Весна
19
Лето
10
Осень
19
Зима
14
Любовь
71
Благопожелания
1
Странствия
10
Разлука
4
Скорбь
6
Буддийское
2
Синтоистское
0
Разное
45
Иное
0
もゆれとも
胸の思ひは
かひもなし
煙を見てそ
人もとひける
もゆれとも
むねのおもひは
かひもなし
けぶりをみてそ
ひともとひける


山深み
やく炭がまの
烟こそ
やがて雪げの
くもとなりけれ
やまふかみ
やくすみがまの
けぶりこそ
やがてゆきげの
くもとなりけれ
Глубоко в горах
От котлов, где выжигают уголь,
Столб дыма
Сразу же становится
Облаком снежным!
Примерный перевод

さわらひや
したにもゆらん
しもかれの
のはらの煙
春めきにけり
さわらひや
したにもゆらむ
しもかれの
のはらのけふり
はるめきにけり
Быть может,
Под снегом папоротник зеленеет?
Дым на поле,
Иссушеным морозом,
Выглядит так весенне!
Примерный перевод

かきくらし
降る白雪に
鹽竈の
うらの煙も
絶えや志ぬらむ
かきくらし
ふるしらゆきに
しほがまの
うらのけぶりも
たえやしぬらむ


五月雨に
烟たえても
海士人の
なほ汐たるゝ
袖のうらなみ
さみだれに
けぶりたえても
あまひとの
なほしほたるる
そでのうらなみ


蚊遣火の
下やすからぬ
烟こそ
あたりの宿も
猶くるしけれ
かやりびの
したやすからぬ
けぶりこそ
あたりのやども
なほくるしけれ
Дым костра,
Комаров отгоняет который,
Беспокоен:
Все дома вокруг затянуло,
И дышать теперь тяжело.
Примерный перевод

山常庭
村山有等
取與呂布
天乃香具山
騰立
國見乎為者
國原波
煙立龍
海原波
加萬目立多都
怜𪫧國曽
蜻嶋
八間跡能國者
やまとには
むらやまあれど
とりよろふ
あめのかぐやま
のぼりたち
くにみをすれば
くにはらは
けぶりたちたつ
うなはらは
かまめたちたつ
うましくにぞ
あきづしま
やまとのくには
В стране Ямато
Много разных гор,
Но выделяется из них красой одна
Гора небес — гора Кагуяма!
Когда на эту гору ты взойдешь
И там просторы взором обведешь, —
Среди равнин страны
Восходит дым густой,
Среди равнин морей
Взлетает чаек рой,
О, вот она — чудесная страна,
Заветный край мой — Акицусима!
Как крылья стрекозы, простерты острова,
Страна Ямато — вот она!
* Акицусима (Акидзусима) — одно из старинных названий Японии, “мк” к слову “Ямато”.
* Это название (“акицу” — “стрекоза”, “сима” — “острова”) согласно “Нихонги” возникло в связи с тем, что легендарный император Дзимму во время путешествия заметил, что очертания островов страны похожи на распластанную стрекозу (М.-код.). “Нихонги” или “Нихонсёки” — историческая хроника Японии, составленная в 720 г. и охватывающая период до правления императрицы Дзито (687–696). Главными составителями являются О-но Ясумаро и Тонэри-синно (сын императора Тэмму). Считается первой официальной историей Японии. (О макура-котоба — “мк” — см. А. Е. Глускина, К изучению древнего стиля японской поэзии, — “Народы Азии и Африки”, № 3, 1967, стр. 95—105.)
* Эта песня — одна из очень популярных песен М. Дым, поднимающийся из очагов, является символом благоденствия (К). Образ чаек, порхающих над широкими равнинами моря, символизирует красоту природы (МС).
* Песня относится к “кунихомэ-но ута”, “песням, восхваляющим страну”, в которых отражена древняя вера в магическую силу слов. По древним верованиям, хвалебные песни такого рода приносили счастье и благоденствие стране. Из-за отсутствия каэси-ута (в М. “нагаута” обычно имеют “каэси-ута”) ее считают очень древней и авторство Дзёмэй подвергают сомнению.
* "Среди равнин морей" — равнины морей (унабара) в этой песне многими комментаторами толкуются как вид озера Ханиясу, но мы считаем, что этот образ здесь дан в широком плане (всей страны).
風ふけば
もしほの烟
かたよりに
靡くをひとの
心ともがな
かぜふけば
もしほのけぶり
かたよりに
なびくをひとの
こころともがな
Лишь подует ветер,
Дым от костров, где соль из водорослей жгут,
В одну сторону клонится,
Хочу же, чтоб и её сердце
Так же склонилось!
Примерный перевод

富士の嶺の
けたぬ烟も
立たばたて
身の思だに
人し知らずば
ふじのみねの
けたぬけぶりも
たたばたて
みのおもひだに
ひとししらずば


田子の浦の
藻鹽も燒かぬ
梅雨に
絶えぬは富士の
烟なりけり
たごのうらの
もしほもやかぬ
さみだれに
たえぬはふじの
けぶりなりけり
В бухте Таго
Из водорослей соль не жгут
В пору летних дождей,
И лишь не прервался
Дым горы Фудзи.
Примерный перевод

