Весна
0
Лето
0
Осень
0
Зима
0
Любовь
0
Благопожелания
0
Странствия
0
Разлука
0
Скорбь
0
Буддийское
0
Синтоистское
0
Разное
0
Иное
0
二時ばかりありて、殿仰せらるるやう、「極楽寺の僧、なにがしの大徳やこれにある」と尋ね給ふに、ある人、「中門の脇の廊に候ふ」と申しければ、「それ、こなたへ呼べ」と仰せらるるに、人々怪しと思ひ、そこばくのやんごとなき僧をば召さずして、かく参りたるをだに、よしなしと見居たるをしも、召しあれば、心も得ず思へども、行きて、召す由をいへば参る。



まづは、造らしめ給へる御堂などの有様、鎌足のおとどの多武峯、不比等のおとどの山階寺、基経のおとどの極楽寺、忠平のおとどの法性寺、九条殿の楞厳院、天のみかどの造り給へる東大寺も、仏ばかりこそは大きにおはすめれど、なほこの無量寿院には並び給はず。



昔も、かかりけること多く侍りけるなかに、極楽寺、法性寺ぞいみじく侍るや。



見つけて参らせざらむ事のいといみじく思し召しければ、これ求め出でたらむ所には一伽藍を建てむと、願じ思して、求め給ひけるに、出できたる所ぞかし、極楽寺は。



極楽寺、高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

Помолившись у храма Крайней Радости святилища Кора, расположенных у подножия горы Отокояма, на подступах к Ивасимидзу, монах решил, что достиг своей цели, и вернулся восвояси.

ここに極楽寺は、殿の造り給へる寺なり。



『極楽寺のそれがしが、かく煩はせ給ふ事、いみじう歎き申して、年来読み奉る仁王経を、今朝より中門の脇に候ひて、他念なく読み奉りて祈り申し侍る。その聖の護法の、かく病ませ奉る悪鬼どもを、追ひ払ひ侍るなり』と申すと見て、



二時許を経るに、重く煩て臥し給へる殿、気の下に人を呼て宣はく、「極楽寺の□□大徳とや有る」と。



其れに、此の極楽寺の僧は、世に貴き思えも無ければ、此許の御祈共に召しも無し。



今昔、極楽寺と云ふ寺有り。



二時ばかりありて、殿の仰せらるるやう、「極楽寺になにがし大徳やある」と仰せられければ、「中門の脇の廊になん候ふ」と申しければ、「それ、こなたへ呼べ」と仰せらるるに、人々、「あやし」と思ひて、「そこばくの僧を召すことなし。
二時ときばかりありて、殿の仰せらるるやう、「極楽寺になにがし大徳だいとこやある」と仰せられければ、「中門の脇の廊になん候ふ」と申しければ、「それ、こなたへ呼べ」と仰せらるるに、人々、「あやし」と思ひて、「そこばくの僧を召すことなし。


極楽寺僧施仁王経験事

О том как монах из храма Гокуракудзи читал "Сутру о человеколюбивых государях" и являл чудеса.
極楽寺はこの殿の造り給へる所なり。

А Гокуракудзи как раз был тем господином построен.

其の時に、殿、自ら御帳の帷を褰て、頭を持ち上て宣はく、「我れ、只今夢に、我が当りに極て怖し気なる鬼共有て、取々に我が身を掕躒しつる程に、端正なる童の鬘結たる、楚を持て中門の方より入来て、此の鬼共を楚を以て打ち揮ひつれば、鬼共、皆逃て去ぬ。我れ、『何ぞの童の此は為るぞ』と童に問に、童の云く、『極楽寺の□□が此く祈念して、今朝より参て、中門の脇の廊に居て仁王経を誦する間、一文一句他念無くして、心を至して誦する験の顕はれて、其の護法の、悩すらむ所の悪鬼を揮へと有るに依て、我等来て揮ひ去くる也』と。我れ、此れを聞て、『貴し』と思て、驚たるに、病掻巾ふ様にて□□きにたれば、『実に参て有るか』と問せつるに、『今朝より仁王経誦して候ふ』と云へば、喜くて、其の喜び云むが為に、此く呼び入れたる也」と宣て、僧を礼して、御棹に係たる御衣を召て、纏け給て宣はく、「汝ぢ、速に寺に返て、弥よ祈請すべし」と。



極楽寺の僧に験劣れる人、若干の僧の中に有なむや。