらくも
へだてつつ
いとどやまぢの
はるかなるかな


たち返り
又もやこえむ
みねの雲
跡もとゞめぬ
四方の嵐に
たちかへり
またもやこえむ
みねのくも
あともとどめぬ
よものあらしに


こえわぶる
山も幾重に
なりぬらむ
分けゆく跡を
埋む白雲
こえわぶる
やまもいくへに
なりぬらむ
わけゆくあとを
うずむしらくも


立昇る
雲もおよばぬ
富士の嶺に
烟をこめて
かすむ春かな
たちのぼる
くももおよばぬ
ふじのねに
けぶりをこめて
かすむはるかな


よそにみし
雲もさながら
埋もれて
霞ぞかゝる
葛城のやま
よそにみし
くももさながら
うづもれて
かすみぞかかる
かづらきのやま


思ひたつ
程は雲居に
行くかりの
故郷遠く
かすむそらかな
おもひたつ
ほどはくもゐに
ゆくかりの
ふるさととほく
かすむそらかな


歸る雁
心のまゝに
過ぎぬなり
關のほかなる
雲のかよひ路
かへるかり
こころのままに
すぎぬなり
せきのほかなる
くものかよひぢ


山高み
けふは麓に
なりにけり
昨日分けこし
みねのしら雲
やまたかみ
けふはふもとに
なりにけり
きのふわけこし
みねのしらくも
Высокие горы
Сегодня подножьями
Стали,
Вчера пришли, разделив,
Пелые облака у вершин!


芳野山
人に心を
つげがほに
花よりさきに
かゝるしらくも
よしのやま
ひとにこころを
つげがほに
はなよりさきに
かかるしらくも


けふも亦
花まつほどの
慰めに
眺めくらしつ
峯のしらくも
けふもまた
はなまつほどの
なぐさめに
ながめくらしつ
みねのしらくも


いかにして
窓に年へし
笛竹の
雲居にたかく
ねを傳へけむ
いかにして
まどにとしへし
ふゑたけの
くもゐにたかく
ねをつたへけむ


澄み昇る
月のあたりは
空晴れて
山の端遠く
のこるうき雲
すみのぼる
つきのあたりは
そらはれて
やまのはとほく
のこるうきくも


山風に
漂ふ雲の
晴れくもり
おなじ尾上に
ふるしぐれかな
やまかぜに
ただよふくもの
はれくもり
おなじをのへに
ふるしぐれかな


待たれつる
尾上の櫻
いろ見えて
霞の間より
匂ふしらくも
またれつる
をのへのさくら
いろみえて
かすみのまより
にほふしらくも


三笠山
高嶺の花や
咲きぬらむ
ふりさけ見れば
かゝる白雲
みかさやま
たかねのはなや
さきぬらむ
ふりさけみれば
かかるしらくも


をり知れば
心や行きて
ながむべき
雲居る峰に
待ちし櫻を
をりしれば
こころやゆきて
ながむべき
くもゐるみねに
まちしさくらを


眺むれば
四方の白雲
かゝらくの
初瀬の山は
花にほふらし
ながむれば
よものしらくも
かからくの
はつせのやまは
はなにほふらし


吉野山
をのへの櫻
咲きぬれば
絶えずたなびく
はなの白雲
よしのやま
をのへのさくら
さきぬれば
たえずたなびく
はなのしらくも


山櫻
咲ける咲かざる
おしなべて
さながら花と
見ゆる白雲
やまさくら
さけるさかざる
おしなべて
さながらはなと
みゆるしらくも


吉野山
空も一つに
匂ふなり
かすみの上の
はなのしらくも
よしのやま
そらもひとつに
にほふなり
かすみのうへの
はなのしらくも


いづくより
花とも分かむ
山高み
櫻につゞく
峯のしらくも
いづくより
はなともわかむ
やまたかみ
さくらにつづく
みねのしらくも


白雲の
かゝらざりせば
山櫻
かさねて花の
いろをみましや
しらくもの
かからざりせば
やまさくら
かさねてはなの
いろをみましや


山高み
重なる雲の
白妙に
さくらもまがふ
はるのあけぼの
やまたかみ
かさなるくもの
しろたへに
さくらもまがふ
はるのあけぼの
Горы высоки,
И облакам, к ним приникшим,
Белотканая
Сакура примешалась:
Весенний рассвет!

見渡せば
松の絶間に
霞みけり
遠里小野の
はなのしらくも
みわたせば
まつのたえまに
かすみけり
とほさとをのの
はなのしらくも
Окинув вглядом, видишь:
В разрывах сосен
Тумана дымка,
А на полях далёкого селенья
Белое облако сакуры!

芳野山
みねにたなびく
白雲の
匂ふは花の
さかりなりけり
よしのやま
みねにたなびく
しらくもの
にほふははなの
さかりなりけり


いつも唯
花にまがへて
眺めばや
春のみ懸かる
峰の雲かは
いつもただ
はなにまがへて
ながめばや
はるのみかかる
みねのくもかは


芳野山
峰立ちかくす
雲かとて
花ゆゑ花を
うらみつるかな
よしのやま
みねたちかくす
くもかとて
はなゆゑはなを
うらみつるかな


芳野山
たなびく雲の
とだえとも
他には見えぬ
花の色かな
よしのやま
たなびくくもの
とだえとも
ほかにはみえぬ
はなのいろかな


木の本を
尋ねぬ人や
吉野山
雲とははなの
いろを見るらむ
このもとを
たづねぬひとや
よしのやま
くもとははなの
いろをみるらむ


あき風に
さそはれわたる
雁がねは
雲居遙に
今日ぞ聞ゆる
あきかぜに
さそはれわたる
かりがねは
くもゐはるかに
けふぞきこゆる
Осенним ветром
Позваны, пролетают,
Гуси, и их крики
В колодце облаков
Вдалеке слышны сегодня...

尋ね來て
見ずば高嶺の
櫻花
けふも雲とぞ
なほおもはまし
たづねきて
みずばたかねの
さくらばな
けふもくもとぞ
なほおもはまし


都には
霞のよそに
ながむらむ
けふ見る峰の
はなのしら雲
みやこには
かすみのよそに
ながむらむ
けふみるみねの
はなのしらくも
В столице
Вдалеке дымку
Наблюдал,
А сегодня вижу
Белые облака цветов на вершине!

あだに咲く
みねの梢の
櫻花
かぜ待つほどの
雲かとぞ見る
あだにさく
みねのこずゑの
さくらばな
かぜまつほどの
くもかとぞみる


散り果てし
花より後の
峯の雲
忘れぬ色に
のこるおもかげ
ちりはてし
はなよりのちの
みねのくも
わすれぬいろに
のこるおもかげ


村雲を
何かは厭ふ
夜半の月
かすめるそらは
絶間だになし
むらくもを
なにかはいとふ
よはのつき
かすめるそらは
たえまだになし


郭公
雲のいづくに
なくとだに
知らで明けぬる
短夜のそら
ほととぎす
くものいづくに
なくとだに
しらであけぬる
みぢかよのそら


立ちのぼる
烟は雲に
なりにけり
室の八島の
五月雨のころ
たちのぼる
けぶりはくもに
なりにけり
むろのやしまの
さみだれのころ
Поднимается ввысь
Пар, становясь
Облаками,
В Муро-но Ясима
Сезон летних дождей.
* Это место во многих стихотворениях связано с поднимающимся от него паром
山賤の
朝げの烟り
雲そへて
晴れぬいほりの
五月雨のころ
やまがつの
あさげのけぶり
くもそへて
はれぬいほりの
さみだれのころ