すまのあまの
しほやくけぶり
春くれば
空に霞の
なをやたつらむ
すまのあまの
しほやくけぶり
はるくれば
そらにかすみの
なをやたつらむ


いせのうみ
あまのはらなる
朝霞
そらにしほやく
けぶりとぞみる
いせのうみ
あまのはらなる
あさがすみ
そらにしほやく
けぶりとぞみる


異浦に
なびく烟も
ある物を
我がしたもえの
行く方ぞなき
ことうらに
なびくけぶりも
あるものを
わがしたもえの
ゆくかたぞなき


海士の住む
里の烟の
志るべだに
我にはよその
浦風ぞ吹く
あまのすむ
さとのけぶりの
しるべだに
われにはよその
うらかぜぞふく


蜑の住む
里の烟は
絶えにしを
つらき導べの
なに殘るらむ
あまのすむ
さとのけぶりは
たえにしを
つらきしるべの
なにのこるらむ


あまの川
よこぎる雲や
棚機の
そらだきものゝ
烟なるらむ
あまのかは
よこぎるくもや
たなばたの
そらだきものの
けぶりなるらむ


炭がまに
たつ烟さへ
小野山は
雪げの雲と
みゆるなりけり
すみがまに
たつけぶりさへ
をのやまは
ゆきげのくもと
みゆるなりけり


ふけゆかば
けぶりもあらじ
塩釜の
うらみなはてそ
秋の夜の月
ふけゆかば
けぶりもあらじ
しほがまの
うらみなはてそ
あきのよのつき
Была бы полночь,
Не поднимался бы над бухтой
Дым от костров,
Но ты, осенняя луна,
Не гневайся на рыбаков!
* Речь в песне идёт о дыме от костров, на которых рыбаки жгли морские водоросли, выпаривая из них соль.
折々に
うちてたく火の
煙あらば
心さすがに
忍べとぞ思ふ
をりをりに
うちてたくひの
けぶりあらば
こころさすがに
しのべとぞおもふ


富士のねを
田子の浦より
見渡せば
烟も空に
たゝぬ日ぞなき
ふじのねを
たごのうらより
みわたせば
けぶりもそらに
たたぬひぞなき
Осмотришь
Вершину горы Фудзи
Из бухты Таго:
Нет ни дня, чтобы дым
В небо не поднимался.
Примерный перевод

花や雪
霞やけぶり
時知らぬ
富士の高嶺に
冴ゆるはるかぜ
はなやゆき
かすみやけぶり
ときしらぬ
ふじのたかねに
さゆるはるかぜ


なにはめの
ころもほすとて
かりてたく
あしひのけふり
たゝぬひそなき
なにはめの
ころもほすとて
かりてたく
あしひのけふり
たたぬひそなき


しるしなき
けふりをくもに
まかへつゝ
よをへてふしの
やまはもえけり
しるしなき
けふりをくもに
まかへつつ
よをへてふしの
やまはもえけり


しるしなき
煙を雲に
まがへつつ
世をへて富士の
山と燃えなむ
しるしなき
けぶりをくもに
まがへつつ
よをへてふじの
やまともえなむ
Пусть бесполезный дым
От пламени любви
За годом год к небу уносится,
Теряясь среди облаков, — как дым
Вулкана Фудзи.

いつとてか
わかこひさらん
ちはやふる
あさまのやまの
けふりたゆとも
いつとてか
わかこひさらん
ちはやふる
あさまのやまの
けふりたゆとも


いつとてか
わかこひやまむ
ちはやふる
あさまのたけの
けふりたゆとも
いつとてか
わかこひやまむ
ちはやふる
あさまのたけの
けふりたゆとも


すみのえの
まつのけふりは
よとゝもに
なみのなかにそ
かよふへらなる
すみのえの
まつのけふりは
よとともに
なみのなかにそ
かよふへらなる


をりをりに
うちてたくひの
けふりあらは
こゝろさすかを
しのへとそおもふ
をりをりに
うちてたくひの
けふりあらは
こころさすかを
しのへとそおもふ


きみまさて
けふりたえにし
しほかまの
うらさひしくも
みえわたるかな
きみまさて
けふりたえにし
しほかまの
うらさひしくも
みえわたるかな


きみまさで
煙たえにし
塩がまの
うらさびしくも
みえわたるかな
きみまさで
けぶりたえにし
しほがまの
うらさびしくも
みえわたるかな


君まさて
煙たえにし
しほかまの
浦さひしくも
見え渡るかな
きみまさて
けふりたえにし
しほかまの
うらさひしくも
みえわたるかな
Навсегда ты ушел —
и ныне пронизан тоскою
тот чудесный ландшафт,
где у берега Сиогама
вьется дым над костром солеваров…
312. Сиогама букв, «котел для выварки соли» — местность рядом с бухтой Мацусима в префектуре Миядзаки.
君無くで
煙絕えにし
鹽竈の
寂しくも
見え渡る哉
きみなくで
けぶりたえにし
しほがまの
うらさびしくも
みえわたるかな


君なくて
煙絶えにし
塩竈の
浦さびしくも
見えわたるかな
きみなくて
けぶりたえにし
しほがまの
うらさびしくも
みえわたるかな


たちかへり
かなしくもある哉
わかれては
しるもしらぬも
けふりなりけり
たちかへり
かなしくもあるかな
わかれては
しるもしらぬも
けふりなりけり

立歸り
悲しくも有る哉
別れては
知るも知らぬも
烟也けり
たちかへり
かなしくもあるかな
わかれては
しるもしらぬも
けぶりなりけり

中空に
思やけなん
海士のすむ
さとのしるべの
けぶりくらベは
なかそらに
おもひやけなん
あまのすむ
さとのしるべの
けぶりくらベは


をやま田の
いほにたくひの
ありなしに
たつ煙もや
雲となるらん
をやまたの
いほにたくひの
ありなしに
たつけふりもや
くもとなるらむ


小山田の
庵もるかひの
夕けぶり
むせぶ思を
やる方ぞなき
をやまだの
いほもるかひの
ゆふけぶり
むせぶおもひを
やるかたぞなき


藻鹽やく
烟を雲の
便りにて
しぐれをいそぐ
須磨のうら風
もしほやく
けぶりをくもの
たよりにて
しぐれをいそぐ
すまのうらかぜ


我が思ひ
空の煙と
なりぬれば
雲居ながらも
なほ尋ねてむ
わがおもひ
そらのけぶりと
なりぬれば
くもゐながらも
なほたづねてむ
Моя любовь сгорела,
Рассеявшись как дым
Средь облаков небесных.
Но попытаемся и там
Ее найти.

