続日本紀 > 卷第一 (Свиток 1)
五月、庚申朔、諸國旱。因奉幣帛于諸社。

5-я луна, 1-й день. Во всех провинциях стояла засуха. Поэтому во всех святилищах совершены приношения.

この社は、伊豫の國、三島大明神をうつし奉ると聞くにも、能因入道、伊豫守實綱が命によりて歌よみて奉りけるに、炎旱の天より雨にはかに降りて、枯れたる稻葉もたちまちに緑にかへりけるあら人神の御なごりなれば、ゆふだすき、かけまくもかしこくおぼゆ。