Весна
91
Лето
170
Осень
67
Зима
67
Любовь
32
Благопожелания
4
Странствия
17
Разлука
4
Скорбь
6
Буддийское
2
Синтоистское
4
Разное
70
Иное
0
春雨尓
毛延之楊奈疑可
烏梅乃花
登母尓於久礼奴
常乃物能香聞
はるさめに
もえしやなぎか
うめのはな
ともにおくれぬ
つねのものかも
Это ива ли зазеленела
От весеннего недолгого дождя? —
Ведь цветы душистой белой сливы
Вместе с ней цветут в одни и те же дни,—
Или это ива не простая?

花は散り
その色となく
ながむれば
むなしき空に
春雨ぞ降る
はなはちり
そのいろとなく
ながむれば
むなしきそらに
はるさめぞふる
Цветы прекрасных вишен
Отцвели, и ныне —
Ничто не радует мой взор.
А с неба тусклого
Льёт долгий, долгий дождь..
* Прототипом может служить танка из «Исэ моногатари»:
В день летний, долгий,
Как сумерки наступят, —
В задумчивость я погружаюсь,
И безотчётная печаль
Мне наполняет сердце.
夜夫奈美能
佐刀尓夜度可里
波流佐米尓
許母理都追牟等
伊母尓都宜都夜
やぶなみの
さとにやどかり
はるさめに
こもりつつむと
いもにつげつや
Остался ночевать
В селенье Ябунами
И там до сей поры скрываюсь я
От шумного весеннего дождя —
Об этом вы жене моей сказали?

はるさめの
ふりそめしより
かたをかの
すそ野の原そ
あさみとりなる
はるさめの
ふりそめしより
かたをかの
すそののはらそ
あさみとりなる


春雨の
そほふる空の
をやみせず
落つる涙に
花ぞ散りける
はるさめの
そほふるそらの
をやみせず
おつるなみだに
はなぞちりける
Весенний долгий дождь...
Кажется:
Льются с небес
Бесконечные слёзы
По опавшим цветам.
* Поэт использует приём аллюзии, намекая на песню Отомо Куронуси из «Кокинсю» (свиток «Песни весны» [88]):
Весенний дождь
Не слёзы ль?
Нет человека,
Что не жалел бы
О вишни опадающих цветах!
ときはなる
山の岩根に
むす苔の
染めぬみどりに
春雨ぞふる
ときはなる
やまのいはねに
むすこけの
そめぬみどりに
はるさめぞふる
Вечнозелёный мох
Не надо красить,
И однако ж
Обильно поливает скалы
Весенний дождь...
* ...мох не надо красить... — считали, что дождь «красит» зелень: весной в яркие зелёные тона, осенью — в багрянец.
かけろふの
それかあらぬか
春雨の
ふる日となれは
そてそぬれぬる
かけろふの
それかあらぬか
はるさめの
ふるひとなれは
そてそぬれぬる
То ли есть, то ли нет —
как знойное марево, тает
милый образ вдали.
Только ливень весенний снова
рукава пропитал слезами…

ねになきて
ひちにしかとも
春さめに
ぬれにし袖と
とははこたへむ
ねになきて
ひちにしかとも
はるさめに
ぬれにしそてと
とははこたへむ
Хоть и влажен рукав
от слез, что минувшую ночью
пролила я во сне, —
если спросят люди, отвечу:
«Под дождем весенним он вымок»…

しつくまては
またおちそめぬ
山陰の
檜原かうへに
雨そきこゆる
しつくまては
またおちそめぬ
やまかげの
ひばらかうへに
あめそきこゆる


いかにせむ
我身舊り行く
梅雨に
頼む三笠の
山ぞかひなき
いかにせむ
わがみふりゆく
さみだれに
たのむみかさの
やまぞかひなき


淺き瀬は
あだ波そへて
吉野河
ふちさへさわぐ
五月雨の頃
あさきせは
あだなみそへて
よしのかは
ふちさへさわぐ
さみだれのころ
На мелководье
Добавляются изменчивые волны
На реке Ёсино,
Даже глубины шумят
В пору летних дождей.
Примерный перевод

雨しぼる
やよひの山の
木がくれに
殘るともなき
花の色哉
あめしぼる
やよひのやまの
こがくれに
のこるともなき
はなのいろかな


蝉の聲は
風にみだれて
吹き返す
楢のひろ葉に
雨かゝるなり
せみのこゑは
かぜにみだれて
ふきかへす
ならのひろはに
あめかかるなり


雨晴れて
露吹きはらふ
木ずゑより
風にみだるゝ
蝉の諸聲
あめはれて
つゆふきはらふ
こずゑより
かぜにみだるる
せみのもろごゑ


梓弓
おしてはるさめ
けふふりぬ
あすさへふらは
わかなつみてむ
あつさゆみ
おしてはるさめ
けふふりぬ
あすさへふらは
わかなつみてむ
Нынче струи дождя —
что стрелы из лука тугого,
по и завтра опять
даже в ливень на луг отправлюсь
собирать молодые травы!

花の色は
うつりにけりな
いたつらに
わか身世にふる
なかめせしまに
はなのいろは
うつりにけりな
いたつらに
わかみよにふる
なかめせしまに
Вот и краски цветов
поблекли, пока в этом мире
я беспечно жила,
созерцая дожди затяжные
и не чая скорую старость…
Взят в антологию Огура хякунин иссю, 9.
春雨に
にほへる色も
あかなくに
かさへなつかし
山吹の花
はるさめに
にほへるいろも
あかなくに
かさへなつかし
やまふきのはな
Не насытиться мне
их красою и благоуханьем!
Под весенним дождем
веет грустью воспоминаний
аромат цветов ямабуки…

昔思ふ
草の庵の
夜の雨に
涙な添へそ
山ほととぎす
むかしおもふ
くさのいほりの
よのあめに
なみだなそへそ
やまほととぎす
Вспоминаю прошлое...
На травяную крышу
Льёт ночной дождь.
К нему мне слёз не добавляй,
О горная кукушка!
* Танка сложена спустя два года после того, как автор принял монашеский сан. Большинство поэтов, а также государственных и политических деятелей к концу своей жизни (а некоторые гораздо раньше) становились «монахами в миру», получая звание-приставку к имени — хоси или нюдо (последнее — для высших чиновников). Вспоминаю прошлое — автор вспоминает время, когда он занимал высокое положение и был вхож во дворец. Травяная крыша — имеется в виду крыша монашеского приюта в горах. В песне использована сложная эмоциональная метафора: горный приют — образ одиночества, ночной дождь — образ слёз (имеется в виду пора летних (майских) дождей — самидарэ), а пение кукушки, обычно воспринимаемое как плач (наку), всегда наводит грусть.
雨そそく
花橘に
風すぎて
山ほととぎす
雲に鳴くなり
あめそそく
はなたちばなに
かぜすぎて
やまほととぎす
くもになくなり
Льёт дождь...
По цветам померанцев
Пронёсся ветер,
А там, за тучами,
Плачет кукушка...

うちしめり
あやめぞかほる
ほととぎす
鳴くや五月の
雨の夕暮れ
うちしめり
あやめぞかほる
ほととぎす
なくやさつきの
あめのゆふぐれ
Над склонёнными
Намокшими ирисами
Кукушки плач...
Дождливые
Майские сумерки.
* Намёк на танка неизвестного автора из антологии «Кокинсю»:
Над ирисом майским
Разносится
Голос кукушки...
О, безрассудная
Моя любовь!

(В песне-прототипе автор использует омонимическую метафору: слово аямэ — «ирис» ассоциируется с аямэ — «блуждать в потёмках», «утратить рассудок».)
三島江の
入り江のまこも
雨ふれば
いとどしをれて
刈る人もなし
みしまえの
いりえのまこも
あめふれば
いとどしをれて
かるひともなし
Никто уж не жнёт
Дикий рис
В бухте Мисима
Весь поник он
От долгих дождей.
* Бухта Мисима — заводь на реке Ёдогава (см. коммент. 25). Дикий рис (комо, в поэзии обычно с онорифическим префиксом — макомо) — многолетнее злаковое растение, растет в поймах рек и на болотах. Из него обычно плели циновки.
おのづから
すずしくもあるか
夏衣
日も夕暮れの
雨の名残に
おのづから
すずしくもあるか
なつころも
ひもゆふぐれの
あめのなごりに
Вечер...
Летний ливень
Прошёл,
После себя оставив
Желанную прохладу.

山里の
峰の雨雲
とだえして
夕べすずしき
まきの下露
やまざとの
みねのあまくも
とだえして
ゆふべすずしき
まきのしたつゆ
Горный приют...
Уж тучи разошлись над горной кручей,
Дождь миновал,
И так прохладна под деревьями
Вечерняя роса!

水まさる
ふもとの河の
音そひて
猶峰ふかき
五月雨のくも
みづまさる
ふもとのかはの
おとそひて
なほみねふかき
さみだれのくも
Смешался с шумом
Полноводной реки
У подножья
Шум дождя с тёмных туч
У вершины...
Примерный перевод

庭草尓
村雨落而
蟋蟀之
鳴音聞者
秋付尓家里
にはくさに
むらさめふりて
こほろぎの
なくこゑきけば
あきづきにけり
Когда на травы желтые в саду
Льет мелкий дождь,
И тут же слышишь
Поющий голос тихого сверчка,
То значит — наступила осень.

むらさめの
露もまだひぬ
まきの葉に
霧立ちのぼる
秋の夕暮
むらさめの
つゆもまだひぬ
まきのはに
きりたちのぼる
あきのゆふぐれ
Брызнула морось,
Но еще не просохли капли на листьях
Прекрасных древес,
А уж тянется кверху туман
Из глубин осеннего сумрака.
Включено в ант. «Синкокинсю», 491 («Песни осени», книга вторая).
いかにせむ
来ぬ夜あまたの
ほととぎす
待たじと思へば
村雨の空
いかにせむ
こぬよあまたの
ほととぎす
またじとおもへば
むらさめのそら
Сколько ночей кукушку жду,
Она — не прилетает.
Подумал: может, уж не ждать?
Смотря сквозь дождь
На пасмурное небо.
* Намёк на танка Хитомаро из «Сюисю» («Песни любви»):
Я всё надеялась,
Но ты не приходил.
Сколько ночей таких прошло!
Уж думаю: не ждать,
Но лишь сильнее жду!

(Сложена от лица женщины.)
声はして
雲路にむせぶ
ほととぎす
涙やそそく
宵の村雨
こゑはして
くもぢにむせぶ
ほととぎす
なみだやそそく
よひのむらさめ
Послышался кукушки тихий плач
И потонул
Среди небесных троп:
Быть может, дождь
Омыл ей слёзы?
* Можно увидеть параллель с танка неизвестного автора из«Кокинсю» («Песни лета»):
Я слышу плач твой,
Но не вижу слёз,
Кукушка, —
Готов тебе я одолжить свои —
Из рукавов!

月をなほ
待つらむものか
村雨の
晴れゆく雲の
末の里人
つきをなほ
まつらむものか
むらさめの
はれゆくくもの
すゑのさとひと
Дождь кончился,
И снова светит
Луна. А те, что за горой живут,
Наверное, всё ждут её:
Ведь тучи там ещё не разошлись.

村雨の
露もまだひぬ
真木の葉に
霧たちのぼる
秋の夕暮れ
むらさめの
つゆもまだひぬ
まきのはに
きりたちのぼる
あきのゆふぐれ
На листьях криптомерии
Ещё блестят росинки от прошедшего дождя,
И поднимается туман,
Окутывая ветви.
Осенние сумерки...
Включено в антологию Огура хякунин иссю, 87.
忘らるる
身を知る袖の
村雨に
つれなく山の
月は出でけり
わすらるる
みをしるそでの
むらさめに
つれなくやまの
つきはいでけり
Забыт тобой, и о моей печали
Лишь знает дождь,
Что залил мне рукав,
А над горой сияет равнодушно
Луна...

心をそ
つくしはてつる
ほとときす
ほのめくよひの
村雨のそら
こころをそ
つくしはてつる
ほとときす
ほのめくよひの
むらさめのそら


うき雲の
いさよふよひの
村雨に
おひ風しるく
にほふたちはな
うきくもの
いさよふよひの
むらさめに
おひかせしるく
にほふたちはな


庭草に
むらさめふりて
ひくらしの
なくこゑきけは
秋はきにけり
にはくさに
むらさめふりて
ひくらしの
なくこゑきけは
あきはきにけり


天雲の
かへるばかりの
むら雨に
所せきまで
ぬれし袖かな
あまぐもの
かへるばかりの
むらさめに
ところせきまで
ぬれしそでかな


まさきわる
ひだのたくみや
いでぬらん
村雨過ぐる
かさとりの山
まさきわる
ひだのたくみや
いでぬらん
むらさめすぐる
かさとりのやま


晴れくもり
花のひま洩る
むらさめに
はれくもり
はなのひまもる
むらさめに


むらさめの
空にはあらで
見し月の
わが袖からと
かげぞやつれし
むらさめの
そらにはあらで
みしつきの
わがそでからと
かげぞやつれし


村雨の
雲のたえまに
雁鳴きて
夕日うつろふ
秋のやまのは
むらさめの
くものたえまに
かりなきて
ゆふひうつろふ
あきのやまのは


いかにせむ
濡れぬ宿かす
人もなき
交野のみのゝ
秋の村雨
いかにせむ
ぬれぬやどかす
ひともなき
かたののみのの
あきのむらさめ


うらがるゝ
芦の末葉に
風過ぎて
入江をわたる
秋のむら雨
うらがるる
あしのすゑはに
かぜすぎて
いりえをわたる
あきのむらさめ


ほとゝぎす
五月まつ間の
忍びねも
顯はれぬべき
村雨の空
ほととぎす
さつきまつまの
しのびねも
あらはれぬべき
むらさめのそら


時鳥
しばしやすらへ
すがはらや
伏見の里の
むらさめの空
ほととぎす
しばしやすらへ
すがはらや
ふしみのさとの
むらさめのそら


ほとゝぎす
己が五月の
雨晴れて
村雨まよふ
空に鳴くなり
ほととぎす
おのがさつきの
あめはれて
むらさめまよふ
そらになくなり


村雨の
野分のつゆの
玉すだれ
袖に吹きまく
秋のゆふかぜ
むらさめの
のわけのつゆの
たますだれ
そでにふきまく
あきのゆふかぜ


村さめに
桐の葉落つる
庭の面の
夕べの秋を
問ふ人もがな
むらさめに
きりのはおつる
にはのおもの
ゆふべのあきを
とふひともがな
Осенним вечером,
Когда под дождём
Опадают
Листы павлонии,
Хочу, чтоб кто-то навестил меня!
Примерный перевод