煙たつ
思ひならねど
人しれず
わびては富士の
ねをのみぞ泣く
けぶりたつ
おもひならねど
ひとしれず
わびてはふじの
ねをのみぞなく
Хотя огонь моей любви
Не извергает дыма,
Чтоб, как из чрева Фудзи, поднимался к небесам,
Страдаю тайно, глубоко
И только проливаю слезы.

風吹けば
室の八島の
夕煙
心の空に
たちにけるかな
かぜふけば
むろのやしまの
ゆふけぶり
こころのそらに
たちにけるかな
Лишь вечер настает,
Дым от огня любви
Мне заволакивает сердце,
Так застилает небо пар,
Поднявшийся над озером Муро.

忘れては
春かとぞ思ふ
蚊遣火の
烟にかすむ
夏の夜のつき
わすれては
はるかとぞおもふ
かやりびの
けぶりにかすむ
なつのよのつき


物思ふ
あだ名はたゝじ
夕烟
なびかぬ中に
こひは志ぬとも
ものおもふ
あだなはたゝじ
ゆふけぶり
なびかぬなかに
こひはしぬとも


うき身には
靡かぬ浦の
夕烟
なき名ばかりを
何と立つらむ
うきみには
なびかぬうらの
ゆふけぶり
なきなばかりを
なにとたつらむ


あまのたく
浦の烟の
末だにも
思ふ方には
なびかぬぞ憂き
あまのたく
うらのけぶりの
すゑだにも
おもふかたには
なびかぬぞうき


信濃路や
みつゝわがこし
淺間山
雲は煙の
よそめなりけり
しなのぢや
みつつわがこし
あさまやま
くもはけぶりの
よそめなりけり


たちのぼる
煙の末を
よそに見ば
さびしかるべき
柴の庵哉
たちのぼる
けぶりのすゑを
よそにみば
さびしかるべき
しばのいほかな


なにはめが
こやの芦火の
夕煙
猶たてそへて
かすむ春哉
なにはめが
こやのあしびの
ゆふけぶり
なほたてそへて
かすむはるかな


空蟬の
むなし煙の
末つゐに
かくだにとめぬ
人のよぞうき
うつせみの
むなしけぶりの
すゑつゐに
かくだにとめぬ
ひとのよぞうき

4イ:からだにとめぬ
すむ人の
あるとはよそに
しられつゝ
煙ぞなびく
をちの山もと
すむひとの
あるとはよそに
しられつつ
けぶりぞなびく
をちのやまもと


須磨の浦の
餘りにもゆる
思かな
燒く鹽けぶり
人は靡かで
すまのうらの
あまりにもゆる
おもひかな
やくしほけぶり
ひとはなびかで


難波なる
芦のしのやの
下むせひ
たてしや煙
行方もなし
なにはなる
あしのしのやの
したむせひ
たてしやけぶり
ゆくかたもなし


君ゆへと
いふ名はたてし
消はてん
夜半の煙の
末まてもみよ
きみゆへと
いふなはたてし
きえはてん
よはのけぶりの
すゑまてもみよ


あまのたく
もしほの煙
我かたに
なひかぬ恋の
身をこかすかな
あまのたく
もしほのけぶり
わがかたに
なひかぬこひの
みをこかすかな

*4なひかぬ恋にイ
煙たつ
空にもしるや
不尽のねの
もえつゝとはに
思ひ有とは
けぶりたつ
そらにもしるや
ふじのねの
もえつつとはに
おもひありとは


あし火たく
しのやの煙
心から
くゆる思ひに
むせふころかな
あしひたく
しのやのけぶり
こころから
くゆるおもひに
むせふころかな


そま山に
たつけふりこそ
神な月時
雨をくたす
くもとなりけれ
そまやまに
たつけふりこそ
かみなつき
しくれをくたす
くもとなりけれ


富士のねも
立そふ雲は
有物を
恋のけふりそ
まかふ方なき
ふじのねも
たちそふくもは
あるものを
こひのけふりそ
まかふかたなき


人しれぬ
心のうちに
もゆる火は
煙はたゝて
くゆりこそすれ
ひとしれぬ
こころのうちに
もゆるひは
けぶりはたたて
くゆりこそすれ

*4煙はたえてイ
けふりたつ
思ひもしたや
こほるらん
富士のなるさは
音むせふ也
けふりたつ
おもひもしたや
こほるらん
ふじのなるさは
おとむせふなり


人しれぬ
入江の浪に
しほたれて
いかなる浦の
けふりとかみん
ひとしれぬ
いりえのなみに
しほたれて
いかなるうらの
けふりとかみん


塩かまの
浦のけふりは
絶にけり
月見んとての
海士のしわさに
しほかまの
うらのけふりは
たえにけり
つきみんとての
あまのしわさに


明石かた
海士のとまやの
煙にも
しはしそくもる
秋のよの月
あかしかた
あまのとまやの
けぶりにも
しはしそくもる
あきのよのつき


一かたに
なひくもしほの
煙かな
つれなき人の
かからましかは
ひとかたに
なひくもしほの
けふりかな
つれなきひとの
かからましかは


難波江や
あまのたくなは
ほしわひて
けふりてしめる
五月雨の比
なにはえや
あまのたくなは
ほしわひて
けふりてしめる
さみだれのころ

*4けふりにしめるイ
月影の
かすむもつらし
よそまては
煙なたてそ
夜はのかやり火
つきかげの
かすむもつらし
よそまては
けぶりなたてそ
よはのかやりひ


こゝのみと
煙をわけて
過ゆけは
また末くらき
賎か蚊遣火
ここのみと
けぶりをわけて
すぎゆけば
またすゑくらき
しずかがやりび


もしほ火も
月の夜ころは
焼さして
煙なたてそ
すまの浦人
もしほひも
つきのよころは
やきさして
けぶりなたてそ
すまのうらひと


清見かた
ふしの煙や
消ぬらん