五月雨に
入りぬる磯の
草よりも
雲間の月ぞ
見らく少なき
さみだれに
いりぬるいその
くさよりも
くもまのつきぞ
みらくすくなき


いつとな
く心空な
るわが戀や
ふじの高嶺に
かゝる志ら雲
いつとなく
こころそらなる
わがこひや
ふじのたかねに
かかるしらくも


きりこめて
あはれもふかき
秋の夜に
雲井の雁も
鳴きわたるかな
きりこめて
あはれもふかき
あきのよに
くもゐのかりも
なきわたるかな


ひさかたの
つきのかつらの
かげにしも
ときしもあれと
ほととぎす
ひとこゑなのる
ありあけの
つきげのこまに
まかせつつ
いともかしこき
たまづさを
ひとりある庭の
しるべにて
たづねしやどの
くさふかみ
ふかきなさけを
つたへしに
たもとにあまる
うれしさは
よそまでもげに
しらくもの
絶え間に日かげ
ほのめきて
あさ置くつゆの
たまぼこの
みち行くひとの
くれはどり
あやしきまでに
いそぎつる
そのかひありて
ちはやぶる
かみしもともに
起き居つる
待つにつけても
すみよしの
みねに生ふなる
くさの名の
わすれがたみの
おもひでや
これあらはれば
なかなかいかに
うらみまし
こころにこむる
わすれがたみを

ひさかたの
つきのかつらの
かげにしも
ときしもあれと
ほととぎす
ひとこゑなのる
ありあけの
つきげのこまに
まかせつつ
いともかしこき
たまづさを
ひとりあるにはの
しるべにて
たづねしやどの
くさふかみ
ふかきなさけを
つたへしに
たもとにあまる
うれしさは
よそまでもげに
しらくもの
たえまにひかげ
ほのめきて
あさおくつゆの
たまぼこの
みちゆくひとの
くれはどり
あやしきまでに
いそぎつる
そのかひありて
ちはやぶる
かみしもともに
おきゐつる
まつにつけても
すみよしの
みねにおふなる
くさのなの
わすれがたみの
おもひでや
これあらはれば
なかなかいかに
うらみまし
こころにこむる
わすれがたみを

*知らる
〔月、駒の毛色、とき色〕
〔暮、あやの枕詞〕
*一句闕。前句「あらはれば」を反歌の初句ともいう。 
* 〔忘草〕
限あれば
天の羽衣
脱變へて
おりぞわづらふ
雲のかけはし
かぎりあれば
あまのはごろも
ぬかはへて
おりぞわづらふ
くものかけはし


澤水に
おりゐるたづは
年ふとも
慣し雲居ぞ
戀しかるべき
さはみづに
おりゐるたづは
としふとも
ならしくもゐぞ
こひしかるべき


雲居まで
立昇るべき
煙かと
みえし思の
ほかにもあるかな
くもゐまで
たちのぼるべき
けぶりかと
みえしおもひの
ほかにもあるかな


心には
月見むとしも
おもはねど
憂には雲ぞ
眺められける
こころには
つきみむとしも
おもはねど
うきにはくもぞ
ながめられける


雲とだに
さだかにはみず
やま櫻
とほき梢や
猶かすむらむ
くもとだに
さだかにはみず
やまさくら
とほきこずゑや
なほかすむらむ


白雲の
夕ゐるやまぞ
なかりける
月をむかふる
四方の嵐に
しらくもの
ゆふゐるやまぞ
なかりける
つきをむかふる
よものあらしに


身を志れば
雲居の雁の
一つらも
後れ先だつ
ねをや鳴く覽
みをしれば
くもゐのかりの
ひとつらも
おくれさきだつ
ねをやなくらん


諸共に
おなじ雲居に
すむ月の
なれて千とせの
秋ぞ久しき
もろともに
おなじくもゐに
すむつきの
なれてちとせの
あきぞひさしき


芦鶴の
雲居に通ふ
聲のうちに
かねても志るし
千世の行末
あしつるの
くもゐにかよふ
こゑのうちに
かねてもしるし
ちよのゆくすゑ


和歌の浦に
子を思ふとて
鳴く鶴の
聲は雲居に
今ぞ聞ゆる
わかのうらに
ねをおもふとて
なくつるの
こゑはくもゐに
いまぞきこゆる


長閑なる
雲居は花も
ちらずして
春のとまりに
成にける哉
のどかなる
くもゐははなも
ちらずして
はるのとまりに
なりにけるかな


雲居にて
いかで扇と
思ひしに
手かく計に
なりにけるかな
くもゐにて
いかであふぎと
おもひしに
てかくばかりに
なりにけるかな


月もすむ
雲井の花を
よそに見て
なれしむかしの
今日ぞこひしき
つきもすむ
くもゐのはなを
よそにみて
なれしむかしの
けふぞこひしき


雲の上の
月にこころは
すむものを
しめの外にや
おもひなすらむ
くものうへの
つきにこころは
すむものを
しめのほかにや
おもひなすらむ


あま雲に
しばしやすらふ
夜半の月
ながむる人の
こころをや知る
あまくもに
しばしやすらふ
よはのつき
ながむるひとの
こころをやしる


いろふかき
雲井の藤を
かざしにて
神もうけみる
つかひなるらむ
いろふかき
くもゐのふぢを
かざしにて
かみもうけみる
つかひなるらむ


そのままを
つたふる雲の
うへなれば
雨さへぞげに
時をたがへぬ
そのままを
つたふるくもの
うへなれば
あめさへぞげに
ときをたがへぬ


いにしへを
今につたふる
雲の上は
雨さへふるき
ためしをぞ知る
いにしへを
いまにつたふる
くものうへは
あめさへふるき
ためしをぞしる


あづま路の
みちの奧にも
花しあらば
雲居の春や
おもひ出づらむ
あづまぢの
みちのおくにも
はなしあらば
くもゐのはるや
おもひいづらむ


むら雲の
時雨れてそむる
紅葉はは
うすくこくこそ
色にみえけれ
むらくもの
しくれてそむる
もみちはは
うすくこくこそ
いろにみえけれ
Из клубящихся облаков
Пролился дождь, окрасив
Золотом листы деревьев,
И виднеются они
Где ярко, где-то нет.

秋といへば
物をぞ思ふ
山のはに
いざよふ雲の
夕ぐれの空
あきといへば
ものをぞおもふ
やまのはに
いざよふくもの
ゆふぐれのそら


山櫻
咲きぬるときは
つねよりも
峯の白雲
立ち増りけり
やまさくら
さきぬるときは
つねよりも
みねのしらくも
たちまさりけり
Больше чем обычно
В пору расцвета
Сакуры горной
Встают её белые облака
Над горными пиками!

遙なる
ほどは雲居の
月日のみ
思はぬ中に
行きめぐりつゝ
はるかなる
ほどはくもゐの
つきひのみ
おもはぬなかに
ゆきめぐりつつ


漕ぎ歸る
習ひもかねて
悲しきは
雲の衣の
つまむかへぶね
こぎかへる
ならひもかねて
かなしきは
くものころもの
つまむかへぶね


雲居より
長閑にかすむ
山の端の
あらはれ渡る
春の明ぼの
くもゐより
のどかにかすむ
やまのはの
あらはれわたる
はるのあけぼの
Из колодца облаков
Ровно затянутые дымкой
Склоны гор
Проявились, проходит
Весенний рассвет!

水上は
雲のいづくも
見えわかず
かすみて落つる
布引の瀧
みなかみは
くものいづくも
みえわかず
かすみておつる
ぬのびきのたき
Над водой
Облака появляются откуда, —
Непонятно...
В дымке весенней падают
Струи водопада Нунобики.

春雨に
つばさしをれて
行く鴈の
雲にあとなき
夕暮のそら
はるさめに
つばさしをれて
ゆくかりの
くもにあとなき
ゆふぐれのそら
В весеннем дожде
Вымочивших крылья
Пролетающих гусей
Следов уж нету в облаках
Этого закатного неба.

白雲の
色はひとつを
さくら花
さきぬとにほふ
春の山かぜ
しらくもの
いろはひとつを
さくらはな
さきぬとにほふ
はるのやまかぜ
Едины цветом
С белым облаком
Сакуры цветы
Расцвели, — и цвет, и запах
В ветре весеннем.

櫻花
咲くと見しまに
高砂の
松をのこして
かゝるしらくも
さくらばな
さくとみしまに
たかさごの
まつをのこして
かかるしらくも
Когда смотрел
На сакуры горной цветенье:
Как будто в Такасаго
Белое облако накрыло всё,
Оставив видными лишь сосны.

