郭公を

前大納言爲兼

О кукушке

春たつ心をよめる

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼



前大納言爲兼の家に歌合し侍りけるに、春朝を

前中納言爲相



題志らず

前大納言爲兼



前大納言爲兼



前大納言爲兼



春雨を

前大納言爲兼



前大納言爲兼



題を探りて歌詠み侍りけるに、河上春月といふ事を

前大納言爲兼



伏見院西園寺に御幸ありて花の歌人々に詠ませ給ひける時

前大納言爲兼



前大納言爲兼の家に歌合し侍りけるに、春夜を

從二位爲子



落花をよめる

前大納言爲兼



暮春浦と云ふ事を

前大納言爲兼



題志らず

前大納言爲兼



伏見院に卅首の歌奉ける時、聞郭公

前大納言爲兼



題志らず

前大納言爲兼



秋の歌の中に

前大納言爲兼



前大納言爲兼



前大納言爲兼



前大納言爲兼



伏見院の御時、六帖の題にて人々歌詠ませさせ給ひけるに、秋雨を

前大納言爲兼



月の歌とて

前大納言爲兼



野分を

前大納言爲兼



河霧を詠み侍りける

前大納言爲兼



冬鐘と云ふ事を

前大納言爲兼



題志らず

前大納言爲兼



雪降りける日日吉の社へまうでけるに山深くなるまゝ風吹きあれて行くさきも見えず雲立ちむかひ侍りければ

前大納言爲兼



三島の社に奉らむとて平貞時朝臣すゝめ侍りける十首の歌の中に、松雪を

前大納言爲兼



前大納言爲兼



前大納言爲兼



五十首の歌よみ侍りけるに、旅

前大納言爲兼



あづまへ罷りけるにやす川を渡るとて

前大納言爲兼



あづまへ罷りける道にてよみ侍りける

前大納言爲兼



前大納言爲兼安藝國に侍りける所へ尋ね罷りて題を探りて歌よみけるに、海山と云ふ事を

道全法師



旅の歌の中に

前大納言爲兼



寄樹戀と云ふ事を

前大納言爲兼



百首の歌の中に

前大納言爲兼



伏見院の御時六帖の題にて人々に歌よませさせ給ひけるに、一夜隔てたると云ふ事を

前大納言爲兼



戀の歌とて

前大納言爲兼



寄雲戀

前大納言爲兼



前大納言爲兼の家にて歌よみ侍りけるに、寄月戀

前中納言爲相



題志らず

前大納言爲兼



後山本前左大臣、左大將に轉任して侍りける次の朝申し遣しける

前大納言爲兼



永仁二年三月大江貞秀藏人になりて慶を奏しけるを見て宗秀が許に申し遣しける

前大納言爲兼



あさき夕と云ふ事を

前大納言爲兼



雜の歌の中に

前大納言爲兼



前大納言爲兼



題志らず

前大納言爲兼



前大納言爲兼



應長元年八月竹林院前左大臣かざりおろして侍りけるを聞きて申し遣しける

前大納言爲兼



次の年龜山院隱れ給ひけるに前大納言爲兼、二年の秋の哀は深草や嵯峨野の露も亦消えぬなりと申し侍りけるに

從二位爲子



雪山成道の心をよみて前大納言爲兼のもとにつかはしける

法源禪師



返し

前大納言爲兼



雜の歌に

前大納言爲兼



弘安元年龜山院に百首の歌奉りける時

前大納言爲兼



弘安元年百首の歌奉りける時

前大納言爲兼



伏見院の卅首の歌に

前大納言爲兼



弘安八年八月十五夜卅首の歌奉りける時、時雨驚夢

前大納言爲兼



永仁元年八月十五夜後宇多院に十首の歌奉りしに、秋旅と云ふ事を

前大納言爲兼



題志らず

前大納言爲兼



前大納言爲兼



弘安八年八月十五夜、三十首の歌奉りしとき、落花埋庭

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼



弘安の百首の歌に

前大納言爲兼