月影みかく
みほの浦波
きよみかた
ふしのけぶりや
きえぬらん
つきかげみかく
みほのうらなみ


清見潟
ふじの烟や
消えぬらむ
月かげみがく
みほのうら波
きよみかた
ふじのけぶりや
きえぬらむ
つきかげみがく
みほのうらなみ
У берега Киёми,
Быть может, дым Фудзи
Рассеялся?
Лунный свет так ярок
В волнах бухты Мио.
Примерный перевод

跡もなき
末野の竹の
雪おれに
かすむやけふり
人は住けり
あともなき
すゑののたけの
ゆきおれに
かすむやけふり
ひとはすみけり


あつまのゝ
けふりのたてる
所みて
かへりみすれは
月かたふきぬ
あつまのの
けふりのたてる
ところみて
かへりみすれは
つきかたふきぬ

Манъёсю, 48?..
旅人の
ともし捨たる
松の火の
煙さひしき
野路の明ほの
たびひとの
ともしすてたる
まつのひの
けぶりさひしき
のぢのあけほの


誰がために
なびきはててか
富士の嶺の
煙の末の
見えずなるらむ
たがために
なびきはててか
ふじのねの
けぶりのすゑの
みえずなるらむ
На чью же сторону
тебя унесло,
о, дым над Фудзи? —
не видно прежних столбов,
что возвышались на её вершине.

誰がために
なびきはててか
富士の嶺の
煙の末の
見えずなるらむ
たがために
なびきはててか
ふじのねの
けぶりのすゑの
みえずなるらむ
На чью же сторону
тебя унесло,
о, дым над Фудзи? —
не видно прежних столбов,
что возвышались на её вершине.

遠山の
麓になひく
ゆふけふり
里あるかたの
しるへなりけり
とほやまの
ふもとになひく
ゆふけふり
さとあるかたの
しるへなりけり


かへりみる
わか故郷の
雲の波
煙もとをし
八重のしほ風
かへりみる
わかふるさとの
くものなみ
けぶりもとをし
やへのしほかぜ


身にあまる
思ひや空に
みちのくの
忍ふかひなく
たつ煙かな
みにあまる
おもひやそらに
みちのくの
しのふかひなく
たつけぶりかな


志きしまや
やまと島ねの
かぜとして
吹き傳へたる
ことの葉は
神の御代より
かはたけの
世々に流れて
絶えせねば
今もはこやの
やまかぜの
枝もならさず
しづけさに
むかしの跡を
たづぬれば
峰の木ずゑも
かげしげく
よつの海にも
なみ立たず
和歌のうら人
かずそひて
藻汐のけぶり
立ちまさり
行く末までの
ためしをぞ
島のほかにも
きこゆなる
これを思へば
きみが代に
あふくま河は
うれしきを
みわだに懸る
うもれ木の
しづめることは
からびとの
みよ迄あはぬ
なげきにも
限らざりける
身のほどを
思へばかなし
かすがやま
峯のつゞきの
まつがえの
いかに指ける
すゑなれや
きたの藤なみ
かけてだに
云にもたらぬ
しづえにて
した行く水の
こされつゝ
いつゝの品に
としふかく
十とてみつに
へにしより
よもぎの門に
さしこもり
みちのしば草
おひはてゝ
春のひかりは
こととをく
秋はわが身の
うへとのみ
つゆけき袖を
いかゞとも
とふ人もなき
まきの戸に
猶ありあけの
つきかげを
まつことがほに
ながめても
思ふこゝろは
おほぞらの
空しき名をば
おのづから
殘さむことも
あやなさに
なにはのことも
津のくにの
葦のしをれの
刈りすてゝ
すさびにのみぞ
なりにしを
きし打つ浪の
たちかへり
かゝるみことも
かしこさに
入江のもくづ
かきつめて
とまらむ跡は
みちのくの
忍ぶもぢずり
みだれつゝ
忍ぶばかりの
ふしやなからむ
しきしまや
やまとしまねの
かぜとして
ふきつたへたる
ことのはは
かみのみよより
かはたけの
よよにながれて
たえせねば
いまもはこやの
やまかぜの
えだもならさず
しづけさに
むかしのあとを
たづぬれば
みねのこずゑも
かげしげく
よつのうみにも
なみたたず
わかのうらひと
かずそひて
もしほのけぶり
たちまさり
ゆくすゑまでの
ためしをぞ
しまのほかにも
きこゆなる
これをおもへば
きみがよに
あふくまかはは
うれしきを
みわだにかける
うもれこの
しづめることは
からびとの
みよまであはぬ
なげきにも
かぎらざりける
みのほどを
おもへばかなし
かすがやま
みねのつづきの
まつがえの
いかにさしける
すゑなれや
きたのふぢなみ
かけてだに
いにもたらぬ
しづえにて
したゆくみづの
こされつつ
いつつのしなに
としふかく
とをとてみつに
へにしより
よもぎのかどに
さしこもり
みちのしばくさ
おひはてて
はるのひかりは
こととをく
あきはわがみの
うへとのみ
つゆけきそでを
いかがとも
とふひともなき
まきのとに
なほありあけの
つきかげを
まつことがほに
ながめても
おもふこころは
おほぞらの
むなしきなをば
おのづから
のこさむことも
あやなさに
なにはのことも
つのくにの
あしのしをれの
かりすてて
すさびにのみぞ
なりにしを
きしうつなみの
たちかへり
かかるみことも
かしこさに
いりえのもくづ
かきつめて
とまらむあとは
みちのくの
しのぶもぢずり
みだれつつ
しのぶばかりの
ふしやなからむ