立ち返り
外山ぞかすむ
高砂の
尾上のさくら
雲もまがはず
たちかへり
とやまぞかすむ
たかさごの
おのえのさくら
くももまがはず
В Такасаго,
Где дальние горы затянуло дымкой
Вернувшейся,
Сакура на его вершинах
Не смешалась с облаками!
* Такасаго славился соснами, видимо, их так много, что обязательно видны и при цветении сакуры
櫻さく
山はかすみに
うづもれて
みどりの空に
のこる白雲
さくらさく
やまはかすみに
うづもれて
みどりのそらに
のこるしらくも
Горы,
Где сакура цветёт,
Утонули в дымке,
И в зелёных небесах
Остались белые облака!

山姫の
かすみの袖や
匂ふらし
花にうつろふ
よこ雲のそら
やまひめの
かすみのそでや
にほふらし
はなにうつろふ
よこくものそら


雲間より
峯の櫻を
いづる日の
そらもうつろふ
花の色かな
くもまより
みねのさくらを
いづるひの
そらもうつろふ
はなのいろかな
Меж облаков
На сакуру на вершине гор
Выглянуло солнце,
И небо выцвело
До цвета лепестков.

吉野山
花のさかりや
けふならむ
空さへ匂ふ
嶺のしらくも
よしのやま
はなのさかりや
けふならむ
そらさへにほふ
みねのしらくも
На горах Ёсино
Сакура ли расцвела
Сегодня?
Даже небеса благоухают
От белых облаков у вершин.

山ざくら
折られぬ岸も
なかりけり
雲の衣の
はな染のそで
やまざくら
をられぬきしも
なかりけり
くものころもの
はなそめのそで
Нет нынче берега такого,
Чтоб ветвь сакуры там было
Не сломить,
Облачных одеяний
Окрашенным в цвет лепестков рукавом.

ほの〴〵と
明け行く山の
高嶺より
霞ににほふ
花のしら雲
ほのぼのと
あけゆくやまの
たかねより
かすみににほふ
はなのしらくも
С самой вершины
Гор, что светлеют
От далёкого рассвета,
В дымке туманной цветут
Белые облака сакуры!
ほのぼの — когда вдалеке светлеет
おのづから
風のやどせる
白雲の
しばしと見ゆる
山櫻かな
おのづから
かぜのやどせる
しらくもの
しばしとみゆる
やまさくらかな


初瀬山
うつろはむとや
櫻ばな
色かはり行く
みねのしら雲
はつせやま
うつろはむとや
さくらばな
いろかはりゆく
みねのしらくも
На горе Хацусэ
Неужель проходит
Сакуры цвет?
Всё больше окрас меняют
Белые облака у вершины...

わかざりし
外山の櫻
日數へて
うつればかはる
峯のしら雲
わかざりし
とやまのさくら
ひかずへて
うつればかはる
みねのしらくも


山たかみ
うつろふ花を
吹く風に
空に消え行く
峯のしら雲
やまたかみ
うつろふはなを
ふくかぜに
そらにきえゆく
みねのしらくも
Из-за того, что горы высоки
На отцветающие цветы сакуры
Дующий ветер
Исчезает в небесах
Среди белых облаков у вершины.

雲よりも
よそになり行く
かつらきの
高間の櫻
嵐吹くらし
くもよりも
よそになりゆく
かつらきの
たかまのさくら
あらしふくらし
На сановящейся
Даже дальше, чем облака
Высокой вершине
Горы Кацураги
Дует буря сакуры, наверно.

立ちまよふ
おなじ高間の
山櫻
雲のいづこに
花の散るらむ
たちまよふ
おなじたかまの
やまさくら
くものいづこに
はなのちるらむ


尋ねこむ
春より後の
あともがな
志がのみこやの
花の白雲
たづねこむ
はるよりのちの
あともがな
しがのみこやの
はなのしらくも


咲きまがふ
花の仇名は
ふりはてゝ
雲にとまらぬ
春の山風
さきまがふ
はなのあだなは
ふりはてて
くもにとまらぬ
はるのやまかぜ


時鳥
雲のいづくに
やすらひて
明けがた近き
月に鳴くらむ
ほととぎす
くものいづくに
やすらひて
あけがたちかき
つきになくらむ


晴れやらぬ
日數をそへて
山の端に
雲も重なる
五月雨の空
はれやらぬ
ひかずをそへて
やまのはに
くももかさなる
さみだれのそら
Уж много дней
Не прояснялось,
И на склонах гор
Копятся облака
На этом дождливом небе.

あはぢ島
夕立すらし
すみよしの
浦のむかひに
かゝる村雲
あはぢしま
ゆふだちすらし
すみよしの
うらのむかひに
かかるむらくも
Над островом Авадзи,
Наверное, льёт ливень летний,
Со стороны
Бухты Сумиёси
Клубятся облака!

谷河の
流れをみても
しられけり
雲こす峰の
ゆふだちの空
たにかはの
ながれをみても
しられけり
くもこすみねの
ゆふだちのそら
На теченье
Речки долинной глянешь,
И ясно сразу:
У вершин, которых пересекают облака,
Дождливое небо!

掻き曇る
程こそなけれ
あま雲の
よそになりゆく
夕立の空
かきくもる
ほどこそなけれ
あまくもの
よそになりゆく
ゆふだちのそら


織女の
雲のころもの
秋風に
あふたのみとや
今宵待つらむ
たなはたの
くものころもの
あきかぜに
あふたのみとや
こよひまつらむ


今よりは
雲居の鴈も
聲たてゝ
秋風さむく
なりまさるらむ
いまよりは
くもゐのかりも
こゑたてて
あきかぜさむく
なりまさるらむ
С сегодняшнего дня
Гусей голоса из колодца облаков
Ствли раздаваться:
Осенний ветер холодает
Всё больше и больше.

遠ざかる
聲ばかりして
夕暮の
雲のいづくに
鴈の鳴くらむ
とほざかる
こゑばかりして
ゆふぐれの
くものいづくに
かりのなくらむ


村雨の
雲のたえまに
雁鳴きて
夕日うつろふ
秋のやまのは
むらさめの
くものたえまに
かりなきて
ゆふひうつろふ
あきのやまのは


天のはら
雲吹きはらふ
秋風に
山の端たかく
いづる月かげ
あめのはら
くもふきはらふ
あきかぜに
やまのはたかく
いづるつきかげ


出づるより
雲吹き拂ふ
松風に
やがてくまなき
山の端の月
いづるより
くもふきはらふ
まつかぜに
やがてくまなき
やまのはのつき


足曳の
山の端きよく
空すみて
雲をばよそに
いづる月かげ
あしびきの
やまのはきよく
そらすみて
くもをばよそに
いづるつきかげ


眺むれば
みやこの空の
浮雲を
へだてゝ出づる
山の端の月
ながむれば
みやこのそらの
うきくもを
へだてていづる
やまのはのつき


よそまでは
何か厭はむ
かつらぎや
月にかゝらぬ
峰の白雲
よそまでは
なにかいとはむ
かつらぎや
つきにかからぬ
みねのしらくも


年をへて
雲のうへにて
みし秋の
かげも戀しき
望月のこま
としをへて
くものうへにて
みしあきの
かげもこひしき
もちづきのこま


清見がた
月すむ夜はの
村雲は
富士の高嶺の
けぶりなり鳬
きよみがた
つきすむよはの
むらくもは
ふじのたかねの
けぶりなりけり
В Киёмигата
В ночи, когда ясна луна,
Густые облака
На высокой вершине Фудзи
Дымом становятся!