露をだに
はらひかねたる
小山田の
庵もる袖に
すぐる村雨
つゆをだに
はらひかねたる
をやまだの
いほもるそでに
すぐるむらさめ


暮れかゝる
外面の小田の
村雨に
凉しさそへて
とる早苗哉
くれかかる
そとものをだの
むらさめに
すずしさそへて
とるさなへかな


降るほどは
志ばしとだえて
村雨の
過ぐる梢の
蝉のもろ聲
ふるほどは
しばしとだえて
むらさめの
すぐるこずゑの
せみのもろこゑ


打ち志めり
薄のうれは
おもりつゝ
西吹く風に
靡く村さめ
うちしめり
すすきのうれは
おもりつつ
にしふくかぜに
なびくむらさめ


村雨の
なかば晴れ行く
雲霧に
秋の日きよき
まつ原のやま
むらさめの
なかばはれゆく
くもきりに
あきのひきよき
まつはらのやま


虫の音は
楢の落葉に
埋もれて
霧のまがきに
村さめの降る
むしのねは
ならのおちばに
うづもれて
きりのまがきに
むらさめのふる


さすとなき
日影は軒に
移ろひて
木の葉にかゝる
庭の村雨
さすとなき
ひかげはのきに
うつろひて
このはにかかる
にはのむらさめ


村雨の
空吹きすさぶ
夕かぜに
一葉づゝ散る
玉のをやなぎ
むらさめの
そらふきすさぶ
ゆふかぜに
ひとはづつちる
たまのをやなぎ


野分だつ
夕の雲の
あしはやみ
時雨に似たる
あきのむら雨
のわきだつ
ゆふべのくもの
あしはやみ
しぐれににたる
あきのむらさめ


村雨は
晴行くあとの
山陰に
露ふきおとす
かぜのすゞしさ
むらさめは
はれゆくあとの
やまかげに
つゆふきおとす
かぜのすずしさ


嵐吹く
高嶺の空は
くも晴れて
麓をめぐる
あきのむらさめ
あらしふく
たかねのそらは
くもはれて
ふもとをめぐる
あきのむらさめ


村雨の
名殘のつゆや
こぼるらむ
風に玉散る
軒のたちばな
むらさめの
なごりのつゆや
こぼるらむ
かぜにたまちる
のきのたちばな


浮雲の
嶺立ち迷ふ
村雨に
さそはれ出づる
やまほとゝぎす
うきくもの
みねたちまよふ
むらさめに
さそはれいづる
やまほととぎす


日ぐらしの
鳴く夕暮の
浮雲に
村雨そゝぐ
もりのしたぐさ
ひぐらしの
なくゆふぐれの
うきくもに
むらさめそゝぐ
もりのしたぐさ


末の露
淺茅がもとを
思ふにも
我が身一つの
秋のむらさめ
すゑのつゆ
あさぢがもとを
おもふにも
わがみひとつの
あきのむらさめ


こがれ行く
よその紅葉に
くらべみよ
袂にかゝる
秋の村雨
こがれゆく
よそのもみぢに
くらべみよ
たもとにかかる
あきのむらさめ


山風に
瀧のよどみも
音立てゝ
村雨そゝぐ
夜半ぞすゞしき
やまかぜに
たきのよどみも
おとたてて
むらさめそゝぐ
よはぞすずしき


村雨の
はるゝ夕日の
影もりて
木の下きよき
露のいろかな
むらさめの
はるるゆふひの
かげもりて
このしたきよき
つゆのいろかな


村雨の
名殘の露は
かつ落ちて
本末にとまる
蝉のもろごゑ
むらさめの
なごりのつゆは
かつおちて
もとすゑにとまる
せみのもろごゑ

本末?
この里は
村雨降りて
雁がねの
聞ゆる山に
あきかぜぞ吹く
このさとは
むらさめふりて
かりがねの
きこゆるやまに
あきかぜぞふく


水莖の
岡邊の小田の
村さめに
露かきわけて
早苗とるなり
みづぐきの
をかべのをだの
むらさめに
つゆかきわけて
さなへとるなり


雲をなす
わさ田の穗なみ
吹き立ちて
村雨ながら
渡る秋風
くもをなす
わさだのほなみ
ふきたちて
むらさめながら
わたるあきかぜ


如何にせむ
障らば明日の
頼だに
知らぬ契の
宵のむらさめ
いかにせむ
さはらばあすの
たのみだに
しらぬちぎりの
よひのむらさめ


鳴ぬべき
けしきの社の
むら雨に
忍びもあへぬ
郭公かな
なかきべき
けしきのこその
むらさめに
しのびもあへぬ
ほととぎすかな


をとづるゝ
桐の落葉も
まがふらし
あはれなそへそ
秋の村雨
をとづるる
きりのおちばも
まがふらし
あはれなそへそ
あきのむらさめ


むら雨の
過行雲は
坂こえて
あべの田面に
秋風ぞ吹
むらさめの
すぎゆくくもは
さかこえて
あべのたおもに
あきかぜぞふく


正木ちる
をと冷じき
夕暮の
嵐にきほふ
秋のむら雨
まさきちる
をとすさまじき
ゆふぐれの
あらしにきほふ
あきのむらさめ


うきほどは
さのみ泪の
あらばこそ
わが袖ぬらせ
よそのむら雨
うきほどは
さのみなみだの
あらばこそ
わがそでぬらせ
よそのむらさめ


暮立之
雨落毎
(一云
打零者)
春日野之
尾花之上乃
白霧所念
ゆふだちの
あめふるごとに
(うちふれば)
かすがのの
をばながうへの
しらつゆおもほゆ
О, каждый раз, когда бывает ливень
И льют потоки бурные дождя,
Я вспоминаю светлые росинки
В долине Касуга
На листьях обана.

暮立之
雨打零者
春日野之
草花之末乃
白露於母保遊
ゆふだちの
あめうちふれば
かすがのの
をばながうれの
しらつゆおもほゆ
Когда на землю дождь
Обильным ливнем льет,
Долину Касуга я вспоминаю вмиг
И белую росу, сверкающую там
На лепестках прелестных обана.
* Первая песня считается популярной, указывается на её вариант в кн. Х (2169).
よられつる
野もせの草の
かげろひて
すずしくくもる
夕立の空
よられつる
のもせのくさの
かげろひて
すずしくくもる
ゆふだちのそら
Травы в полях,
Поникшие от солнечной жары,
Теперь вздохнут:
Сгустились тучи, предвещая ливень,
Повеяло прохладой...

露すがる
庭の玉笹
うちなびき
ひとむら過ぎぬ
夕立の雲
つゆすがる
にはのたまささ
うちなびき
ひとむらすぎぬ
ゆふだちのくも
Прошёл мгновенно летний ливень,
И вот уж со склонённых веток бамбука
Сдувает ветер, по жемчужинке,
Росинки,
И тучи разошлись...
* Автор использует «двойную» метафору: роса — жемчуг (жемчужинки), дождевые капли — росинки.
とをちには
夕立すらし
ひさかたの
天の香具山
雲がくれゆく
とをちには
ゆふだちすらし
ひさかたの
あまのかぐやま
くもがくれゆく
В селении Тооти,
Наверное, льёт дождь:
Гора Небес великих —
Кагуяма
Скрывается за тучами..
* Селение Тооти находилось в провинции Ямато, на территории нынешнего г. Касивара, возле горы Миминаси. Гора Небес великих — Кагуяма — см. коммент. 2.
庭の面は
まだかはかぬに
夕立の
空さりげなく
すめる月かな
にはのおもは
まだかはかぬに
ゆふだちの
そらさりげなく
すめるつきかな
Ливень прошёл,
И сад
Ещё просохнуть не успел,
А с неба чистого уже сияет
Луна...

夕立の
雲もとまらぬ
夏の日の
かたぶく山に
ひぐらしの声
ゆふだちの
くももとまらぬ
なつのひの
かたぶくやまに
ひぐらしのこゑ
Рассеялись на небе тучи,
А под горою,
За которою готово скрыться солнце,
Стрекочут жалобно
Вечерние цикады.
* Вечерние цикады (хигураси) — постоянный образ «Песен лета», образ одиночества и грусти, навеянной монотонным стрекотаньем, слышным с северных склонов гор.
夕たちの
またはれやらぬ
雲まより
おなし空とも
みえぬ月かな
ゆふたちの
またはれやらぬ
くもまより
おなしそらとも
みえぬつきかな
Небо после
Летнего ливня
Не прояснилось,
Меж туч светит
За ними скрытая луна.
Примерный перевод

川上に
夕立すらし
みくづせく
梁瀬のさなみ
立ち騒ぐなり
かはかみに
ゆふだちすらし
みくづせく
やなせのさなみ
たちさはぐなり
Должно быть,
В верховьях реки ливень прошёл:
Грязью занесло
Для ловли рыб запруду,
И волны зашумели у неё...
Примерный перевод

この里も
夕立志けり
淺茅生に
露のすがらぬ
草のはもなし
このさとも
ゆふだちしけり
あさぢうに
つゆのすがらぬ
くさのはもなし
И в этом селении тоже,
После ливня
В зарослях асадзи
Нет ни единой травинки
Без капли росы...
Примерный перевод
Хотя это не роса
みな月の
空ともいはじ
夕立の
ふるからをのゝ
ならの下影
みなつきの
そらともいはじ
ゆふだちの
ふるからをのゝ
ならのしたかげ


夕立の
露おきとめて
月影の
すゞしくやどる
庭のなつぐさ
ゆふだちの
つゆおきとめて
つきかげの
すゞしくやどる
にはのなつぐさ


吹く風に
行くかた見えて
凉しきは
日影隔つる
夕立のくも
ふくかぜに
ゆくかたみえて
すずしきは
ひかげへだつる
ゆふだちのくも


夏山の
楢の葉がしは
風過ぎて
峯立ちのぼる
ゆふだちの雲
なつやまの
ならのはがしは
かぜすぎて
みねたちのぼる
ゆふだちのくも


露おもみ
そののなでしこ
いかならん
あらく見えつる
ゆふだちの空
つゆおもみ
そののなでしこ
いかならん
あらくみえつる
ゆふだちのそら
Капли так тяжелы!
Гвоздики в моем саду,
Каково им теперь?
До чего яростный вид
У вечернего ливня!

ゆふだちの
はるれば月ぞ
やどりける
たまゆりすうる
はすのうきはに
ゆふだちの
はるればつきぞ
やどりける
たまゆりすうる
はすのうきはに


あはぢ島
夕立すらし
すみよしの
浦のむかひに
かゝる村雲
あはぢしま
ゆふだちすらし
すみよしの
うらのむかひに
かかるむらくも
Над островом Авадзи,
Наверное, льёт ливень летний,
Со стороны
Бухты Сумиёси
Клубятся облака!
Примерный перевод

谷河の
流れをみても
しられけり
雲こす峰の
ゆふだちの空
たにかはの
ながれをみても
しられけり
くもこすみねの
ゆふだちのそら
На теченье
Речки долинной глянешь,
И ясно сразу:
У вершин, которых пересекают облака,
Дождливое небо!
Примерный перевод

掻き曇る
程こそなけれ
あま雲の
よそになりゆく
夕立の空
かきくもる
ほどこそなけれ
あまくもの
よそになりゆく
ゆふだちのそら


夕立の
晴れ行く峰の
木の間より
入日すゞしき
露の玉ざゝ
ゆふだちの
はれゆくみねの
このまより
いりひすずしき
つゆのたまざさ


白雨の
なごりの露ぞ
おきまさる
結ぶばかりの
庭の夏ぐさ
ゆふだちの
なごりのつゆぞ
おきまさる
むすぶばかりの
にはのなつぐさ

SKT reads 夕立の
露ふかき
庭のあさぢに
風過ぎて
名殘すゞしき
夕立のそら
つゆふかき
にはのあさぢに
かぜすぎて
なごりすずしき
ゆふだちのそら
По густой росе
На кустарниках в саду
Пролетел ветер:
Прохладная память
О дождливом небе.
Примерный перевод

此の里も
ふりぬと思ふ
夕立の
曇るばかりに
過ぎにける哉
このさとも
ふりぬとおもふ
ゆふだちの
くもるばかりに
すぎにけるかな


なる神の
音にもしるし
卷向の
檜原の山の
ゆふだちのそら
なるかみの
おとにもしるし
まきむくの
ひばらのやまの
ゆふだちのそら
Звук грома —
Ещё один знак,
Что в Макимуку,
На горах криптомерий
Небо в грозовых облаках.
Примерный перевод

沖つ浪
音吹きたてゝ
しほ風の
みなとにかゝる
夕だちの雲
おきつなみ
おとふきたてて
しほかぜの
みなとにかかる
ゆふだちのくも


かきくらす
空とも見えず
夕立の
過行く雲に
入日さしつゝ
かきくらす
そらともみえず
ゆふだちの
すぎゆくくもに
いりひさしつつ


一むらは
やがて過ぎぬる
夕立の
なほ雲殘る
そらぞ凉しき
ひとむらは
やがてすぎぬる
ゆふだちの
なほくものこる
そらぞすずしき


夕立は
過ぎぬる峰の
むらくもに
しばしほのめく
宵の稻妻
ゆふだちは
すぎぬるみねの
むらくもに
しばしほのめく
よひのいなづま
В грудах туч
У вершины горной,
Где ливень прошёл,
Слегка сверкают
Вечером молнии.
Примерный перевод

程もなく
晴れつる方に
移りきて
日影にかゝる
夕立のくも
ほどもなく
はれつるかたに
うつりきて
ひかげにかかる
ゆふだちのくも
И мига не прошло,
А в сторону, где прояснилось небо,
Уплыли,
Подсвеченные лучами солнца,
Грозовые облака!
Примерный перевод