もしほやく
浦の煙を
風にみて
なひかぬ人の
心をそおもふ
もしほやく
うらのけぶりを
かぜにみて
なひかぬひとの
こころをそおもふ


明ぬるか
鵜舟のかゝり
たき捨て
煙もしらむ
みしか夜の空
あかぬるか
うふねのかかり
たきすてて
けぶりもしらむ
みしかよのそら


夕日さす
波の上より
たつ煙
いかなる浦に
もしほやくらん
ゆふひさす
なみのうへより
たつけぶり
いかなるうらに
もしほやくらん


難波かた
風のとかなる
夕なきに
煙なひかぬ
あまのもしほ火
なにはかた
かぜのとかなる
ゆふなきに
けぶりなひかぬ
あまのもしほひ


みさこゐる
あら礒波や
さはくらん
塩やく煙
なひくかたみゆ
みさこゐる
あらいそなみや
さはくらん
しほやくけぶり
なひくかたみゆ


里としも
よそにはみえぬ
遠島の
松にましりて
たつ煙かな
さととしも
よそにはみえぬ
とほしまの
まつにましりて
たつけぶりかな


里人の
いほりにたける
椎柴の
煙ふきしく
山おろしの風
さとひとの
いほりにたける
しひしばの
けぶりふきしく
やまおろしのかぜ


あはれなる
遠山はたの
庵かな
柴のけふりの
たつにつけても
あはれなる
とほやまはたの
いほりかな
しばのけふりの
たつにつけても


岩陰の
煙を霧に
わきかねて
その夕くれの
心ちせしかな
いはかげの
けぶりをきりに
わきかねて
そのゆふくれの
ここちせしかな

*1山陰のイ
いつれの日
いかなる山の
麓にて
もゆる煙と
ならむとすらん
いつれのひ
いかなるやまの
ふもとにて
もゆるけぶりと
ならむとすらん


ありし世に
衛士のたく火は
きえにしを
こは又何の
煙なるらん
ありしよに
ゑじのたくひは
きえにしを
こはまたなにの
けぶりなるらん


鳥部山
煙の末や
これならん
むら〳〵すこき
空のうき雲
とりべやま
けぶりのすゑや
これならん
むらむらすこき
そらのうきくも


いつかたの
谷のけふりと
なりにけん
哀行ゑも
なきそかなしき
いつかたの
たにのけふりと
なりにけん
あはれゆくゑも
なきそかなしき


もしほ火の
煙のすゑを
たよりにて
しはし立よる
和歌の浦なみ
もしほひの
けぶりのすゑを
たよりにて
しはしたちよる
わかのうらなみ


身のはてを
此世はかりと
しりてたに
はかなかるへき
野への煙を
みのはてを
このよはかりと
しりてたに
はかなかるへき
のへのけぶりを


さきにたつ
人のうへをは
きゝみすや
むなしき空の
煙とそなる
さきにたつ
ひとのうへをは
ききみすや
むなしきそらの
けぶりとそなる


けふはこれ
なかはの春の
夕霞
きえし煙の
名残とやみん
けふはこれ
なかはのはるの
ゆふかすみ
きえしけぶりの
なごりとやみん


つたへきて
のこる光そ
あはれなる
春の煙に
消し夜の月
つたへきて
のこるひかりそ
あはれなる
はるのけぶりに
きえしよのつき


高き屋に
おさまれる世を
空にみて
民のかまとも
煙立なり
たかきやに
おさまれるよを
そらにみて
たみのかまとも
けぶりたつなり


煙たに
それとは見えし
あちきなく
心にこかす
下の思ひは
けぶりたに
それとはみえし
あちきなく
こころにこかす
したのおもひは


恋わひて
消なむ後の
煙たに
思ひありきと
人にしらすな
こひわひて
きえなむのちの
けぶりたに
おもひありきと
ひとにしらすな


あちきなく
なと下もえと
成にけん
富士の煙も
空にこそたて
あちきなく
なとしたもえと
なりにけん
ふじのけぶりも
そらにこそたて


いたつらに
立名そおしき
下もえの
思ひの煙
さても消なは
いたつらに
たつなそおしき
したもえの
おもひのけぶり
さてもきえなは


なかき夜を
あかしの浦に
やく塩の
けふりは空に
立やのほらん
なかきよを
あかしのうらに
やくしほの
けふりはそらに
たちやのほらん


長き夜を
あかしの浦に
焼く塩の
けぶりは空に
立ちやのぼらぬ
ながきよを
あかしのうらに
やくしほの
けぶりはそらに
たちやのぼらぬ
В долгие ночи
От соли, что жгут
В бухте Акаси,
Дым в небе
Стоит, не поднимаясь[196].
196. Танка помещена в Сёкугосэнсю, 12. Акаси – название бухты, означает также «встречать рассвет», яку – «жечь» и «сгорать от любви».
塩かまの
浦とはなしに
君こふる
煙もたえす
なりにける哉
しほかまの
うらとはなしに
きみこふる
けぶりもたえす
なりにけるかな