さらぬだに
更くるは惜しき
秋の夜の
月より西に
殘る白雲
さらぬだに
ふくるはをしき
あきのよの
つきよりにしに
のこるしらくも


時雨れゆく
雲のよそなる
紅葉ばも
夕日にそむる
葛城の山
しぐれゆく
くものよそなる
もみぢばも
ゆふひにそむる
かづらきのやま


夕づくひ
うつろふ空の
雲間より
光さしそふ
峰のもみぢば
ゆふづくひ
うつろふそらの
くもまより
ひかりさしそふ
みねのもみぢば
На выцветшем небе
Вечерееющего солнца
Лучи проходят
Между облаков…
И листья осенние на вершинах гор…

紅葉ばを
今一しほと
ことづてむ
しぐるゝ雲の
すゑの山風
もみぢばを
いまひとしほと
ことづてむ
しぐるるくもの
すゑのやまかぜ


思へども
今宵ばかりの
秋の空
更けゆく雲も
うち時雨つゝ
おもへども
こよひばかりの
あきのそら
ふけゆくくもも
うちしぐれつつ


吹きまよふ
風に任せて
山の端に
しぐるゝ雲は
跡も定めず
ふきまよふ
かぜにまかせて
やまのはに
しぐるるくもは
あともささめず


晴れくもり
おなじ空なる
浮雲の
重なる方は
猶しぐれつゝ
はれくもり
おなじそらなる
うきくもの
かさなるかたは
なほしぐれつつ


山風に
時雨やとほく
なりぬらむ
雲にたまらぬ
有あけの月
やまかぜに
しぐれやとほく
なりぬらむ
くもにたまらぬ
ありあけのつき


村雲の
うきてそら行く
山風に
木葉殘らず
ふるしぐれかな
むらくもの
うきてそらゆく
やまかぜに
このはのこらず
ふるしぐれかな
В горном ветре
По небу плывут
Облака.
Не оставляет листвы на деревьях
Идущий зимний дождь.

村雲の
跡なき方も
しぐるゝは
風をたよりの
木葉なりけり
むらくもの
あとなきかたも
しぐるるは
かぜをたよりの
このはなりけり


山藍の
をみのころもで
月さえて
雲居の庭に
出づるもろ人
やまあひの
をみのころもで
つきさえて
くもゐのにはに
いづるもろひと


明けわたる
峯のうき雲
たえ〴〵に
山風さむみ
霰ふるらし
あけわたる
みねのうきくも
たえだえに
やまかぜさむみ
あられふるらし
Рассветает,
И плывущее облако у вершины
Рвётся на части,
В холодном горном ветре
Видимо, идёт град.

雲居より
なれし山路を
今さらに
霞へだてゝ
なげく春かな
くもゐより
なれしやまぢを
いまさらに
かすみへだてて
なげくはるかな


いつまでか
雲居の櫻
かざしけむ
をり忘れたる
老の春かな
いつまでか
くもゐのさくら
かざしけむ
をりわすれたる
おいのはるかな


尋ねきて
ふみ見るべくも
なき物を
雲居の庭の
花のしら雪
たづねきて
ふみみるべくも
なきものを
くもゐのにはの
はなのしらゆき


待ちなれし
おほうち山の
時鳥
今は雲居の
よそに聞くかな
まちなれし
おほうちやまの
ほととぎす
いまはくもゐの
よそにきくかな


よそにきく
雲居の鴈の
玉章も
我が涙をや
かけてきつらむ
よそにきく
くもゐのかりの
たまづさも
わがなみだをや
かけてきつらむ


雲はるゝ
みかみの山の
秋風に
さゞ波とほく
いづる月かげ
くもはるる
みかみのやまの
あきかぜに
さざなみとほく
いづるつきかげ


秋毎の
月を雲居の
かたみにて
みしよの人の
かはる面かげ
あきごとの
つきをくもゐの
かたみにて
みしよのひとの
かはるおもかげ


もろ共に
なれし雲居は
忘れぬに
月は我をぞ
しらず顏なる
もろともに
なれしくもゐは
わすれぬに
つきはわれをぞ
しらずかほなる


いか計
高野のおくの
しぐるらむ
都は雲の
はるゝまもなし
いかばかり
たかののおくの
しぐるらむ
みやこはくもの
はるるまもなし
Как так?
Наверное, в глубинах Такано
Льёт дождь,
В столице тоже
Меж туч ни просвета.

しぐるらむ
都の空に
おもひしれ
高野は雪の
雲ぞかさなる
しぐるらむ
みやこのそらに
おもひしれ
たかのはゆきの
くもぞかさなる
Знаю я,
Как льёт дождь, наверное,
Из неба столицы,
А в Такано
Ещё и снежные облака добавились...

霰ふる
雲の通路
かぜさえて
をとめのかざし
玉ぞみだるゝ
あられふる
くものかよひぢ
かぜさえて
をとめのかざし
たまぞみだるる
Падает град, —
На облачных путях
Ветер холодает,
И украшения девичьи,
Жемчуг, весь перемешался...

わけ暮す
きそのおもかげ
たえ〴〵に
行く末遠き
峯の白雲
わけくらす
きそのおもかげ
たえだえに
ゆくすゑとほき
みねのしらくも


かへりみる
跡に重なる
山の端の
とほき雲居や
都なるらむ
かへりみる
あとにかさなる
やまのはの
とほきくもゐや
みやこなるらむ


君が住む
おなじ雲居の
月なれば
空にかはらぬ
萬代のかげ
きみがすむ
おなじくもゐの
つきなれば
そらにかはらぬ
よろづよのかげ
Поскольку в том же
Колодце облаков, где ты живёшь,
Находится луна,
На небе неизменен
Свет многие века.

民やすき
田面のいほの
秋風に
いなばの雲は
月もさはらず
たみやすき
たおものいほの
あきかぜに
いなばのくもは
つきもさはらず


知られじな
千入の木葉
焦る共
しぐるゝ雲の
色し見えねば
しられじな
ちしほのこのは
こかるとも
しぐるるくもの
いろしみえねば


いはでのみ
忍ぶの山に
ゐる雲や
心のおくを
猶たづぬらむ
いはでのみ
しのぶのやまに
ゐるくもや
こころのおくを
なほたづぬらむ


逢ふことは
風にわかるゝ
浮雲の
行末とだに
えこそ頼まね
あふことは
かぜにわかるる
うきくもの
ゆくすゑとだに
えこそたのまね


雲居ゆく
月をぞたのむ
忘るなと
いふべき中の
別ならねど
くもゐゆく
つきをぞたのむ
わするなと
いふべきなかの
わかれならねど


いかばかり
昔を遠く
へだてきぬ
その神山に
かゝるしら雲
いかばかり
むかしをとほく
へだてきぬ
そのかみやまに
かかるしらくも


澤にのみ
いく年つきを
かさぬらむ
雲居へだつる
鶴の毛衣
さはにのみ
いくとしつきを
かさぬらむ
くもゐへだつる
つるのげころも


仕へつゝ
家路急がぬ
よな〳〵の
更行く鐘を
雲居にぞ聞く
つかへつつ
いへぢいそがぬ
よなよなの
ふけゆくかねを
くもゐにぞきく


古への
雲居の月は
それながら
やどりし水の
影ぞかはれる
いにしへの
くもゐのつきは
それながら
やどりしみづの
かげぞかはれる


今はたゞ
君が御影を
頼むかな
雲がくれにし
月を戀ひつゝ
いまはただ
きみがみかげを
たのむかな
くもがくれにし
つきをこひつつ


いつとても
泪の雨は
をやまねど
けふは心の
雲間だになし
いつとても
なみだのあめは
をやまねど
けふはこころの
くもまだになし


古へも
今もかはらぬ
月かげを
雲のうへにて
詠めてしがな
いにしへも
いまもかはらぬ
つきかげを
くものうへにて
ながめてしがな


あはれなり
雲居を渡る
初鴈も
心あればぞ
ねをば鳴くらむ
あはれなり
くもゐをわたる
はつかりも
こころあればぞ
ねをばなくらむ


夕日影
さすかと見えて
雲間より
まがはぬ花の
色ぞ近づく
ゆふひかげ
さすかとみえて
くもまより
まがはぬはなの
いろぞちかづく


紅の
うす花ぞめの
山ざくら
夕日うつろふ
くもかともみゆ
くれなゐの
うすはなぞめの
やまざくら
ゆふひうつろふ
くもかともみゆ
Горная сакура,
Чьи лепестки едва-едва
Окрашены розовым,
В лучах солнца вечернего
Показалась мне облаком!

風通ふ
おなじよそめの
花の色に
雲も移ろふ
みよしのゝ山
かぜかよふ
おなじよそめの
はなのいろに
くももうつろふ
みよしののやま
В той самой дали,
Где гуляет ветер,
В цвет сакуры
Окрашенные облака тоже тускнеют
На горе Ёсино.