夕立の
風にわかれて
行く雲に
後れてのぼる
山の端のつき
ゆふだちの
かぜにわかれて
ゆくくもに
おくれてのぼる
やまのはのつき


片岡の
棟なみより
吹く風に
かつ〴〵そゝぐ
ゆふだちの雨
かたをかの
あふちなみより
ふくかぜに
かつがつそゝぐ
ゆふだちのあめ


衣手に
凉しき風を
さきだてゝ
曇りはじむる
ゆふだちの空
ころもでに
すずしきかぜを
さきだてて
くもりはじむる
ゆふだちのそら


山もとの
遠の日影は
さだかにて
かたへ凉しき
夕だちの雲
やまもとの
とほのひかげは
さだかにて
かたへすずしき
ゆふだちのくも


外山には
夕立すらし
立ちのぼる
雲よりあまる
稻妻のかげ
とやまには
ゆふだちすらし
たちのぼる
くもよりあまる
いなつまのかげ


行きなやみ
照る日苦しき
山道に
ぬるともよしや
夕立の雨
ゆきなやみ
てるひくるしき
やまみちに
ぬるともよしや
ゆふだちのあめ


虹のたつ
麓の杉は
雲に消えて
峯より晴るゝ
夕だちのあめ
にじのたつ
ふもとのすぎは
くもにきえて
みねよりはるる
ゆふだちのあめ


降りよわる
雨を殘して
風はやみ
よそになり行く
夕立の雲
ふりよわる
あめをのこして
かぜはやみ
よそになりゆく
ゆふだちのくも


夕立の
雲吹きおくる
おひ風に
木末のつゆぞ
また雨と降る
ゆふだちの
くもふきおくる
おひかぜに
きすゑのつゆぞ
またあめとふる


夕立の
雲飛びわくる
白鷺の
つばさにかけて
晴るゝ日の影
ゆふだちの
くもとびわくる
しらさぎの
つばさにかけて
はるるひのかげ


月うつる
まさごの上の
にはたづみ
跡まで凉し
夕だちの雨
つきうつる
まさごのうへの
にはたづみ
あとまですずし
ゆふだちのあめ


更に又
日影うつろふ
竹の葉に
凉しさ見ゆる
ゆふだちの跡
さらにまた
ひかげうつろふ
たけのはに
すずしさみゆる
ゆふだちのあと


今もかも
夕立すらし
足引の
山の端かくす
くものひとむら
いまもかも
ゆふだちすらし
あしびきの
やまのはかくす
くものひとむら


ふじのねは
晴行く空に
顯はれて
裾野にくだる
夕立のくも
ふじのねは
はれゆくそらに
あらはれて
すそのにくだる
ゆふだちのくも


一むらの
雲吹きおくる
山風に
晴れても凉し
夕だちのあと
ひとむらの
くもふきおくる
やまかぜに
はれてもすずし
ゆふだちのあと


水上は
夕立すらし
やまがはの
岩根にあまる
瀧のしらなみ
みなかみは
ゆふだちすらし
やまがはの
いはねにあまる
たきのしらなみ


葛城や
高間の山に
ゐる雲の
よそにもしるき
ゆふだちの空
かづらきや
たかまのやまに
ゐるくもの
よそにもしるき
ゆふだちのそら


夕立の
名殘久しき
しづくかな
信太の杜の
千枝のしたつゆ
ゆふだちの
なごりひさしき
しづくかな
しのだのもりの
ちえのしたつゆ


一方に
木々の木の葉を
吹き返し
夕立おくる
風ぞすゞしき
ひとかたに
き々のこのはを
ふきかへし
ゆふだちおくる
かぜぞすずしき


なる神の
音ほのかなる
夕立の
くもる方より
風ぞはげしき
なるかみの
おとほのかなる
ゆふだちの
くもるかたより
かぜぞはげしき


入日さす
森の下葉に
露見えて
夕立すぐる
そらぞすゞしき
いりひさす
もりのしたばに
つゆみえて
ゆふだちすぐる
そらぞすずしき


夕立の
はれぬる跡の
山の端に
いざよふ月の
かげぞ凉しき
ゆふだちの
はれぬるあとの
やまのはに
いざよふつきの
かげぞすずしき


夕立の
降りくる池の
蓮葉に
くだけてもろき
露の志らたま
ゆふだちの
ふりくるいけの
はちすはに
くだけてもろき
つゆのしらたま


おのづから
かたへの雲や
晴れぬらむ
山の端遠き
夕立の空
おのづから
かたへのくもや
はれぬらむ
やまのはとほき
ゆふだちのそら


夏山の
木の葉の色は
染めねども
時雨に似たる
夕立のそら
なつやまの
このはのいろは
そめねども
しぐれににたる
ゆふだちのそら


一むらは
やがて過ぎぬる
夕立の
猶くも殘る
空ぞすゞしき
ひとむらは
やがてすぎぬる
ゆふだちの
なほくものこる
そらぞすずしき


夕立の
一むら薄
つゆ散りて
虫の音添はぬ
あきかぜぞ吹く
ゆふだちの
ひとむらすすき
つゆちりて
むしのねそはぬ
あきかぜぞふく


鳴る神の
音ばかりかと
聞くほどに
山風烈し
ゆふだちの空
なるかみの
おとばかりかと
きくほどに
やまかぜはげし
ゆふだちのそら


稻妻の
光の間とも
いふばかり
はやくぞ晴るゝ
夕立のそら
いなつまの
ひかりのまとも
いふばかり
はやくぞはるる
ゆふだちのそら


夕立の
かつ〴〵晴るゝ
雲間より
雨をわけても
さす日影哉
ゆふだちの
かつがつはるる
くもまより
あめをわけても
さすひかげかな


過ぎにけり
軒の雫は
殘れども
雲におくれぬ
夕だちのあめ
すぎにけり
のきのしずくは
のこれども
くもにおくれぬ
ゆふだちのあめ


行く末は
露だにおかじ
夕立の
雲にあまれる
むさし野の原
ゆくすゑは
つゆだにおかじ
ゆふだちの
くもにあまれる
むさしののはら


やがて又
つゞきの里に
かきくれて
遠くも過ぎぬ
夕立の空
やがてまた
つづきのさとに
かきくれて
とほくもすぎぬ
ゆふだちのそら


萩が葉に
つゆのたまもる
夕立は
はなまつ秋の
まうけなりけり
はぎがはに
つゆのたまもる
ゆふだちは
はなまつあきの
まうけなりけり


水上に
花のゆふだち
ふりにけり
吉野の川の
なみのまされる
みなかみに
はなのゆふだち
ふりにけり
よしののかはの
なみのまされる


なる神の
音は雲井に
高砂の
松風ながら
すぐる夕立
なるかみの
おとはくもゐに
たかさごの
まつかぜながら
すぐるゆふだち


いかばかり
まきの下露
みだるらん
夕立すぐる
風の名残に
いかばかり
まきのしたつゆ
みだるらん
ゆふだちすぐる
かぜのなごりに


空は猶
曇かねたる
夏の日に
山をはなれぬ
夕立のくも
そらはなほ
くもりかねたる
なつのひに
やまをはなれぬ
ゆふだちのくも


ふるほどは
結びもあへで
夕立の
跡の草葉に
しげき露哉
ふるほどは
むすびもあへで
ゆふだちの
あとのくさばに
しげきつゆかな


ふらぬ夜の
こゝろはしりつ
時鳥
いまよりなかめ
急雨の空
ふらぬよの
こころはしりつ
ほととぎす
いまよりなかめ
むらさめのそら


夕暮の
木の志た風に
雨過ぎて
露もたまらぬ
蝉の羽ごろも
ゆふぐれの
このしたかぜに
あめすぎて
つゆもたまらぬ
せみのはごろも


さみたれは
ちかくなるらし
よと河の
あやめの草も
みくさおひにけり
さみたれは
ちかくなるらし
よとかはの
あやめのくさも
みくさおひにけり


郭公
をちかへりなけ
うなゐこか
うちたれかみの
さみたれのそら
ほとときす
をちかへりなけ
うなゐこか
うちたれかみの
さみたれのそら


なけやなけ
たか田の山の
郭公
このさみたれに
こゑなをしみそ
なけやなけ
たかたのやまの
ほとときす
このさみたれに
こゑなをしみそ


さみたれは
いこそねられね
郭公
夜ふかくなかむ
こゑをまつとて
さみたれは
いこそねられね
ほとときす
よふかくなかむ
こゑをまつとて


あしひきの
やまかきくらし
しくるれと
もみちはなほそ
てりまさりける
あしひきの
やまかきくらし
しくるれと
もみちはなほそ
てりまさりける

Вариант: やまかきくもり
降初めて
幾日になりぬ
鈴鹿川
やそせも志らぬ
五月雨の比
ふりそめて
いくひになりぬ
すずかがは
やそせもしらぬ
さみだれのくら
С тех пор, как дождь пошёл
Уж сколько дней минуло,
На речке Судзука
Уж мелей не сыскать
В пору летних ливней.
Примерный перевод

五月雨に
いせをの海士の
藻汐草
ほさでも頓て
朽ぬべき哉
さみだれに
いせをのあまの
もしほくさ
ほさでもやがて
くちぬべきかな
В пору летних дождей
Водоросли, что собирают
Рыбаки из Исэ,
Должно быть, не сохнут никак,
Лишь портятся только...
Примерный перевод

五月雨の
日をふる儘に
ひまぞなき
蘆の志のやの
軒の玉水
さみだれの
ひをふるままに
ひまぞなき
あしのしのやの
のきのたまみづ


うちはへて
いくかかへぬる
夏引の
手引の糸の
五月雨の空
うちはへて
いくかかへぬる
なつひきの
てひきのいとの
さみだれのそら


橘の
したふく風や
匂ふらむ
むかしながらの
さみだれの空
たちばなの
したふくかぜや
にほふらむ
むかしながらの
さみだれのそら
Не потому ль,
Что под померанцами ветер
Ароматом повеял,
Воздух в пору дождей
Совсем такой, как и раньше!

夏淺き
みどりの木立
庭遠み
雨降りしむる
日ぐらしのやど
なつあさき
みどりのきだち
にはとほみ
あめふりしむる
ひぐらしのやど


薄雲る
青葉の山の
朝明けに
降るとしもなき
雨そゝぐなり
うすくもる
あをばのやまの
ありあけに
ふるとしもなき
あめそゝぐなり

ありあけ?
春の色を
催ほす雨の
降るなべに
枯野の草も
下めぐむなり
はるのいろを
もよほすあめの
ふるなべに
かれののくさも
しためぐむなり


菖蒲をば
吹添ふれ共
梅雨の
古やの軒は
洩るにぞありける
あやめをば
ふきそふれとも
さみだれの
ふるやののきは
もるにぞありける


樗さく
梢に雨は
やゝはれて
軒のあやめに
のこるたまみづ
あふちさく
こずゑにあめは
ややはれて
のきのあやめに
のこるたまみづ


菖蒲つたふ
軒のしづくも
絶々に
晴間にむかふ
五月雨の空
あやめつたふ
のきのしづくも
たえだえに
はれまにむかふ
さみだれのそら


早苗とる
山もと小田に
雨はれて
夕日の峯を
わたるうき雲
さなへとる
やまもとをだに
あめはれて
ゆふひのみねを
わたるうきくも


雨晴るゝ
小田の早苗の
山もとに
雲おりかゝる
杉のむら立
あめはるる
をだのさなへの
やまもとに
くもおりかかる
すぎのむらたち


山蔭や
谷よりのぼる
五月雨の
雲は軒まで
立ちみちにけり
やまかげや
たによりのぼる
さみだれの
くもはのきまで
たちみちにけり


蛙鳴く
ぬまの岩がき
浪こえて
みくさうかるゝ
五月雨の頃
かはづなく
ぬまのいはがき
なみこえて
みくさうかるる
さみだれのころ


あすか川
ひとつ淵とや
なりぬらむ
七瀬の淀の
五月雨の頃
あすかかは
ひとつふちとや
なりぬらむ
ななせのよどの
さみだれのころ


五月雨に
きしの青柳
枝ひぢて
梢をわたる
よどのかはぶね
さみだれに
きしのあをやぎ
えだひぢて
こずゑをわたる
よどのかはぶね


流れ添ふ
山の志づくの
五月雨に
淺瀬も深き
たにがはの水
ながれそふ
やまのしづくの
さみだれに
あさせもふかき
たにがはのみづ


河やしろ
志のに波こす
梅雨に
衣ほすてふ
ひまやなからむ
かはやしろ
しのになみこす
さみだれに
ころもほすてふ
ひまやなからむ


五月雨の
空をへだてゝ
行く月の
光はもらで
のきのたま水
さみだれの
そらをへだてて
ゆくつきの
ひかりはもらで
のきのたまみづ


雨晴るゝ
軒の雫に
かげ見えて
あやめにすがる
夏の夜の月
あめはるる
のきのしずくに
かげみえて
あやめにすがる
なつのよのつき


草の末に
花こそ見えね
雲風も
野分に似たる
ゆふ暮のあめ
くさのすゑに
はなこそみえね
くもかぜも
のわきににたる
ゆふくれのあめ


むらさきの
糸よりかくる
藤の花
この春雨に
ほころびにけり
むらさきの
いとよりかくる
ふぢのはな
このはるさめに
ほころびにけり


くれかかる
山田の早苗
雨すぎて
とりあへずなく
ほととぎすかな
くれかかる
やまだのさなへ
あめすぎて
とりあへずなく
ほととぎすかな


さなへとる
伏見の里に
雨すぎて
むかひの山に
雲ぞかかれる
さなへとる
ふしみのさとに
あめすぎて
むかひのやまに
くもぞかかれる


いくとせか
なきふるしてし
ほととぎす
かみなび山の
さみだれの空
いくとせか
なきふるしてし
ほととぎす
かみなびやまの
さみだれのそら


春雨に
ふりかはりゆく
年月の
年の積りや
老いになるらん
はるさめに
ふりかはりゆく
としつきの
としのつもりや
をいになるらん


春雨は
ふり志むれども
鶯の
聲は萎れぬ
ものにぞありける
はるさめは
ふりしむれども
うぐひすの
こゑはしほれぬ
ものにぞありける
Как бы весенний дождь
Не лил, проникая всюду,
Голос соловья
Не вымок всё же,
Всё так же звонко он поёт!
Примерный перевод
* не вымок / не унывает
春雨に
ぬれて尋ねむ
やま櫻
雲のかへしの
あらしもぞふく
はるさめに
ぬれてたづねむ
やまさくら
くものかへしの
あらしもぞふく
Пусть вымокнем под
Весенним дождём, но пойдём
К сакуре горной!
Пусть даже и дует горный ветер,
Который вернёт облака.
Примерный перевод
* Ветер наполнит небо лепестками сакур, которые будут словно облака?
ぬるゝさへ
嬉しかりけり
春雨に
色ます藤の
雫とおもへば
ぬるるさへ
うれしかりけり
はるさめに
いろますふぢの
しずくとおもへば
Даже вымокнув
Я радостен, если подумаю, что
В весеннем дожде
Цвет набравшие глицинии
Как будто его капли!
Примерный перевод

春雨に
つばさしをれて
行く鴈の
雲にあとなき
夕暮のそら
はるさめに
つばさしをれて
ゆくかりの
くもにあとなき
ゆふぐれのそら
В весеннем дожде
Вымочивших крылья
Пролетающих гусей
Следов уж нету в облаках
Этого закатного неба.
Примерный перевод

春雨の
降りしくころか
青柳の
いと乱れつつ
人ぞ恋しき
はるさめの
ふりしくころか
あをやぎの
いとみだれつつ
ひとぞこひしき
Порою, когда льет весенний дождь,
Качаются, сплетаясь в беспорядке,
Ветки ив,
И сердце у меня —
В смятенье...

春雨の
降りそめしより
青柳の
糸のみどりぞ
色まさりける
はるさめの
ふりそめしより
あをやぎの
いとのみどりぞ
いろまさりける
С тех пор
Как начались
Весенние дожди,
Зелёные нити ив
Зазеленели ещё ярче.
* Тонкие нитевидные ветви молодой зеленой ивы — постоянный образ весны, тема ивы — одна из постоянных весенних тем.
春雨は
いたくなふりそ
桜花
まだ見ぬ人に
散らまくも惜し
はるさめは
いたくなふりそ
さくらばな
まだみぬひとに
ちらまくもをし
О дождь весенний,
Сильно так не лей:
Сорвёшь до времени
Цветы прекрасных вишен,
А друг мой не успел полюбоваться ими.

