弘長元年後嵯峨院に百首の歌奉りける時、春雪

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りけるとき、春雨

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

文永二年七月白河殿にて人々題を探りて七百首の歌つかうまつりける時、橋霞を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

寳治元年十首の歌合に、山花

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家の家に百首の歌よみ侍りけるに

藻壁門院少將

Сохэкимонъин-но Сёсё

春曉月を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、郭公

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

寳治百首の歌奉りける時、早苗

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家の家の百首の歌に

信實朝臣

Нобудзанэ

前大納言爲家日吉の社にて歌合し侍りけるに、江五月雨を

從二位行家



前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、月

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、紅葉

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘安元年百首の歌奉りけるとき、落葉

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りけるとき、初冬

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家人々に勸めて日吉の社にて歌合し侍りける時、關路冬月を

普光園入道前關白左大臣



弘長元年百首の歌奉りけるとき、歳暮

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

白河殿の七百首の歌に遊子越關といふ事を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

旅の歌の中に

前大納言爲家

Среди песен странствия

Бывший дайнагон Тамэиэ

人々すゝめて玉津島の社にて歌合し侍りけるに、社頭述懷を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

寄繪戀と云ふ事を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

白河殿の七百首の歌に、寄雲戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、不逢戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

山階入道左大臣の家の十首の歌に、寄心戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家日吉の社にて歌合し侍りけるに、寄枕忍戀

光俊朝臣

Мицутоси

前大納言爲家の家の百首の歌に

信實朝臣

Нобудзанэ

洞院攝政の家の百首の歌に、遇不逢戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、露

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前中納言定家はやう住み侍りける所に前大納言爲家わづらふこと侍りける時雪のあしたに申し遣しける

權中納言公雄



返し

前大納言爲家

Ответ

Бывший дайнагон Тамэиэ

題志らず

前大納言爲家

Тема неизвестна

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、松

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家身まかりて後日數過ぐるほどに前大納言爲氏の許に申し遣しける

入道前太政大臣



前大納言爲家に後れて後懷舊の歌よみ侍りけるに

法眼慶融



春立つ心をよみ侍りける

前大納言爲家

О приходе весны

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、花

前大納言爲家

Когда слагали сто песен в первом году котё, о цветах сакуры

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家の家に百首の歌よみ侍りけるに

藤原隆祐朝臣



建長三年吹田にて十首の歌奉りけるに

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、山吹を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

洞院攝政の家の百首の歌に、おなじ心を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りし時、霧

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前關白一條の家の百首の歌に、關月

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家の家の百首の歌に

如願法師



雪の歌とてよみ侍りける

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

白河殿の七百首の歌におなじ心を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

康元元年二月の頃わづらふ事ありて司奉りてかしらおろし侍りける時よみ侍りける

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家住吉の社にて歌合し侍りけるに、野花

藤原仲敏



同じくかきそへ侍りける

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

六月祓を

前大納言爲家

О священном омовении в шестом месяце

Бывший дайнагон Тамэиэ

文永十二年七月七日内裏に七首の歌奉りし時

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、月を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

題志らず

前大納言爲家

Тема неизвестна

Бывший дайнагон Тамэиэ

常磐井入道前太政大臣の家にて月の歌よみ侍りける中に

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

建長三年吹田にて十首の歌奉りける時

前大納言爲家

Когда слагали по десять песен в Суйта в третьем году кэнтё

Бывший дайнагон Тамэиэ
??
前大納言爲家の家に百首の歌よみ侍りけるに

從二位家隆

Иэтака

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

題志らず

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

戀の歌の中に

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家の家の百首の歌に

正三位知家

Томоиэ

弘長元年百首の歌奉りけるに、忍戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

山階入道左大臣の家の十首の歌に、寄關戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

山階入道左大臣の家の十首の歌に、不遇戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

山階入道左大臣の家の十首の歌に、待戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、初遇戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りけるに、曉別戀