櫻色の
雲のはた手の
山風に
花のにしきの
ぬきやみだれむ
さくらいろの
くものはたての
やまかぜに
はなのにしきの
ぬきやみだれむ


惜むべき
雲のいづくの
影もみず
かすみて明る
春の夜の月
をしむべき
くものいづくの
かげもみず
かすみてあくる
はるのよのつき


五月雨は
雲間もなきを
河社
いかにころもを
篠にほすらむ
さみだれは
くもまもなきを
かはやしる
いかにころもを
しのにほすらむ


夏山の
楢の葉がしは
風過ぎて
峯立ちのぼる
ゆふだちの雲
なつやまの
ならのはがしは
かぜすぎて
みねたちのぼる
ゆふだちのくも


村雲の
かゝるとみゆる
山の端を
遙にいでゝ
すめる月かげ
むらくもの
かかるとみゆる
やまのはを
はるかにいでて
すめるつきかげ


明くる夜の
外山吹越す
木がらしに
時雨てつたふ
峯の浮雲
あくるよの
とやまふきこす
こがらしに
しぐれてつたふ
みねのうきくも
В северном ветре,
Что преодолел горы
На рассвете
Плывут, поливая дождём,
Облака у вершины...

嵐吹く
木葉に音を
さきだてゝ
しぐれもやらぬ
村雲のそら
あらしふく
このはにおとを
さきだてて
しぐれもやらぬ
むらくものそら


木枯しの
風に亂るゝ
紅葉ばや
雲のよそなる
時雨なるらむ
こがらしの
かぜにみだるる
もみぢばや
くものよそなる
しぐれなるらむ


懐風藻 > 大納言直大二中臣朝臣大島 (Накатоми-но Осима)
宴飲遊山齋
遨遊臨野池
雲岸寒猿嘯
霧浦杝聲悲
葉落山逾靜
風涼琴益微
各得朝野趣
莫論攀桂期

С пира отправился в горную хижину.
Блуждая, добрёл я до пруда в глуши.
На берегах облачных, замерзая, ревут обезьяны.
Залив покрыт инеем, шум вёсел тоску навевает.
Листва опадает, а горы замерли в тиши.
В ветре холодном звуки циня почти не слышны.
Но всякий, высокий и низкий, в природе найдёт наслажденье.
Уж не пора ль мне отшельником стать?
13
懐風藻 > 大納言直大二中臣朝臣大島 (Накатоми-но Осима)
隴上孤松翠
凌雲心本明
餘根堅厚地
貞質指高天
弱枝異高艸
茂葉同柱榮
孫楚高貞節
隱居脫笠輕

На холме одиноко сосна зеленеет.
Достигает она облаков, в вышине благородно сияет!
Её корни врезаются в твёрдую землю,
Её верность направлена к небу высокому.
И хоть ветви слабы, да не чин траве чахлой!
А густая листва – что цветущий багряник!
Верность Сунь Чу высока, добродетельна!
Он, от мира уйдя, ходил в шляпе простой!
12
しがの浦や
志ばし時雨の
雲ながら
雪になりゆく
山颪の風
しがのうらや
しばししぐれの
くもながら
ゆきになりゆく
やまおろしのかぜ
В бухте Сига
Ещё немного и дождь,
Что льёт из облака,
Станет снегом
В ветре, что дует сверху с гор...

さゆる夜の
嵐の風に
降り初めて
明くる雲間に
つもる白雪
さゆるよの
あらしのかぜに
ふりそめて
あくるくもまに
つもるしらゆき


久堅の
雲居をかけて
沖つ風
ふき上の濱は
つきぞさやけき
ひさかたの
くもゐをかけて
おきつかぜ
ふきうへのはまは
つきぞさやけき


幾秋も
君ぞ映して
みかは水
雲居に絶えぬ
ほしあひのかげ
いくあきも
きみぞうつして
みかはみづ
くもゐにたえぬ
ほしあひのかげ


故郷を
雲居遙かに
へだて來て
今ぞみやこに
雁はなくなる
ふるさとを
くもゐはるかに
へだてきて
いまぞみやこに
かりはなくなる


いかにせむ
雲居の雁の
つてにだに
見えず成行く
人の玉章
いかにせむ
くもゐのかりの
つてにだに
みえずなりゆく
ひとのたまづさ


つかへこし
秋は六十に
遠けれど
雲居の月ぞ
見る心地する
つかへこし
あきはむそぢに
とほけれど
くもゐのつきぞ
みるここちする


春の宮に
仕へしまゝの
年をへて
今は雲居の
月をみるかな
はるのみやに
つかへしままの
としをへて
いまはくもゐの
つきをみるかな


忘れずよ
思ひや出づる
雲居にて
ともに見しよの
秋の月影
わすれずよ
おもひやいづる
くもゐにて
ともにみしよの
あきのつきかげ


心ざし
深くも庭に
つもりなば
などか雲居の
雪もみざらむ
こころざし
ふかくもにはに
つもりなば
などかくもゐの
ゆきもみざらむ


雲居なる
花も昔を
思ひ出でば
忘るらむ身を
忘れしもせじ
くもゐなる
はなもむかしを
おもひいでば
わするらむみを
わすれしもせじ


古の
雲居の花に
戀ひかねて
身をわすれても
みつる春かな
いにしへの
くもゐのはなに
こひかねて
みをわすれても
みつるはるかな


さもあらばあれ
雲居乍も
山の端に
出で入る宵の
月をだに見ば
さもあらばあれ
くもゐながらも
やまのはに
いでいるよひの
つきをだにみば


詠めつゝ
月に頼むる
逢事を
雲居にてのみ
過ぎぬべきかな
ながめつつ
つきにたのむる
あふごとを
くもゐにてのみ
すぎぬべきかな


あだにのみ
積りし雪の
いかにして
雲居に懸る
山となり劔
あだにのみ
つもりしゆきの
いかにして
くもゐにかける
やまとなりけむ


めには見て
雲居のよそに
行く月の
便も知らぬ
わが思かな
めにはみて
くもゐのよそに
ゆくつきの
たよりもしらぬ
わがおもひかな


仕へこし
身は志も乍ら
我道の
名をや雲居の
よゝに留めむ
つかへこし
みはしもながら
われみちの
なをやくもゐの
よよにとどめむ


絶え〴〵に
よその空行く
浮雲を
月にかけじと
秋風ぞ吹く
たえだえに
よそのそらゆく
うきくもを
つきにかけじと
あきかぜぞふく
С разрывами
По далёкому небу плывут
Облака,
Но не закрыли чтоб они луну
Осенний ветер дует!

山の端を
村雲ながら
出でにけり
時雨にまじる
秋の月かげ
やまのはを
むらくもながら
いでにけり
しぐれにまじる
あきのつきかげ


行く雲の
うき田の杜の
村時雨
過ぎぬと見れば
紅葉して鳬
ゆくくもの
うきたのもりの
むらしぐれ
すぎぬとみれば
もみぢしてけり


夜もすがら
ふじの高嶺に
雲きえて
清見が關に
すめる月彭
よもすがら
ふじのたかねに
くもきえて
きよみがせきに
すめるつきかげ
Рассеялись облака
Над высокой вершиной Фудзи,
И всю ночь напролёт
На заставу Киёми
Лился свет ясной луны.

遙かなる
峰の雲間の
梢まで
さびしき色の
ふゆはきにけり
はるかなる
みねのくもまの
こずゑまで
さびしきいろの
ふゆはきにけり


掻き暮し
雲の旗手ぞ
しぐれ行く
天つ空より
冬や來ぬらむ
かきくらし
くものはたてぞ
しぐれゆく
あまつそらより
ふゆやこぬらむ


山風の
吹くにまかせて
浮雲の
かゝらぬ方も
降る時雨かな
やまかぜの
ふくにまかせて
うきくもの
かからぬかたも
ふるしぐれかな


隔てつる
尾上の雲は
かつ晴れて
入日のよそに
行く時雨哉
へだてつる
をのへのくもは
かつはれて
いりひのよそに
ゆくしぐれかな


冬きては
志ぐるゝ雲の
絶間だに
四方の木葉の
ふらぬ日ぞなき
ふゆきては
しぐるるくもの
たえまだに
よものこのはの
ふらぬひぞなき
Пришла зима,
Из облаков льющийся дождь
Хоть прерывается,
А листва везде
Облетает день за днём...