いかにせん
あまのもしほ火
たえす立
煙によはる
浦風もなし
いかにせん
あまのもしほひ
たえすたつ
けぶりによはる
うらかぜもなし


尋はや
煙を何に
まかふらん
忍ふの浦の
あまのもしほ火
たづねはや
けぶりをなにに
まかふらん
しのふのうらの
あまのもしほひ


すくもたく
もしほの煙
なひけたゝ
うらみし末の
しるへともみん
すくもたく
もしほのけぶり
なひけたた
うらみしすゑの
しるへともみん


かはらやの
したにこかるゝ
夕けふり
たへぬ思ひの
ありとたにみよ
かはらやの
したにこかるる
ゆふけふり
たへぬおもひの
ありとたにみよ


風を猶
うらみつるかな
もしほやく
煙のなひく
方をしらねは
かぜをなほ
うらみつるかな
もしほやく
けぶりのなひく
かたをしらねは


年をふる
思ひなりけり
駿河なる
ふしの高根に
たえぬ煙は
としをふる
おもひなりけり
するがなる
ふしのたかねに
たえぬけぶりは


いかにせん
ふしの煙の
年ふれと
わするゝ程に
ならぬ思ひを
いかにせん
ふしのけぶりの
としふれと
わするるほどに
ならぬおもひを


我はかり
おもひこかれぬ
かはらやの
けふりも猶そ
したむせふなる
われはかり
おもひこかれぬ
かはらやの
けふりもなほそ
したむせふなる


恋しなは
室の八島に
あらすとも
思ひの程は
煙にもみよ
こひしなは
むろのやしまに
あらすとも
おもひのほどは
けぶりにもみよ


夏かりの
あしの丸やの
煙たに
たつ空もなき
五月雨の比
なつかりの
あしのまるやの
けぶりたに
たつそらもなき
さみだれのころ


しなのなる
あさまのたけに
たつ煙
をちこち人の
見やはとがめぬ
しなのなる
あさまのたけに
たつけぶり
をちこちひとの
みやはとがめぬ
О дым, что встает
на вершине Асама
в Синано.
Не дивиться ли должен
путник далекий, видя тебя?

信濃なる
浅間の嶽に
立つ煙
をちこち人の
見やはとがめね
しなのなる
あさまのたけに
たつけぶり
をちこちひとの
みやはとがめね
Дым извергает вершина Асама
В Синано,
И всякий путник — близкий
Иль издалека идущий
Дивится, верно, глядя на нее.
* Песня взята из «Исэ моногатари». Провинция Синано — ныне префектура Нагано. Вулкан Асама находится на границе префектур Нагано и Гумма.
あはぢしま
志るしの煙
みせわびて
霞をいとふ
春の舟びと
あはぢしま
しるしのけぶり
みせわびて
かすみをいとふ
はるのふなびと


一村の
里の知るべに
立つ烟
行けども遠み
暮るゝそらかな
ひとむらの
さとのしるべに
たつけぶり
ゆけどもとほみ
くるるそらかな


宿々に
立つる烟の
末あひて
ひと村かすむ
さとのあさあけ
やどやどに
たつるけぶりの
すゑあひて
ひとむらかすむ
さとのあさあけ


つれなきを
思ひ明石の
怨みつゝ
蜑のいさりに
たく藻の煙
おもかげにたつ
つれなきを
おもひあかしの
うらみつつ
あまのいさりに
たくものけぶり
おもかげにたつ


すまのあまの
しほやく煙
風をいたみ
おもはぬ方に
たなひきにけり
すまのあまの
しほやくけふり
かせをいたみ
おもはぬかたに
たなひきにけり
Струйка дыма вилась
над мирным костром солеваров
в дальней бухте Сума —
но порыв нежданного ветра
увлекает ее куда-то…
276. Бухта Сума находится близ Харима, в городе Кобэ.

Включено в Исэ-моногатари, 112
志加の海人の
塩焼くけぶり
風をいたみ
立ちはのぼらで
山にたなびく
しがのあまの
しほやくけぶり
かぜをいたみ
たちはのぼらで
やまにたなびく
На острове Сига,
Где соль рыбаки добывают,
Ветер силен, и дым от костров,
Не успев и подняться,
Стелется по горам.
Эта танка также включена в Манъёсю [1246]
浦ちかく
たつ秋霧の
藻汐やく
煙とのみぞ
見えわたりける
うらちかく
たつあききりの
もしほやく
けぶりとのみぞ
みえわたりける


もしほやく
煙になるる
すまのあまは
秋立つ霧も
わかすやあるらん
もしほやく
けふりになるる
すまのあまは
あきたつきりも
わかすやあるらむ


藻鹽やく
煙もきりに
埋もれぬ
すまのせきやの
秋の夕ぐれ
もしほやく
けぶりもきりに
うづもれぬ
すまのせきやの
あきのゆふぐれ
Не в дыме ль от костров
Где выжигают из водорослей соль,
Утонула совсем
Застава Сума
Этим осенним вечером.
Примерный перевод

藻しほ燒く
烟も絶えて
松島や
をじまの浪に
はるゝ月かげ
もしほやく
けぶりもたえて
まつしまや
をじまのなみに
はるるつきかげ


何方に
鹽燒く煙
なびくらむ
そら吹く風は
つきもくもらず
なにかたに
しほやくけぶり
なびくらむ
そらふくかぜは
つきもくもらず


藻鹽やく
烟になるゝ
海士衣
うきめをつゝむ
袖やぬれなむ
もしほやく
けぶりになるる
あまころも
うきめをつつむ
そでやぬれなむ


藻しほやく
烟も波も
うづもれて
霞のみ立つ
春のあけぼの
もしほやく
けぶりもなみも
うづもれて
かすみのみたつ
はるのあけぼの


里とをみ
塩やくうらは
みえわかて
煙にかゝる
沖つしら波
さととをみ
しほやくうらは
みえわかて
けぶりにかかる
おきつしらなみ


なびかじな
海人の藻塩火
たきそめて
煙は空に
くゆりわぶとも
なびかじな
あまのもしほび
たきそめて
けぶりはそらに
くゆりわぶとも
Короткой струйкой
Потянулся к небу
Дымок рыбацкого костра...
Но про огонь в моей груди
Едва ли ты узнаешь...