霞立ち
木の芽春雨
昨日まで
ふる野の若菜
けさは摘みてむ
かすみたち
このめはるさめ
きのふまで
ふるののわかな
けさはつみてむ
Весны туманы встали,
Деревьев почки дождь весенний
Где вчера ещё поливал,
На поле Фуру с утра
Собираем младые травы!
Примерный перевод

はるさめの
のきたれこむる
つれづれに
ひとにしられぬ
ひとのすみかか
はるさめの
のきたれこむる
つれづれに
ひとにしられぬ
ひとのすみかか


春雨の
ふるののわかな
おひぬらし
ぬれぬれつまん
かたみたぬきれ
はるさめの
ふるののわかな
おひぬらし
ぬれぬれつまん
かたみたぬきれ


鶯の
はるさめざめと
なきゐたる
たけのしづくや
なみだなるらん
うぐひすの
はるさめざめと
なきゐたる
たけのしづくや
なみだなるらん
Соловьи на ветвях
Плачут, не просыхая,
Под весенним дождем.
Капли в чаще бамбука ...
Может быть, слёзы?

たをやめの
袖も干しあへず
飛鳥川
たゞ徒らに
春雨ぞ降る
たをやめの
そでもほしあへず
あすかがは
ただいたづらに
はるさめぞふる


春雨の
ふるの山べの
花みても
昔をしのぶ
そではぬれけり
はるさめの
ふるのやまべの
はなみても
むかしをしのぶ
そではぬれけり


鏡山
こゆる今日しも
春雨の
かき曇りやは
ふるべかりける
かがみやま
こゆるけふしも
はるさめの
かきくもりやは
ふるべかりける


忘れずば
しをれて出でし
春雨の
故郷人も
そでぬらすらむ
わすれずば
しをれていでし
はるさめの
ふるさとひとも
そでぬらすらむ
Если не забыла,
Поникшая, вышла,
Наверное,
Под весенним дождём промочить рукава
Любимая из родного села.
Примерный перевод
* Дождь скроет следы слёз разлуки
春雨之
不止零々
吾戀
人之目尚矣
不令相見
はるさめの
やまずふるふる
あがこふる
ひとのめすらを
あひみせなくに
Вот весенний дождь
Без конца все льет и льет…
Тот, кого люблю я всей душой,
Мне не кажет даже глаз своих,
Не встречается совсем со мной!
[Песня девушки]
青柳の
糸よりつたふ
しら露を
たまとみるまで
春雨ぞふる
あをやぎの
いとよりつたふ
しらつゆを
たまとみるまで
はるさめぞふる
От ив зелёных
Отлетающие капли
Росы белой
Кажутся жемчугом —
Так сильно дождь льёт!
Примерный перевод

夜もすから
思ひやるかな
春雨に
野への若なの
いかにもゆらん
よもすがら
おもひやるかな
はるさめに
のべのわかなの
いかにもゆらん


長閑にも
やかて成行
けしきかな
昨日の日影
けふのはるさめ
のどかにも
やがてなりゆく
けしきかな
きのふのひかげ
けふのはるさめ
Может, спокойно сейчас,
Но меняется быстро
Природа вокруг —
Вчера светило солнце,
А ныне уж дождь весенний!
Перевод: Павел Белов
猶さゆる
あらしは雪を
吹ませて
夕くれさむき
春雨の空
なほさゆる
あらしはゆきを
ふきまぜて
ゆふぐれさむき
はるさめのそら
И всё же подул
Холодный сильный ветер,
Смешанный со снегом.
Небо во время весеннего дождя,
Холодное в сумерках...
Перевод: Павел Белов
世を捨つる
身のかくれがの
故郷に
おとさへ忍ぶ
庭の春雨
よをすつる
みのかくれがの
ふるさとに
おとさへしのぶ
にはのはるさめ


霜まよふ
空にしをれし
かりがねの
帰るつばさに
春雨ぞふる
しもまよふ
そらにしをれし
かりがねの
かへるつばさに
はるさめぞふる
О дикие гуси!
Сюда прилетали вы в стужу осеннюю
С битыми крыльями...
И вот — снова в пути,
Под весенним дождем промокая...
* Гуси прилетают обратно с севера поздней осенью, в холодный период предзимья.
水のおもに
あや織りみだる
春雨や
山のみどりを
なべて染むらむ
みづのおもに
あやおりみだる
はるさめや
やまのみどりを
なべてそむらむ
Весенний дождь
Круги рисует
На моём пруду
И ярко-зелёным ковром
Покрывает горные склоны.
春雨の
色は濃しとも
見えなくに
野べの緑を
爭で染むらむ
はるさめの
いろはこしとも
みえなくに
のべのみどりを
いかでそむらむ


野も山も
同じみどりに
染めてけり
霞より降る
木の芽春雨
のもやまも
おなじみどりに
そめてけり
かすみよりふる
このめはるさめ


淺みどり
玉ぬきみだる
あを柳の
枝もとをゝに
春雨ぞ降る
あさみどり
たまぬきみだる
あをやぎの
えだもとををに
はるさめぞふる


春雨に
めぐむ柳の
淺みどり
かつ見るうちも
色ぞ添ひ行く
はるさめに
めぐむやなぎの
あさみどり
かつみるうちも
いろぞそひゆく


淺みどり
柳の糸の
打ちはへて
今日も志き〳〵
春雨ぞ降る
あさみどり
やなぎのいとの
うちはへて
けふもしきしき
はるさめぞふる


淺みどり
初志ほ染むる
春雨に
野なる草木ぞ
色まさりける
あさみどり
はつしほそむる
はるさめに
のなるくさきぞ
いろまさりける


かき暮れて
ふりだにまされ
つく〴〵と
雫寂しき
軒の春雨
かきくれて
ふりだにまされ
つくづくと
しずくさびしき
のきのはるさめ


春雨は
軒のいと水
つく〴〵と
心ぼそくて
日をもふるかな
はるさめは
のきのいとみづ
つくづくと
こころぼそくて
ひをもふるかな


春雨に
木の葉亂れし
村時雨
それもまぎるゝ
方はありけり
はるさめに
このはみだれし
むらしぐれ
それもまぎるる
かたはありけり


さびしさは
花よいつかの
詠めして
霞にくるゝ
春雨のそら
さびしさは
はなよいつかの
ながめして
かすみにくるる
はるさめのそら


見るまゝに
軒端の花は
咲き添ひて
春雨かすむ
遠の夕ぐれ
みるままに
のきはのはなは
さきそひて
はるさめかすむ
をちのゆふぐれ

遠の?
春雨に
あらそひかねて
我宿の
櫻のはなは
咲きそめにけり
はるさめに
あらそひかねて
わがやどの
さくらのはなは
さきそめにけり


程ふれば
忘れやしぬる
春雨の
ふることのみぞ
我はこひしき
ほどふれば
わすれやしぬる
はるさめの
ふることのみぞ
われはこひしき


さびしさは
昔より猶
まさりけり
我が身ふりぬる
宿の春雨
さびしさは
むかしよりなほ
まさりけり
わがみふりぬる
やどのはるさめ


かき暮れし
秋の涙の
そのまゝに
猶そでしぼる
今日の春雨
かきくれし
あきのなみだの
そのままに
なほそでしぼる
けふのはるさめ


春雨の
名殘の露の
玉かづら
みだれてむすぶ
あをやぎの糸
はるさめの
なごりのつゆの
たまかづら
みだれてむすぶ
あをやぎのいと


春雨の
日數ふる野の
さくらがり
ぬれてぞ歸る
花染のそで
はるさめの
ひかずふるのの
さくらがり
ぬれてぞかへる
はなそめのそで


宿もがな
佐野の渡りの
さのみやは
ぬれても行かむ
春雨の比
やどもがな
さののわたりの
さのみやは
ぬれてもゆかむ
はるさめのくら


難波女の
すくもたく火の
打しめり
蘆屋の里に
春雨ぞ降る
なにはめの
すくもたくひの
うちしめり
あしやのさとに
はるさめぞふる


春雨は
四方の草木を
わかねども
滋き惠は
我が身なりけり
はるさめは
よものくさきを
わかねども
しげきめぐみは
わがみなりけり


淺みどり
あまねき惠
色に出でゝ
野なる草木に
春雨ぞふる
あさみどり
あまねきめぐみ
いろにいでて
のなるくさきに
はるさめぞふる


梓弓
おしてはる雨
けふふりぬ
あすさへふらは
若なつみてむ
あづさゆみ
おしてはるあめ
けふふりぬ
あすさへふらば
わかなつみてむ
Стрелою, пущенной из лука,
Весенний хлынул дождь.
И если завтра тоже
Прольётся дождь — пойдём
За молодою зеленью в поля!

わかせこか
衣はる雨
ふることに
野への緑そ
いろ勝りける
わがせこが
ころもはるさめ
ふるごとに
のへのみどりそ
いろまさりける
Любимая развесила одежды..
Они так ярки!
Словно травы
Весной в полях,
Омытые дождём.

わかせこか
衣はるさめ
ふることに
のへのみとりそ
いろまさりける
わかせこか
ころもはるさめ
ふることに
のへのみとりそ
いろまさりける
На соседнем лугу,
где милая сушит наряды,
расстелив на траве,
с каждым вешним дождем всё ярче,
всё пышнее густая зелень…

見るまゝに
軒の雫は
まされども
音には立てぬ
庭のはる雨
みるままに
のきのしずくは
まされども
おとにはたてぬ
にはのはるさめ


霞み暮るゝ
空ものどけき
春雨に
遠き入相の
聲そさびしき
かすみくるる
そらものどけき
はるさめに
とほきいりあひの
こゑそさびしき


春雨者
甚勿零
櫻花
未見尓
散巻惜裳
はるさめは
いたくなふりそ
さくらばな
いまだみなくに
ちらまくをしも
Весенний дождь,
Не лей с такою силой! —
Ведь если опадут
Вишневые цветы,
Так будет жаль, что я не любовался ими!

春雨尓
相争不勝而
吾屋前之
櫻花者
開始尓家里
はるさめに
あらそひかねて
わがやどの
さくらのはなは
さきそめにけり
Весеннему дождю
С трудом сопротивляясь,
У дома моего
Вишневые цветы
Раскрыли лепестки сегодня…

青柳の
枝に懸れる
春雨は
絲以て貫ける
玉かとぞ見る
あをやぎの
えだにかかれる
はるさめは
いともてぬける
たまかとぞみる


枝繫金鈴春雨後
花薰紫麝凱風程



春雨に
降り變り行く
あさは野に
たつみわ小菅
色も難面し
はるさめに
ふりかはりゆく
あさはのに
たつみわこすげ
いろもつれなし


徒らに
ふりぬと思ひし
春雨の
惠あまねき
御世に逢ひつゝ
いたづらに
ふりぬとおもひし
はるさめの
めぐみあまねき
みよにあひつつ


かきたれて
のどけき頃の
春雨に
ふるさと人を
いかに忍ぶや
かきたれて
のどけきころの
はるさめに
ふるさとひとを
いかにしのぶや

гэндзи
春雨の
降る日や今日も
暮れぬらし
まだ落止まぬ
軒の玉水
はるさめの
ふるひやけふも
くれぬらし
まだおちとまぬ
のきのたまみづ


春雨に
野澤の水は
まさらねど
萌出づる草ぞ
深くなりゆく
はるさめに
のさはのみづは
まさらねど
もえいづるくさぞ
ふかくなりゆく


家人
使在之
春雨乃
与久列杼吾<等>乎
沾念者
いへびとの
つかひにあらし
はるさめの
よくれどわれを
ぬらさくおもへば
Наверно, дождь весенний послан мне гонцом
Родными, что остались дома,
Когда подумаю: ведь как ни прячусь я
От этого весеннего дождя,
Меня он догоняет снова!

春雨に
花のみぞれの
散りけるを
消えでつもれる
雪と見たれば
はるさめに
はなのみぞれの
ちりけるを
きえでつもれる
ゆきとみたれば


今はよも
枝にこもれる
花もあらじ
木のめ春雨
時をしる比
いまはよも
えだにこもれる
はなもあらじ
このめはるさめ
ときをしるころ


春雨の
ふるは涙か
さくら花
ちるををしまぬ
人しなけれは
はるさめの
ふるはなみたか
さくらはな
ちるををしまぬ
ひとしなけれは
Дождь весенний пошел —
да полно, не слезы ли это?
Разве есть среди нас
хоть один, кто не сожалеет,
не скорбит об отцветших вишнях!..

いたづらに
わがみ世にふる
春雨の
はれぬながめに
袖はぬれつつ
いたづらに
わがみよにふる
はるさめの
はれぬながめに
そではぬれつつ


日にそへて
みどりぞまさる
春雨の
ふるから小野の
道のしばくさ
ひにそへて
みどりぞまさる
はるさめの
ふるからをのの
みちのしばくさ


片岡の
あしたの原の
雪きえて
草はみどりに
春雨ぞふる
かたをかの
あしたのはらの
ゆききえて
くさはみどりに
はるさめぞふる


かすみたち
このめ春雨
ふるさとの
吉野の花も
いまや咲くらむ
かすみたち
このめはるさめ
ふるさとの
よしののはなも
いまやさくらむ


雨ふりて
水まさり鳬
天の川
今宵はよそに
戀ひむとやみし
あめふりて
みづまさりけり
あまのかは
こよひはよそに
こひむとやみし


白雲の
上しる今日ぞ
春雨の
ふるにかひある
身とは知りぬる
しらくもの
うへしるけふぞ
はるさめの
ふるにかひある
みとはしりぬる


いかならむ
今夜の雨に
床夏の
今朝だに露の
重げなりつる
いかならむ
こよひのあめに
とこなつの
けさだにつゆの
おもげなりつる


うくひすの
來ゐつゝなけは
はるさめに
このめさへこそ
ぬれて見えけれ
うくひすの
きゐつつなけは
はるさめに
このめさへこそ
ぬれてみえけれ


あめふらむ
夜そおもほゆる
ひさかたの
つきにたに來ぬ
ひとのこゝろを
あめふらむ
よそおもほゆる
ひさかたの
つきにたにこぬ
ひとのこころを


あめなれと
しくれといへは
くれなゐに
このはのしみて
ちらぬひはなし
あめなれと
しくれといへは
くれなゐに
このはのしみて
ちらぬひはなし


しくれふる
かみなつきこそ
ちかゝらし
やまのおしなへ
いろつきにけり
しくれふる
かみなつきこそ
ちかからし
やまのおしなへ
いろつきにけり


ふるときは
なほあめなれと
かみなつき
しくれそやまの
いろはそめける
ふるときは
なほあめなれと
かみなつき
しくれそやまの
いろはそめける


あきさける
きくにはあれや
かみなつき
しくれそはなの
いろはそめける
あきさける
きくにはあれや
かみなつき
しくれそはなの
いろはそめける


まつもみな
たけもあやしく
ふくかせは
ふりぬるあめの
こゑそきこゆる
まつもみな
たけもあやしく
ふくかせは
ふりぬるあめの
こゑそきこゆる


まこもかる
よとのさはみつ
あめふれは
つねよりことに
まさる我戀
まこもかる
よとのさはみつ
あめふれは
つねよりことに
まさるわがこひ


まこもかる
よとのさは水
雨ふれは
つねよりことに
まさるわかこひ
まこもかる
よとのさはみつ
あめふれは
つねよりことに
まさるわかこひ
В пору летних дождей
на отмелях в заводи Ёдо,
где срезали траву,
с каждым днем вода прибывает —
так растет любовь в моем сердце…
244. Заводь Ёдо — мелкий пруд в районе Фусими в Киото.
あめやまぬ
やまのあまくも
たちゐつゝ
やすきときなく
きみをしそおもふ
あめやまぬ
やまのあまくも
たちゐつつ
やすきときなく
きみをしそおもふ