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

題志らず

前大納言爲家

Тема неизвестна

Бывший дайнагон Тамэиэ

建長三年吹田にて十首の歌奉りけるに、戀の歌

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

山階入道左大臣の家の十首の歌に、名所松

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りけるとき、述懷

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

述懷の心を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、懷舊

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

九條左大臣かくれ侍りてほかにうつし侍りにける朝雪ふかく積りたりけるに右衛門督忠基のもとにつかはしける

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

十戒の歌の中に、不偸盜戒

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年百首の歌奉りける時、神祇

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

冬の歌よみ侍りけるに

右衛門督爲家

Сложил о зиме

Тамэиэ

六帖の題にてよみ侍りける歌の中に、若菜を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

餘寒の心を

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

寳治二年百首の歌奉りけるに、春雪をよみ侍りける

前大納言爲家

Бывший дайнагон Тамэиэ

弘長元年後嵯峨院に百首の歌奉りける時

前大納言爲家



住吉の社によみて奉りける百首の歌の中に、若菜を

前大納言爲家



建長二年詩歌を合せられける時、江上春望

前大納言爲家



前大納言爲家



西園寺入道前太政大臣の家の三首の歌に、花下日暮といへる心を

前大納言爲家



前大納言爲家



前大納言爲家の家に百首の歌よみ侍りけるに

從二位家隆



寳治の百首の歌奉りける時、籬山吹

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



文永八年七夕、白川殿にて人々題をさぐりて百首の歌よみ侍りける時、蚊遣火

前大納言爲家



龜山院位におましましける時七月七日人々に七首の歌めされけるによみて奉りける

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



建長元年九月十三夜鳥羽殿の五首の歌に、水郷月

前大納言爲家



前大納言爲家の家の百首の歌に

從二位家隆



弘長の百首の歌奉りける時、虫

前大納言爲家



前大納言爲家人々によませ侍りける日吉の社の五十首の歌合に、湖邊擣衣

前大納言爲氏



白川殿の七百首の歌に尋網代といへる心を

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



玉津島に詣でゝ詠み侍りける

前大納言爲家



諸行無常是生滅法と云ふ事を

前大納言爲家



前大納言爲家身まかりて後一めぐりに前大納言爲氏如法經書き侍りけるに捧物贈り侍るとて

從三位氏久



後鳥羽院の下野すゝめ侍りける十六想觀の歌に、水想觀を

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



建長三年九月十三夜の十首の歌合に同じ心を

前大納言爲家



洞院攝政の家の百首の歌に

前大納言爲家



後九條内大臣の家の三十首の歌に

前大納言爲家



弘長の百首の歌奉りける時、曉

前大納言爲家



弘長の百首の歌奉りけるとき、五月雨

前大納言爲家



弘長二年龜山殿の十首の歌に、朝寒蘆

前大納言爲家



爐火を

前大納言爲家



前中納言定家身まかりて後前大納言爲家嵯峨の家に住み侍りける頃申しつかはしける

後鳥羽院下野



返し

前大納言爲家



寄神祇祝といふ事を

前大納言爲家



前大納言爲家



寳治の百首の歌の中に、梅薫風と云ふ事を

前大納言爲家



春の歌の中に

前大納言爲家



千首の歌詠み侍りけるに

前大納言爲家



前大納言爲家



寳治の百首の歌の中に、同じ心を

前大納言爲家



寳治の百首の歌の中に、待郭公

前大納言爲家



寳治の百首の歌の中に、夕立

前大納言爲家



前大納言爲家



春日の社に奉りける百首の歌の中に

前大納言爲家



前大納言爲家



住吉の社に奉りける百首の歌の中に、炭竈

前大納言爲家



寳治の百首の歌に、旅宿

前大納言爲家



建長五年五月後嵯峨院に三首の歌奉りけるに、寄郭公戀と云ふ事を

前大納言爲家



女と夜もすがら物語してあしたに云ひつかはしける

前大納言爲家



女の許にあからさまに罷りて物語りなどして立ち歸りて申しつかはしける

前大納言爲家



女のもとへ近き程にあるよし音づれて侍りければ、今宵なむ夢に見えつるは鹽竈のしるしなりけりと申して侍りけるにつかはしける

前大納言爲家



戀の歌の中に

前大納言爲家



千首の歌の中に

前大納言爲家



寳治の百首の歌に、寄虫戀

前大納言爲家



太神宮へ奉りける百首の歌の中に、殘雪を

前大納言爲家



北野の社に奉りける百首の歌に

前大納言爲家



寳治の百首の歌に、夜燈を

前大納言爲家



千首の歌よみ侍りけるに

前大納言爲家


The poem has poem number 1767 in Shinpen kokka taikan (Tokyo: Kadokawa Shoten, 1983, vol.1).
寳治の百首の歌奉りける時、浦舟を

前大納言爲家



前大納言爲家身まかりて後百首の歌よみ侍りけるに

安嘉門院四條



前大僧正良覺横川にて如法經書きけるに天長の昔まで思ひやらるゝよし申すとて

前大納言爲家



石清水の歌合に

前大納言爲家



寳治の百首の歌に、春月

前大納言爲家



文永二年白河殿にて人々題を探りて七百首の歌仕うまつりけるとき、挿頭花と云ふ事を

前大納言爲家



弘長元年百首のうた奉りけるに、春月

前大納言爲家



白河殿の七百首の歌に、夏月似秋

前大納言爲家



秋の歌の中に

前大納言爲家



家の十五首の歌に、月

前大納言爲家



寳治の百首の歌奉りける時、重陽宴を

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



前大納言爲家



冬の歌の中に

前大納言爲家



前大納言爲家



白河殿の七百首の歌に、旅宿時雨

前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



光明峯寺入道前攝政の家の戀の十首の歌合に、寄糸戀

前大納言爲家



前大納言爲家



後朝戀といへる事をよみ侍りける

前大納言爲家



前大納言爲家



白河殿の七百首の歌に、寄鬘戀

前大納言爲家



法印昭清すゝめ侍りける石清水の社の三十首の歌に、寄水祝

前大納言爲家



前大納言爲家



西園寺入道前太政大臣住居の社に、三十首の歌詠みて奉りけるに

前大納言爲家



前大納言爲家日吉の社にて八講おこなひ侍りける時、人々に一品經の歌すゝめけるに、方便品

花山院入道前太政大臣



弘長元年百首の歌奉りけるとき、述懷

前大納言爲家



弘長の百首の歌に、山家

前大納言爲家



寳治の百首の歌奉りけるに

前大納言爲家



若菜を詠み侍りける

前大納言爲家



弘長元年奉りける百首の歌に、梅

前大納言爲家



春の歌の中に

前大納言爲家



月の歌の中に

前大納言爲家



雪の歌の中に

前大納言爲家



前大納言爲家



題志らず

前大納言爲家



同じ心を

前大納言爲家



前大納言爲家



前大納言爲家



前大納言爲家



前大納言爲家



觀經釋文、釋迦此方發遺彌陀即彼國來迎

前大納言爲家