事出之者
誰言尓有鹿
小山田之
苗代水乃
中与杼尓四手
ことでしは
たがことにあるか
をやまだの
なはしろみづの
なかよどにして
О, сказанные только что слова,
Кем сказаны, чьи были те слова? —
Ведь словно на полях средь гор вода,
Где поднялась рассада риса,
Стоишь на месте ты и не спешишь сюда!

清輔朝臣のもとにて、雨中苗代といふことをよめる

勝命法師
清輔朝臣のもとにて、雨中苗代といふことをよめる

勝命法師
Сёмё-хоси

更科日記 >  東山 (Восточные горы)
道のほど、田の苗代、見ずまかせたるも、植ゑたるも、何となく青みをかしう見えわたりたる、山のかげくらう前近う見えて心細くあはれなる夕暮、くひないみじく鳴く。

По дороге можно было любоваться полями: и делянки для рассады, залитые водой, и засаженные уже участки нежно зеленели, и это было очень трогательно. Горы оказались очень неприветливы, чудилось, будто они обступают тебя всё теснее, и от этого вечерами было немного не по себе, одиноко и неприютно, а птица куина отчаянно выстукивала свою песню[57].
[57] …птица куина отчаянно выстукивала свою песню. — Голос болотной птички куина (Rallus aquaticus indicus) напоминает стук в дверь.
更科日記 >  山里の秋 (Осень в горном селении)
苗代の
水かげばかり
見えし田の
かりはつるまで
長居しにけり
なはしろの
みづかげばかり
みえしたの
かりはつるまで
ながいしにけり
На тех полях,
Где только гладь воды
Мне брезжилась, ростки скрывая,
Уж урожай собрали.
Как загостилась я!..

おのが国にはあらで、異国に田をつくりけるが、おのがすむ国に苗代をして、植うべきほどになりければ、その苗を舟に入れて、植ゑん人どもに食はすべき物よりはじめて、鍋、釜、鋤、鍬、からすきなどいふ物にいたるまで、家の具を舟にとりつみて、十一二ばかりなるをのこ子、女子、二人の子を、舟のまのりめにのせ置きて、父母は、「植ゑんといふ者雇はん」とて、陸にあからさまにのぼりにけり。



小山田の
苗代みづは
たえぬとも
心のいけの
いひは放たじ
をやまだの
なはしろみづは
たえぬとも
こころのいけの
いひははなたじ


雁がねぞ
けふ歸るなる
小山田に
苗代水の
ひきもとめなむ
かりがねぞ
けふかへるなる
をやまだに
なはしろみづの
ひきもとめなむ


苗代をよめる

津守國基

О грядке для рисовой расады

Цумори Кунимото

後冷泉院の御時弘徽殿の女御の歌合に苗代をよめる

藤原隆資

Во времена императора Го-Рэйдзэй, на поэтическом состязании госпожи Кокидэн, о рисовом питомнике

Фудзивара Такасукэ

山里の
そともの小田の
苗代に
岩間の水を
せかぬ日ぞなき
やまざとの
そとものをだの
なはしろに
いはまのみづを
せかぬひぞなき
За деревней разбитых
У маленьких полей
Рисовых питомниках
Не было и дня, чтоб не останавливал
Воду, бегущую меж камней.
そとも — внешняя часть

??
苗代の
水はいな井に
任せたり
民やすげなる
君が御代かな
なはしろの
みづはいなゐに
まかせたり
たみやすげなる
きみがみよかな


君うしや
花のみやこの
花をみて
苗代水に
いそぐこゝろは
きみうしや
はなのみやこの
はなをみて
なはしろみづに
いそぐこころは


よそにきく
苗代水に
哀れわが
おりたつ名をも
流しつる哉
よそにきく
なはしろみづに
あはれわが
おりたつなをも
ながしつるかな


天の河
苗代水に
せきくだせ
あま降ります
かみならばかみ
あまのかは
なはしろみづに
せきくだせ
あまくだります
かみならばかみ

Разбор
天の川から苗代水を堰(せ)いて地に落として下さい。天から降臨して、雨も降らせもする神様ならば、その神よ。
伊予の国(愛媛県)で、正月から四月まで雨が降らず苗代も出来ないので、歌を詠み雨が降ることを祈ったものです。   
注・・あま下り=「天下り」で天から降臨する意に「雨降(くだ)り」の意を掛ける。
作者・・能因法師=のういんほうし。988~1050。中古36歌仙。著書「能因歌枕」など。
苗代の
水にはかげと
みえつれど
なはしろの
みづにはかげと
みえつれど


苗代の
春のかど田に
せく水の
道あるかたに
身をや任せむ
なはしろの
はるのかどたに
せくみづの
みちあるかたに
みをやまかせむ


苗代を

從二位家隆

О рисовых питомниках

Иэтака

春くれば
うき田の森に
引く志めや
苗代水の
たよりなる覽
はるくれば
うきたのもりに
ひくしめや
なはしろみづの
たよりなるらん
Лишь приходит весна
И в лесу Икута
Словно знак запрета:
Вода рисовых питомников
Закрыла все пути...