あめふれは
いろさりやすき
花さくら
うすきこゝろも
我おもはなくに
あめふれは
いろさりやすき
はなさくら
うすきこころも
われおもはなくに


ふる雨に
いててもぬれぬ
わかそての
かけにゐなから
ひちまさるかな
ふるあめに
いててもぬれぬ
わかそての
かけにゐなから
ひちまさるかな


ふるあめに
いててもぬれぬ
わかそての
かけにゐなから
ひちまさるかな
ふるあめに
いててもぬれぬ
わかそての
かけにゐなから
ひちまさるかな


かきくもり
あめふることに
みちしらぬ
かさとりやまに
まとはるゝ哉
かきくもり
あめふることに
みちしらぬ
かさとりやまに
まとはるるかな


このころは
さみたれちかみ
ほとゝきす
おもひみたれて
なかぬひそなき
このころは
さみたれちかみ
ほとときす
おもひみたれて
なかぬひそなき


このごろは
さみだれ近み
郭公
思ひ亂れて
なかぬ日ぞなき
このごろは
さみだれちかみ
ほととぎす
おもひみだれて
なかぬひぞなき
В пору эту,
Когда близки дожди,
Кукушки
Думы все в смятеньи,
И плачет днями беспрестанно.
Примерный перевод

雨ふると
吹まつ風は
きこゆれと
いけのみきはは
まさらさりけり
あめふると
ふくまつかぜは
きこゆれど
いけのみぎはは
まさらざりけり


雨ふると
吹く松風は
きこゆれと
池のみきはは
まさらさりけり
あめふると
ふくまつかせは
きこゆれと
いけのみきはは
まさらさりけり


ひさかたの
あめもこゝろに
かなはなむ
ふるとてひとの
たちとまるへく
ひさかたの
あめもこころに
かなはなむ
ふるとてひとの
たちとまるへく


時すきは
さなへもいたく
おいぬへみ
雨にも田子は
さはらさりけり
ときすぎば
さなへもいたく
おいぬへみ
あめにもたごは
さはらざりけり


時過ぎば
早苗も甚く
老ぬべし
雨にも田子は
障らざらなむ
ときすぎば
さなへもいたく
おいぬべし
あめにもたごは
さはらざらなむ


きみをしむ
こゝろのそらに
かよへはや
けふとまるへく
あめのふるらん
きみをしむ
こころのそらに
かよへはや
けふとまるへく
あめのふるらん


あめとのみ
風吹松は
きこゆれと
こゑにはひとも
ぬれすそありける
あめとのみ
かぜふくまつは
きこゆれと
こゑにはひとも
ぬれすそありける


かけにとて
たちかくるれは
から衣
ぬれぬあめふる
まつのこゑ哉
かけにとて
たちかくるれは
からころも
ぬれぬあめふる
まつのこゑかな


陰にとて
立ち隠るれば
唐衣
濡れぬ雨降る
松の声かな
かげにとて
たちかくるれば
からころも
ぬれぬあめふる
まつのこゑかな
Укрылся с другом под сосною,
И дождь не замочил
Моих одежд заморских,
Лишь слышали, как ветер прошумел
В густых ветвях.

あめふれは
きたにたなひく
あまくもを
きみによそへて
なかめつるかな
あめふれは
きたにたなひく
あまくもを
きみによそへて
なかめつるかな

イ:きたへたなひく
しらつゆも
時雨もいたく
もる山は
したはのこらす
色つきにけり
しらつゆも
しくれもいたく
もるやまは
したはのこらす
いろつきにけり
Здесь, на Мору-горе,
от росной прозрачной капели,
от холодных дождей
сверху донизу на деревьях
вся листва пошла желтизною…

白露も
時雨も甚く
守山は
下葉殘らず
紅變しにけり
しらつゆも
しぐれもいたく
もるやまは
したばのこらず
もみぢしにけり


しらつゆも
しくれもいたく
もるやまは
した葉のこらす
もみちしにけり
しらつゆも
しくれもいたく
もるやまは
したはのこらす
もみちしにけり


あめにより
たみのの島を
けふゆけと
名にはかくれぬ
物にそ有りける
あめにより
たみののしまを
けふゆけと
なにはかくれぬ
ものにそありける
Уж не знаю, зачем
этот остров назвали Тамино, —
ведь, застигнут дождем,
не нашел я себе накидки,
а до Нанивы путь не близок…

雨により
たみののしまを
わけゆけと
名にはかくれぬ
物にそ有りける
あめにより
たみののしまを
わけゆけと
なにはかくれぬ
ものにそありける


あめにより
たみのゝしまを
きてみれは
なにはかくれぬ
わかみなりけり
あめにより
たみののしまを
きてみれは
なにはかくれぬ
わかみなりけり

5イ:ものにそありける
かけにとて
たちかくるれは
から衣
ぬれぬあめふる
まつの聲哉
かけにとて
たちかくるれは
からころも
ぬれぬあめふる
まつのこゑかな


さみたれに
ものおもひをれは
ほとゝきす
よ深く鳴きて
いつちゆく覧
さみたれに
ものおもひをれは
ほとときす
よふかくなきて
いつちゆくらん


初時雨
ふれば山べぞ
思ほゆる
何れの方か
先づもみづらむ
はつしぐれ
ふればやまべぞ
おもほゆる
なにれのかたか
まづもみづらむ


はつしくれ
ふれはやまへそ
おもほゆる
いつれのかたか
まつも見つらん
はつしくれ
ふれはやまへそ
おもほゆる
いつれのかたか
まつもみつらん


もみちはや
たもとなるらん
神な月
しくるることに
色のまされは
もみちはや
たもとなるらむ
かみなつき
しくるることに
いろのまされは


志ひて猶
袖ぬらせとや
藤の花
春はいくかの
雨にさくらむ
しひてなほ
そでぬらせとや
ふぢのはな
はるはいくかの
あめにさくらむ


暮れかゝる
志のやの軒の
雨のうちに
ぬれて言とふ
時鳥哉
くれかかる
しのやののきの
あめのうちに
ぬれてこととふ
ほととぎすかな


時鳥
ふり出でゝなけ
思ひ出づる
常磐の森の
五月雨のそら
ほととぎす
ふりいでてなけ
おもひいづる
ときはのもりの
さみだれのそら


見渡せば
かすみし程の
山もなし
伏見のくれの
五月雨の頃
みわたせば
かすみしほどの
やまもなし
ふしみのくれの
さみだれのころ
Осмотришься —
Всё затянуло дымкой,
Что и не видно гор.
Такой сезон дождей
Вечером в селе Фусими...
Примерный перевод

晴れやらぬ
日數をそへて
山の端に
雲も重なる
五月雨の空
はれやらぬ
ひかずをそへて
やまのはに
くももかさなる
さみだれのそら
Уж много дней
Не прояснялось,
И на склонах гор
Копятся облака
На этом дождливом небе.
Примерный перевод

濡れてほす
隙こそなけれ
夏がりの
芦屋の里の
五月雨の頃
ぬれてほす
ひまこそなけれ
なつがりの
あしやのさとの
さみだれのころ
Никак
Не просыхают
Срезанные летом
На лачугу тростники:
Сезон дождей.
Примерный перевод

滿つ汐の
ながれひるまも
なかりけり
浦の湊の
五月雨の頃
みつしほの
ながれひるまも
なかりけり
うらのみなとの
さみだれのころ


名のみして
岩波たかく
聞ゆなり
おとなし川の
五月雨の頃
なのみして
いはなみたかく
きこゆなり
おとなしかはの
さみだれのころ
Одно названье лишь!
Меж камней волн высоких
Громок шум
Реки Отонаси, беззвучной,
В пору летних дождей!
Примерный перевод

五月雨は
ふる川のべに
水越えて
波間にたてる
二もとの杉
さみだれは
ふるかはのべに
みづこえて
なみまにたてる
ふたもとのすぎ
От летнего дождя
Разлилась река Фуру
Из берегов,
И средь волн высятся
Две криптомерии.
Примерный перевод

五月雨は
雲間もなきを
河社
いかにころもを
篠にほすらむ
さみだれは
くもまもなきを
かはやしる
いかにころもを
しのにほすらむ


秋田苅
客乃廬入尓
四具礼零
我袖沾
干人無二
あきたかる
たびのいほりに
しぐれふり
わがそでぬれぬ
ほすひとなしに
Чтоб рис на поле жать, живу я в шалаше,
Льет мелкий дождь,
И мой рукав промок,
И нету никого, кто мокрый мой рукав
Мне у огня бы высушить здесь мог.

雨ふれば
小田のますらを
いとまあれや
なはしろ水を
空にまかせて
あめふれば
をだのますらを
いとまあれや
なはしろみづを
そらにまかせて
Наверное,
Весенние дожди
Отдых дадут землепашцу,
Щедро поля напоив
Небесною влагой.
* Имеются в виду поля навасиро — малые поля, на которых выращивали побеги риса. Потом побеги высаживали на рисовые поля.
五月雨に
日も暮ぬめり
道遠み
山田のさ苗
とりもはてぬに
さみだれに
ひもくれぬめり
みちとほみ
やまだのさなへ
とりもはてぬに


あきの夜に
雨ときこえて
ふる物は
風にしたかふ
紅葉なりけり
あきのよに
あめときこえて
ふるものは
かせにしたかふ
もみちなりけり
Осенней ночью,
После прошедшего дождя
То, что падает:
За ветром следующие
Осенние листья.
Примерный перевод

もみぢ葉を
さこそあらしの
はらふらめ
この山本も
雨と降るなり
もみぢはを
さこそあらしの
はらふらめ
このやまもとも
あめとふるなり
Наверно, над горой Араси
Буря пронеслась
И, листья алые сорвав, их сбросила
к подножью.
Здесь тоже осыпаются они,
Как дождь.

龍田姫
いまはのころの
秋風に
時雨をいそぐ
人の袖かな
たつたひめ
いまはのころの
あきかぜに
しぐれをいそぐ
ひとのそでかな
Богиня осени, принцесса Тацута!
Кончается твоя пора,
И в стонах ветра слышим мы слова прощанья,
Вместо него нам посылаешь мелкий дождь,
Что льётся вместе с нашими слезами.
* Согласно синтоистским верованиям, каждый сезон имел свое божество. Принцесса Тацута (букв. «Ткачиха» — ткала парчу из багряных листьев) — богиня осени. Считали, что зимние холодные моросящие дожди как бы кладут конец осенним ветрам.
嵐吹く
ふなぎの山の
紅葉ばゝ
時雨のあめに
色ぞこがるゝ
あらしふく
ふなぎのやまの
もみぢばは
しぐれのあめに
いろぞこがるる
Листва цветная
С горы Фунаги,
Где дуют ветры сильные,
Под дождём осенним
Обагрилась!
Примерный перевод

紅葉ばも
けふを限と
時雨るなり
秋の別れの
ころも手の森
もみぢばも
けふをかぎりと
しぐるなり
あきのわかれの
ころもてのもり


掻き暮し
雲の旗手ぞ
しぐれ行く
天つ空より
冬や來ぬらむ
かきくらし
くものはたてぞ
しぐれゆく
あまつそらより
ふゆやこぬらむ


まどろまぬ
須磨の關守
明けぬ迚
たゆむ枕も
打ち時雨つゝ
まどろまぬ
すまのせきもり
あけぬまで
たゆむまくらも
うちしぐれつつ


神無月
しぐれずとても
曉の
寐覺のそでは
かわくものかは
かみなづき
しぐれずとても
あかつきの
ねざめのそでは
かわくものかは


今は唯
老の寐覺に
かこつかな
昔も聞きし
おなじ志ぐれを
いまはただ
おいのねさめに
かこつかな
むかしもききし
おなじしぐれを


いつしかと
けふ降りそむる
春雨に
色づき渡る
野べの若草
いつしかと
けふふりそむる
はるさめに
いろづきわたる
のべのわかくさ


わが宿の
かきねの草の
淺みどり
ふる春雨ぞ
色は染めける
わがやどの
かきねのくさの
あさみどり
ふるはるさめぞ
いろはそめける


青柳の
枝にかゝれる
春雨は
いともてぬける
玉かとぞみる
あをやぎの
えだにかかれる
はるさめは
いともてぬける
たまかとぞみる


霞しく
木のめはるさめ
ふるごとに
花の袂は
ほころびにけり
かすみしく
このめはるさめ
ふるごとに
はなのたもとは
ほころびにけり


夕時雨
木のはを染る
時しもあれ
などおりあへぬ
錦成らむ
ゆふしぐれ
このはをそむる
ときしもあれ
などおりあへぬ
にしきなるらむ
Той порою,
Когда вечерний дождь
Окрашивает листья алым,
Нетканою парчою
Они становятся.
Примерный перевод

