花山院御時、七夕の歌つかうまつりけるに

藤原長能
花山院御時、七夕の歌つかうまつりけるに

藤原長能
Нагаёси

題しらず

藤原長能
題しらず

藤原長能
Тема неизвестна

Нагаёси

頼めたることあとなく侍りにける女の、久しくありて問ひて侍りける返事に

藤原長能
頼めたることあとなく侍りにける女の、久しくありて問ひて侍りける返事に

藤原長能
Нагаёси

石山に詣で侍りて、月を見てよみ侍りける

藤原長能
石山に詣で侍りて、月を見てよみ侍りける

藤原長能
Нагаёси

権大納言道綱家歌合に、千鳥をよめる

藤原長能
権大納言道綱家歌合に、千鳥をよめる

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

花山院かくれさせ給うてのころ、よみ侍りける

藤原長能
花山院かくれさせ給うてのころ、よみ侍りける

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

女につかはしける

藤原長能
女につかはしける

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

人につかはしける

藤原長能
人につかはしける

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

題不知

藤原長能
題不知

藤原長能
Без назввания

Фудзивара Нагаёси

題不知

藤原長能
題不知

藤原長能
Без названия

Фудзивара Нагаёси

屏風に、たきおちたるところをよめる

藤原長能
屏風に、たきおちたるところをよめる

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

権中納言義懐家のさくらの花をしむ歌よみ侍りけるに

藤原長能
権中納言義懐家のさくらの花をしむ歌よみ侍りけるに

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

題しらす

藤原長能
題しらす

藤原長能
Тема неизвестна

Фудзивара Нагаёси

嵯峨にせんさいほりにまかりて

藤原長能
嵯峨にせんさいほりにまかりて

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

女のもとになつなの花につけてつかはしける

藤原長能
女のもとになつなの花につけてつかはしける

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

上総よりのほりて侍りけるころ、源頼光か家にて人人さけたうへけるついてに

藤原長能
上総よりのほりて侍りけるころ、源頼光か家にて人人さけたうへけるついてに

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

こむくうち侍りける時に、はたやき侍りけるを見て、よみ侍りける

藤原長能
こむくうち侍りける時に、はたやき侍りけるを見て、よみ侍りける

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

いなりにまうててけさうしはしめて侍りける女の、こと人にあひて侍りけれは

藤原長能
いなりにまうててけさうしはしめて侍りける女の、こと人にあひて侍りけれは

藤原長能
Фудзивара Нагаёси

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

寛和二年内裏の歌合によめる

藤原長能

Сложено на поэтическом состязании во дворце во втором году канна

Фудзивара Нагаёси

花山院の歌合に霞をよみ侍りける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

屏風の繪にきじおほくむれゐて旅人の眺望する所をよめる

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

題志らず

藤原長能

Тема неизвестна

Фудзивара Нагаёси

寛和元年八月十日内裏の歌合によみ侍りける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

寛和元年八月十日内裏の歌合によめる

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

題志らず

藤原長能

Тема неизвестна

Фудзивара Нагаёси

題志らず

藤原長能

Тема неизвестна

Фудзивара Нагаёси

花山院歌合せさせ給はむとしけるに留まり侍りにけれど歌をば奉りけるに秋風を詠る

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

花山院歌よませ給ひけるによみ侍ひける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

田舎へまかりける人に狩衣扇つかはすとて

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

心かけたる人につかはしける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

題志らず

藤原長能

Тема неизвестна

Фудзивара Нагаёси

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

雨のふり侍りける夜女に

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

元輔文かよはしける女に諸共にふみなど遣はしけるに元輔にあひてわすられにけりと聞きて女の許につかはしける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

かくて臨時祭になりて二條前太政大臣中將に侍りて祭のつかひし侍りけるにあるし箱のふたにぢんの櫛白がねのかうがいかねのはこにかゞみなどいれてつかひは中宮のはらからなればにや日かげとおぼしくてかゞみの上にあしでにてかきて侍りける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

世中さわがしく侍りける時さとのとね宣旨にてまつりつかうまつるべきを歌ふたつなむいるべきといひければよみ侍りける

藤原長能

Фудзивара Нагаёси

鷹狩をよめる

藤原長能

О соколиной охоте

Фудзивара Нагаёси

長徳五年左大臣の家の歌合に

藤原長能

На поэтическом состязании в доме левого министра в пятом году тё:току.

Фудзивара Нагаёси

恒徳公の家の歌合に

藤原長能



神祇を

藤原長能



物へ行く人に餞すとて

藤原長能



今は昔、長能、道済といふ歌詠みども、いみじう挑み交はして詠みけり。


藤原長能
源道済
長能、物思ひ姿にて、出でにけり。



さきざき、何事も長能は上手を打ちけるに、この度は本意なかりけりとぞ。



春を惜しみて、三月小ありけるに、長能、



長能は蜻蛉の日記したる人の兄人、伝はりたる歌詠み、道済、信明といひし歌詠みの孫にて、いみじく挑み交はしたるに、鷹狩の歌を二人詠みけるに、長能、


源信明
長能道済事

Про Нагаёси и Митинари

長能道済事 河原院事