法師にならんとしけるころ、雪のふりけれはたたうかみにかきおきて侍りける

藤原高光
法師にならんとしけるころ、雪のふりけれはたたうかみにかきおきて侍りける

藤原高光
Фудзивара Такамицу

天暦の御時、神無月といふことを上におきて、歌つかうまつりけるに

藤原高光
天暦の御時、神無月といふことを上におきて、歌つかうまつりけるに

藤原高光
Такамицу

人の文つかはして侍りける返事に添へて、女につかはしける

藤原高光
人の文つかはして侍りける返事に添へて、女につかはしける

藤原高光
Такамицу

藤原高光
藤原高光
Такамицу

題しらず

藤原高光
題しらず

藤原高光
Без названия

Такамицу

少将高光、横川にまかりて頭下ろし侍りにけるに、法服つかはすとて

権大納言師氏
少将高光、横川にまかりて頭下ろし侍りにけるに、法服つかはすとて

権大納言師氏
Сложил и послал вместе со своей монашеской одеждой младшему военачальнику Такамицу, удалившемуся от мира и затворившемуся в пагоде Ёкава

Мороудзи
少将高光=藤原高光如覚
返し

如覚
返し

如覚
Ответ

Нёкаку
如覚=藤原高光
御返し

如覚
御返し

如覚
Ответ

Нёкаку
如覚=藤原高光
さくなむさ

如覚法師
さくなむさ

如覚法師
Нёкаку-хоси

ひえの山にすみ侍りけるころ、人のたき物をこひて侍りけれは、侍りけるままに、すこしを梅の花のわつかにちりのこりて侍るえたにつけてつかはしける

如覚法師
ひえの山にすみ侍りけるころ、人のたき物をこひて侍りけれは、侍りけるままに、すこしを梅の花のわつかにちりのこりて侍るえたにつけてつかはしける

如覚法師
Нёкаку-хоси

法師にならんと思ひたち侍りけるころ、月を見侍りて

藤原たかみつ
法師にならんと思ひたち侍りけるころ、月を見侍りて

藤原たかみつ
Фудзивара Такамицу
(Нёкаку)
大鏡 > 上巻 太政大臣頼忠 廉義公 (ВЕЛИКИЙ МИНИСТР ЁРИТАДА [РЭНГИКО:])
村上の九宮の御女、多武峯の入道少将、まちをさ君の御女の腹なり。

дочь Девятого принца-сына Мураками и дочери господина Матиоса, младшего военачальника сё:сё:, Вступившего на Путь, ню:до:, То:номинэ [Такамицу].

人のむすめと物語し侍りけるを女のおや聞きつけて諸共にゐあかし侍りにける旦に遣しける

藤原高光

Фудзивара Такамицу

同じ時恒徳公兵衛佐に侍りけるかはりの少將になり侍りて喜びに大納言の許にまうできて侍りけるを見てよみ侍りける

大納言師氏女高光妻


Дайнагон Мороудзи??
天暦九年宇佐の使の餞にうへのをのこども歌よみけるに

藤原高光

Фудзивара Такамицу

女に遣しける

藤原高光

Фудзивара Такамицу

九條右大臣かくれ侍りにける年新甞會のころ内の女房に遣しける

藤原高光

Фудзивара Такамицу

山深く住み侍りし頃人のとぶらひきて侍りけるによめる

藤原高光



世を遁れて横川に住み侍りける頃詠める

藤原高光



これ*よりこそやますげのやうなりとも、御ぞはたてまつれまほしけれ。


*藤原高光
高光横河に侍りけるにとぶらひ罷りてよみ侍りける

東三條入道攝政太政大臣



高光少将事

Про Такамицу-но сёсё

今は昔、高光の少将と申したる人、出家し給ひたりければ、あはれにもやさしくも、さまざまなることども侍りけり。
今は昔、高光の少将と申したる人、出家すけし給ひたりければ、あはれにもやさしくも、さまざまなることども侍りけり。

高光の少将=藤原高光
かくて、この入道のきみ高光、御ゆめに、



高光少将事 公任大納言