わきて又
立寄る袖も
ほしやらず
紅葉の陰は
猶時雨れつゝ
わきてまた
たちよるそでも
ほしやらず
もみぢのかげは
なほしぐれつつ


そま山に
たつけふりこそ
神な月時
雨をくたす
くもとなりけれ
そまやまに
たつけふりこそ
かみなつき
しくれをくたす
くもとなりけれ


名をきけは
昔なからの
山なれと
しくるるころは
色かはりけり
なをきけは
むかしなからの
やまなれと
しくるるころは
いろかはりけり


名をきけは
昔なからの
山なれと
しくるる秋は
色まさりけり
なをきけは
むかしなからの
やまなれと
しくるるあきは
いろまさりけり


しくれつつ
ふりにしやとの
言の葉は
かきあつむれと
とまらさりけり
しくれつつ
ふりにしやとの
ことのはは
かきあつむれと
とまらさりけり


大井川
遙に見ゆる
橋のうへに
行く人すごし
雨のゆふぐれ
おほゐかは
はるかにみゆる
はしのうへに
ゆくひとすごし
あめのゆふぐれ


松に吹
夕の風は
むかしにて
桐の葉おつる
故鄕のあめ
まつにふ
ゆふべのかぜは
むかしにて
きりのはおつる
ふるさとのあめ


秋ごとの
ならひと思し
露時雨
ことしは袖の
うへにぞありける
あきごとの
ならひとおもし
つゆしぐれ
ことしはそでの
うへにぞありける


まだ馴ぬ
いたやの軒の
村時雨
音を聞にも
ぬるゝ袖かな
まだなれぬ
いたやののきの
むらしぐれ
おとをきくにも
ぬるるそでかな


物ごとに
あはれすすむる
けしきにて
秋とおぼゆる
雨のおとかな
ものごとに
あはれすすむる
けしきにて
あきとおぼゆる
あめのおとかな


ふりぬとて
いたくな侘そ
春雨の
唯にやむべき
物ならなくに
ふりぬとて
いたくなわびそ
はるさめの
ただにやむべき
ものならなくに


春雨の
よにふりにたる
心にも
なほ新しく
はなをこそ思へ
はるさめの
よにふりにたる
こころにも
なほあらたしく
はなをこそおもへ

??
よそに聞
我だにほさぬ
泪かな
をくるゝ袖は
猶やしぐるゝ
よそにきく
われだにほさぬ
なみだかな
をくるるそでは
なほやしぐるる


時雨より
猶定なく
ふるものは
をくるゝ親の
泪なりけり
しぐれより
なほさだめなく
ふるものは
をくるるおやの
なみだなりけり


たちばなの
にほふ梢に
さみだれて
山時鳥
こゑかをるなり
たちばなの
にほふこずゑに
さみだれて
やまほととぎす
こゑかをるなり


杜鵑
さつきの雨を
わづらひて
尾上のくきの
杉に鳴くなり
ほととぎす
さつきのあめを
わづらひて
おのえのくきの
すぎになくなり


波のうへは
雨に霞て
なかめやる
沖のしらすに
松そのこれる
なみのうへは
あめにかすみて
なかめやる
おきのしらすに
まつそのこれる


空もなを
秋の別や
おしからん
涙ににたる
夜はのむらさめ
そらもなを
あきのわかれや
おしからん
なみだににたる
よはのむらさめ

*3おしむらんイ
ぬるゝかと
立やすらへは
松かけや
風のきかする
雨にそ有ける
ぬるるかと
たちやすらへは
まつかけや
かぜのきかする
あめにそありける


雲のうへに
ひゝくをきけは
君か名の
雨とふりぬる
をとそ有ける
くものうへに
ひゝくをきけは
きみかなの
あめとふりぬる
をとそありける


雨とのみ
ふく松風は
聞ゆれと
こゑには人も
ぬれすそ有ける
あめとのみ
ふくまつかぜは
きこゆれと
こゑにはひとも
ぬれすそありける


御祓せし
みゆきの空も
心ありて
あめのしたこそ
けふくもりけれ
みそぎせし
みゆきのそらも
こころありて
あめのしたこそ
けふくもりけれ


年へぬる
宿をふるやと
いふ事は
雨のさはらぬ
名にこそ有けれ
としへぬる
やどをふるやと
いふことは
あめのさはらぬ
なにこそありけれ


みわたせば
すゑせきわくる
高瀬川
ひとつになりぬ
さみだれのころ
みわたせば
すゑせきわくる
たかせかは
ひとつになりぬ
さみだれのころ


あまの川
とほきわたりに
なりにけり
かた野のみ野の
さみだれのころ
あまのかは
とほきわたりに
なりにけり
かたののみのの
さみだれのころ


さみだれの
日数まされば
あすか川
さながら淵に
なりにけるかな
さみだれの
ひかずまされば
あすかかは
さながらふちに
なりにけるかな


さみだれは
あさ沢をのの
名のみして
深くなりゆく
忘れ水かな
さみだれは
あささはをのの
なのみして
ふかくなりゆく
わすれみづかな


人知れず
またれしものを
さみだれの
空にふりぬる
ほととぎすかな
ひとしれず
またれしものを
さみだれの
そらにふりぬる
ほととぎすかな


かきくらす
うき身もおなじ
ほととぎす
ながなく里の
さみだれのころ
かきくらす
うきみもおなじ
ほととぎす
ながなくさとの
さみだれのころ


雲かゝる
ゆつきが嶽の
五月雨に
あなしの川は
水増るらし
くもかかる
ゆつきがたけの
さみだれに
あなしのかはは
みづまさるらし


山の端も
きえていくへの
ゆふ霞
かすめるはては
雨に成ぬる
やまのはも
きえていくへの
ゆふかすみ
かすめるはては
あめになりぬる


つく〳〵と
春日のとけき
にはたつみ
雨の数みる
暮そさひしき
つくづくと
はるひのどけき
にはたつみ
あめのかずみる
くれぞさびしき


なへて世は
くれこそゆくに
春雨の
はるゝか雲の
ひまのしらめる
なへてよは
くれこそゆくに
はるさめの
はるるかくもの
ひまのしらめる


つれ〳〵と
雨ふりくらす
春の日は
つねよりなかき
物にそ有ける
つれづれと
あめふりくらす
はるのひは
つねよりなかき
ものにそあける


なかめする
みとりの空も
かきくもり
つれ〳〵まさる
春雨そふる
なかめする
みとりのそらも
かきくもり
つれづれまさる
はるさめそふる


はるさめの
降とは空に
みえねとも
きけはさすかに
軒の玉水
はるさめの
ふりとはそらに
みえねとも
きけはさすかに
のきのたまみづ


春雨は
くる人もなく
跡たえぬ
柳のかとの
のきのたまみつ
はるさめは
くるひともなく
あとたえぬ
やなぎのかとの
のきのたまみつ


雨はるゝ
なこりもかすむ
朝あけの
柳の糸に
かゝるしら露
あめはるる
なこりもかすむ
あさあけの
やなぎのいとに
かかるしらつゆ


木ゝの心
花ちかゝらし
昨日今日
世はうすくもり
春雨のふる
きゝのこころ
はなちかからし
きのふけふ
よはうすくもり
はるさめのふる


ゆきてみん
今は春雨
ふる郷に
花のひもとく
ころもきにけり
ゆきてみん
いまははるさめ
ふるさとに
はなのひもとく
ころもきにけり


春雨の
ふる木の桜
けふしこそ
おりえて花の
色もみえけれ
はるさめの
ふるこのさくら
けふしこそ
おりえてはなの
いろもみえけれ


足引の
山辺をてらす
桜花
この春雨に
散ぬらんかも
あしびきの
やまべをてらす
さくらばな
このはるさめに
ちりぬらんかも


足日木之
山間照
櫻花
是春雨尓
散去鴨
あしひきの
やまのまてらす
さくらばな
このはるさめに
ちりゆかむかも
Вишневые цветы,
Что блеском озаряли
Все склоны распростертых гор,
От этого дождя, что моросит весной,
Наверное, уже опали…

咲出る
八重山吹の
色ぬれて
さくらなみよる
春雨の庭
さきいづる
やへやまぶきの
いろぬれて
さくらなみよる
はるさめのには


春雨に
ぬれ〳〵おらん
けふすきは
井手の山吹
ちりもこそすれ
はるさめに
ぬれぬれおらん
けふすきは
ゐでのやまぶき
ちりもこそすれ


ぬれておる
藤のしたかけ
露散て
春やいくかの
夕暮の雨
ぬれておる
ふぢのしたかけ
つゆちりて
はるやいくかの
ゆふぐれのあめ


飛とりの
をくりのつはさ
しほるらし
雲路雨なる
春の別に
とぶとりの
をくりのつばさ
しぼるらし
くもぢあめなる
はるのわかれに


今たにも
なかてはあらし
ほとゝきす
むらさめ過る
雲の夕くれ
いまたにも
なかてはあらし
ほとときす
むらさめすぐる
くものゆふくれ


かくはかり
雨のふらくに
ほとゝきす
卯の花山に
猶か啼らん
かくはかり
あめのふらくに
ほとときす
うのはなやまに
なほかなくらん


露ばかり
袖だにぬれず
神無月
紅葉は雨と
ふりにふれども
つゆばかり
そでだにぬれず
かみなづき
もみぢはあめと
ふりにふれども


千々の色に
急ぎし秋は
過ぎに鳬
今は時雨に
何を染めまし
ちちのいろに
いそぎしあきは
すぎにけり
いまはしぐれに
なにをそめまし
Во множество цветов
Хлопотливо [все красившая] осень
Кончилась.
А теперь холодный, мелкий дождь
Что будет красить?
* Включено в Ямато-моногатари, 3

Перевод: Ермакова Л. М. 1982 г. (Ямато-моногатари)
わびごとや
神無月とは
なりにけむ
涙のごとく
ふる時雨かな
わびごとや
かみなづきとは
なりにけむ
なみだのごとく
ふるしぐれかな
Всегда печален...
Месяц без богов
Настал.
Подобен слёзам
Идущий мелкий дождь.
Примерный перевод