春くれは
ほしのくらゐに
影みえて
雲井のはしに
いつるたをやめ
はるくれは
ほしのくらゐに
かけみえて
くもゐのはしに
いつるたをやめ


かつらきや
たかまの山の
さくら花
雲井のよそに
みてや過きなん
かつらきや
たかまのやまの
さくらはな
くもゐのよそに
みてやすきなむ


さみだれの
雲ゐるやまの
時鳥
晴れぬ思の
音をや鳴くらむ
さみだれの
くもゐるやまの
ほととぎす
はれぬおもひの
ねをやなくらむ
Кукушка
С гор, покрытых
Дождевыми облаками
От беспросветной тоски,
Наверное,
Лишь в голос плачешь ты.

雲の上の
月みし秋を
思ふには
あけの衣の
いろもうらめし
くものうへの
つきみしあきを
おもふには
あけのころもの
いろもうらめし


伊駒山
雲なへだてそ
秋の月
あたりのそらは
時雨なりとも
いこまやま
くもなへだてそ
あきのつき
あたりのそらは
しぐれなりとも
Над горой Икома
Не скрывайте, облака,
Осеннюю луну,
Пусть с неба надо мною
И льёт осенний дождь.

白雲に
まがへし花は
あともなし
彌生の月ぞ
空にのこれる
しらくもに
まがへしはなは
あともなし
やよひのつきぞ
そらにのこれる


雲ゐにも
なりにけるかな
春山の
霞立ち出でゝ
程やへぬ覽
くもゐにも
なりにけるかな
はるやまの
かすみたちいでて
ほどやへぬらん


郭公
きゝつとや思ふ
五月雨の
雲のほかなる
そらの一こ志
ほととぎす
ききつとやおもふ
さみだれの
くものほかなる
そらのひとこし


東雲の
よこ雲ながら
立ちこめて
あけもはなれぬ
峰の秋霧
しののめの
よこくもながら
たちこめて
あけもはなれぬ
みねのあききり
Пока восточные
Облака клубятся грядами
В наступающем рассвете
От гор не отлипает
Осенний густой туман.
*озарённые восходящим солнцем
雲拂ふ
なごの入江の
潮風に
みなとをかけて
澄める月かげ
くもはらふ
なごのいりえの
しほかぜに
みなとをかけて
すめるつきかげ


夏の夜の
雲路は遠く
なりまされ
傾ぶく月の
よるべなき迄
なつのよの
くもぢはとほく
なりまされ
かたぶくつきの
よるべなきまで


いづくにか
空ゆく雲の
殘るらむ
嵐まち出づる
山のはの月
いづくにか
そらゆくくもの
のこるらむ
あらしまちいづる
やまのはのつき


雲拂ふ
夕風わたる
篠の葉の
みやまさやかに
出づる月かげ
くもはらふ
ゆふかぜわたる
しののはの
みやまさやかに
いづるつきかげ


思ひやれ
いく重の雲の
へだてとも
知らぬ心に
晴れぬ涙を
おもひやれ
いく重のくもの
へだてとも
しらぬこころに
はれぬなみだを


憂くつらき
雲の隔ては
現にて
思ひなぐさむ
夢だにも見ず
うくつらき
くものへだては
うつつにて
おもひなぐさむ
ゆめだにもみず


風吹けば
たゞよふ雲の
空にのみ
消えてもの思ふ
秋の夕暮
かぜふけば
ただよふくもの
そらにのみ
きえてものおもふ
あきのゆふぐれ


夕立の
雲もとまらぬ
夏の日の
かたぶく山に
ひぐらしの声
ゆふだちの
くももとまらぬ
なつのひの
かたぶくやまに
ひぐらしのこゑ
Рассеялись на небе тучи,
А под горою,
За которою готово скрыться солнце,
Стрекочут жалобно
Вечерние цикады.
* Вечерние цикады (хигураси) — постоянный образ «Песен лета», образ одиночества и грусти, навеянной монотонным стрекотаньем, слышным с северных склонов гор.
雲まよふ
夕べに秋を
こめながら
風もほに出でぬ
荻の上かな
くもまよふ
ゆふべにあきを
こめながら
かぜもほにいでぬ
をぎのうへかな
Блуждают облака
В вечернем небе,
И ветер, что колышет стебли оги,
Ещё не вышедшие в колос,
Уж пахнет осенью...

おしなへて
花のさかりに
成りにけり
山のはことに
かかるしら雲
おしなへて
はなのさかりに
なりにけり
やまのはことに
かかるしらくも
Повсюду
Цветы сакуры
Распустились,
И каждый склон покрыт
Теперь белыми облаками!

雲の上に
影をならべて
久方の
月ぞ千とせの
秋もすむべき
くものうへに
かげをならべて
ひさかたの
つきぞちとせの
あきもすむべき


月影の
すみわたるかな
天の原
雲吹きはらふ
夜半のあらしに
つきかげの
すみわたるかな
あまのはら
くもふきはらふ
よはのあらしに
Как ясно светит
Нынче в полночь
Осенняя луна!
Развеял ветер тучи
На равнине неба.

ふもとをば
宇治の川霧
たちこめて
雲居に見ゆる
朝日山かな
ふもとをば
うぢのかはきり
たちこめて
くもゐにみゆる
あさひやまかな
Над Удзи-рекой встал туман,
Окутав подножье Асахи-горы,
А в небеса всплыла
Её вершина
В солнечных лучах.
* Гора Асахи — находится в Удзи, предместье Хэйана. Автор обыгрывает название горы — букв. «Утреннее солнце». В песне намёк на танка Киёхары Фукаябу из свитка «Песни осени» антологии «Сюисю»:
Над рекой
Встал туман, окутав подножье горы,
А в небе
Открылась вершина
В осеннем уборе.
秋風に
山とびこゆる
雁がねの
いや遠ざかり
雲がくれつつ
あきかぜに
やまとびこゆる
かりがねの
いやとほざかり
くもがくれつつ
Ветер осенний донес
Крики гусей,
Перелетающих горы,
Удаляясь, тонули они
В осеннем тумане...

横雲の
風にわかるる
しののめに
山飛び越ゆる
初雁の声
よこぐもの
かぜにわかるる
しののめに
やまとびこゆる
はつかりのこゑ
На рассвете, как ветер подул
И оторвалось от вершины
Белое облако,
Услышал я крики гусей,
Пролетавших над кручей.
* ...оторвалось от вершины белое облако... — образ, часто встречающийся в любовной лирике, символ непостоянства в любви.
白雲を
つばさにかけて
ゆく雁の
門田のおもの
友したふなり
しらくもを
つばさにかけて
ゆくかりの
かどたのおもの
ともしたふなり
Рассекая крыльями облака,
Гуси с криком летят,
Словно взывая
К тем, кто ждёт дома,
На поле родимом.