をちこちの
苗代水に
せきかけて
春行く河は
末ぞわかるゝ
をちこちの
なはしろみづに
せきかけて
はるゆくかはは
すゑぞわかるる


苗代を

安嘉門院四條



春の田の
あぜの細道
たえまおほみ
水せきわくる
苗代の頃
はるのたの
あぜのほそみち
たえまおほみ
みづせきわくる
なはしろのころ


みがくれて
すだく蛙の
聲ながら
任せてけりな
小田の苗代
みがくれて
すだくかはづの
こゑながら
まかせてけりな
をだのなはしろ


蛙鳴苗代と云ふ事をよめる

前大僧正慈鎭



春の田の
苗代みづを
任すれば
すだく蛙の
こゑぞながるゝ
はるのたの
なはしろみづを
まかすれば
すだくかはづの
こゑぞながるる


小田山の
苗代水に
あらなくに
流れそめては
絶えむ物かは
をだやまの
なはしろみづに
あらなくに
ながれそめては
たえむものかは


百首の歌奉りし時、苗代

儀同三司



昨日けふ
返すと見えて
苗代の
あぜ越す水も
まづ濁りつゝ
きのふけふ
かへすとみえて
なはしろの
あぜこすみづも
まづにごりつつ


貴船川
末せき入るゝ
苗代に
神のみ志めを
引きやそへまし
きぶねがは
すゑせきいるる
なはしろに
かみのみしめを
ひきやそへまし


せきかけし
苗代水の
流れきて
またあまくだる
神ぞこの神
せきかけし
なはしろみづの
ながれきて
またあまくだる
かみぞこのかみ


奈波之呂乃
<古>奈宜我波奈乎
伎奴尓須里
奈流留麻尓末仁
安是可加奈思家
なはしろの
こなぎがはなを
きぬにすり
なるるまにまに
あぜかかなしけ
Цветком конаги,
Что в питомнике расцвел,
Одежду крепко надушил свою.
Хоть этот аромат вдыхаю я всегда,
Но отчего же так его люблю?
* Цветок конаги — метафора возлюбленной. Хотя и привык к этой красивой девушке и часто вижу её, но не перестаю любить её, люблю еще сильнее — таков подтекст песни. В старину цветы и растения употребляли для аромата, в качестве духов, натирая ими одежду, а также в качестве красителя.
* Цветы конаги часто растут на рисовых полях. Здесь имеется в виду рисовый питомник, где выращивают рассаду.
雨ふれば
小田のますらを
いとまあれや
なはしろ水を
空にまかせて
あめふれば
をだのますらを
いとまあれや
なはしろみづを
そらにまかせて
Наверное,
Весенние дожди
Отдых дадут землепашцу,
Щедро поля напоив
Небесною влагой.
* Имеются в виду поля навасиро — малые поля, на которых выращивали побеги риса. Потом побеги высаживали на рисовые поля.
なはしろの
みづをかすみは
たなびきて
うちひのうへに
かくるなりけり
なはしろの
みづをかすみは
たなびきて
うちひのうへに
かくるなりけり


山川を
なはしろ水に
まかすれば
田面にうきて
花ぞ流るゝ
やまかはを
なはしろみづに
まかすれば
たおもにうきて
はなぞながるる


櫻散る
山した水を
せき分けて
花に流るゝ
小田のなはしろ
さくらちる
やましたみづを
せきわけて
はなにながるる
をだのなはしろ


せきかくる
小田のなはしろ
水澄て
あぜこす浪に
蛙鳴く也
せきかくる
をだのなはしろ
みづすみて
あぜこすなみに
かはづなくなり

orig:はなしろ
ひきひきに
苗代みづを
わけやらで
ゆたかに流す
末をとほさむ
ひきひきに
なはしろみづを
わけやらで
ゆたかにながす
すゑをとほさむ


玉ぼこの
道ある時は
苗代の
水もこゝろに
まかせてぞひく
たまぼこの
みちあるときは
なはしろの
みづもこころに
まかせてぞひく


路苗代といふ事を

權大納言公夏

Исполняющий обязанности Старшего советника Двора господин [То:ин] Киннацу