いつも猶
ひまなき袖を
神無月
濡しそふるは
時雨なりけり
いつもなほ
ひまなきそでを
かみなづき
ぬらしそふるは
しぐれなりけり


神無月
時雨に逢る
紅葉ばの
ふかば散りなむ
風のまに〳〵
かみなづき
しぐれにあへる
もみぢばの
ふかばちりなむ
かぜのまにまに

逢る?
雲間なく
詠むる空も
かきくらし
いかに忍ぶる
時雨なる覽
くもまなく
ながむるそらも
かきくらし
いかにしのぶる
しぐれなるらん


郭公
雲のいつくそ
むらさめの
はれ行跡の
夜半の一声
ほととぎす
くものいつくそ
むらさめの
はれゆくあとの
よはのひとこゑ


五月まつ
花のかほりに
そてしめて
雲はれぬ日の
夕暮の雨
さつきまつ
はなのかほりに
そてしめて
くもはれぬひの
ゆふぐれのあめ


あやめふく
かやか軒はに
風過て
しとろにおつる
村雨の露
あやめふく
かやかのきはに
かぜすぎて
しとろにおつる
むらさめのつゆ


降そむる
そかの河原の
五月雨に
また水あさし
ますけからなん
ふりそむる
そかのかはらの
さみだれに
またみづあさし
ますけからなん


五月雨は
晴ぬとみゆる
雲間より
山の色こき
夕くれの空
さみだれは
はれぬとみゆる
くもまより
やまのいろこき
ゆふくれのそら


五月雨は
いさら小川を
たよりにて
そともの小田を
みをになしぬる
さみだれは
いさらをがはを
たよりにて
そとものをだを
みをになしぬる


早苗とる
しつか小山田
ふもとまて
雲もおりたつ
五月雨の比
さなへとる
しつかをやまだ
ふもとまて
くももおりたつ
さみだれのころ


五月雨は
はれんとやする
山のはに
かゝれる雲の
うすく成行
さみだれは
はれんとやする
やまのはに
かかれるくもの
うすくなりゆく


難波江や
あまのたくなは
ほしわひて
けふりてしめる
五月雨の比
なにはえや
あまのたくなは
ほしわひて
けふりてしめる
さみだれのころ

*4けふりにしめるイ
山里の
雪には跡も
いとはれき
とへかし人の
さみたれのころ
やまざとの
ゆきにはあとも
いとはれき
とへかしひとの
さみたれのころ


庭の面も
雲にへたゝる
柴垣の
しはしひまあれ
五月雨の空
にはのおもも
くもにへたたる
しばかきの
しはしひまあれ
さみだれのそら


五月雨に
うき木なかれて
大井河
くたす筏の
数そゝひぬる
さみだれに
うききなかれて
おほゐかは
くたすいかだの
かずそそひぬる


杣人の
とらぬまきさへ
流るなり
にふの河原の
五月雨の比
そまびとの
とらぬまきさへ
ながるなり
にふのかはらの
さみだれのころ


駒とめて
影みる水や
にこるらん
ひのくま川の
五月のころ
こまとめて
かげみるみづや
にこるらん
ひのくまかはの
さみだれのころ


五月雨に
水しまされは
音羽川
せきいれぬ宿も
おつる滝つせ
さみだれに
みづしまされは
おとはかは
せきいれぬやども
おつるたきつせ


都人
こともやとふと
まつのかと
雲とちはつる
五月雨の空
みやこひと
こともやとふと
まつのかと
くもとちはつる
さみだれのそら


いたつらに
雲ゐる山の
松の葉の
時そともなき
五月雨の空
いたつらに
くもゐるやまの
まつのはの
ときそともなき
さみだれのそら


晴やらぬ
雲より風は
もらねとも
月夜はしるし
五月雨の空
はやらぬ
くもよりかぜは
もらねとも
つきよはしるし
さみだれのそら


五月雨の
晴ぬる夜はの
郭公
月とゝもにや
山をいてけん
さみだれの
はれぬるよはの
ほととぎす
つきとともにや
やまをいてけん


さみたれの
雲間の軒の
ほとゝきす
雨にかはりて
声の落くる
さみたれの
くもまののきの
ほとときす
あめにかはりて
こゑのおちくる


たちはなの
花ちる里の
庭の雨に
山郭公
昔をそとふ
たちはなの
はなちるさとの
にはのあめに
やまほととぎす
むかしをそとふ


五月雨の
雲吹すさふ
夕風に
露さへかほる
軒のたちはな
さみだれの
くもふきすさふ
ゆふかぜに
つゆさへかほる
のきのたちはな


くれの雨に
河瀬の水や
まさるらん
はやくそくたる
かゝり火のかけ
くれのあめに
かはせのみづや
まさるらん
はやくそくたる
かかりひのかけ


かきくらす
五月のさ夜の
雨雲に
かくれぬほしは
蛍なりけり
かきくらす
さつきのさよの
あめくもに
かくれぬほしは
ほたるなりけり


をちの空に
雲立のほり
けふしこそ
夕立すへき
けしき也けれ
をちのそらに
くもたちのぼり
けふしこそ
ゆふだちすべき
けしきなりけれ


日をさふる
ならのひろはに
鳴蝉の
声より晴る
夕立の空
ひをさふる
ならのひろはに
なくせみの
こゑよりはるる
ゆふだちのそら


山高み
こすゑにあらき
風立て
谷よりのほる
夕立の雲
やまたかみ
こすゑにあらき
かぜたちて
たによりのほる
ゆふだちのくも


風はやみ
雲の一むら
峰こえて
山みえそむる
夕立の跡
かぜはやみ
くものひとむら
みねこえて
やまみえそむる
ゆふだちのあと


夕立の
とをちを過る
雲のしたに
ふりこぬ雨そ
よそに見え行
ゆふだちの
とをちをすぐる
くものしたに
ふりこぬあめそ
よそにみえゆく


とまるへき
かけしなけれは
はる〳〵と
ぬれてをゆかん
夕立の雨
とまるべき
かげしなければ
はるばると
ぬれてをゆかん
ゆふだちのあめ


暮かゝる
とをちの空の
夕立に
山のはみせて
てらす稲妻
くれかかる
とをちのそらの
ゆふだちに
やまのはみせて
てらすいなづま


ほかにのみ
夏をはしるや
滝つせの
あたりは秋の
むらさめのこゑ
ほかにのみ
なつをはしるや
たきつせの
あたりはあきの
むらさめのこゑ


しほりつる
風はまかきに
しつまりて
小萩かうへに
雨そゝくなり
しほりつる
かぜはまかきに
しつまりて
こはぎかうへに
あめそそくなり


秋の雨の
物さむくふる
夕暮の
空にしほれて
渡る雁金
あきのあめの
ものさむくふる
ゆふぐれの
そらにしほれて
わたるかりがね


ふりまさる
あま夜の閨の
きり〳〵す
絶〳〵になる
声も悲しき
ふりまさる
あまよのねやの
きりぎりす
たえだえになる
こゑもかなしき


雁なきて
山風さむし
秋の田の
かりほの庵の
むらさめの空
かりなきて
やまかぜさむし
あきのたの
かりほのいをの
むらさめのそら


霧はるゝ
雲間に月は
影見えて
猶ふりすさふ
秋のむらさめ
きりはるる
くもまにつきは
かげみえて
なほふりすさふ
あきのむらさめ


夕暮の
庭すさましき
秋風に
梧の葉おちて
村雨そふる
ゆふぐれの
にはすさましき
あきかぜに
きりのはおちて
むらさめそふる

雲かゝる
高根のひはら
をとたてゝ
むらさめわたる
秋の山本
くもかかる
たかねのひはら
をとたてて
むらさめわたる
あきのやまもと


風にゆく
峰の浮雲
跡はれて
夕日にのこる
秋の村雨
かぜにゆく
みねのうきくも
あとはれて
ゆふひにのこる
あきのむらさめ


うきてわたる
夕の空の
雲くれて
風にそきほふ
秋の村雨
うきてわたる
ゆふべのそらの
くもくれて
かぜにそきほふ
あきのむらさめ

*3雲はれてイ
時雨ゆく
はしのたちえに
風こえて
心色つく
あきのやまもと
しぐれゆく
はしのたちえに
かぜこえて
こころいろつく
あきのやまもと


小倉山
秋とはかりの
うす紅葉
しくれの後の
色そゆかしき
をぐらやま
あきとはかりの
うすもみぢ
しくれののちの
いろそゆかしき


たれかそめし
外山の峰の
うす紅葉
時雨ぬさきの
秋の一しほ
たれかそめし
とやまのみねの
うすもみぢ
しぐれぬさきの
あきのひとしほ


秋ふかき
寝覚の時雨
聞わひて
おき出てみれは
村雲の月
あきふかき
ねざめのしぐれ
ききわひて
おきいでてみれは
むらくものつき


秋の雨の
やみかたさむき
山風に
かへさの雲も
しくれてそ行
あきのあめの
やみかたさむき
やまかぜに
かへさのくもも
しくれてそゆく


染やらぬ
みむろの山の
うす紅葉
今いくしほの
時雨まつらん
そめやらぬ
みむろのやまの
うすもみぢ
いまいくしほの
しぐれまつらん


三室山
麓の松の
むら〳〵に
時雨わけたる
秋の色かな
みむろやま
ふもとのまつの
むらむらに
しぐれわけたる
あきのいろかな


時雨する
いはたのをのゝ
柞原
朝な〳〵に
いろかはりゆく
しぐれする
いはたのをのの
ははそはら
あさなあさなに
いろかはりゆく


むら〳〵に
梢の色も
うつろひて
夕日の山に
雲そしくるゝ
むらむらに
こずゑのいろも
うつろひて
ゆふひのやまに
くもそしくるる


しくれつる
程よりも猶
色こきは
うつる入日の
をかの紅葉は
しくれつる
ほどよりもなほ
いろこきは
うつるいりひの
をかのもみぢは


時雨ゆく
立田の梢
うつろひて
そめぬ川瀬も
紅葉しにけり
しぐれゆく
たつたのこずゑ
うつろひて
そめぬかはせも
もみぢしにけり


紅葉はは
てりてみゆれと
足引の
山はくもりて
時雨こそふれ
もみぢはは
てりてみゆれと
あしびきの
やまはくもりて
しぐれこそふれ


もみちはは
てりてみゆれと
あしひきの
やまはくもりて
しくれこそふれ
もみちはは
てりてみゆれと
あしひきの
やまはくもりて
しくれこそふれ


山の端の
夕日の影も
たえ〳〵に
しくれて過る
秋のむら雲
やまのはの
ゆふひのかげも
たえだえに
しくれてすぐる
あきのむらくも


うち時雨
たゝよふ雲の
山めくり
はやくも冬の
けしきなる哉
うちしぐれ
たたよふくもの
やまめくり
はやくもふゆの
けしきなるかな


ねさめする
とこに時雨は
もりこねと
をとにも袖の
ぬれにける哉
ねさめする
とこにしぐれは
もりこねと
をとにもそでの
ぬれにけるかな


をのつから
をとする人も
なかりけり
山めくりする
時雨ならては
をのつから
をとするひとも
なかりけり
やまめくりする
しぐれならては


おのづから
おとする人ぞ
なかりける
やまめぐりする
時雨ならでは
おのづから
おとするひとぞ
なかりける
やまめぐりする
しぐれならでは


しくるゝも
をとはかはらぬ
板間より
木の葉は月の
もるにそ有ける
しくるるも
をとはかはらぬ
いたまより
このははつきの
もるにそありける


時雨つる
木のした露は
をとつれて
山路の末に
雲そ成行
しぐれつる
このしたつゆは
をとつれて
やまぢのすゑに
くもそなりゆく


風むせふ
ひはらの時雨
かきくらし
あなしのたけに
かゝるむら雲
かぜむせふ
ひはらのしぐれ
かきくらし
あなしのたけに
かかるむらくも


吹過る
ひはらの山の
木からしに
きゝもわかれぬ
村しくれかな
ふきすぐる
ひはらのやまの
こからしに
ききもわかれぬ
むらしくれかな


村しくれ
過ゆく峰の
雲間より
日影うつろふ
をちの山本
むらしくれ
すぎゆくみねの
くもまより
ひかげうつろふ
をちのやまもと


折しもあれ
かへさ物うき
旅人の
心をしりて
ふる時雨哉
をりしもあれ
かへさものうき
たびひとの
こころをしりて
ふるしぐれかな


村雲の
絶ま〳〵に
星みえて
時雨をはらふ
庭の松風
むらくもの
たえまたえまに
ほしみえて
しぐれをはらふ
にはのまつかぜ


むら雲の
たえまの空に
にしたちて
時雨過ぬる
をちの山のは
むらくもの
たえまのそらに
にしたちて
しぐれすぎぬる
をちのやまのは


うきてゆく
雲間の空の
夕日影
はれぬとみれは
又しくるなり
うきてゆく
くもまのそらの
ゆふひかげ
はれぬとみれは
またしくるなり


染かぬる
時雨はよそに
過ぬれと
つれなき松に
残る木からし
そめかぬる
しぐれはよそに
すぎぬれと
つれなきまつに
のこるこからし


あはれなる
時を夕と
おもふより
時雨にそひて
ふる涙かな
あはれなる
ときをゆふべと
おもふより
しぐれにそひて
ふるなみだかな


神無月
しくるゝ雲を
たよりにて
くるゝはやすき
冬の空かな
かみなづき
しくるるくもを
たよりにて
くるるはやすき
ふゆのそらかな


一むらの
時雨をさそふ
山風に
をくるゝ雲は
のとかにそゆく
ひとむらの
しぐれをさそふ
やまかぜに
をくるるくもは
のとかにそゆく


夕暮の
雲とひみたれ
あれてふく
嵐のうちに
時雨をそきく
ゆふぐれの
くもとひみたれ
あれてふく
あらしのうちに
しぐれをそきく


淡路島
はるかにみつる
浮雲も
すまの関屋に
時雨きにけり
あはじしま
はるかにみつる
うきくもも
すまのせきやに
しぐれきにけり


村雲の
すきのいほりの
あれまより
時雨にかはる
夜はの月影
むらくもの
すきのいほりの
あれまより
しぐれにかはる
よはのつきかげ


をとたつる
時雨はやすく
すきのやに
ねさめの袖そ
ぬれて残れる
をとたつる
しぐれはやすく
すきのやに
ねさめのそでそ
ぬれてのこれる


浮雲を
月に嵐の
吹かけて
有明の空を
ゆく時雨かな
うきくもを
つきにあらしの
ふきかけて
ありあけのそらを
ゆくしぐれかな


嵐ふき
木の葉ちりかふ
夕暮に
村雲きほひ
時雨降也
あらしふき
このはちりかふ
ゆふくれに
むらくもきほひ
しぐれふるなり


枯はつる
落葉かうへの
夕時雨
そめし名残の
色や忘れぬ
かれはつる
おちばかうへの
ゆふしぐれ
そめしなごりの
いろやわすれぬ


夕日さす
嶺の時雨の
一むらに
みきりをすくる
雲の影かな
ゆふひさす
みねのしぐれの
ひとむらに
みきりをすくる
くものかげかな


夕時雨
嵐にはるゝ
高ねより
入日にみえて
ふる木のは哉
ゆふしぐれ
あらしにはるる
たかねより
いりひにみえて
ふるこのはかな


人はこす
夕の雨は
したゝりて
むなしきはしに
ふる木葉かな
ひとはこす
ゆふべのあめは
したたりて
むなしきはしに
ふるこのはかな


時雨つる
たかねの雲は
晴のきて
風よりふるは
木葉也けり
しぐれつる
たかねのくもは
はれのきて
かぜよりふるは
このはなりけり


神無月
嵐にましる
むらさめに
色こきたれて
ちる木葉かな
かみなづき
あらしにましる
むらさめに
いろこきたれて
ちるこのはかな


しくれつる
空は雪けに
さえなりて
はけしくかはる
よもの木からし
しくれつる
そらはゆきけに
さえなりて
はけしくかはる
よものこからし


外面なる
ならの葉かしは
枯落て
時雨をうくる
をとのさひしさ
そともなる
ならのはかしは
かれおちて
しぐれをうくる
をとのさひしさ


をとつれし
山の木の葉は
ふりはてゝ
時雨を残す
峰の松風
をとつれし
やまのこのはは
ふりはてて
しぐれをのこす
みねのまつかぜ


雨とふる
木の葉つもれる
谷川の
水はまさらて
瀬たえしてけり
あめとふる
このはつもれる
たにかはの
みづはまさらて
せたえしてけり


黄葉乎
令落四具礼能
零苗尓
夜副衣寒
一之宿者
もみちばを
ちらすしぐれの
ふるなへに
よさへぞさむき
ひとりしぬれば
Идут все время мелкие дожди,
Что заставляют осыпаться листья клена,
И ночи холодны
В такие дни,
Когда ложишься спать один на ложе…

紅葉はを
おとす時雨の
ふるなへに
夜さへそさむき
ひとりしぬれは
もみぢはを
おとすしぐれの
ふるなへに
よさへそさむき
ひとりしぬれは


時雨ふる
山のはつかの
雲間より
あまりて出る
有明の月
しぐれふる
やまのはつかの
くもまより
あまりていづる
ありあけのつき


さゆる日の
時雨の後の
夕山に
うす雪ふりて
空そ晴行
さゆるひの
しぐれののちの
ゆふやまに
うすゆきふりて
そらそはれゆく


しくれつる
外山の里の
さゆる夜は
吉野のたけに
初雪やふる
しくれつる
とやまのさとの
さゆるよは
よしののたけに
はつゆきやふる


夜もすから
里はしくれて
横雲の
わかるゝ嶺に
みゆるしら雪
よもすから
さとはしくれて
よこぐもの
わかるるみねに
みゆるしらゆき


昨日今日
里は時雨の
ひまなくて
深山は雪そ
はやふりにける
きのふけふ
さとはしぐれの
ひまなくて
みやまはゆきそ
はやふりにける


ふる雪の
雨になりゆく
したきえに
をとこそまされ
軒の玉水
ふるゆきの
あめになりゆく
したきえに
をとこそまされ
のきのたまみづ


今朝のまの
雪は跡なく
消はてゝ
枯野のくち葉
雨しほるなり
けさのまの
ゆきはあとなく
きはてて
かれののくちは
あめしほるなり


一むらの
雲に霰は
まつおちぬ
しくれし空の
雪になる比
ひとむらの
くもにあられは
まつおちぬ
しくれしそらの
ゆきになるころ


あめのした
くもりなかれと
照すらし
三笠の山に
出る朝日は
あめのした
くもりなかれと
てらすらし
みかさのやまに
いづるあさひは


初時雨
ふりにけらしな
あすよりは
あきさか山の
紅葉かささん
はつしぐれ
ふりにけらしな
あすよりは
あきさかやまの
もみぢかささん


君をおしむ
心の空に
かよへはや
けふとまるへき
雨のふるらん
きみをおしむ
こころのそらに
かよへはや
けふとまるへき
あめのふるらん


うちしくれ
ふる郷思ふ
袖ぬれて
行さき遠き
野ちのしの原
うちしくれ
ふるさとおもふ
そでぬれて
ゆきさきとほき
のちのしのはら


うちしぐれ
ふるさと思ふ
袖ぬれて
行く先遠き
野路の篠原
うちしぐれ
ふるさとおもふ
そでぬれて
ゆくさきとほき
のぢのしのはら
Внезапный дождь,
и мокнут рукава —
как вспомню я о доме,
но цель так далека —
Синохара в Нодзи.

時雨ふる
外山の末は
晴やらて
雲のうへゆく
嶺の月かけ
しぐれふる
とやまのすゑは
はれやらて
くものうへゆく
みねのつきかけ


うちしくれ
物さひしかる
あしの屋の
こやのねさめに
都恋しも
うちしくれ
ものさひしかる
あしのやの
こやのねさめに
みやここひしも


難波かた
あしのまろ屋の
旅ねには
時雨は軒の
しつくにそしる
なにはかた
あしのまろやの
たびねには
しぐれはのきの
しつくにそしる

*4時雨を軒のイ
さゝ波の
なみくら山に
雲ゐては
雨そふるてふ
かへれわかせこ
ささなみの
なみくらやまに
くもゐては
あめそふるてふ
かへれわかせこ


佐左浪乃
連庫山尓
雲居者
雨會零智否
反来吾背
ささなみの
なみくらやまに
くもゐれば
あめぞふるちふ
かへりこわがせ
Если собралися облака
В Садзанами,
Над горой Намикура,
Говорят, что быть тогда дождю,—
Возвращайся, милый мой, сюда!