法の身の
月は我身を
照せども
無明の雲の
みせぬなりけり
のりのみの
つきはわがみを
てらせども
むみやうのくもの
みせぬなりけり


みな人の
光をあふぐ
空のごと
長閑にてらせ
雲がくれせで
みなひとの
ひかりをあふぐ
そらのごと
のどかにてらせ
くもがくれせで


さとり行く
雲は高嶺に
晴にけり
のどかに照せ
秋の夜の月
さとりゆく
くもはたかねに
はれにけり
のどかにてらせ
あきのよのつき


天津空
雲のかよひ路
それながら
少女の姿
いつかまちみむ
あめつそら
くものかよひぢ
それながら
をとめのすがた
いつかまちみむ


かすが山
朝居る雲の
おぼつかな
志らぬ人にも
戀ひ渡る哉
かすがやま
あしたゐるくもの
おぼつかな
しらぬひとにも
こひわたるかな


今はとて
別れしまゝの
鳥の音を
忘れがたみの
東雲のそら
いまはとて
わかれしままの
とりのねを
わすれがたみの
しののめのそら


東雲の
明くれば君は
忘れけり
いつともわかぬ
我ぞ悲しき
しののめの
あくればきみは
わすれけり
いつともわかぬ
われぞかなしき


雲となり
雨となるてふ
中空の
夢にも見えよ
夜ならずとも
くもとなり
あめとなるてふ
なかそらの
ゆめにもみえよ
よるならずとも


雲となり
雨と成ても
身に添はゞ
空しき空を
形見とやみむ
くもとなり
あめとなりても
みにそはば
むなしきそらを
かたみとやみむ


戀死ぬる
夜はの烟の
雲とならば
君が宿にや
分きて時雨む
こひしぬる
よはのけぶりの
くもとならば
きみがやどにや
わきてしぐれむ


忘るなよ
なれし雲居の
櫻花
うき身は春の
よそになるとも
わするなよ
なれしくもゐの
さくらばな
うきみははるの
よそになるとも


いかばかり
其夜の月の
晴れにけむ
君のみ山は
雲も殘らず
いかばかり
それよのつきの
はれにけむ
きみのみやまは
くもものこらず


雲のうへの
鶴の毛衣
ぬぎすてゝ
澤に年へむ
ほどぞ久しき
くものうへの
つるのげころも
ぬぎすてて
さはにとしへむ
ほどぞひさしき


み吉野の
御舟の山に
たつ雲の
常にあらむと
我思はなくに
みよしのの
みふねのやまに
たつくもの
つねにあらむと
わがおもはなくに


哀れなど
又とる影の
なかるらむ
雲がくれても
月は出で鳬
あはれなど
またとるかげの
なかるらむ
くもがくれても
つきはいでけり


志ら雲の
九重にたつ
峯なれば
大内山と
いふにぞありける
しらくもの
ここのへにたつ
みねなれば
おほうちやまと
いふにぞありける


短夜の
まだふしなれぬ
蘆の屋の
つまも顯はに
明くる東雲
みぢかよの
まだふしなれぬ
あしのやの
つまもあらはに
あくるしののめ


富士の嶺は
とはでも空に
知られ鳬
雲より上に
みゆる白雪
ふじのみねは
とはでもそらに
しられけり
くもよりうへに
みゆるしらゆき


時しあれば
櫻とぞ思ふ
春風の
ふきあげの濱に
たてる白雲
ときしあれば
さくらとぞおもふ
はるかぜの
ふきあげのはまに
たてるしらくも


風にゆく
雲をあだにも
我はみず
たれか煙を
遁れ果つべき
かぜにゆく
くもをあだにも
われはみず
たれかけぶりを
のがれはつべき


あな戀し
八重の雲路に
めも合ず
暮るゝ夜な〳〵
騷ぐ心か
あなこひし
やへのくもぢに
めもあはず
くるるよなよな
さはぐこころか


嵐吹く
木ずゑ移ろふ
花のいろの
あだにも殘る
みねの白雲
あらしふく
こずゑうつろふ
はなのいろの
あだにものこる
みねのしらくも


櫻色に
うつろふ雲の
かたみまで
猶あともなき
春風ぞ吹く
さくらいろに
うつろふくもの
かたみまで
なほあともなき
はるかぜぞふく


戀死なむ
行方をだにも
思ひ出よ
夕の雲は
それとなくとも
こひしなむ
ゆくへをだにも
おもひいでよ
ゆふべのくもは
それとなくとも


おのづから
いかなりしよの
形見とか
雲まの月も
思出づ覽
おのづから
いかなりしよの
かたみとか
くもまのつきも
おもひいづらん


織女に
たえぬ思は
變らねど
逢ふ夜は雲の
よそにこそきけ
たなはたに
たえぬおもひは
かはらねど
あふよはくもの
よそにこそきけ


夢にても
思はざりしを
白雲の
かゝる浮世に
住ひせむとは
ゆめにても
おもはざりしを
しらくもの
かかるうきよに
すまひせむとは


位山
ふもとばかりの
路をだに
猶わけがたく
かゝるしら雲
くらゐやま
ふもとばかりの
みちをだに
なほわけがたく
かかるしらくも


鶯の
鳴きにし日より
やま里の
雲間の草も
はるめきにけり
うぐひすの
なきにしひより
やまさとの
くもまのくさも
はるめきにけり


敷妙の
枕にのみぞ
知られける
まだ東雲の
あきのはつかぜ
しきたへの
まくらにのみぞ
しられける
まだしののめの
あきのはつかぜ


暮るゝ間の
月待出づる
山の端に
かゝる雲なく
秋風ぞ吹く
くるるまの
つきまちいづる
やまのはに
かかるくもなく
あきかぜぞふく


山の端の
横ぎる雲に
移ろひて
出でぬと見ゆる
秋の夜の月
やまのはの
よこぎるくもに
うつろひて
いでぬとみゆる
あきのよのつき


程もなく
雲のこなたに
出でにけり
嵐にむかふ
山の端の月
ほどもなく
くものこなたに
いでにけり
あらしにむかふ
やまのはのつき


天の河
雲の波なき
秋の夜は
ながるゝ月の
かげぞのどけき
あまのかは
くものなみなき
あきのよは
ながるるつきの
かげぞのどけき


清見潟
雲をばとめぬ
浦風に
つきをぞやどす
浪のせきもり
きよみかた
くもをばとめぬ
うらかぜに
つきをぞやどす
なみのせきもり


見る人の
心に先づぞ
懸りける
月のあたりの
夜はのうき雲
みるひとの
こころにまづぞ
かけりける
つきのあたりの
よはのうきくも


見るまゝに
雲も木の葉も
誘はれて
嵐に殘る
みねの月かげ
みるままに
くももこのはも
さそはれて
あらしにのこる
みねのつきかげ
Пока смотрел,
И облака, и вся листва с деревьев,
Были увлечены
Бурей, и лишь остался
Лунный свет на вершинах гор...

君があたり
見つゝ忍ばむ
天ざかる
鄙のなか山
雲な隔てそ
きみがあたり
みつつしのばむ
あまざかる
ひなのなかやま
くもなへだてそ
Туда, где ты,
Я буду смотреть и смотреть,
В далёкой, как небо,
Провинции, облака
В горах Нака, не преграждайте вид!

都だに
遠しと思ひし
山の端を
幾重隔てむ
みねのしらくも
みやこだに
とほしとおもひし
やまのはを
いくへへだてむ
みねのしらくも


岩根踏み
重なる山の
遠ければ
分けつる雲の
跡も知られず
いはねふみ
かさなるやまの
とほければ
わけつるくもの
あともしられず


かへり見る
その面影は
立ち添ひて
行けば隔つる
峯の白雲
かへりみる
そのおもかげは
たちそひて
ゆけばへだつる
みねのしらくも


山の端に
しぐるゝ雲を
先立てゝ
旅の空にも
冬は來にけり
やまのはに
しぐるるくもを
さきたてて
たびのそらにも
ふゆはきにけり


旅衣
しぐれてとまる
夕暮に
なほ雲越ゆる
あしがらのやま
たびごろも
しぐれてとまる
ゆふくれに
なほくもこゆる
あしがらのやま
Одежда странника,
Под дождём остановились
Вечером,
И теперь облака переходят
Горы Асигара.