浦にたく
藻塩の煙
なびかめや
よもの方より
風は吹くとも
うらにたく
もしほのけぶり
なびかめや
よものかたより
かぜはふくとも
Разве к другим
Склонится моё сердце?
Ведь в бухте, где жгут водоросли рыбаки,
В одну лишь сторону относит ветер дым,
Хоть дует с разных он сторон.

旅の空
夜はの煙と
のぼりなば
蜑の藻汐火
たくかとやみむ
たびのそら
よはのけぶりと
のぼりなば
あまのもしほひ
たくかとやみむ
В небо странствия
Полуночное дым
Если не поднимался,
То и огонь, где рыбаки выжигают соль,
Гореть бы перестал...
Примерный перевод

立ち昇る
藻汐の煙
たえせねば
空にも志るき
すまの浦かな
たちのぼる
もしほのけぶり
たえせねば
そらにもしるき
すまのうらかな


たこの浦に
霞のふかく
見ゆるかな
もしほのけふり
たちやそふらん
たこのうらに
かすみのふかく
みゆるかな
もしほのけふり
たちやそふらむ


煙たつ
あまのとまやも
みえぬまて
かすみにけりな
しほかまのうら
けぶりたつ
あまのとまやも
みえぬまて
かすみにけりな
しほかまのうら


難波女か
あし火の煙
たつと見は
うきふしことに
もゆとしらなん
なにはめか
あしひのけぶり
たつとみは
うきふしことに
もゆとしらなん


しほがまの
煙になるゝ
浦人は
かすむもしらで
月やみるらん
しほがまの
けぶりになるる
うらひとは
かすむもしらで
つきやみるらん
Привыкшие к дыму
Костров, где добывают соль,
Люди из бухты,
Неужели они видят луну,
Не зная о весенней дымке?
* Не знают, что пришла весна
さみたれは
たくもの煙
うちしめり
しほたれまさる
すまのうら人
さみたれは
たくものけふり
うちしめり
しほたれまさる
すまのうらひと