ふして思ひ
起きてながむる
春雨に
花のしたひも
いかにとくらむ
ふしておもひ
おきてながむる
はるさめに
はなのしたひも
いかにとくらむ
Лежу — тоскую,
А проснусь —
Смотрю уныло
На долгий дождь:
Когда ж распустишься ты, вишня?
* В антологии «Кокин рокутё» автором песни числится Акахито. В песне — намёк на танка Сосэй-хоси из «Кокинсю» (свиток «Песни-поздравления»):
Боги — свидетели:
Ложусь я с этой мыслью
И встаю, считая снова
Те бесконечные года,
Что жить тебе ещё, о господин!
雨の脚も
よこさまになる
夕風に
みのふかせ行
のへの旅人
あめのあしも
よこさまになる
ゆふかぜに
みのふかせゆく
のへのたびひと


とまるへき
かたやいつこに
ありま山
宿なき野への
夕暮の雨
とまるへき
かたやいつこに
ありまやま
やどなきのへの
ゆふぐれのあめ


旅の空
雨のふる日は
暮ぬかと
思ひて後も
ゆくそ久しき
たびのそら
あめのふるひは
くれぬかと
おもひてのちも
ゆくそひさしき


雨晴ぬ
旅のやかたに
日数へて
都恋しき
ゆふくれの空
あめはれぬ
たびのやかたに
ひかぞへて
みやここひしき
ゆふくれのそら


雨やまぬ
山のあま雲
立ゐにも
やすきそらなく
君をこそ思へ
あめやまぬ
やまのあまくも
たちゐにも
やすきそらなく
きみをこそおもへ


いもかうへは
柴のいほりの
雨なれや
こまかにきくに
袖のぬるらん
いもかうへは
しばのいほりの
あめなれや
こまかにきくに
そでのぬるらん


帰るさの
しのゝめくらき
村雲も
我袖よりや
時雨そめつる
かへるさの
しののめくらき
むらくもも
わがそでよりや
しぐれそめつる


雲とつる
宿の軒端の
ゆふなかめ
こひよりあまる
雨のをとかは
くもとつる
やどののきはの
ゆふなかめ
こひよりあまる
あめのをとかは


常よりも
涙かきくらす
おりしもあれ
草木をみるも
雨の夕暮
つねよりも
なみだかきくらす
おりしもあれ
くさきをみるも
あめのゆふぐれ


雨もよに
ふりはへとはん
人もなし
なきにをとりて
いける身そうき
あめもよに
ふりはへとはん
ひともなし
なきにをとりて
いけるみそうき


夜るの雨の
をとにたくへる
君なれや
ふりしまされは
我こひまさる
よるのあめの
をとにたくへる
きみなれや
ふりしまされは
わがこひまさる


おとにだに
袂をぬらす
時雨かな
槇の板屋の
よるの寐覺に
おとにだに
たもとをぬらす
しぐれかな
まきのいたやの
よるのねざめに
Один лишь звук
Капель по досчатой крыше
Зимнего дождя
Мочит рукав,
Когда просыпаешься ночью.
Примерный перевод
С небольшими изменениями включена в Сэндзайсю, 403
袖ぬれし
その夜の雨の
名残より
やかて晴せぬ
五月雨の空
そでぬれし
そのよのあめの
なごりより
やかてはせぬ
さみだれのそら


五月雨に
みたれそめにし
我なれは
人を恋路に
ぬれぬへら也
さみだれに
みたれそめにし
われなれは
ひとをこひぢに
ぬれぬへらなり


秋萩を
ちらす時雨の
ふるころは
ひとりおきゐて
こふる夜そおほき
あきはぎを
ちらすしぐれの
ふるころは
ひとりおきゐて
こふるよそおほき


秋芽子乎
令落長雨之
零比者
一起居而
戀夜曽大寸
あきはぎを
ちらすながめの
ふるころは
ひとりおきゐて
こふるよぞおほき
Все эти дни, когда льет долгий дождь,
Что заставляет облетать
Цветы у хаги,
Как много я ночей уже не сплю
И о тебе тоскую неустанно.

いて人の
思ふといひし
ことのはは
時雨とともに
ちりにけらしも
いてひとの
おもふといひし
ことのはは
しぐれとともに
ちりにけらしも


初時雨
ふりしそむれは
ことのはの
色のみまさる
比とこそみれ
はつしぐれ
ふりしそむれは
ことのはの
いろのみまさる
くらとこそみれ


君こふる
涙は秋に
かよへはや
空もたもとも
共にしくるゝ
きみこふる
なみだはあきに
かよへはや
そらもたもとも
ともにしくるる


春雨に
花咲しより
秋風に
紅葉ちるまて
物をこそ思へ
はるさめに
はなさきしより
あきかぜに
もみぢちるまて
ものをこそおもへ


昔へを
思ふ涙の
春雨は
わか袂にそ
わきてふりける
むかしへを
おもふなみだの
はるさめは
わかたもとにそ
わきてふりける


草も木も
あまねくめくむ
春雨に
袖はぬれてそ
かひなかりける
くさもきも
あまねくめくむ
はるさめに
そではぬれてそ
かひなかりける


なかめしほれ
秋のあはれも
思ひ出ぬ
雨しつかなる
春の夕暮
なかめしほれ
あきのあはれも
おもひいでぬ
あめしつかなる
はるのゆふぐれ


ほとゝきす
かたらふかたの
山の端に
むらさめ過て
月そほのめく
ほとときす
かたらふかたの
やまのはに
むらさめすぎて
つきそほのめく


をのつから
はるゝかとみる
程たにも
猶雲のほる
五月雨の空
をのつから
はるるかとみる
ほどたにも
なほくものほる
さみだれのそら


河浪は
岸にをよひて
五月雨の
みかさに舟の
棹そみしかき
かはなみは
きしにをよひて
さみだれの
みかさにふねの
さほそみしかき


夜をかけて
遠方めくる
夕立に
こなたの空は
月そ涼しき
よをかけて
とほかためくる
ゆふだちに
こなたのそらは
つきそすずしき


今朝も猶
野分のなこり
風あれて
雨ふりそゝく
村雲の空
けさもなほ
のわきのなこり
かぜあれて
あめふりそそく
むらくものそら


今朝のまの
霧よりおくや
時雨つる
晴行跡の
山そ色こき
けさのまの
きりよりおくや
しぐれつる
はれゆくあとの
やまそいろこき


時雨つる
雲のかへしの
秋風に
染あへすちる
峰の紅葉は
しぐれつる
くものかへしの
あきかぜに
そめあへすちる
みねのもみぢは


人しれぬ
時雨心ちに
神無月
我さへ袖の
そほちぬるかな
ひとしれぬ
しぐれここちに
かみなづき
われさへそでの
そほちぬるかな


いかはかり
時雨に袖の
しほるらん
もらぬいはやの
むかし恋つゝ
いかはかり
しぐれにそでの
しほるらん
もらぬいはやの
むかしこひつつ


しくるへき
梢の色は
つれなくて
花をや時の
物となかめん
しくるへき
こずゑのいろは
つれなくて
はなをやときの
ものとなかめん


奥山の
嶺の時雨を
分ゆけは
ふかき谷より
のほる白雲
おくやまの
みねのしぐれを
わけゆけは
ふかきたにより
のほるしらくも


志賀のうらや
時雨て渡る
浮雲に
みかみの山そ
なかはかくるゝ
しがのうらや
しぐれてわたる
うきくもに
みかみのやまそ
なかはかくるる


時のまに
たゝひと時雨
ふり過て
あらしの峰は
雲ものこらす
ときのまに
たたひとしぐれ
ふりすぎて
あらしのみねは
くもものこらす


しくれつる
雲は程なく
峰こえて
山のこなたに
残るこからし
しくれつる
くもはほどなく
みねこえて
やまのこなたに
のこるこからし


宇治川の
はや瀬に波の
声すれは
ふりくる雨を
しる人もなし
うぢかはの
はやせになみの
こゑすれは
ふりくるあめを
しるひともなし


降そゝく
軒端の雨の
夕くれに
露こまかなる
さゝかにのいと
ふりそそく
のきはのあめの
ゆふくれに
つゆこまかなる
ささかにのいと


雨のをとの
聞ゆる窓は
さ夜更て
ぬれぬにしめる
ともし火のかけ
あめのをとの
きこゆるまどは
さよふけて
ぬれぬにしめる
ともしひのかけ


ふりしめる
あま夜のねやは
しつかにて
ほのほみしかき
灯の末
ふりしめる
あまよのねやは
しつかにて
ほのほみしかき
ともしびのすゑ


明しかね
窓くらき夜の
雨のをとに
ねさめの心
いくしほれしつ
あかしかね
まどくらきよの
あめのをとに
ねさめのこころ
いくしほれしつ


山風の
吹わたるかと
きく程に
ひはらに雨の
かゝるなりけり
やまかぜの
ふきわたるかと
きくほどに
ひはらにあめの
かかるなりけり


軒くらき
槙の葉しほれ
ふる雨の
しつくもさひし
山陰の宿
のきくらき
まきのはしほれ
ふるあめの
しつくもさひし
やまかげのやど


松にふく
嵐のをとも
たかさこの
浦ちしくるゝ
秋の夕暮
まつにふく
あらしのをとも
たかさこの
うらちしくるる
あきのゆふぐれ


夕くれの
松に吹たつ
山風に
軒端くもらぬ
むらさめの空
ゆふくれの
まつにふきたつ
やまかぜに
のきはくもらぬ
むらさめのそら


庭の面の
一木の松を
吹風に
いく村雨の
こゑを聞らん
にはのおもの
ひときのまつを
ふくかぜに
いくむらさめの
こゑをきくらん


花の雪
木の葉時雨の
いくとせを
身はふるさとの
庭にみるらん
はなのゆき
このはしぐれの
いくとせを
みはふるさとの
にはにみるらん


草も木も
色つきわたる
春雨に
くちのみまさる
藤の衣手
くさもきも
いろつきわたる
はるさめに
くちのみまさる
ふぢのころもで


ひねもすに
ふる春雨や
いにしへを
こふる袂の
しつくなるらん
ひねもすに
ふるはるさめや
いにしへを
こふるたもとの
しつくなるらん


秋かけて
ふりにし宿の
むら時雨
たのむかけなく
ぬるゝ袖かな
あきかけて
ふりにしやどの
むらしぐれ
たのむかけなく
ぬるるそでかな


まして人
いかなることを
思ふらん
時雨たにしる
けふのあはれを
ましてひと
いかなることを
おもふらん
しぐれたにしる
けふのあはれを


思ひしれ
秋のなかはの
露けさを
時雨にぬるゝ
袖のうへにて
おもひしれ
あきのなかはの
つゆけさを
しぐれにぬるる
そでのうへにて


涙のみ
いとゝふりそふ
時雨には
ほすひまもなき
墨染の袖
なみだのみ
いととふりそふ
しぐれには
ほすひまもなき
すみぞめのそで


歎きつゝ
雨も涙も
ふる郷の
葎の門の
いてかたきかな
なげきつつ
あめもなみだも
ふるさとの
むぐらのかどの
いてかたきかな


紅葉はを
秋のかたみと
なかめても
時雨とふるは
涙なりけり
もみぢはを
あきのかたみと
なかめても
しぐれとふるは
なみだなりけり


弥陀頼む
人は雨夜の
月なれや
雲晴ねとも
西にこそゆけ
みだたのむ
ひとはあめよの
つきなれや
くもはれねとも
にしにこそゆけ


春の雨
秋の時雨と
世にふるは
花や紅葉の
ためにそ有ける
はるのあめ
あきのしぐれと
よにふるは
はなやもみぢの
ためにそありける


あめのした
神のますてふ
三笠山
かけにかくれぬ
人はあらしな
あめのした
かみのますてふ
みかさやま
かけにかくれぬ
ひとはあらしな


君はさは
雨夜の月か
雲ゐより
人にしられて
山に入ぬる
きみはさは
あめよのつきか
くもゐより
ひとにしられて
やまにいりぬる


長月の
すゑのはら野の
はし紅葉
時雨もあへす
色付にけり
ながつきの
すゑのはらのの
はしもみぢ
しぐれもあへす
いろづきにけり


初時雨
ふりさけみれは
あかねさす
三笠の山は
紅葉しにけり
はつしぐれ
ふりさけみれは
あかねさす
みかさのやまは
もみぢしにけり


小倉山
しくるゝ比の
朝な〳〵
きのふはうすき
よもの紅葉は
をぐらやま
しくるるころの
あさなさな
きのふはうすき
よものもみぢは


雲かゝる
木すゑ色つく
初せ山
時雨や秋の
錦をるらし
くもかかる
こすゑいろつく
はつせやま
しぐれやあきの
にしきをるらし


晴くもり
しくるゝ数は
しらねとも
ぬれて千しほの
秋のもみちは
はれくもり
しくるるかずは
しらねとも
ぬれてちしほの
あきのもみちは

Уж сколько раз прояснялось, были тучи и лил дождь — не знаю, но от дождей в тысячи цветов окрасилась осенняя листва
立田山
よその紅葉の
色にこそ
しくれぬ松の
程もみえけれ
たつたやま
よそのもみぢの
いろにこそ
しくれぬまつの
ほどもみえけれ


おく山の
千しほの紅葉
色そこき
宮この時雨
いかゝそむらん
おくやまの
ちしほのもみぢ
いろそこき
みやこのしぐれ
いかかそむらん

Глубоко в горах цвет пёстрой осенней листвы такой яркий, так когда же начнутся дожди и в столице? (Чтоб стало так же красиво)
秋山は
から紅に
なりにけり
いくしほ時雨
ふりてそむらん
あきやまは
からくれなゐに
なりにけり
いくしほしぐれ
ふりてそむらん


時雨ふる
神な月こそ
ちかゝらし
山をしなへて
色付にけり
しぐれふる
かみなつきこそ
ちかからし
やまをしなへて
いろづきにけり


冬きぬと
いふはかりにや
神無月
けさは時雨の
ふりまさりつゝ
ふゆきぬと
いふはかりにや
かみなづき
けさはしぐれの
ふりまさりつつ

Неужто от одних лишь слов "Зима настала", сегодня, с утра десятого месяца, дождь льёт всё пуще и пуще?
冬のきて
しくるゝ時そ
神なひの
杜の木葉も
降はしめける
ふゆのきて
しくるるときそ
かむなびの
もりのこのはも
ふりはしめける

Пришла зима, и дождь всё время льёт, и в лесу Каминаби тоже начала опадать листва...
東屋の
あまりにもふる
時雨かな
誰かはしらぬ
神無月とは
あづまやの
あまりにもふる
しぐれかな
たれかはしらぬ
かみなづきとは

Адзумая — это тип дома, у которого у крыши скат идёт в четыре стороны
あづまやの
あまりにもふる
時雨かな
たれかはしらぬ
かみなづきとは
あづまやの
あまりにもふる
しぐれかな
たれかはしらぬ
かみなづきとは


神無月
しくるゝ比と
いふ事は
まなく木葉の
ふれはなりけり
かみなづき
しくるるころと
いふことは
まなくこのはの
ふれはなりけり


冬きては
衣ほすてふ
ひまもなく
しくるゝ空の
天のかく山
ふゆきては
ころもほすてふ
ひまもなく
しくるるそらの
あめのかくやま


色かはる
はゝその梢
いかならん
いはたの小野に
時雨ふるなり
いろかはる
ははそのこずゑ
いかならん
いはたのをのに
しぐれふるなり


しくれつゝ
時ふりにける
花なれと
雲ゐにうつる
色はかはらす
しくれつつ
ときふりにける
はななれと
くもゐにうつる
いろはかはらす


思ひやる
よその村雲
しぐれつつ
安達の原に
もみぢしぬらむ
おもひやる
よそのむらくも
しぐれつつ
あだちのはらに
もみぢしぬらむ
Тоскую о тебе,
Живущей так далеко:
Там, верно, ходят тучи друг за другом,
Дождь моросит, и зелень на полях Адати
Свой изменила цвет.

見るままに
山風あらく
しぐるめり
都もいまは
夜寒なるらむ
みるままに
やまかぜあらく
しぐるめり
みやこもいまは
よさむなるらむ
И не заметил я,
Как горный ветер налетел
И дождь пошёл.
Холодной будет, верно, и в столице
Эта ночь.

思ひ出る
けふしも空の
かきくれて
さこそなみたの
雨とふるらめ
おもひいづる
けふしもそらの
かきくれて
さこそなみたの
あめとふるらめ


夜もすから
涙も雨も
ふりにけり
おほくの夢の
昔かたりに
よもすから
なみだもあめも
ふりにけり