横雲は
峯に分れて
あふさかの
關路のとりの
聲ぞあけぬる
よこぐもは
みねにわかれて
あふさかの
せきぢのとりの
こゑぞあけぬる


尋ねつる
雲より高き
山越えて
又上も無き
はなを見るかな
たづねつる
くもよりたかき
やまこえて
またうへもなき
はなをみるかな


大空を
御法の風や
拂ふらむ
雲がくれにし
つきを見るかな
おほそらを
みのりのかぜや
はらふらむ
くもがくれにし
つきをみるかな


常にすむ
鷲の高嶺の
月だにも
思ひ知れとぞ
雲がくれける
つねにすむ
わしのたかねの
つきだにも
おもひしれとぞ
くもがくれける


身を去らぬ
心の月に
雲晴れて
いつか誠の
かげも見るべき
みをさらぬ
こころのつきに
くもはれて
いつかまことの
かげもみるべき


暗き夜の
迷の雲の
晴れぬれば
靜かにすめる
月をみるかな
くらきよの
まよひのくもの
はれぬれば
しづかにすめる
つきをみるかな


吉野山
分きて見るべき
色もなし
雲もさくらも
春風ぞ吹く
よしのやま
わきてみるべき
いろもなし
くももさくらも
はるかぜぞふく


村雲に
かくるゝ月は
程も無く
やがてさやけき
光をぞ見る
むらくもに
かくるるつきは
ほども無く
やがてさやけき
ひかりをぞみる


後れゐて
我がこひをれば
白雲の
た靡く山を
今日やこゆ覽
おくれゐて
わがこひをれば
しらくもの
たなびくやまを
けふやこゆらん


白雲の
かゝる山路を
ふみゝてぞ
いとゞ心は
空になりける
しらくもの
かかるやまぢを
ふみみてぞ
いとどこころは
そらになりける


面影は
數ならぬ身に
こひられて
雲居の月を
誰とみるらむ
おもかげは
かずならぬみに
こひられて
くもゐのつきを
たれとみるらむ


知るらめや
葛城山に
居る雲の
立ち居にかゝる
我が心とは
しるらめや
かづらきやまに
ゐるくもの
たちゐにかかる
わがこころとは


忍ぶれど
物思ふ人は
うき雲の
空に聲する
名をのみぞたつ
しのぶれど
ものおもふひとは
うきくもの
そらにこゑする
なをのみぞたつ


村雲に
風ふく夜半の
月かげの
はやくもみてし
人ぞ戀しき
むらくもに
かぜふくよはの
つきかげの
はやくもみてし
ひとぞこひしき


東雲に
あかで別れし
袂をぞ
露やわけしと
人やとがむる
しののめに
あかでわかれし
たもとをぞ
つゆやわけしと
ひとやとがむる


東雲の
明けゆく空も
歸るさは
涙にくるゝ
物にぞありける
しののめの
あけゆくそらも
かへるさは
なみだにくるる
ものにぞありける


戀ひわびて
眺むる空の
浮雲や
我が志たもえの
烟なるらむ
こひわびて
ながむるそらの
うきくもや
わがしたもえの
けぶりなるらむ
Печалась от тоски,
На небо глядела,
Уж не облачком ль
Дым от того томленья,
Что в глубине души моей!

芦垣の
隙なくかゝる
くものいの
物むつかしく
繁るわが戀
あしかきの
ひまなくかかる
くものいの
ものむつかしく
しげるわがこひ


郭公
雲居のよそに
なりしかば
我ぞなごりの
空に泣かれし
ほととぎす
くもゐのよそに
なりしかば
われぞなごりの
そらになかれし


こひわびて
たえぬ思の
煙もや
むなしき空の
雲となるらむ
こひわびて
たえぬおもひの
けぶりもや
むなしきそらの
くもとなるらむ
От любви печалюсь,
Мысли тоскливые тянутся
Как дым,
И в пустом одиноком небе
Становятся облаками!

恨むなよ
影みえ難き
夕月夜
おぼろげならぬ
雲間まつ身ぞ
うらむなよ
かげみえかたき
ゆふつきよ
おぼろげならぬ
くもままつみぞ


伊駒山
へだつる中の
峯の雲
何とてかゝる
こゝろなるらむ
いこまやま
へだつるなかの
みねのくも
なにとてかかる
こころなるらむ


戀死なむ
のちせの山の
峯の雲
きえなばよそに
哀とも見よ
こひしなむ
のちせのやまの
みねのくも
きえなばよそに
あはれともみよ


富士の嶺も
立ちそふ雲は
ある物を
戀の烟ぞ
まがふ方なき
ふじのねも
たちそふくもは
あるものを
こひのけぶりぞ
まがふかたなき


思ひやる
人の心を
へだてずば
いくへもかゝれ
峯の志ら雲
おもひやる
ひとのこころを
へだてずば
いくへもかかれ
みねのしらくも


夜をこめて
霞まちとる
山の端に
横雲しらで
明くる空かな
よをこめて
かすみまちとる
やまのはに
よこぐもしらで
あくるそらかな


旅衣
朝立つ山の
みね越えて
くもの幾重を
そでにわくらむ
たびごろも
あさたつやまの
みねこえて
くものいくへを
そでにわくらむ
Одежда путника,
Что поутру вышел
Переходить за горные пики,
Многослойные облака,
Наверное, будут отдалять от меня его рукава...

思ひ置く
宮古の花の
面影の
たちもはなれぬ
山の端のくも
おもひおく
みやこのはなの
おもかげの
たちもはなれぬ
やまのはのくも


幾代とも
志られぬものは
白雲の
うへよりおつる
布引の瀧
いくよとも
しられぬものは
しらくもの
うへよりおつる
ぬのびきのたき


雨はるゝ
雲のかへしの
やま風に
雫ながらや
花の散るらむ
あめはるる
くものかへしの
やまかぜに
しずくながらや
はなのちるらむ


かきくらし
漂ふ雲の
行く方も
見えずなりぬる
五月雨の頃
かきくらし
ただよふくもの
ゆくかたも
みえずなりぬる
さみだれのころ


いかなれば
眺むる袖の
志ぐるらむ
雲も懸らぬ
山の端の月
いかなれば
ながむるそでの
しぐるらむ
くももかけらぬ
やまのはのつき


よそに見し
高嶺の雲の
いつのまに
此里かけて
時雨きぬ覽
よそにみし
たかねのくもの
いつのまに
このさとかけて
しぐれきぬらん


いかなれば
雲の上には
ちり乍ら
庭にのみふる
雪を見る覽
いかなれば
くものうへには
ちりながら
にはにのみふる
ゆきをみるらん


冬さむみ
あらしになびく
炭がまの
烟にまじる
嶺のうき雲
ふゆさむみ
あらしになびく
すみがまの
けぶりにまじる
みねのうきくも


治まれる
御代の始に
立つ春は
雲の上こそ
のどかなりけれ
おさまれる
みよのはじめに
たつはるは
くものうへこそ
のどかなりけれ


おなじくば
空に霞の
關もがな
雲路の雁を
しばしとゞめむ
おなじくば
そらにかすみの
せきもがな
くもぢのかりを
しばしとどめむ


歸るさの
道もやまよふ
夕暮の
かすむ雲居に
消ゆる雁がね
かへるさの
みちもやまよふ
ゆふぐれの
かすむくもゐに
きゆるかりがね


吉野山
峰とびこえて
行く雁の
つばさにかゝる
花の白くも
よしのやま
みねとびこえて
ゆくかりの
つばさにかかる
はなのしらくも


今よりは
待たるゝ花の
おもかげに
立田の山の
嶺のしら雲
いまよりは
またるるはなの
おもかげに
たつたのやまの
みねのしらくも


咲かぬより
花は心に
懸れども
其かと見ゆる
雲だにもなし
さかぬより
はなはこころに
かけれども
それかとみゆる
くもだにもなし


花を待つ
面かげ見ゆる
あけぼのは
四方の梢に
かをる白雲
はなをまつ
おもかげみゆる
あけぼのは
よものこずゑに
かをるしらくも


櫻花
まだ見ぬさきに
みよし野の
山のかひある
峰の白くも
さくらばな
まだみぬさきに
みよしのの
やまのかひある
みねのしらくも


やま櫻
今日はさかりに
なりにけり
昨日にまさる
峯の白雲
やまさくら
けふはさかりに
なりにけり
きのふにまさる
みねのしらくも


山ざくら
雲のはたての
春かぜに
天つ空なる
花の香ぞする
やまざくら
くものはたての
はるかぜに
あまつそらなる
はなのかぞする


山深み
軒端にかゝる
白雲の
八重にかさなる
花ざくらかな
やまふかみ
のきはにかかる
しらくもの
やへにかさなる
はなざくらかな


吉野山
かすみのうへに
ゐる雲や
峰のさくらの
梢なるらむ
よしのやま
かすみのうへに
ゐるくもや
みねのさくらの
こずゑなるらむ


山ざくら
咲くより空に
あくがるゝ
人の心や
峰の志らくも
やまざくら
さくよりそらに
あくがるる
ひとのこころや
みねのしらくも


たづねてぞ
花と知りぬる
はつせ山
霞のおくに
見えし白雲
たづねてぞ
はなとしりぬる
はつせやま
かすみのおくに
みえししらくも


行く先の
雲は櫻に
あらはれて
越えつる峰の
花ぞかすめる
ゆくさきの
くもはさくらに
あらはれて
こえつるみねの
はなぞかすめる


芳野山
まがふさくらの
色なくば
よそにや見まし
峯の白雲
よしのやま
まがふさくらの
いろなくば
よそにやみまし
みねのしらくも


嵐山
ふもとの花の
こずゑまで
一つにかゝる
峯の