すみのぼる
雲井の月に
いとふかな
衛士の焼火の
夜半の煙を
すみのぼる
くもゐのつきに
いとふかな
ゑじのやきひの
よはのけぶりを


里のあまの
焼すさひたる
もしほ草
又かきつめて
煙立つる
さとのあまの
やきすさひたる
もしほくさ
またかきつめて
けぶりたちつる


これやこの
あはての浦に
焼塩の
煙たえせぬ
思ひなるらん
これやこの
あはてのうらに
やくしほの
けぶりたえせぬ
おもひなるらん


烟だに
たてずば志らじ
蜑のたく
芦のしのびの
下咽ぶとも
けぶりだに
たてずばしらじ
あまのたく
あしのしのびの
したむせぶとも


いつまでか
蜑のしわざと
思ひけむ
我身たくもの
浦の烟を
いつまでか
あまのしわざと
おもひけむ
わがみたくもの
うらのけぶりを


須磨の浦
蜑の苫屋の
明くるより
燒く鹽とけさ
立つ烟かな
すまのうら
あまのともやの
あくるより
やくしほとけさ
たつけぶりかな


蜑人の
たく藻の煙
いたづらに
なびかでたゝむ
名こそ惜けれ
あまひとの
たくものけぶり
いたづらに
なびかでたたむ
なこそをしけれ


月かげも
にほてる浦の
秋なれば
鹽やくあまの
烟だになし
つきかげも
にほてるうらの
あきなれば
しほやくあまの
けぶりだになし


いたづらに
あまの塩焼く
煙とも
誰かは見まし
風に消えなば
いたづらに
あまのしほやく
けぶりとも
たれかはみまし
かぜにきえなば


大原や
まだすみがまも
ならはねば
我宿のみぞ
烟たえける
おほはらや
まだすみがまも
ならはねば
わがやどのみぞ
けぶりたえける


打はへて
くぶるも苦し
いかで猶
世にすみ竈の
烟絶ゆらむ
うちはへて
くぶるもくるし
いかでなほ
よにすみがまの
けぶりたゆらむ


かぎりあらん
くもこそあらめ
すみがまの
けぶりに月の
すすけぬるかな
かぎりあらん
くもこそあらめ
すみがまの
けぶりにつきの
すすけぬるかな


おほはらや
まだすみがまも
ならはずと
いひけん人を
今あらせばや
おほはらや
まだすみがまも
ならはずと
いひけんひとを
いまあらせばや


すみがまの
たなびくけぶり
一すぢに
心ぼそきは
大原のさと
すみがまの
たなびくけぶり
ひとすぢに
こころぼそきは
おほはらのさと


はては身の
ふしの山とも
なりぬるか
くゆる思ひの
煙たえねは
はてはみの
ふしのやまとも
なりぬるか
くゆるおもひの
けぶりたえねは


行ゑなく
空にたゝよふ
浮雲に
煙をそへん
程そかなしき
ゆくゑなく
そらにたたよふ
うきくもに
けぶりをそへん
ほどそかなしき


煙とも
雲ともみえぬ
程はかり
ありと思はん
人そかなしき
けぶりとも
くもともみえぬ
ほどはかり
ありとおもはん
ひとそかなしき


立そひて
それともみはや
をとに聞
室の八島の
深き煙を
たちそひて
それともみはや
をとにきく
むろのやしまの
ふかきけぶりを


思ひやる
室のやしまを
それとみは
聞に煙の
立やまさらん
おもひやる
むろのやしまを
それとみは
きくにけぶりの
たちやまさらん


わたつうみの
波のちさとや
かすむらん
やかぬ塩せに
たつけふり哉
わたつうみの
なみのちさとや
かすむらん
やかぬしほせに
たつけふりかな


かやり火の
煙そのこる
夕立の
雲はすきゐる
をちの山もと
かやりひの
けぶりそのこる
ゆふだちの
くもはすきゐる
をちのやまもと


里のあまの
たくもの煙
心せよ
月のてしほの
空晴にけり
さとのあまの
たくものけぶり
こころせよ
つきのてしほの
そらはれにけり


ふしのねの
月に嵐や
はらふらん
神たにけたぬ
煙なれとも
ふしのねの
つきにあらしや
はらふらん
かみたにけたぬ
けぶりなれとも


雲こそは
空になからめ
あつまのゝ
煙もみえぬ
夜半の月かな
くもこそは
そらになからめ
あつまのの
けぶりもみえぬ
よはのつきかな


すまのあまの
もしほの煙
立そひて
ひくかたしらぬ
関の夕霧
すまのあまの
もしほのけぶり
たちそひて
ひくかたしらぬ
せきのゆふぎり


難波人
あし火たく屋に
降雪の
うつみのこすは
煙なりけり
なにはひと
あしひたくやに
ふるゆきの
うつみのこすは
けぶりなりけり


富士のねの
たえぬ煙も
有物を
くゆるはつらき
心なりけり
ふじのねの
たえぬけぶりも
あるものを
くゆるはつらき
こころなりけり

*5思なりけりイ
かりそめの
夜半の煙と
のほりしや
わしの高ねに
かゝるしら雲
かりそめの
よはのけぶりと
のほりしや
わしのたかねに
かかるしらくも


雲の波
けふりのなみの
立へたて
あひみんことの
かたくも有かな
くものなみ
けふりのなみの
たちへたて
あひみんことの
かたくもあるかな


わかるとも
立もはなれし
人しれす
そふる思ひの
けふり計は
わかるとも
たちもはなれし
ひとしれす
そふるおもひの
けふりばかりは


忍ふとも
うはの空にや
しられまし
恋にけふりの
たつ世なりせは
しのふとも
うはのそらにや
しられまし
こひにけふりの
たつよなりせは


下野や
室のやしまに
立けふり
思ひありとも
今こそはしれ
しもつけや
むろのやしまに
たつけふり
おもひありとも
いまこそはしれ


信濃なる
あさまの山の
浅からぬ
思ひの末そ
けふりともなる
しなのなる
あさまのやまの
あさからぬ
おもひのすゑそ
けふりともなる


いつとてか
わかこひさらん
しなのなる
浅間の山の
けふりたゆとも
いつとてか
わかこひさらん
しなのなる
あさまのやまの
けふりたゆとも


くらへはや
恋をするかの
山たかみ
をよはぬふしの
煙なりとも
くらへはや
こひをするかの
やまたかみ
をよはぬふしの
けぶりなりとも


富士の嶺も
立ちそふ雲は
ある物を
戀の烟ぞ
まがふ方なき
ふじのねも
たちそふくもは
あるものを
こひのけぶりぞ
まがふかたなき


いかなりし
恋のけふりの
消やらて
室の八島の
名を残しけん
いかなりし
こひのけふりの
きえやらて
むろのやしまの
なをのこしけん


たえすたつ
室のやしまの
煙たに
したはまことの
思ひやはある
たえすたつ
むろのやしまの
けぶりたに
したはまことの
おもひやはある


絶すたつ
もしほの浦の
夕けふり
いかなる時に
思ひけたれん
たえすたつ
もしほのうらの
ゆふけふり
いかなるときに
おもひけたれん


下むせふ
あし火の煙
いかにして
なにはたてしと
おもひそむらん
したむせふ
あしひのけぶり
いかにして
なにはたてしと
おもひそむらん


塩かまの
浦のけふりも
有物を
立名くるしき
身の思ひかな
しほかまの
うらのけふりも
あるものを
たつなくるしき
みのおもひかな


外さまに
なひくをみつゝ
塩かまの
煙やいとゝ
もえまさるらん
ほかさまに
なひくをみつつ
しほかまの
けぶりやいとと
もえまさるらん


夕されは
わきてなかめむ
かたもなし
煙とたにも
ならぬわかれは
ゆふされは
わきてなかめむ
かたもなし
けぶりとたにも
ならぬわかれは


なき人の
かたみのけふり
それたにも
はてはむなしき
空に消つゝ
なきひとの
かたみのけふり
それたにも
はてはむなしき
そらにきつつ


のほりにし
煙の跡を
尋ぬれは
むなしくはらふ
嶺の松風
のほりにし
けぶりのあとを
たづぬれは
むなしくはらふ
みねのまつかぜ


あはれなと
おなし煙に
立そはて
のこる思ひの
身をこかすらん
あはれなと
おなしけぶりに
たちそはて
のこるおもひの
みをこかすらん


霞にも
ふしの煙は
まかひけり
にたる物なき
我おもひかな
かすみにも
ふしのけぶりは
まかひけり
にたるものなき
わがおもひかな


ふしのねは
雪のうちにも
あらはれて
うつもれぬ名に
立けふり哉
ふしのねは
ゆきのうちにも
あらはれて
うつもれぬなに
たつけふりかな


立かへり
みてこそゆかめ
ふしのねの
めつらしけなき
煙なりとも
たちかへり
みてこそゆかめ
ふしのねの
めつらしけなき
けぶりなりとも