郭公驚夢といへる事をよめる

中納言公成

О сне, прбудила от которого кукушка

Тюнагон Киннари

かかるほどに、御年積らせ給ひて、また御孫の頭中将公成の君を、ことのほかにかなしがり給ひて、内にも、御車のしりに乗せさせ給はぬかぎりは、参らせ給はず。



無量壽院の金堂供養に、東宮の行啓ある御車に候はせ給ひて、ひとみち、「公成思し召せよ、思し召せよ」と、同じことを啓させ給ひける、「あはれなるものから、をかしくなむありし」とこそ、宮仰せられけれ。



五節に出でゝかいつくろひなどし侍りける女につかはしける

中納言公成

Тюнагон Киннари